ウォッチ ドッグス レギオン。 『ウォッチドッグス レギオン』レビュー。老若男女すべてが主人公になる世界に脱帽【E3 2019】

Ubisoftが、2020年後半~2021年上旬にAAAゲームを5本リリースすると発表

ウォッチ ドッグス レギオン

ビッグ・ベン、タワーブリッジ、カムデン、ピカデリーサーカス、ホワイトチャペルなど、ロンドンの有名なランドマークを訪れることができるでしょう。 舞台となる近未来のロンドンは既に崩壊寸前、街はテロリストや犯罪者で溢れかえり戦場と化しています。 プレイヤーはロンドンの平和を取り戻すためにレジスタンスを組織し、裏で糸引く権力者に立ち向かうことになります。 誰でも仲間にすることが出来る ウォッチドッグスレギオン最大の特徴は、 ロンドンの住人全員を仲間にすることが出来るという点です。 酔っ払いのおっちゃん、ダンサー、お年寄り、街を歩く全てのNPCを仲間に迎えることが可能。 NPC全員にそれぞれ独自のストーリー、個性、スキルが設定されており、特定の条件を満たすことで仲間に加えることができます。 クラス(能力や役割分担)は、戦闘、ハッキング、ステルスなどキャラクターによって異なるとのこと。 どのような結末を迎えるかはあなた次第! フレンドとオンラインマルチプレイが可能 最大3人のフレンドとオンラインでプレイすることが可能。 協力ミッションなどのオンライン専用コンテンツが用意されており、サイドアクティビティも充実しています。 フレンドと協力して攻略を目指しましょう。 本作には「シーズンパス」が用意されているということで、ソフト発売後のアップデートや追加コンテンツにも期待が持てそうです。 ストーリーなど各種要素を紹介 ストーリー 崩壊寸前のロンドンを人々の手に取り戻すためレジスタンス「デッドセック」を設立し犯罪組織に立ち向かうというのが物語の大筋。 ロンドンの住人を仲間に引き入れ、自分だけのレジスタンス組織を作り上げましょう。 どのミッションに参加するか、どの組織と戦うか、どのようにストーリーを進めるかは全てプレイヤー次第です。 自分の好きなスタイルで敵対勢力と戦いロンドン解放を目指します。 仲間にしたキャラクターがそのままストーリーに関わるということで、どのようなストーリー展開になるのか注目していきたいですね。 進化したハッキングアクション ウォッチドッグスシリーズの ハッキング要素も健在。 監視カメラをハッキングして建物内の状況を把握したり、敵の携帯を鳴らして注意を引くなど過去作のハッキングアクションはもちろんのこと、軍事ドローンで敵を制圧したり、小型ドローンで直接ハッキングするなど新しい要素も追加されています。 戦闘アクションも進化していてより多彩な動きができるように。 自由度が増したハッキングアクションに期待が高まります。 コスチュームなどのカスタマイズ要素 レジスタンス「デッドセック」のメンバーは素性を隠すために戦闘中マスクを被ります。 コスチュームやマスクは多種多様な物が用意されており、キャラクターに合わせて個性的なカスタマイズをすることが可能。 自分だけのキャラクターを作り上げる楽しみがあります。 期待しているポイント 公式サイトの情報を覗いてみて、個人的に面白そうだと感じた要素は以下の3つ。 ポイント• ハッキングアクション• 仲間探し• シーズンパスによる追加コンテンツ やはり注目すべきはウォッチドッグス特有のハッキングアクションです。 ハッキングを利用したサイバー戦争が本作でどこまで進化しているのか非常に気になるところ。 どれほどマップにインタラクティブ性があるのかにも注目したいですね。 より長く遊べるようなゲームの内容であって欲しいですね。 まとめ ウォッチドッグスレギオンは2020年3月6日発売予定です。 近未来を描いたオープンワールドアクションゲーム「ウォッチドッグスレギオン」の情報をぜひチェックしてみてください。

