稲垣 吾郎。 稲垣吾郎の学歴と偏差値:出身校(小中学校・高校・大学)と生い立ち、そして芸能界入りのキッカケ

稲垣吾郎の父親は凄い人?出身は明治大学で職業は?姉・甥っ子の情報は?

稲垣 吾郎

稲垣吾郎のプロフィール 氏名:稲垣吾郎(いながきごろう) 生年月日:1973年12月8日 生まれ: 東京都 身長:176 cm 血液型:O型 事務所:ジャニーズ事務所 稲垣吾郎の父親は都知事とお友達! 1973年12月8日生まれ東京都板橋区出身の稲垣吾郎さん。 家族構成はお父さん、お母さん、お姉さん、吾郎さんの2人姉弟4人家族。 ご自宅はマンモス団地として東京では有名な高島平団地にあったそうです。 現在もまだ高島平団地に実家があるのかどうかは不明です。 ただSMAPの活躍を考えると実家は団地を出ている可能性が高いと思われます。 稲垣吾郎さんのお父さんの職業は不明です。 ただ、2016年に東京都知事になった小池百合子さんとお父さんが友人関係。 ナント小池百合子都知事と稲垣さんのお父さん・吾郎パパはカラオケ仲間です! ふたりは池袋にあるカラオケ店の常連なんだそうです! 小池百合子・東京都知事は西武池袋線の江古田在住。 吾郎パパの地元・高島平から最も近い繁華街は池袋。 ふたりが池袋のカラオケ店で知り合ったとしても不思議ではありませんね! 稲垣吾郎の母親の願いは息子の結婚 稲垣吾郎さんのお母さんも、吾郎さんの結婚を心待ちにしているそうです。 稲垣吾郎さんが菅野美穂さんと交際していた頃の話。 お母さんは菅野さんがお気に入りで、よく実家に招いていたそうです。 美穂さんが家に来る日には決まって美容院に行きました。 そして、美容院では… 『今日、ウチの子が仔猫ちゃん連れてくるの~』 とはしゃいでいたそうです。 もちろん『子猫ちゃん』とは菅野美穂さんのこと。 小沢健二さんの歌『おやすみなさい、仔猫ちゃん! 』から拝借していたそうです。 しかしその後、ご存知の通り稲垣吾郎さんと菅野美穂さんは破局を迎えます。 破局を迎えた時、誰よりも落胆していたのは吾郎さんのお母さんでした。 その後、稲垣吾郎さんは他の女性とのスキャンダルが噂されます。 またその一方で、おじさんの『ヒロくん』との半同棲生活も報じられます。 お母さんも気が気じゃないですね… 稲垣吾郎さんの恋愛遍歴については他の記事でもまとめています。 もしご興味があればお立ち寄りください! 稲垣吾郎の出身校 板橋区高島平出身の稲垣吾郎さん。 出身中学は地元・ 板橋区立高島第三中学校です。 稲垣吾郎さんがジャニーズ事務所入所日は1987年11月15日13歳の時のこと。 この高島三中の1年生の時にジャニーズに入所したことになります。 そして中学3年の頃にはNHK朝ドラ『青春家族』で活躍していた稲垣吾郎さん。 高校は芸能人・ジャニーズ御用達の 堀越学園高校 偏差値37 に進学します。 ちなみに堀越在校中からテレビで活躍していた稲垣吾郎さん。 そのため大学には進学していません。 稲垣吾郎さんの出身校・堀越高校については他の記事でまとめています。 もしご興味がありましたら、お立ち寄りください。 稲垣吾郎のジャニーズ入所のキッカケについて 稲垣吾郎さんがジャニーズに入所したキッカケはお姉さんの存在。 お姉さんの名前は『恵さん』で吾郎さんの2歳年上です。 お姉さんがジャニーズへ履歴書を送ってことからオーディションに呼ばれます。 芸能界に興味がなかった吾郎さん。 お姉さんに『ゲームを買ってあげる!』といわれオーディションに参加。 稲垣さんのお姉さんは大のジャニーズファン。 そのため、吾郎さんのオーディションにも付き添いとして同行したそうです。 そんなお姉さんにステキな出会いが用意されていました。 その出会いとは1987年11月15日入所同期の木村拓哉さんと香取慎吾さん。 特に木村拓哉さんに一目惚れし、お姉さんはサインをもらったそうです。 キムタクにとってもこれが人生で初のサインとなったそうです。 ちなみに、お姉さんの恵さんは既婚で3人子供がいます。 吾郎さんもその3人子供達を可愛がっているそう。 そして子供達に任天堂のゲーム機『wii』をプレゼントしたことがあるそうです。 昔、お姉さんにゲーム機を買ってもらったお返しなのかもしれませんね!.

