ポケモン剣盾マリルリ育成論。 ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン剣盾 クソポケ育成日記② ~オニシズクモ~:そうかそうか、つまりジョンはそんな奴だったんだな。

ポケモン剣盾マリルリ育成論

by: マリルリは特性「ちからもち」で、強力な先制技アクアジェットを放ったり、優れた耐性でサイクルを得意とするポケモンです。 エースバーンからの有効打が現在メジャーではない「エレキボール」「ダストシュート」しかなく、逆にアクアジェットで縛ることが可能で、評価は高いです。 この記事ではマリルリのガラルでの活躍を予想する話題をまとめていきます。 マリルリのスペック 第7世代までのマリルリは、「たきのぼり・アクアジェット・じゃれつく・自由枠」といったフルアタ構成や、「はらだいこ・アクアジェット・じゃれつく・自由枠」のはらだいこ型がメジャーでした。 他にも夢特性の「そうしょく」でナットレイなど本来勝てないポケモンを倒すようなトリッキーな型もいました。 、— シャルロット 剣盾の民 Charlotte0083 マリルリは現環境において絶対強ポケになるだろうな。 一般パでもリピボでも。 — らくとせ リピ. さすが兎ポケモン。 — ふくだいち ultimatelilliga 多分鎧の孤島解禁されて一番使われるのはマリルリだと思う。 教え技で物理の草、電気タイプの解禁がなければ — Nチキ ゾロり隊幹部 noichikin.

次の

【ポケモン剣盾】ヌメルゴンのおすすめ育成論を紹介!効率的な育て方とは?【ポケットモンスター(ポケモン)】

ポケモン剣盾マリルリ育成論

考察などの中からテキスト検索• 投稿者:わに• コメント 0 みんなの評価 :• 投稿者:クルルぽけ• コメント 0 みんなの評価 :• 投稿者:カプ・サイシン• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:弱保信者• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:suzu• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:たらこ唇• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:? コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:ヤニガナイト• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:salamence• コメント 3 みんなの評価 :• 投稿者:john• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:ゆーや• コメント 5 みんなの評価 :• 投稿者:ミヤビ 草と霊の使い手• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:したじき• コメント 3 みんなの評価 :• 投稿者:Raru• コメント 5 みんなの評価 :• 投稿者:Junberry• オノノクスは元々持ち物がスカーフかラム持ちが多いので、相手も搦手よりHPを削る選択肢をとる事が多いはずです。 また、ダイマ時に耐久が上がる地面鋼技との相性も良いで... タスキ潰しをセルフで出来るのは良いですよね、ターン制限のあるダイマックスにとって非常に大きいと思っています。 キョダイカメックスの魅力が... 通常のカメックスとの比較もわかりやすく、火力にも魅力を感じました。 ご指摘の通り、既存の型との差別点については不明瞭でした。 ポットデスをアタッカーとして運用する意義やメリットについては、着想に至った経緯も含めて、「ポットデ... 投稿者:おはぎが好きな逃亡騎士• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:UI• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:ルンパッパ• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:らいじ• コメント 3 みんなの評価 :• 投稿者:チトさん• コメント 5 みんなの評価 :.

