じゃ が アリゴ お湯 の 量。 じゃがりこを使ったアリゴ「じゃがアリゴ」のレシピ

じゃがりこを使ったアリゴ「じゃがアリゴ」のレシピ

じゃ が アリゴ お湯 の 量

じゃがりこのポテトサラダってどうやって作る?お湯の量ってどのくらい? 通行人 という方向けの話題。 流行りに乗って自分が作ったわけではなく、現在中学校不登校の長男が作った心暖まるお話です。 ネットを徘徊していると実際に作ってみたものの、お湯の量で失敗する方も少なからずいるようです。 ということで、じゃがりこでポテトサラダを作る時の• お湯の量と容器• おすすめの味• 作り方 などについて紹介します。 そもそもの出処は、同じく話題になった海外のとある料理を再現したことに端を発するようですので、後半で触れています。 息子の2度に渡るじゃがりこポテトサラダの作り方紹介します。 ちなみに、サラダ用のじゃがりこが販売されてます。 おっとー。 じゃがりこでサラダ作るから買ってきて 息子1号 不登校の長男が、ある日突然言い出しました。 何を言っているのかはじめはわけがわかりませんでしたが、できたじゃがりこのポテトサラダを見て納得。 ついでに、親子の会話もあまりない日が続いていたのでちょっと心が暖まりました。 ということで、じゃがりこでポテトサラダを作る時に、気になることを始めにまとめておきます。 サラダにおすすめの味は? 後半で紹介していますが、じゃがりこで作るポテトサラダの出処は、ツイッターの模様。 そのツイートによると、 プレーンなんだそうで。 ただ、一時人気が出すぎて、品薄状態にまで陥ったそうです笑 ただ、 どの味のじゃがりこで作っても美味しい、という感想があるので、特に拘る必要なさそうです。 何種類か作って食べ比べするのも面白そうですよね。 ちなみに、家ではチーズとサラダ味で作ってました。 お湯を入れる容器と量 熱湯を入れることになります。 ネットを参考にすると 普通のサイズのじゃがりこで150cc。 ただし、失敗する方も多いようで 120cc だとちょうどいい、という感想が多いです。 息子はそのへんも調べたのか MEMO• じゃがりこを 小さめに折る• さけるチーズを細かく割いて、じゃがりこの中へ投入• 塩を少し入れる• お湯150ccを入れる(通常サイズ)• 3分待つ• ひたすら 混ぜる• 完成 特に難しいことはありません。 ポイントは お湯の量 とのこと。 心配な方は、計量カップなどを使うことをおすすめします。 ということで、息子がじゃがりこサラダを作っている様子です。 1回目。 お湯を入れて、蓋をして3分待ちました。 開けるとこんな感じ。 じゃがりこがお湯に浸かっていなかったので、硬い部分がだいぶ有ったようです。 なので、 お湯を入れる前に、じゃがりこを細かく砕く作業が必要ですね。 それと、 容器をそのまま持つと熱かったそうで。 予め、 別の容器で作るか、3分後 別の容器に移したほうが作業効率が良い模様。 この後の写真はないのですが、硬い部分が有ったので混ぜている内に冷めてしまいレンジでチンしていました笑 2回目。 数日後出来がいまいちだったのでリベンジ。 少し学習してました笑 タッパー!! 確かにコレだと、お湯にすべて浸かりますからね。 お湯の量は150cc。 ラップをして待つこと3分。 今回は満遍なくお湯に浸かっていたようです。 ひたすら混ぜる。 そしてフォークが曲がる笑 マッシャーがあればなおよしです。 できました。 みんなで食べましたが、美味いものにうまいものを混ぜたのでうまいです。 味もほぼじゃがりこが賄ってくれているので間違いないです。 それと、Lサイズのじゃがりこで作ったほうが、食べごたえありました。 恐ろしく簡単に今流行りのフランスの伸びるチーズマッシュポテト「アリゴ」をじゃがりこで錬成することに成功しました 「じゃがアリゴ」 じゃがりこ一個に塩とさけるチーズ一本裂いて入れ熱湯150cc入れ蓋し数分待ち混ぜるだけ じゃがりことさけるチーズが旨いから当然旨い、約束された勝利、お勧め — リュウジ 料理のおにいさん ore825 そもそも、ちまたで人気上昇中の「アリゴ」という料理があるとのことで、それをじゃがりことさけるチーズで再現できたよ!という。。 アリゴとは? で、その「アリゴ」なる料理ですが、Wikipediaから引用します。 粘度が高く、「餅のよう」とも表現され、非常によく伸びるのが特徴。 肉料理などの付け合せとして供される。 フランスの強度料理なんだそうです。 画像も有りました。 !!!!! 伸びてる! じゃがりこにさけるチーズを混ぜる理由は、この伸びる感を再現するために必要だったんですな。 このツイートは、16万リツイートだったそうで、じゃがりこの販売元のカルビーさんも動いたそうです。 「じゃがアリゴ」が話題らしいと聞いて、早速じゃがりこの商品担当がやってみた 勢い余っていろんな味で試してみたが、後悔はしていない 全部おいしい 結果、どの味でもそれぞれの味がでて美味しかった、ということなんですね~。

