ムフェト 対策 装備。 【MHWI】ムフェトジーヴァ対策装備:破壊王3積みで各部位に対応

【MHWIB】ムフェトジーヴァ戦での敵視の取り方・タンクのやり方

ムフェト 対策 装備

ライトだと最初は翼を狙う。 通常弾でいいんですが、狙い方があります。 翼の皮膜はダメで、付け根の太いところを狙います。 徹甲なら皮膜でもいいです。 両翼壊したら、背中を徹甲榴弾で破壊します。 もしくは頭を通常弾で。 注意点ですが頭を序盤に徹甲榴弾で狙って気絶させるのはやらないほうがいいです。 これがライトの役割です。 全部破壊できたら、細かいことはいろいろあるんですが死なないように通りのいい箇所を一生懸命攻撃してたら一応大丈夫です。 しかしムフェトは全属性弾の通りがいいので、属性弾速射できるライトか徹甲榴弾得意なライトどっちかのほうがいいと思います。 それで赤龍・水というライトが水弾と徹甲2を速射できる便利ライトなので、一回それを手に入れたライトシューターはみんなそれを使ってます。

次の

【MHW】アイスボーン:対ムフェトジーヴァ・近接オススメ装備紹介(破壊王必須)│Canine Conquers

ムフェト 対策 装備

スキル おすすめ理由 火力スキル全般 優先的に使用したい対策スキルがない場合は や など、いずれかの火力スキルを必ず発動させましょう。 どのモンスターにでも使用できる 万能スキルです。 比較的簡単に生存力を高めることができます。 ゼノジーヴァ成体 は攻撃力や攻撃頻度が高く、一度気絶状態になるとそのまま力尽きることも珍しくありません。 また敵視状態の時はさらに集中的に狙われるため、気絶耐性の重要性が非常に高くなります。 ゼノジーヴァ成体 は一部の攻撃に振動が付与されているものがあります。 よろけによる拘束中に追撃を受ける可能性があるため、 剣士武器を使用する場合は優先して発動させましょう。 部位への蓄積ダメージを高めることができるスキルです。 ゼノジーヴァ成体 は部位破壊をすることでポイント 達成度 が溜まり、クリア時の報酬が増加します。 ガードを多用する武器を使用する場合におすすめのスキルです。 ガード時の反動や消費スタミナを減少させることができます。 マルチプレイでおなじみの味方支援スキルで、と併用することで高い相乗効果が期待できます。 味方の支援を意識しすぎると自身の攻撃頻度が激減してしまうため、アイテムを使用するタイミングはしっかりと見定めましょう。

次の

【MHW】アイスボーン:対ムフェトジーヴァ・近接オススメ装備紹介(破壊王必須)│Canine Conquers

ムフェト 対策 装備

ムフェトジーヴァの対策スキルは?ライトボウガン編 まずは、ムフェトジーヴァと戦う際の必須スキル・オススメスキルを紹介していきます。 体力増強 … 体力底上げで生存率を高めるスキル。 これがないと一撃死してしまう場面が増えるため、何がなんでもいれておきたい。 破壊王 … 部位破壊で報酬が増えるため。 かなり硬いので、破壊王スキルはほぼ必須。 その他にオススメのスキル• 超会心 … 会心攻撃時の火力アップスキル。 3(MAX)まで上げると、会心時のダメージが1. 4倍になる。 見切り … 会心率アップのため。 弱点特攻Lv. 使う属性に応じてLv. 6推奨。 個人的には、上記4つはほぼ必須。 スタミナをMAXにキープしないと発動しないため難しいと思われるかもしれませんが、ほとんどの攻撃はモンスターの周囲を回るように立ち回れば避けれるため、比較的簡単に発動できます。 1 超会心 Lv. 4 装衣(1) 転身の装衣・改 (1)(1) 好きな珠(1)x 2 装衣(2) 不動の装衣・改 (1)(1) 好きな珠(1)x 2 発動スキル(装飾品込み)• 真・会心撃【属性】(シルソル4部位シリーズスキル)• 見切り Lv. 雷属性攻撃強化 Lv. 風圧耐性 Lv. 体力増強 Lv. 超会心 Lv. 破壊王 Lv. 渾身 Lv. スリンガー装填数UP Lv. 1 シルソル4部位で発動する真・会心撃【属性】に加え、破壊王を組み込んだムフェトジーヴァ周回用の雷属性ライト装備です。 真・会心撃【属性】は会心攻撃時に属性ダメージを高くするスキルのため、会心率が大事になります。 マム・タロト周回の時にもかなり使われていた冥灯ライトですが、武器自体に弾丸節約スキルが付いているのはめちゃくちゃ強いです。 その上、素会心も10%でさらに大スロットも2つあるという、文句なしの性能。 見切りLv. 渾身Lv. ムフェトジーヴァは部位破壊をすることで報酬が増えるのですが、とにかく硬い…!! 部位破壊まで時間が結構かかるため、破壊王はほぼ必須 です。 壊れるまで殴るのだ! オススメポイント• 剣士では部位破壊が難しい両翼を破壊できる• 破壊王を入れているので、部位破壊がしやすい• クラッチで傷が入っていない部位にもそこそこのダメージを出せる• 装飾品の難易度がそこまで高くない デメリット• 理由は下記の通りです。 モンスターの体が非常に大きい• 距離を保つことで被弾率がかなり低い• クラッチの傷がなくても属性弾で良いダメージが出る この3つに加え、 近接武器では破壊することが極めて難しい両翼の部位破壊、PTに1人ライトボウガンがいれば可能です。 部位破壊をすると達成度が上がりもらえる報酬が増えるので、翼を破壊できるボウガン・弓はPTに最低でも1人は必須と思われます。 また、属性ライト使用時、ムフェトジーヴァからの敵視を取ることが非常に多かったです。 敵視条件は不明ですが、仮にDPSだとしたら、PTの中でもかなり火力を出せているということになります。 DPSとは「Damage Per Second」の略で「1秒あたりのダメージ」を意味する。 【まとめ】ムフェトジーヴァ周回には属性ライトが最適解? 脳死でムフェトジーヴァを周回したい方には、属性ライトが非常にオススメです。 両翼の部位破壊が可能な上、尻尾以外の部位は全て部位破壊を狙うことができます。 ムフェトジーヴァ周回の際には、最低でも破壊王Lv. 3を組み込んだ装備で戦いましょう! 「属性ライトを使ったことがない…」という方も、これを機に始めてみるのもアリだと思います。

次の