エウレカ 3 ステージ。 【エウレカセブン3】天井期待値・ゾーン・設定狙い・やめどき・勝ち方・攻略

エウレカ3 エウレカセブン3 通常・前兆ステージ、コンパクカウンター、コンパクカウントチャンス、ねだるな勝ち取れ!等

エウレカ 3 ステージ

通常時概要• 通常時は強レア役か周期抽選でボーナス当選を目指す。 周期を短縮するCZ「コンパクカウントチャンス KCC 」に入るたび周期短縮。 リリべが揃った次ゲームは押し順当てが発生する可能性あり。 成功でATコーラリアンモードへ突入。 LFOモードは期待によってボーナス期待度やATレベル期待度が変化• ATレベルが高いほどAT突入時の期待枚数が高くなる。 ATレベルはボーナスorATに当選するまで転落なし。 コックピットモード LFOモード種類 期待度 ATレベル レントン&エウレカ ボーナス濃厚 Lv1以上 ホランド Lv2以上 チャールズ Lv3以上 アネモネ Lv4確定 ATレベル• ボーナスやCM当選時の出玉性能に影響。 有利区間移行時に全4段階のATレベルを抽選。 AT当選時のループ率が変わる。 有利区間開始時 初期ATレベルを決定。 基本はレベル1。 レベル2以上で始まると1周期目のボーナス抽選が大きく優遇。 周期抽選ハズレ時 コンパクカウンタ周期到達によるボーナス抽選にハズれた場合、ATレベルの昇格抽選。 ハマリが深くなるほどATレベルが高くなる。 CMセット終了時 ATレベル転落抽選。 ATレベルが高いほど転落率が低くなる。 ATレベルが2以上なら残りCMストック数不問で強制的にCM継続。 ATレベル転落抽選 AT1セットループごとに転落抽選。 通常時にLFOが通過した場合は機体の種類と周期数でATレベルを示唆。 機体と周期 示唆内容 ニルヴァーシュ 全レベルの可能性あり 303 1周期目 ATレベル2以上確定 2周期目以降 ATレベル2以上示唆 スピアヘッド 2周期目まで ATレベル3以上確定 3周期目以降 ATレベル3以上示唆 theEND 3周期目まで ATレベル4確定 4周期目以降 ATレベル4示唆 会話演出• 会話キャラの組み合わせでATレベルを示唆。 有効なのは「非前兆中」のみ。 キャラ 示唆内容 チャールズ&レイ ATレベル3の可能性アップ アネモネ&ドミニク ATレベル4の可能性アップ ねだるな勝ち取れ• リリべの一部で発生。 6択ベルの押し順正解でAT突入。 成功時はAT2セット以上濃厚。 ねだるな勝ち取れの一部で、アドロックカットインが発生。 成功時はHI-EVOモードに突入。 液晶左側にコンパクカウンターと呼ばれるサブ液晶が搭載。 1周期ごとの規定ポイントはKCに表示。 1周期目は最大1000pt消化で次周期へと移行する。 周期到達時にはATレベルアップ抽選も同時に行われる。 周期は最大10周期。 奇数設定は奇数周期がチャンス。 偶数設定は偶数設定がチャンス• 7・8・9周期は常にチャンス 特に7周期• 強レア役成立時は分母PTと同じ数値の分子PTを獲得。 KCC中に1000PT獲得した場合もボーナス直行。 蓄積ポイントを表示。 ハズレ・リプレイ・レア小役で加算。 分子ポイントの数値が分母ポイント以上になれば周期到達となりボーナスを抽選。 分子ポイントは周期到達のたびにリセット。 分母は基本的に1000ポイント。 KCCに突入すれば減算抽選。 数値が小さくなるほど周期間が短くなる。 ボーナスを引くまで数値が増加しない。 上の数値が分子PTの加算値、下の数値が分母PTの減算値。 分子ポイント加算と分母ポイント減算を同時に行うCZ• ハズレ or ベル成立で継続• リプレイ or レア小役成立で液晶に表示された配当倍率を掛けた数値を獲得し終了。 弱レア役なら2倍、強レア役なら3倍になる。 自力でボーナス・AT・特化ゾーンを獲得できるチャンスもあり。 KCCの保障ゲーム• KCCには継続保障ゲーム数あり。 保障ゲーム中はリプレイを引いてもKCCが終わらない。 保障ゲーム中でもレア役が成立した場合はKCC終了。 保障ゲーム中はリプレイ欄に「SAFE」の文字が表示される。 KCC突入抽選• 有利区間移行時は必ず突入。 高確中ならハズレからでも突入するチャンス有り。 リールが回転するタイミングで予告音が発生すれば共通ベルが濃厚• レア小役で終了した場合は再度KCC突入が濃厚 ボーナス前兆中を除く• 分子を1000以上獲得でボーナス濃厚•

