ピクセルモン 攻略。 【USUM】アルセウスの出現場所と種族値&覚える技【ポケモンウルトラサンムーン】

[Pixelmon/ポケモンmod]序盤の攻略方法[第一話]

ピクセルモン 攻略

原作のようにモンスターボールにも種類がある。 状況に応じてボールを使い分けることで、野生のポケモンを格段に捕まえやすくなる。 各ボールのレシピと効果を紹介。 今回はふたのレシピのみの紹介。 詳細な作り方はで紹介している。 マスターボールとプレシャスボールは現在レシピが存在しない。 モンスターボール 通常のモンスターボール。 スーパーボール モンスターボールより1. 5倍捕まえやすい。 ウルトラボール モンスターボールより2倍捕まえやすい。 レベルボール 捕まえやすさがバトルに出ているポケモンと野生のポケモンとのレベル差で決まる。 レベルが同じかこちらが低いとモンスターボールと同じ性能。 レベル差が2倍以内だと、2倍捕まえやすくなる。 レベル差が3倍以内だと、4倍捕まえやすくなる。 レベル差が4倍以上だと、8倍捕まえやすくなる。 ムーンボール 月の石で進化する(もしくは、進化後に月の石で進化する)ポケモンの捕まえやすさが4倍になる。 フレンドボール 捕まえやすさはモンスターボールと同等。 このボールで捕まえたポケモンは最初からなつき度が200になる。 ラブラブボール 野生のポケモンがバトルに出ているポケモンと 同じ種類かつ、 違う性別の場合捕まえやすさが8倍。 条件が合わない場合はモンスターボール相当。 サファリボール 草原バイオームで使うと捕まえやすさが1. 他のバイオームではモンスターボール相当。 ヘビーボール 重いポケモンに対して捕まえやすさの補正がかかる。 軽いポケモンはモンスターボールより捕まえにくくなる。 重さ 補正 204. 8 kg未満 -20 307. 7現在、誤植で日本語化するとクイックボールとなる。 (英語では正しくFast Ball) すばやさ種族値が100以上のポケモンの捕まえやすさが4倍。 100未満のポケモンにはモンスターボール相当となる。 リピートボール 一度捕まえたことのあるポケモンに対して、捕まえやすさが3倍になる。 タイマーボール ターンが経過する毎に捕まえやすくなる。 1ターン毎に0. 3倍ずつ加算され、10ターンで最大の4倍となる。 ネストボール 野生のポケモンが弱いほど捕まえやすい。 ネットボール みずか むしタイプのポケモンの捕まえやすさが3倍。 それ以外はモンスターボール相当。 ダイブボール 野生のポケモンが水の中にいると捕まえやすさが3. それ以外の場所ではモンスターボール相当。 ゴージャスボール 捕まえやすさはモンスターボールと同じ。 捕まえたポケモンのなつき度が申し訳程度に上がりやすくなる。 ボールの見た目がかっこいいのが最大のメリット。 プレミアボール これも捕まえやすさはモンスターボールと同じで、見た目のためのボール。 クラフトできるボールは以上。 マスターボールはチェスト、プレシャスボールはボスドロップのみとなっている。

次の

マイクラ】Pixelmonメモ: ざったスティ

ピクセルモン 攻略

原作のようにモンスターボールにも種類がある。 状況に応じてボールを使い分けることで、野生のポケモンを格段に捕まえやすくなる。 各ボールのレシピと効果を紹介。 今回はふたのレシピのみの紹介。 詳細な作り方はで紹介している。 マスターボールとプレシャスボールは現在レシピが存在しない。 モンスターボール 通常のモンスターボール。 スーパーボール モンスターボールより1. 5倍捕まえやすい。 ウルトラボール モンスターボールより2倍捕まえやすい。 レベルボール 捕まえやすさがバトルに出ているポケモンと野生のポケモンとのレベル差で決まる。 レベルが同じかこちらが低いとモンスターボールと同じ性能。 レベル差が2倍以内だと、2倍捕まえやすくなる。 レベル差が3倍以内だと、4倍捕まえやすくなる。 レベル差が4倍以上だと、8倍捕まえやすくなる。 ムーンボール 月の石で進化する(もしくは、進化後に月の石で進化する)ポケモンの捕まえやすさが4倍になる。 フレンドボール 捕まえやすさはモンスターボールと同等。 このボールで捕まえたポケモンは最初からなつき度が200になる。 ラブラブボール 野生のポケモンがバトルに出ているポケモンと 同じ種類かつ、 違う性別の場合捕まえやすさが8倍。 条件が合わない場合はモンスターボール相当。 サファリボール 草原バイオームで使うと捕まえやすさが1. 他のバイオームではモンスターボール相当。 ヘビーボール 重いポケモンに対して捕まえやすさの補正がかかる。 軽いポケモンはモンスターボールより捕まえにくくなる。 重さ 補正 204. 8 kg未満 -20 307. 7現在、誤植で日本語化するとクイックボールとなる。 (英語では正しくFast Ball) すばやさ種族値が100以上のポケモンの捕まえやすさが4倍。 100未満のポケモンにはモンスターボール相当となる。 リピートボール 一度捕まえたことのあるポケモンに対して、捕まえやすさが3倍になる。 タイマーボール ターンが経過する毎に捕まえやすくなる。 1ターン毎に0. 3倍ずつ加算され、10ターンで最大の4倍となる。 ネストボール 野生のポケモンが弱いほど捕まえやすい。 ネットボール みずか むしタイプのポケモンの捕まえやすさが3倍。 それ以外はモンスターボール相当。 ダイブボール 野生のポケモンが水の中にいると捕まえやすさが3. それ以外の場所ではモンスターボール相当。 ゴージャスボール 捕まえやすさはモンスターボールと同じ。 捕まえたポケモンのなつき度が申し訳程度に上がりやすくなる。 ボールの見た目がかっこいいのが最大のメリット。 プレミアボール これも捕まえやすさはモンスターボールと同じで、見た目のためのボール。 クラフトできるボールは以上。 マスターボールはチェスト、プレシャスボールはボスドロップのみとなっている。