次の

中居正広を巡り直撃された稲垣吾郎が驚き見せる 一報は入っていたか

稲垣 吾郎

概要 [ ] にフジテレビ系で放送されたTVスペシャル『』を第1作として、2000年代に放送された主演のスペシャルドラマである。 『犬神家の一族』では主演、監督で製作されたへのが多数見受けられるものとなっており、稲垣演じる金田一の容姿も和服にするという原作に比較的忠実なものとなっている。 原作にしばしば登場するが元になっていると考えられる、演じる「」が全作品に登場する。 金田一とはかなり親しい間柄で、金田一のことを「耕さん」と呼ぶなどの設定は原作(『』など)に準拠している。 また、各作品のエピローグは金田一から送られてきた事件に関する手紙を読み、それをヒントに横溝が小説「金田一耕助シリーズ」の執筆を開始するシーンで幕を閉じている(ただし『』では序盤にもう執筆を始めている)。 第1作『犬神家の一族』の時点で既にそれまでの金田一の活躍を横溝が記したものが出版されており、金田一がその文庫版を所有している描写がある。 また、第1作『犬神家の一族』で原作通りに登場した演じる橘署長が、その後も転勤先で金田一に関わるという形でレギュラー出演者となっており、原作における等々力警部や磯川警部の役回りを担っている(ただし、『悪魔が来りて笛を吹く』では岡山県警から金田一に送られてきた手紙に「磯川常次郎」の名前が確認できる)。 稲垣演じる金田一像について [ ] 稲垣演じる金田一の風体は、前述のとおり原作に忠実である。 しかし、石坂浩二演じる金田一で定着した特徴の「興奮すると頭を掻き始める」という癖はあまり見受けられない。 キャスト [ ]• 横溝正史 -• 橘署長 -• 野々宮珠世 -• 犬神佐武 -• 犬神佐智 -• 犬神松子 -• 犬神竹子 -• 犬神梅子 -• 犬神佐兵衛 - (青年時代:)• 猿蔵 -• 犬神小夜子 -• 青沼菊乃 -• 犬神寅之助 -• 犬神幸吉 -• 宮川香琴 -• 古館恭三(弁護士) -• 若林豊一郎(弁護士) -• 久保銀造 -• ジャック安永 -• 大山(神官) -• 志摩久平 -• 森美也子 -• 里村慎太郎 -• 田治見小梅 -• 田治見小竹 -• 田治見春代 -• お島 -• 荒井修平 -• 井川鶴子 -• 井川丑松 -• 長英 -• 濃茶の尼 -• 梅幸尼 -• 久野恒実 -• 諏訪(弁護士) -• 神尾秀子 -• 大道寺欣造 - (若い頃:)• 多門連太郎 -• 衣笠宮智仁 -• 九十九龍馬 -• 伊波良平 -• 大道寺文彦 -• 遊佐三郎 -• 今井(支配人) -• 駒井泰次郎 -• 日下部達哉 -• 椿美禰子 -• 椿秋子 -• 三島東太郎 -• お種 -• 目賀重亮 -• 玉虫利彦 -• 玉虫一彦 -• 玉虫公丸 -• 菊江 -• 三春園女将 -• 河村小夜子 -• 河村駒子 -• 青池リカ -• 青池歌名雄 -• 大空ゆかり -• 青池里子 -• 多々羅放庵 -• 栗林りん -• お幹 -• 由良泰子 -• 仁礼文子 -• 別所辰蔵 -• 仁礼勝平 -• 仁礼咲枝 -• 別所春江 -• 由良敦子 -• 仁礼嘉平 -• 由良五百子 -• 恩田幾三 -• 本多(医師) - スタッフ [ ]• 原作 -• 脚本 -• 音楽 -• 演出・監督 -• プロデューサー -• 制作 - 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 演出 視聴率 1 2004年 04月 03日 犬神家の一族 「」 「」 佐藤嗣麻子 星護 16. 『犬神家の一族』は、ので撮影された。 オマージュ [ ] 上記したとおりに、本作品は石坂浩二版(「」を参照)や、版(「」を参照)をオマージュした部分が確認できる。 2004年の『犬神家の一族』では、を同じ琴の師匠役で登場させる部分や、金田一の逗留先である那須ホテルで「」を金田一が口ずさむ(映画版はで流れている)などのシーンが、映画版『犬神家』をオマージュしたものである。 また2007年の『悪魔が来りて笛を吹く』では古谷金田一の「横溝正史シリーズ」および版表紙で用いられた「フルート怪人」の絵()を登場させ、オマージュしている。 2009年の『』では、映画版のヒロイン・別所千恵子(大空ゆかり)を演じた仁科亜季子(仁科明子)が出演している。 原作との差について [ ] 本シリーズは比較的原作(角川文庫版)に忠実、もしくは他の金田一シリーズでは都合によりカットされているような細かい設定も、演出に比較的多く盛り込まれている。 ただ、人物相関等については多少の差異はみられる。 『犬神家の一族』の場合は、石坂金田一の映画版では犬神家の家業が「会社」と設定されていたが、本シリーズでは原作どおりに「製糸会社」に設定されている(「犬神家」は他にも殺害方法も原作に忠実にしている)。 また、『女王蜂』も同じく映画版ではの山奥が舞台(「の里」)が原作どおり・沖の孤島「月琴島」に設定され、『悪魔が来りて笛を吹く』においても作中重要な鍵となる、演奏される曲に秘められた犯人を告発するメッセージについて言及しているなどの特徴が確認できる。 関連CD・DVD [ ] 2008年現在、DVDなどのソフト化はされておらず、サウンドトラックCDも発売されていない。 脚注 [ ].