次の

じゃがありご水の量や待ち時間は何分がベスト?電子レンジ使用時は要注意!

じゃ が アリゴ お湯 の 量

ふだんの作り方は「さじ加減」以下 最近インスタントコーヒーをガブガブ飲んでいる。 のだが、入れ方は極めて適当だ。 インスタントコーヒーの入れ方、以下のようにいい加減な人も多いのではないだろうか。 人差し指でトントンとやりながら、なんとなくの量をカップに入れる。 こんなもんだろうか。 お湯の量もなんとなくだ。 なんなら熱湯だとアツアツで飲めないので水を入れて冷ます。 コーヒーの粉の量も感覚に頼っているし、お湯の量もポットのボタンを押すタイミング次第だ。 スプーンを使って測れば文字通り「さじ加減」と言えそうだが、それ以下である。 だから常々味の濃さが毎回違うような気がしているのだ。 今日は粉の量もお湯の量もきちんと測って適度な味を探したい。 これがオフィシャル通りのコーヒーの量だ! とりあえず瓶のラベルに書かれている通りのオフィシャルの入れ方に沿ってコーヒーを作ってみようか。 これがこの記事の肝になる。 「約2g(スプーン1~2杯)にお湯140mlが適量です。 」と書かれている。 ふんふん、なるほど。 スプーン1杯と2杯だとだいぶ違いがありそう……と思ったので、はかりを使って2gを量る。 このはかりの最小単位が1gなので、あやふやなところもあるが。 スプーン山盛り1杯が2gだった。 たしかに「スプーン1~2杯」だ。 このティースプーンだかコーヒースプーンだかわからないスプーン(ティースプーンはコーヒースプーンより一回り大きいらしい。 が、家にこのスプーンと比較するスプーンがない)によると、山盛り一杯で約2gだということがわかった。 これが正真正銘2gのインスタントコーヒーだ! つねづねインスタントコーヒーの瓶にはオフィシャルの量が書いてあるなと思って数年経ったのだが、このくらいだったのか……と感慨深いものがある。 さて毎回スプーンではかるのも面倒なので(面倒くさがり)、サイズの違うカップに入れてみてそれぞれどんな量に見えるか確認しておきたい。 サイズ違いで4つ用意した。 カップに入れたらどのくらいの量に見えるだろうか。 2gのインスタントコーヒーを入れてみる。 違いが見えてきた。 コーヒーカップとマグカップを比較すると、マグカップの方は底が見えますな。 そこにお湯140ml入れる。 それぞれカップで容積がちがうので、この140mlのお湯も具合が違ってくるだろう。 入れてみた。 きちんと粉の量とお湯の量を測ってインスタントコーヒーを入れる。 インスタントコーヒーにおける整体みたいなものである。 こうなった。 コーヒーカップは1杯分になったのに対して、マグカップにはだいぶ余裕があった。 なるほどな~。 (ただただ当たり前のことをやっているだけな気がしてきたが、ぼくと同じくオフィシャルの入れ方がどうなのか気になってるけどやってない人がいるだろうから、そういう人に向けて続けることにする。 ) とりあえず飲んでみよう。 けっこう濃いぞ…? なるほど、濃いな。 いつも飲んでいるコーヒーより濃い味がした。 おれはずっと間違っていたのだ! 舌が貧乏性なのかと思ってすこしショックである。 ところでマグカップにはまだ余裕があるので、いっぱいになるまで入れたらどうなるだろう。 マグカップ(中)はコーヒーカップの2倍、マグカップ(大)はコーヒーカップの3倍と考えて、その分のコーヒーの粉を入れた。 マグカップ(大)が6g(スプーン山盛り3杯)、マグカップ(中)が4g(スプーン山盛り2杯)。 いつも目分量で入れている量より多い気がする。 が、これがオフィシャルだ。 お湯もそれぞれ3倍の420ml(大)、2倍の280ml(中)入れたらちょうどであった。 さっそく飲んでみよう。 やはり濃い。 なるほど。 やはり濃い。 ガブガブ飲むには濃いのだ。 舌が貧しいのかと思ってショックを受けている場合ではなかった。 好みに合わせて、もうちょっと薄くしてみよう。 マグカップ(中)はオフィシャルでは4g入れていたので、1/4カットして3gにしてみた。 すると……、 最初の目分量で入れたのと同じではないか。 はじめに目分量でいれたのと同じ量になった。 2gより多い、4より少ない。 目分量で3gをはじき出していたのだ。 ズズ……。 ちょうどいい。 おれは間違っていなかったのだ!!.

