岩手県 コロナ 村八分。 【岩手1号】「ニュースだけではすまない」村八分の恐怖 怖いのはコロナではなく人間か

絶対にコロナに罹ってはいけない岩手県

岩手県 コロナ 村八分

検索: 最近の投稿• カテゴリー• 223• 188• 492• 216• 420• 143• 279• 288• 1,129• 166• 268• 659• 347• 2,152• 178• 19 アーカイブ•

次の

【新型コロナ】感染者ゼロを死守する岩手県、各県民の鉄壁さが話題に「第1号になるわけにはいかない」

岩手県 コロナ 村八分

4月16日、政府は東京など7つの都府県以外でもの感染が拡大していることから、5月6日まで、緊急事態宣言の対象地域を全国に拡大することを正式に決定した。 安倍晋三首相は政府対策本部で次のように述べた。 「国難とも言うべき事態を乗り越えるため、日本全体が一丸となって取り組んでいくしかない」 感染者ゼロのに八戸や東京ナンバーの車が 現在、全都道府県で唯一、感染者が確認されていないのが岩手県だ。 「隣の青森県の八戸市では、最初のコロナ感染者がスペイン帰りだったこともあって、すごく非難を浴びたと聞きました。 後からどうやらデマだったらしいとわかりましたが、田舎は小さなコミュニティなのでこういう噂が回りやすい状況ですね」(岩手県在住の男性) 買い占めや病院の混乱もなく、基本的には普通の生活が続いているという岩手県。 「最近、県外の人間や県外ナンバーの車が目立つようになりました。 隣の八戸市内でコロナが出た後、やたら八戸ナンバーの車がこっちに買い物に来るようになりました。 最近では東京ナンバーもちらほら。 ただ、飲食店は岩手の田舎でも軒並み臨時休業。 お客さんがまったく来ないために自主的にお店を閉めているそう。 テイクアウトを始める店も増えてきました。 「大手商業施設に入っているショップ店員がコロナに感染して一時休業したところ、再開後も客足が遠のき、感染者が働いていた店以外も売り上げが大幅に下がっているそうです。 ひどい店舗だと売り上げが休業前の1〜2割程度まで下がっていますね。 「僕の住んでいる地域も本当にコロナの影響がヤバいです。 感染者が使っていた駅に隣接している商業施設にも行ったんじゃないかという話が出て、それ以降ガラガラになってしまいました。 スーパーに行ったという噂が流れれば、誰も行かなくなる。 感染者が出た会社は取り引きもできない状態に陥るんじゃないかと……。 感染することよりも、感染して社会的に抹殺されるような状況がいちばん怖いです」(岐阜県在住の男性) 同様の話は別の地方でも……。 「隣の市の人がコロナに感染したんですけど、感染した本人の話だけじゃなくて親族の話も回ってきました。 感染者のお母さんが市内の〇〇で働いていて……と。 実際、コロナにかかり仕事を辞め、引っ越した人がいます。 家を特定されて石を投げられた人もいます。 何も悪いことをしていないのに切ないです。 外部サイト.

次の

全国で唯一コロナ感染者なしの岩手県 県立中央病院、医師・看護師ら1000人に抗体保有なし [ばーど★]

岩手県 コロナ 村八分

3大都市圏に住む若者の4人に1人が、地方移住に関心があるーー。 国土交通省が6月26日に発表した国土交通白書(2017年度)は、全国の20ー70歳代の男女5000人を対象にネットで調べたところ、このような特徴がわかったと指摘した。 若者ら都市部の人たちが地方に移り住み、地方が活力を取り戻すのであれば望ましいことなのだろう。 ただ、移住者と受け入れ側の不一致が次第に深い溝となり、地方では地獄のような「村八分」が待ち受けている恐れもある。 ここ1年以内にも、以下のような村八分とみられる事例や移住者にとって不便な生活実態が伝えられている。 <大分県宇佐市> 母親を介護するために、関西から大分県北部の集落にUターンした60代男性が村八分のような扱いを受けているとして、大分県弁護士会が2017年11月1日、集落の自治区に対して「他の構成員と平等に取り扱う」よう是正勧告をした。 男性は自治区への加入が認められず、市報の配布もされなかった。 (大分合同新聞などが報道) <山梨県北杜市> 自治会への加入が認められないと、近所にあるゴミ置場を使うことができず、車で数キロ先のゴミステーションまで運ばないといけない。 ゴミ置場は、自治会が管理しているため。 (週刊新潮や週刊朝日が報道) 行政が「ぜひ我々のところに移住してください」と熱烈にPRして、実際に移住してくれたとしても、村八分が待っていたとしたら移住者にとってあまりにも気の毒だ。 不幸にも村八分にあった場合、移住者は法的に、どのような請求ができるだろうか。 濵門俊也弁護士に聞いた。 まず、刑事について考えます。 村八分は、通告された側の人格を蔑み、名誉を傷つけるもので、名誉に対する脅迫罪を構成するものと解されます」 ーー関連する判決を教えてください 「かなり前ですが、大阪高裁(昭和32年9月13日判決)は、『いわゆる村八分の決定をし、これを通告することは、それらの者をその集団社会における協同生活圏内から除外して孤立させ、それらの者のその圏内において享有する、他人と交際することについての自由とこれに伴う名誉とを阻害することの害悪を告知することに外ならない』と指摘しています。 その上で、通告を受けた者が、集団社会の和を乱し、道徳的観点や法律的観点から見逃すことができないような場合を除き、『脅迫罪の成立を免れない』という趣旨を示しています。 感情のもつれもあり、小さなコミュニティの中で村八分を解決するのは簡単なことではないのかもしれません。 ですが、村八分が刑事・民事ともに法的な問題を生じうるということは多くの方に知っておいていただきたいと思います」 【取材協力弁護士】 濵門 俊也(はまかど・としや)弁護士 当職は、当たり前のことを当たり前のように処理できる基本に忠実な力、すなわち「基本力(きほんちから)」こそ、法曹に求められる最も重要な力だと考えています。 依頼者の「義」にお応えしたい。 濵門の門(もん)は開いています。 hamakado-law. yahoo.

次の