次の

ポケモン剣盾 クソポケ育成日記② ~オニシズクモ~:そうかそうか、つまりジョンはそんな奴だったんだな。

ポケモン剣盾マリルリ育成論

5倍 0. 25倍 なし 無効 なし 解説 物理耐久が高く、特性の「さいせいりょく」や「じこさいせい」によって 回復性能も高いので使いまわせる物理受けとして優秀なポケモンです。 受けポケモンとしては火力も高く、様々なタイプの技を覚えるので「こだわりメガネ」を持たせて火力も耐久も高いサイクル用のアタッカーとしても過去には活躍していました。 一方で素の素早さが非常に低く、すぐに素早さを大幅に上昇させる手段が無いので弱点を突いてくる特殊アタッカーなどの ダメージレースで負けている相手は苦手としています。 5倍 0. 25倍 無効 解説 高い攻撃と特性「テクニシャン」による先制技威力の底上げや、攻撃を2段階上昇させる「つるぎのまい」で 安定した火力を出し続ける事の出来るポケモンです。 鋼タイプの先制技「バレットパンチ」を使用出来る事から削れた相手を一掃する スイーパーやストッパーの役割を持つ事が可能です。 得手不得手や役割がハッキリしており、攻撃後後続と交代する「とんぼがえり」も高い攻撃から一致で撃てる為に サイクル性能が高いポケモンでもあります。 一方でダイマックス時にはテクニシャンの効果が活かされず、素の素早さが高くない事から「ダイジェット」も活かしづらいのでダイマックスアタッカーとしての適性はあまり高くないポケモンと考えられます。 また、進化前の「 」も高い素早さと攻撃を持ち、飛行技をタイプ一致で使用出来る事から「しんかのきせき」や火力強化アイテムを持たせてのダイマックスアタッカーとしての活躍が考えられます。 5倍 なし 0. 25倍 なし 無効 解説 「しんかのきせき」を持たせる事で防御特防共に非常に高い数値となり、加えて「じこさいせい」を持つ事から 半端な火力では落とす事が出来ない耐久となります。 耐久ポケモンとしては特攻が高いのも特長で、技範囲も広く特性のどちらも火力を増強させるものなので ダメージレースにおいて有利を取りやすいポケモンです。 高い耐久は「しんかのきせき」に依存している所が大きいので、「はたきおとす」「トリック」など アイテムを無効化すると大きく弱体化します。 5倍 なし 0. 25倍 なし 無効 解説 全ポケモンでもトップクラスのHPを持ち、高い特防を「しんかのきせき」で更に高める事によって 無類の特殊耐久を発揮するポケモンです。 過去には「どくどく」を主なダメージソースとして「タマゴうみ」で回復しつつ相手を削る受けポケモンとして活躍していましたが、今作では「どくどく」を覚えないのでダメージソースは「ちきゅうなげ」に依存してしまいます。 その為ゴーストタイプには無力な点、環境に物理アタッカーが多い点など逆風も多いですが 高いポテンシャル自体は健在です。 5倍 0. 25倍 なし 無効 解説 高い攻撃環境中速程度の素早さに加えて毎ターン素早さが上昇する特性「かそく」を持つ 抜き性能の高いポケモンです。 特攻も一定以上の数値があるので物理防御だけが高いポケモン相手では止まりづらく、覚えるタイプも豊富なので どんな相手にもアタッカーとしての仕事をこなしやすいのが特長です。 一方で耐久面は非常に脆く、 先制技でも大ダメージを受けてしまうので純粋な殴り合いでは力を発揮しづらく、周りで抜き体制を整えてあげる、他の抜きエースの為の削りや役割集中のような運用が強力なポケモンです。 5倍 0. 25倍 なし 無効 解説 特性「ちからもち」によって平時高い物理火力を誇り、「はらだいこ」によって 大幅に抜き性能を高める事が出来るポケモンです。 タイプ一致の先制技である「アクアジェット」も使用できるので自分よりも素早さが高いポケモン相手にも仕事がしやすく、一度積んでしまえば必ず大ダメージを取っていける性能を持っています。 格闘技も覚えるので単体でのタイプ補完も可能で、素の素早さは高くありませんが「とびはねる」を覚える事から 状況さえ整えばダイマックスアタッカーとしての活躍も考えられます。 ゾロアーク HP 60 攻撃 105 防御 60 合計 510 特攻 120 特防 60 素早 105 特性 タイプ相性 4倍 なし 2倍 0. 5倍 0. 25倍 なし 無効 解説 高い特攻と激戦区を抜けた素早さを持ち、特性の「イリュージョン」によって 相手の選択肢を揺さぶる事が出来るポケモンです。 イリュージョンの仕様は「選出の一番最後のポケモンの姿や名前でフィールドに出る」というもので、ダメージを受けるとこれが解除されます。 ダメージを受けるまではダイマックスをしても解除されないので相手に対応を誤らせる事が出来る可能性があります。 特攻を2段階上昇させる「わるだくみ」や、ダイマックス時に「ダイジェット」として使える「とびはねる」など ダイマックスアタッカーとしての素質、「ふいうち」「はたきおとす」「とんぼがえり」など 通常のアタッカーとしての素質、「トリック」「ちょうはつ」「おきみやげ」などの サポートとしての素質と様々な運用が考えられるのも特長で、特性のイリュージョンと合わせて非常に幅広い可能性が存在します。 イリュージョンをどのように活用するか、ゾロアーク自体をどのように運用するか、相手目線ではどう映るかなど常に意識する事が多く、 上級者向けのポケモンと言えます。 5倍 0. 25倍 無効 なし 解説 高い素早さと特殊に偏ったステータスを持ち、特攻・特防・素早さを一度に上昇させる「ちょうのまい」を使用出来る 強力な積みアタッカーです。 素の特殊火力も非常に高いので一度「ちょうのまい」を使用すれば一気に抜き性能が上がり、「ぼうふう」を覚える事からダイマックスアタッカーとしての適性も高い 特殊のエースアタッカーとなりえるポケモンです。 低い物理耐久から物理アタッカーとの殴り合いでは活躍が見込めず、物理である事が多い先制技にもやや縛られやすいという弱点があります。 5倍 0. 25倍 無効 解説 「HPが最大の時に飛行技を先制技として使用可能」という効果の「はやてのつばさ」を利用したアタッカー運用が考えられるポケモンです。 最大火力となる「ブレイブバード」は反動があるのでアンシナジーですが、「ダイジェット」として使用すれば反動を受けずに高火力を先制して使用出来るので スイーパーとしての役割を安定してこなす性能を持っています。 アタッカー性能以外にも「ちょうはつ」「おにび」「とんぼがえり」など戦闘の主導権を握りやすくなる技を覚えるので味方との補完さえ取れれば 高い汎用性を持ちます。

次の