次の

じゃがりこでポテトサラダ!お湯の量と作り方。反抗期息子のレシピ。

じゃ が アリゴ お湯 の 量

キミはじゃがりこが好きだろうか? チーズが好きだろうか? どちらも好きなら、思わず作りたくなる美味しくてカンタンなレシピがある。 ただ、カンタンであっても私のようにキミが失敗する可能性もあるため、悪い例とそれに対する対処方法をお伝えしたい。 今回は「話題のじゃがアリゴ作りで失敗しないためにこれは絶対注意すべき!」と題し、じゃがアリゴについてまとめていこうと思う。 ツイッターなどのSNSで話題!じゃがアリゴとは? じゃがアリゴの発端は、こちらのツイート。 恐ろしく簡単に今流行りのフランスの伸びるチーズマッシュポテト「アリゴ」をじゃがりこで錬成することに成功しました 「じゃがアリゴ」 じゃがりこ一個に塩とさけるチーズ一本裂いて入れ熱湯150cc入れ蓋し数分待ち混ぜるだけ じゃがりことさけるチーズが旨いから当然旨い、約束された勝利、お勧め — リュウジ 料理のおにいさんバズレシピ ore825 フランスで流行りだという「アリゴ」という料理を、カルビーの人気のお菓子であるじゃがりこで手軽に作れることを紹介したツイートが、記事作成時点で17万件以上のリツイート、52万件以上のいいねを集め、大きな話題となっている。 アリゴは伸びるチーズマッシュポテトであり、芋料理なのかチーズ料理なのかはあいまいらしい。 アリゴの語源には諸説あり、 aliquid(ラテン語)=何か食べるものを(お願いする言葉) alicoter(古フランス語)=小片に切る aliga(ラテン語)=ガリアの上質小麦粉 などが挙げられているが、明確にはなっていないようだ。 じゃがりこの販売元であるカルビーもいち早く反応 そして、このツイートに対してカルビーがいち早く反応。 販売元の強みを最大限に活かし、色んな味で試してみたことを報告している。 アバウトな感想ではあるが、とりあえず美味しいことは間違いないらしい。 それと合わせて、じゃがりこのカップで作ることへの注意喚起をしている。 悪魔の食べ物... じゃがりこ 1個 さけるチーズ 1個 お湯 150cc 塩 適量 じゃがりこそのものに味が付いているし、チーズに塩気があるので、塩は好みで良いかもしれない。 じゃがりこに関しても私はサラダを使ったが、別に何の味でも構わない。 そしてさけるチーズも種類があるが、こちらも同様にお好みのもので。 さらに先ほどご紹介したツイートの中にあったが、じゃがりこLサイズの場合には200ccぐらいが適量のようである。 じゃがアリゴの作り方と失敗しないために大切なポイント じゃがアリゴの作り方は下記の通り。 