次の

【予約開始】「ウォッチドッグス レギオン」 の予約受付が各ストアで開始 シーズンパスやアーリーアクセス権など特典付きエディションも

ウォッチ ドッグス レギオン

ウオッチドッグスレギオンまとめ 発売日:2020年3月6日 プラットフォーム:PS4、XboxOne、PC、Stadia 価格:8400円 プレイヤー人数:1~4人 発売日は来年の3月。 なんとグーグルのストリーミングゲームサービスである 『STADIA』でもリリースが決まっているということです。 まあ、日本ではまだ先になりそうですけどね。 今回の目玉はなんといっても 「登場するNPCの誰でも操作できる」というもの。 特定の主人公はいないのですが、ハッカー集団「デッドセック」の一員としてリクルートして、それぞれの強みを生かしながら戦うことができるようなんです。 「誰でも?」というとかなりびっくりですが、どんなプレイになるのか、今から楽しみです。 それぞれのエディションに何が含まれているのかを教えてくれる図は下の通り。 シーズンパス シーズンパスでは、 追加で4人のキャラクターが追加「ニセモノ撲滅ミッション」、デッドセックの車のスキンが使用可能。 3日間のアーリーアクセス 通常版以外は、 通常の発売日よりも3か早く入手が可能になっています! アルティメットデジタルコンテンツ さらに 3人のキャラクターが追加され、 4週間のVIPステータス(経験値やもらえるお金が増える)がつきます。 あと「ロンドン反体制パック」という、 3種類のマスクがパックになったものもつきます。 コレクターズアイテム コレクターズエディション限定ですが、実物大のマスクが付きます。 海外では、こんなフィギュアが付くセットもあるみたいですね。 あんまりカッコいいフィギュアじゃありませんけどねw きっと、ここで追加されるキャラクターはそれぞれ、 後で有料のDLCとして追加されるとは思いますが、3日間のアーリーアクセスはなかなか魅力的ですね。 ただ、一番安いゴールドエディションでもプラス4000円くらいするので、ちょっと迷いますね。 ロンドンが舞台になっていることはわかりますが、見たこともないようなドローンが飛んでいたり、近未来チックは乗り物が動いていたりしていました。 近未来のロンドンは崩壊の危機に直面していました。 人々は完全なる監視体制下で抑圧され、民間軍事会社が街を支配し、強大な犯罪シンジケートが弱者を食い物にしています。 プレイヤーはレジスタンスを組織して、ロンドンの運命をその手で切り開いていくのです。 famitsu. html やはり見た通り、 「近未来」が舞台でしたね。 1作目は2013年のシカゴが舞台、2作目は2016年のサンフランシスコ、そして3作目は「近未来」のロンドンということで、 今までとちょっとだけ雰囲気が変わってきそうですね。 今までは現代を舞台に、ネットを駆使してあまり目立たないように活動してましたけど、今回はモロに現体制と戦うという雰囲気。 時代設定もかなり「ディストピア」な雰囲気が漂っていて、 なんだか「サイバーパンク」な世界観に近づいている雰囲気です。 とりあえず、1作目にも2作目にも出てきたハッカー集団「デッドセック」が出てくるみたいなので、同じ世界観だけど、「ちょっと未来」という感じみたいです。 ウォッチドッグスレギオン:主人公がいなくて、ストーリーは大丈夫? 「ウォッチドッグスレギオン」は主人公が自動生成されるだけでなく、脚本も20通り存在 — まおーの総合アンテナ uc497h3n さて、今回の作品『ウォッチドッグスレギオン』ですが、 なんと特定の主人公がおらず、 町中の「誰でも」操作することが可能らしいのです。 町中のすべての人のバッググラウンドを細かく作るのは不可能なので、ある程度は「自動生成」になるみたいなのですが、 自動生成なら、ストーリーがちょっと不安ではありますよね。 ゲームには5つの大きなストーリーラインとそれに伴う60以上のミッションが存在するという。 プレゼン時に見せてもらったロンドンのマップでは、高層ビルや、観覧車のある場所などのランドマークが5か所あり、ストーリーはそれらの場所にひもづきそうな感じだった。 なおストーリーはDedSecLDNに所属しているどのキャラクターでプレイしても進めることができるそうだ。 gamesradar. 20の違ったバージョンの脚本が用意されていて、それぞれに違うキャラクター、人格や声、そして演技が変化する。 」 プレイヤーが選ぶキャラクターや行動によって、大まかなストーリーも変化していきそうですが、 それぞれセリフやら声やらいろいろ違ってくるみたいなので、「全く同じ」にはならなさそうです。 選ぶキャラクターによってアニメーションも変化するみたいです。 プレイするたびに新しい体験ができるように作られているみたいですが、それでも特定の主人公がいないとなると、ちょっとだけ不安ではあります。 実際にプレイしてみないとわかりませんが、そのあたり、どうなるんでしょうね。 ただ、遊びつくそうと思ったらものすごいボリュームになるということだけは間違いなさそうですが・・。 おっちゃんを操作してストーリーミッションを進めることに。 ミッションの開始時に,NPCとの会話のカットシーンが流れるのだが,ここで登場するプレイヤーキャラクターのグラフィックスも,きちんとおっちゃんになっていた。 4gamer. ウォッチドッグスレギオン:オンライン要素は? ウォッチドッグスレギオン、めちゃめちゃ面白そう ・町中すべての人、おばちゃんまで仲間にできる ・しんだらおわりのパーマデス制度 ・未来のロンドンが舞台 ・オンライン4人共同プレイあり ・行動分岐ストーリー — 師 morobiz さて、今回の『ウォッチドッグスレギオン』ですが、今作もオンライン要素がもちろんあるみたいで、 今回はなんと「4人同時プレイ」が可能ということです。 前作の「ウォッチドッグス2」でも4人同時プレイありましたが、今作は最初から導入されているということです。 フレンドと4人で高難易度のミッションにチャレンジできたりするみたいですが、 ストーリーなんかは一緒に進められるかどうかは今のところわかりません。 キャラクターが一回死んでしまったら生き返らない「パーマデス」方式を採用しているとのことなので、 オンラインとフレンドで組んでいるときに死んでしまったりすると、非常に気まずいことになりそうですw きっとストーリーとは関係のない、再度ミッションで協力できるだけなのかも知れませんね。 pcgamesn. つまり、ミッションだけでなく、 上のようなフレンドと一緒に「遊べる」要素もあるみたいです。 「ウォッチドッグス2」では、知らない人とも気軽に協力プレイができたりして楽しかったのですが、今回はさらにフレンドとのプレイが充実しそうですね。 フレンドと連携を取りながら攻略するのは、めちゃくちゃ楽しそうですね。 ウォッチドッグスレギオンまとめの「まとめ」 さて、今回いろいろと見てきましたが、現時点では正直、どんなプレイ感覚になるのか想像がつきづらいというのが率直な感想です。 誰でも操作できるということですが、特定の主人公がいないということでストーリーが散漫にならないのかとか、感情移入できる対象がいないののめりこめないのではないかとか、いろいろ考えてしまいます。 一度死んでしまうと生き返らない「パーマデス」というところも新しいですし、 今までの「ウォッチドッグス」とはちょっと違ったプレイ感覚になりそうですね。 ただ、「ウォッチドッグス」の特長である、 いろんなものを「ハッキング」するということろは変わっていないみたいなので、それは単純に楽しみです。 ドローンも種類が増えているみたいですし、いろんな道具を駆使してこっそり行動できるのが楽しいんですよね。 何にせよ、リアルな「ロンドン」を舞台にいろいろ動き回れるというだけでも楽しいので、ただひたすらに発売が楽しみです。 というわけで今回はここまで! 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の

