きめつのやいばの胡蝶 カナエ。 【鬼滅の刃】新作で明かされた蝶の髪飾りの秘密!カナエが遺品に込めた願いとは?【きめつのやいば】

胡蝶しのぶが死亡?まだ生きているという説も?【鬼滅の刃(きめつのやいば)】

きめつのやいばの胡蝶 カナエ

CV: 概要 の姉。 享年17歳。 の一員だったが、鬼に殺されてしまったという。 「とは仲良くできる」という持論の朗らかな人物だったらしい。 が、実際にカナエが「仲良くしたい」と言っている描写はないので、しのぶの思い込みの可能性もある 以下、ネタバレ注意 「まあまあそんなこと言わずに 姉さんはしのぶの笑った顔が好きだなあ」 「きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫」 「」の使い手であった少女剣士。 長い髪に、頭の左右に蝶の髪飾りをつけている大変な美人。 生前はだった事が、168話のの回想で判明した。 アニメ第25話によると、しのぶの物と似た形状のを使用していた模様。 幼少期に両親を鬼に殺され、寸での所をに助けられた。 その後は 「自分達と同じ思いを他の人にはさせない」という決意を胸に、妹しのぶと共に鬼殺隊へと入隊する。 しのぶが常に笑顔を絶やさず「鬼とも仲良く」を掲げているのはカナエの意志を引き継ぐため。 カナエはと同様に 「鬼は哀れで悲しい存在である」と考え、今際の際ですら哀れんでいたそうで、鬼殺隊への入隊を決めたのも 「人だけでなく鬼も救いたい」と思っての事でもあった。 妹には命を落とす直前に 「鬼殺隊を辞めて、普通の女の子の幸せを手に入れてお婆さんになるまで生きて欲しい」と伝えるが、両親のみならず姉までも鬼に殺されたしのぶはその言葉を受け入れられなかった。 後の話にて彼女を殺した鬼はの弐・だったと判明。 無限城でようやく姉の仇と相対したしのぶは、それまで心に押し込めていた憤怒と憎悪を剥き出しに毒の刃を振るう。 その最中に幽霊か幻影かは定かではないが、重傷を負わされた事で心が折れかけたしのぶの前に現れ、「 しっかりしなさい 泣くことは許しません」「 しのぶならちゃんとやれる 頑張って」と叱咤激励していた。

次の

【鬼滅の刃】ハゲを馬鹿にする胡蝶カナエ【アフレコ・きめつのやいば・MAD・胡蝶しのぶ・胡蝶カナエ・栗花落カナヲ・過去・竈門炭治郎・アテレコ・柱チャレンジ】

きめつのやいばの胡蝶 カナエ

CV: 概要 の姉。 享年17歳。 の一員だったが、鬼に殺されてしまったという。 「とは仲良くできる」という持論の朗らかな人物だったらしい。 が、実際にカナエが「仲良くしたい」と言っている描写はないので、しのぶの思い込みの可能性もある 以下、ネタバレ注意 「まあまあそんなこと言わずに 姉さんはしのぶの笑った顔が好きだなあ」 「きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫」 「」の使い手であった少女剣士。 長い髪に、頭の左右に蝶の髪飾りをつけている大変な美人。 生前はだった事が、168話のの回想で判明した。 アニメ第25話によると、しのぶの物と似た形状のを使用していた模様。 幼少期に両親を鬼に殺され、寸での所をに助けられた。 その後は 「自分達と同じ思いを他の人にはさせない」という決意を胸に、妹しのぶと共に鬼殺隊へと入隊する。 しのぶが常に笑顔を絶やさず「鬼とも仲良く」を掲げているのはカナエの意志を引き継ぐため。 カナエはと同様に 「鬼は哀れで悲しい存在である」と考え、今際の際ですら哀れんでいたそうで、鬼殺隊への入隊を決めたのも 「人だけでなく鬼も救いたい」と思っての事でもあった。 妹には命を落とす直前に 「鬼殺隊を辞めて、普通の女の子の幸せを手に入れてお婆さんになるまで生きて欲しい」と伝えるが、両親のみならず姉までも鬼に殺されたしのぶはその言葉を受け入れられなかった。 後の話にて彼女を殺した鬼はの弐・だったと判明。 無限城でようやく姉の仇と相対したしのぶは、それまで心に押し込めていた憤怒と憎悪を剥き出しに毒の刃を振るう。 その最中に幽霊か幻影かは定かではないが、重傷を負わされた事で心が折れかけたしのぶの前に現れ、「 しっかりしなさい 泣くことは許しません」「 しのぶならちゃんとやれる 頑張って」と叱咤激励していた。

次の

鬼滅の刃 胡蝶カナエ風 蝶の髪飾り コスプレ ハンドメイド 小サイズ1,800円の通販 by MEMU's shop|ラクマ

きめつのやいばの胡蝶 カナエ

概要 鬼滅の刃のカップリングの一つ。 とのカップリング。 不死川が風柱に任命され、初めての柱合会議での事。 不敬にも不死川がお館様に暴言を吐いた際、カナエが不死川の羽織の袖を握っていたり、腕に触れている様子、その後穏やかに不死川を窘めるシーンなど、原作内ではささやかな接点のみ伺えた。 しかし突如、公式から爆弾が落とされる。 それによると、 不死川実弥先生は胡蝶カナエ先生と一緒に話していることが多いらしい。 計画は不死川先生の恐ろしさが知れ渡った時点で頓挫したらしいが。 信者を嫉妬で狂わせ、無謀な計画に走らせるほど仲睦まじくお話しているという事か。 原作では前述の通りの絡みしか無いため、さねカナ好きには寝耳に水、棚からおはぎな情報となった。 原作の事を引き合いに出すと、寧ろふたりは鬼殺に対する考え方は真逆である。 (しかしそこがいい) なのに同性の同僚ではなく、なぜ胡蝶カナエ先生と? 何を話題によく話しているのか? 理系教員同士であることの気安さや、互いの弟妹自慢、生物担当のカナエに不死川がカブトムシの飼育指南を受けているなどの意見が散見されるが、小説版等での補完を是非期待したい。 これがスピンオフのみの設定なのか、原作でまだ描かれていない何かがあるのかも気になるところである。 関連イラスト.

次の