世界 人口 リアルタイム。 世界の人口ランキング

世界の人口 国別ランキング・推移(国連)

世界 人口 リアルタイム

世界の人口ランキング 現時点における世界人口ランキングは中国が1位で13億8千万人、続いてインドが13億1千万人、アメリカ合衆国が3億2千万人の3位となっています。 続いてインドネシアが2億4千万人、ブラジルが1億9千万人、パキスタンが1億7千万人、ナイジェリアが1億5千万人、バングラディシュが1億4千万人、ロシアが1億4千万人でここまでがベスト10となります。 日本は現在1億2千~3千万人程度で世界第11位となっていますが、2015年までは10位でしたが、2016年にメキシコに抜かれました。 ちなみに面積はロシア、カナダ、米国、中国、ブラジル、オーストラリアの順に大きく、人口が13億を超えるインドは面積はそれほど大きくありません。 世界人口白書 国連の「世界人口白書」によると世界人口の推移は1800年代で約10憶人であったが20世紀初頭にはその2倍の20憶人となっており、20世紀後半には50憶人を突破しています。 白書によると1950年には25億人の人口が1998年には60億人と急増しており、第二次世界大戦後の人口増加は急激です。 世界的にみると戦争が終結し、外国に占領されていた国々が開放され自由となり、人々の生活が安定してきたことなどが原因として挙げられます。 日本の人口の推移 日本における人口推移は総務省統計局によると大正9年で5千5百万人で、1億2千万人を突破したのが昭和60年(1985年)です。 この間の人口増減数は5年毎の数字しかないが、第二次世界大戦以前は戦争による犠牲者は例外として人口は1千万人弱の数字で増加していました。 終戦後では昭和35年(1960年)を例外とすると昭和50年までは年間1000万人を超えて増え続けています。 その後平成12年頃まではプラスの数字で人口が増え続けていたのですがその後はマイナスに転じる年もあり、最近はずっとマイナスが続き日本における人口は世界の趨勢と逆行する形で減り続けています。 世界の人口の推移 一方、世界の国々における人口推移の傾向は統計する機関によってかなり差があり、また対象とする国の数にも違いありますが、世界210カ国を対象にしたIBRD版によると第一位はオマーンの9.2%、二位はカタールの5.2%です。 地域的にみるとアフリカが突出して多く、次いで中東、南アメリカ諸国、中南米などの発展途上国で人口増加率の多くなっています。 先進国の中での人口増加率はオーストラリアが多い以外は上位にランクされている国はひとつもなく、多くの先進国では人口が減っているか増えていくとしても非常にゆっくりしています。 人口増加率最下位はリトアニアの-1.065%で、日本は-0. 175%ですがランク的には194位に位置しています。 先進国で人口が減っている原因は主に子供をたくさん持てる経済的余裕がないや核家族化などで子供も面倒を見てくれる施設がないなどです。 元々、先進国は経済的余裕があり、必要なものを海外の発展途上国に求めており、そのため発展途上国においても経済的余裕があるていど出来、人口も増加してきました。 これが今日の発展途上国における人口増加の主な原因で、先進国が人口増加の原因を作ったと考えることができます。 自給自足の生活では食料の供給、生産力以上に人口は増えることはありません。 そこに先進国が物を自由に買える貨幣を強制的に導入することで発展途上国にも経済的余裕が生まれ人口が増加して行きました。 また、子供がある程度大きくなると即労働力となることから益々人口は増加の一途をたどっていきます。 また、先進国が発展途上国を植民地化することによっても人口増が引き起こされることがあります。 世界人口予測と問題点 世界の人口は2050年には100億人に達すると予想されています。 人口増加は様々な問題を引き起こす可能性があります。 その第一は食料が足りるかどうかということ、第二は水が足りるか、海水は無尽蔵にありますが淡水化する必要があり高価な施設が必要です。 それ以外に100億の人々が生きていくためのエネルギーが足りるかどうか、人口が増えると貧困な国から裕福な地域への人の移動が起こります。 現在でも難民という形で人の移動が起こっていますが移動先の国が受け入れてくれるかどうかという問題が生じています。 また、新たな病原菌が増える可能性もあります。 発展途上国における人口問題の解決は容易ではないが、日本のように逆の現象が生じている先進国は将来的に労働力不足に悩まされるます。 また、一人の高齢者を養うための労働者の数も不足していくことはもはや間違いないといっても過言ではありません。 この先進国における労働者不足を人口増で問題となっている国から労働者として受け入れることがある程度解決の道につながります。 しかしながら、受入国における法整備の問題や移住してきた労働者の教育や言葉の問題など難しい問題があります。 これを実施に移すためには相当の長い時間が必要ですし、政府も真剣に取り組む必要があります。 また、人口が増加している国々も人口増を安定させる政策を考える必要があります。 そのためには労働に質の改善や衛生教育を徹底する必要があります。 自国だけで解決が困難な国は国連などの世界機関やNPO法人などが指導する必要があります。