ウォッチドッグス レギオン 攻略

ウォッチ ドッグス レギオン

プレイが始まると、プレイヤーキャラクターが画面に映し出される。 本作は特定の人物が主人公というわけではなく、さまざまな人物を仲間に勧誘し、任意で操作するキャラクターを切り換えていくのだ。 とは言え、適当な人物に話しかけたらすぐに仲間になるというわけではない。 LBボタンを押すことでオープンワールドに生きる人々のプロファイル、バックストーリー、ソーシャル・ネットワーク、スケジュールなどが見られるので、人々の生活やどうしたら助けられるか、助けてもらえるかを考えながら進行することになるのだ。 まずはプレイヤーキャラクターである老人を操作し、ミッションに挑むことにした。 この老人のクラスはハッカーで、そのハッキング能力を使って建物内の端末へのアクセスに挑む。 このハッキングのしかたが秀逸で、建物入口付近の監視カメラをハッキング後、そのカメラからさらに別の監視カメラをハッキング……といった具合に、本体である老人は建物に入らないまま、建物の全体構造を把握していく。 このロボットは遠隔操作で自在に動かせ、人間では通れないような狭い場所も進行できる。 さらに、スパイダーボットは敵の顔に取り付いて暗殺することも可能なのだ。 どのような手順でミッションを遂行するかは自由だが、それを考えるのが実におもしろい。 ハッカーに続いてインフィルトレーターとエンフォーサーも体験したが、いずれもそれぞれの特長を活かして任務を遂行するのが楽しく感じられた。 ちなみにプレイの中で、何人かのプレイヤーキャラクターが志半ばで死んでしまった。 その場合はすぐに別のキャラクターに切り換えて任務を続行できるが、倒れたキャラクターは復帰しないので、いかに生還するかを考えることも重要となりそうだ。 ちなみに、キャラクターが倒された際、命を奪った主を別のキャラクターで追跡し、かたきを討つこともできるのだとか。

次の