1:じゃがりこを耐熱容器へ入れる 2:さけるチーズを細かく裂いてその上に載せる 3:150ccの熱湯を注ぐ 4:数分待って蒸らす 5:かき混ぜてできあがり これだけ見るとすごくカンタンそうに見えるが、恥ずかしながら私は失敗してしまった。 じゃがアリゴで失敗しないために絶対注意すべきこと1:さけるチーズは細かめに裂く 私が作ったじゃがアリゴの、お湯を入れる前はこんな感じ。 裂き方が甘かったのも、うまく溶け切らなかった要因だと思う。 結構細かめに裂くことをオススメする。 じゃがアリゴで失敗しないために絶対注意すべきこと2:できれば幅は狭く、深めの耐熱容器を 上の画像を見ていただくとわかる通り、深めだが結構幅広な耐熱容器を私は使った。 そのため、まんべんなく全体にお湯がいきわたらなかったのではないかと思う。 あとは、特にフタなどをしていなかったこともダメだったんじゃないかと。 「蒸らす」とあるので蒸らされる環境、つまりはフタなどをする方が良いと思う。 じゃがアリゴで失敗しないために絶対注意すべきこと3:蒸らし過ぎない 「数分」とあったのでテキトーに置いていたが、どうやら時間を置きすぎて、混ぜる前にじゃがりこがお湯を吸い過ぎたようである。 多少お湯が残っている状態でかき混ぜ始めたほうが良いと思われる。 ただ、上記のレシピには「数分」としか書いていない。 何分なんだろう? と思いながら、私はおそらく10分くらいは置いたと思われる。 数分の定義はあいまいではあるが、調べてみると 大体2~3分程度でOKのようだ。 良い意味ですべてをチャラにする!じゃがアリゴ究極の裏ワザ まあ、色々と書いてきたが、なんだかんだで良い感じにまとまる究極の裏ワザがある。 それは、 レンジでチン。 ラップをかけずに1~2分程温めれば、良い感じで一体化してくれる。 パサパサなら多少水を加えれば良いし、味が物足りなければ塩とかを加えればいい。 なんというか最後の手段だが、どうにもうまくいかなければこれでリカバリーができる。 ただ、 レンジで放置すると大変なことになるので、1~2分刻みくらいで温めることをオススメする。 正直私もこれに頼った。 まとめ いかがだっただろうか。 じゃがアリゴについて、下記のことをまとめてきた。 ・ツイッターなどのSNSで話題!じゃがアリゴとは? ・じゃがりこの販売元であるカルビーもいち早く反応 ・じゃがアリゴを作った報告や感想・口コミなど ・じゃがアリゴの材料 ・じゃがアリゴの作り方と失敗しないために大切なポイント 1:さけるチーズは細かめに裂く 2:できれば幅は狭く、深めの耐熱容器を 3:蒸らし過ぎない ・良い意味ですべてをチャラにする!じゃがアリゴ究極の裏ワザ ちなみにこちらのレシピを考案されたリュウジさんは、レシピ本もいくつか出している。 じゃがアリゴ以外にも食欲をそそる料理が満載である。 そしてじゃがアリゴを作るおもちゃも出ており、おそらくこれを使えば失敗は無いかもしれない。

次の