次の

世界の人口ランキング(全世界と地域ごとのランキング)

世界 人口 リアルタイム

2016年04月28日 07時00分 増え続けている世界の人口に対し、地球はどのレベルまで人類を抱えることができるのか? 全世界の人口は増加の一途をたどっており、2015年時点で約73億人、そして今世紀末の2100年ごろには と予測されています。 しかし、人が生きるためには食べ物や水、そしてエネルギーが必要になるわけであり、その供給元である地球の資源には限りがあります。 いったい地球というものがどの程度までの人口を抱えることができるのかを考えるムービー「 How Many People Can The Earth Hold? 」が公開されています。 惑星である地球には、実際には限られた土地しか存在しておらず、無限に生き物を抱えられるわけではありません。 特に、18世紀の産業革命以降は急激に人口増加のペースが上がっています。 一節では、21世紀末までに地球の人口は100億人にも達すると考えられており、科学者の中には、人口が増えすぎるとサスティナブル 持続可能 な環境が保てないと考える人もいます。 その理由をこのムービーでは、「食」を基準に考えています。 食用に家畜を飼育するためには、一定の土地が必要になります。 21世紀初頭の時点で畜産のために使われている土地面積は、80~90億エーカーとみられています。 これは、75億エーカーの面積を持つアフリカ大陸を超える広さということに。 同様に、穀物の栽培に用いられている耕地面積は44億エーカーとなり、南米大陸と同等の広さに相当します。 耕地の問題は、栽培を続けると土地が痩せてしまい、穀物の取れ高が下がってしまうところにあります。 そして、変化を続ける地球環境の悪化もまた、穀物の将来に暗い影を落とす可能性があると指摘されています。 全世界で排出される二酸化炭素の量を人口1人あたりに換算すると、年間で5トンに相当します。 これをアメリカだけで見ると、その規模は年間1人あたりで17トンにのぼります。 これは、先進国の暮らしを支えるためにはより多くの二酸化炭素が必要とされることを意味します。 仮に、世界の30億人がアメリカ人レベルの生活を送るようになるとすると、二酸化炭素の排出量はさらに増加することが避けられません。 よく知られているように、二酸化炭素は地球の温暖化に大きな影響を与えていると考えられているため、地球環境に与える影響が懸念されます。 事実、21世紀末までに地球全体の平均気温は2度上昇すると予測されています。 気温が上昇すると気候にも大きな影響が現れ、台風や大雨などの異常気象が増加。 そうなると、食物の生産にも大きな悪影響が及んでしまいます。 この問題を解決するために、 が唱えられることもありますが、これは実際には現実味が少なそう。 畜産に使われる土地で食物を栽培すればよい、というのが「ベジタリアン化推進派」が示す根拠なのですが、実際には穀物だけで全人類の食を支えるのは無理とみられています。 ある科学者の試算によれば、地球全体で栽培される穀物で養える人口の上限は100億人とされています。 単純に数値だけを見ると「100億人まで大丈夫」と考えてしまいがちですが、実際には備蓄の問題や、そもそもいろいろな理由でベジタリアンに転向できない人が残るため、穀物だけの食事は現実的ではないというのが実際の姿といえます。 水の確保に目を向けてみても、問題が存在しています。 現在、地球上で人類の手に入る水のうち30パーセントが人々の生活に用いられ、70パーセントは農業に使われています。 そして、カンボジアやエチオピアなど、発展途上国では十分にきれいな水が行き届いていないという問題があります。 そのため、増加する世界の人口に対応するためには、きれいな水を供給するシステムの整備が必要ですが、これは簡単なこととはいえません。 結論としては、地球はこの先もある程度の規模までは人口増大に対応することは可能で、おそらく100億人規模まではなんとか対応できるレベルであるとはいえますが…… その実際の様子は異常気象に襲われたり、満足な水が手に入らなかったり、肉がほとんど食べられなくなってしまうなど、よい環境とはいえない世界になるだろうと予測されています。