次の

中居正広を巡り直撃された稲垣吾郎が驚き見せる 一報は入っていたか

稲垣 吾郎

稲垣吾郎がパーソナリティを務めるラジオ番組『編集長 稲垣吾郎』(文化放送)5月20日放送回にて、STAY HOME中のモーニングルーティーンを語った。 きっかけはリスナーから届いたお便り。 「寝る時はパジャマ、部屋着とは別とお話をされていますが、今のようにおうちにおこもりしているときは、起きてからどのタイミングで着替えていますか?」という質問に、「そんなことまで答えなきゃいけないんですか、僕は(笑)」と戸惑いながら、丁寧におうち事情を明かした。 「基本的にはすぐ着替えます。 ベッドを出て、お手洗い行くなり、歯を磨くなり……まあ、そのタイミングで、ね」と語りだした稲垣。 「あ、シャワー結構浴びるからね。 朝起きて。 それでパジャマを1回脱ぐじゃないですか。 シャワーなり、朝風呂なり、出てから、またパジャマ着ることはないので、そのタイミングで間違いないと思うんですけれど」と記憶を1つひとつたどっていく。 その言動からは、ウソのないように説明しようとする稲垣の誠実さが伝わってくる。 朝から軽くシャワーを浴びるだけではなく、タイマーで湯船をためてお風呂に浸かるなんて、さすが美意識の高い稲垣。 そう感心していると「たまーに、パジャマ忘れて、そのまま部屋着で寝てしまうことも、やっぱり吾郎編集長もあるんでね」という親しみを感じられる告白も飛び出す。 「そういう日はちょっとショックを受けますよね、朝起きたとき。 そんな自分に対して。 季節の気持ちのいい空気を感じながら公園を散歩し、ときにはベンチに座って台本に目を通し、部屋には美しい花を飾って、色鮮やかな新鮮野菜と厳選ワインに舌鼓を打つ……これまでにて優雅な生活を綴ってきた稲垣。 そんな稲垣にも、つい怠け心や誘惑に負けてしまう日があるのかと思うと、グッと近い存在のように思えてくる。

次の