次の

【マインクラフト】Pixelmon ボールのレシピ全22種類&ポケモンの英語名【攻略】

ピクセルモン 攻略

ピジョン とりポケモン ぜんこくNo. 017 セントラルNo. 018 高さ 1. 1m 重さ• 0kg• けたぐり威力60 タイプ• タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 18で『ポッポ』から進化• 36で『ピジョン』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 ORAS• サファリゾーン 特殊 主な入手方法 ORAS• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 XY• なし 主な入手方法 XY• また、相手の回避率ランクの変化の影響を受けない。 /レベルの低い野生のポケモンと出会いにくくなる。 『こんらん』状態の時、回避率が上がる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを下げる技や特性の効果を受けない。 基本 じめん 変化 - 100 15 相手の命中率を1段階下げる。 基本 ひこう 特殊 40 100 35 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 5 じめん 変化 - 100 15 相手の命中率を1段階下げる。 9 ひこう 特殊 40 100 35 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 17 ノーマル 変化 - - 20 必ず後攻になる 優先度:-6。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 22 ドラゴン 特殊 40 100 20 相手全体が対象。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 27 ひこう 変化 - 100 15 相手の『こうげき』ランクを2段階下げる。 32 エスパー 変化 - - 30 自分の『すばやさ』ランクが2段階上がる。 37 ひこう 物理 60 100 35 通常攻撃。 42 ひこう 変化 - - 10 HPが最大HPの半分回復するが、そのターンは『ひこう』タイプではなくなる。 47 ひこう 変化 - - 15 4ターンの間、自分と味方の『すばやさ』が2倍になる。 52 ひこう 変化 - - 20 相手が最後に使った技で、相手を攻撃する。 技の対象が「通常」 1体選択 の場合は技を使用したポケモン 味方を含める を攻撃し、それ以外の場合は、自分がその技を使用した場合に本来取りうる対象に攻撃する 「相手全体」「自分以外」など。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 6 どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 10 ノーマル 特殊 60 100 15 自分の個体値によって『タイプ』が変わる。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 11 ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 19 ひこう 変化 - - 10 HPが最大HPの半分回復するが、そのターンは『ひこう』タイプではなくなる。 21 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最大102。 27 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最大102。 32 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 40 ひこう 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 42 ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 44 エスパー 変化 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 ノーマル 変化 - 100 15 相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 46 あく 物理 60 100 25 相手が持っている道具を自分の物にする。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル・トリプルバトル用 技. 87 ノーマル 変化 - 90 15 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 88 ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 89 むし 物理 70 100 20 攻撃後、手持ちのポケモンと入れ替わる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 100 ノーマル 変化 - - 20 相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 2 ひこう 物理 90 95 15 1ターン目に空中へ飛び上がり、2ターン目に攻撃する。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 遺伝 ノーマル 変化 - - 40 使用後、相手の回避率に関係なく攻撃が当たる。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 遺伝 あく 物理 40 100 20 相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える。 遺伝 ノーマル 特殊 90 100 10 3ターン連続で攻撃し、その間はすべてのポケモンが『ねむり』状態にならない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 遺伝 ひこう 特殊 60 95 25 相手全体が対象。 遺伝 ひこう 変化 - - 15 相手の回避率を1段階下げる。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。 ORAS ノーマル 特殊 50 100 15 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS ノーマル 特殊 90 100 10 3ターン連続で攻撃し、その間はすべてのポケモンが『ねむり』状態にならない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS ほのお 特殊 95 90 10 相手全体が対象。 ORAS ひこう 変化 - - 15 4ターンの間、自分と味方の『すばやさ』が2倍になる。 過去作でしか覚えられない技.

次の