次の

70億人目前、人類はいつからどのように増加してきたのか

世界 人口 リアルタイム

Worldometers(英語版)より 世界中で1日に出されるメールって一体何通? 1日の間に世界でどれくらいの数の餓死者が出ているか知ってる? 世界中に肥満の人は何人いる? 今年、砂漠化した土地の面積は? 誰もが気になるそんな数字、それをリアルタイムに教えてくれるサイトがある。 気になる答えはすぐ! この気になる数字を教えてくれるのは、。 リアルタイムに世界のさまざまな数字を表示している。 人口爆発、環境破壊、飢餓、肥満、資源の枯渇、エイズ、自殺といった世界の問題、それを気に留めておかねばならないといつも思うのだけれど、日常生活に忙殺されてついつい忘れてしまうもの。 Worldometersはそんな数字をいつでも見ることができるサイトだ。 具体的な数字をたびたび目にすれば、その事実をいつも意識するようになる。 少し気は重くなるけれど、大切なことだから知っておきたい。 そんな要望にこのサイトはこたえるのだ。 その増加のスピードは「人口爆発」という観念を感覚的にわからせてくれる。 環境関係の数値は目を覆いたくなるようなものばかりだ。 多くの森が失われ、砂漠化し、有害物質が大気や大地を汚染する。 平均気温もわずかずつだが着実に上がって行っている(0. 000000003/分)。 その一方で、地球に当たる太陽のエネルギーのほんの1%を使えば世界で使用されるエネルギーのすべてをまかなえるということがわかったりもする。 これらの数値はもちろん実測地ではなく予測値であり、石油の埋蔵量などは新しい要素によって変わっていくこともあるだろう。 しかし、この予測から見えてくることはいろいろある。 食糧に関する数値も気になるところ、「今日の餓死者数」は約3秒に1人の割合でじわじわと増えていく。 10秒ごとのが死者数の推移(Worldometersより) この餓死者の問題については、というサイトがより詳しい。 このサイトはタイトル通り世界の飢餓の現状を数値として提示するサイトだ。 Worldometersに載っている数値以外にもアメリカで廃棄されている食品の量やダイエットに費やされている費用などの数値が載っている。 世界全体を考えたときの食糧の不均衡、頭ではわかっているのと、実際に数字を見せられるのとではインパクトがまったく違う。 じつはWorldometersもStop the Hungerも同じというサイトの統計情報を利用している。 このサイトは世界中の人々がさまざまな問題を考えるきっかけを与えるために、いろいろなウェブサイトに統計情報を提供しているのだ。 リアルタイムに更新されてゆく数値というのはすごくインパクトがある。 何かを数字で強く訴えたいというときには、こんなサービスを利用するのもいいかもしれない。 あなたならどんな数字を知りたいですか?.

次の