次の

エウレカセブン3|天井恩恵 期待値 ハイエナ狙い目

エウレカ 3 ステージ

ステージによってコンパクカウントチャンスの当選期待度が異なる。 またそれぞれのLFOは ボーナスおよびATレベル期待度を示唆している。 ・ボーナス or コーラリアンモード当選までATレベルの転落はなし!? ・TB303以上のステージ出現でATレベル2以上!? コンパクカウンター 通常時は「周期抽選」がメイン。 リール左にある コンパクカウンターのポイントを貯めて、ボーナス当選を目指すのが基本ルートとなる。 分子のポイントが分母の数値まで到達すると周期到達となる。 ・「コンパクトカウントチャンス」による加算抽選 周期別の期待度 周期到達時の抽選は、周期数や設定の奇偶によって異なった特徴を持つ。 となる。 ・レア役で終了した場合、再度KCC突入濃厚!? (ボーナス前兆中は除く) ・分子が1000pt以上でボーナス濃厚!? C Sammy.

次の

エウレカセブン3 天井解析|天井狙い目 恩恵 ゾーン 期待値 リセット判別 ATレベル示唆 やめどき

エウレカ 3 ステージ

がん の 診断 では 、「 あなたの がんはI期です。 」という 表現をする ことがあります。 こ れはがんのステージのことを指しており、がんがどれくらい進行しているのかという度合を意味します。 ステージの判定は以下の3つの基準を元に分類されます。 1.がんの大きさ 広がり• 2.リンパ節への転移の有無• 3.他の臓器への転移 では具体的にがんがどういった状態であれば、どのようなステージになるのでしょうか。 下のイラストをみてみましょう ステージ0 がん細胞が上皮(身体や臓器の表面あるいは内腔などをおおう組織:消化管では粘膜)内にとどまっており、リンパ節に転移はしていない。 ステージI 腫瘍が少し広がっているが、リンパ節に転移はしていない。 または、腫瘍は広がっていないが、リンパ節に少し転移している。 実際は、がんの種類によってステージの分類の仕方は異なってくるのですが、基本的には上記のようになります。 ステージがI期であれば、5年生存率が 8割以上のがんもあります。 がんのステージによって、できる治療も変わってくる がんでは、発見された時のステージによって、選択できる治療法も変わってきます。 がんの種類にもよりますが、一般的にはステージごとに、以下のような治療が検討されます。 がんを治すためには、手術でがん細胞をすべて取り除 く ことが、もっとも確実かつシンプルな方法です。 早い段階のステージであれば、多くの場合、手術できれいに病巣を取り除くことができます。 また、がんの種類によっては外科手術をせずに、内視鏡(カメラ)を使って病巣を切除する「内視鏡的治療」 を実施できる こともあります。 内視鏡的治療は、 外科手術よりも患者さんの負担が少ない点がメリットですが、リンパ節の除去(郭清:かくせい)はできません。 よって、 リンパ節転移が疑われる場合には適応にな らないことがあります。 一般的には、切除のできる状態であれば、外科切除を優先的に行なうことが基本です。 ただし、病巣がある程度深くまで広がっている段階になりますので、残っている可能性があるがん細胞を叩くため、術後に放射線療法や化学療法などを追加するケースが多くみられます(術後補助療法)。 また、そのままの状態では切除ができない場合、事前に化学療法などで腫瘍を縮小させてから、手術を行なうこともあります(術前化学療法)。 複数の部位にがんが存在している以上、どこか一ヵ所の腫瘍だけを手術で切除しても、生存率を上げることは困難です。 切除ができない場合、一般的には化学療法(抗がん剤治療)が中心となります。 抗がん剤は、手術や放射線療法などの局所療法と異なり、血液を通して薬を全身に届けることができますので、原発巣だけでなく転移巣に対しても効果が期待できるからです。 抗がん剤だけで 根治 を目指すことは厳しいのが現状ですが、腫瘍が一時的に縮小したり、進行しない状態を保つことができれば生存率を上げられる 可能性はあります。 また 、 薬がよく効いて一部の腫瘍が消失あるいは縮小すれば、その後で切除手術できる可能性もあります。 もしくは、抗がん剤の適応とならないほど病期が進行していたり、高齢などで体力が十分でなかったりする患者さんの場合は、無理に化学療法など積極的ながんに対する治療を行なわず、緩和ケアを優先させることもあります。 モルヒネをはじめとする鎮痛剤の投与や、酸素療法などのさまざまなケアを行ないながら、患者さんが最後まで生活の質(QOL:クオリティーオブライフ)を保ち、自分らしく過ごせるようにします。 がんは早いステージで発見できれば、手術で十分に治癒できる可能性のある病気です。 そのためにも、ぜひ定期的にがん検診を受けるようにしましょう。

次の