親知らず 抜く と 小 顔。 親知らずの抜歯後、小顔になれる人の特徴とは?なぜそうなるの?

親知らずを掘り起こした

親知らず 抜く と 小 顔

親知らずを抜くと小顔になれる?そんな噂を耳にしたことがある方はいませんか?また、親知らずが生えてからなんだか顔が大きくなった気がするという方もいるでしょう。 実は、親知らずと顔の大きさや輪郭は大きく関係しています。 親知らずとは、つまり歯が1~4本増えるわけですよね。 歯が増えればそれだけ顎も大きくなるのは当たり前、顎が大きくなれば顔の大きさや輪郭だって当然変わります。 これは言い換えれば、親知らずを抜けば小顔になれるかもしれない、ということ。 といっても、残念なことに誰でも親知らずを抜けば小顔になれるわけではありません。 ここでは、親知らずを抜くと小顔になりやすい人の5つの特徴をご紹介します。 特に下の親知らずは、外から見ると、ちょうどエラにあたる部分に生えているため、下の親知らずを抜くことで、顎やエラが小さくなることがあります。 上の親知らずはちょうど、頬骨の下にあります。 なので、親知らずを抜くと頬骨のでっぱりが目立たなくなり、小顔の印象を作ることができます。 このような方は、上の親知らずを抜くことで頬骨のでっぱりを解消、小顔になれるかもしれません。 もちろん、骨のラインが輪郭にあらわれない方も親知らずを抜けば顎まわりの骨は痩せます。 しかし、輪郭にその効果があらわれにくいため、思ったほどの小顔効果を得られないことが多いです。 このような方は、親知らずを抜くことで、輪郭、特に顎まわりがすっきりするので、小顔になれる可能性があります。 親知らずのために顎や歯茎についていた筋肉が痩せ衰えることによって、小顔になることがあります。 親知らずを抜く前に、特に親知らずに力を入れて噛んでいた方の方が抜歯による小顔効果が出やすいです。 親知らずを抜くことで、噛むための筋肉を落とすことができ、小顔効果を期待できます。 親知らずが生えてくるとき、親知らずを支える骨や筋肉も一緒にできてきます。 なので、親知らずが生えきらないうちに親知らずを抜いてしまうことで、親知らずを支える骨や筋肉の形成がとまり、顔が大きくなったり顎が張るのを防ぐことができます。 親知らずの頭が歯茎から少し出てきたというのが、抜歯のいいタイミングです。 いかがでしたか? 以上が、親知らずを抜くと小顔になりやすい人の5つの特徴です。 ただ、上記の特徴にあてはまるからといって、必ずしも親知らずを抜いて小顔になれるわけではありません。 また、親知らずを抜くことによって、噛み合わせが悪くなったり歯茎に痛みを覚えるなどの不都合がでることがあります。 「小顔になりたいから親知らずを抜く」というのは安易かつ軽はずみな考えなのです。 親知らずを抜くときは、歯医者さんとよく相談し、小顔になれることも含めたメリットデメリットを理解したうえで、本当に抜くかどうかの判断をしましょう。

次の

親知らずを抜くと小顔になるの?抜歯後の痛みと対策

親知らず 抜く と 小 顔

更新日時: 2019年05月07日 突然ですが、「親知らずを抜歯したら小顔になった」という噂を聞いた事はありますか? 私も親知らずを抜歯する際にネット検索をしたのですが、その中に上記の文言がありました。 では、親知らずを抜いた状態の顔の感想なども踏まえて「噂の真相」を書いてみたいと思います。 親知らずの抜歯は「顎が数ミリ小さくなる事がある」 抜歯した歯の分が小さくなる事はない 「親知らずの抜歯で小顔になる」をイメージすると、抜く歯の大きさだけ顔が小さくなる様なイメージがあります。 私もその様なイメージだと思ってネット情報を検索していました。 ですが表現としては「顎の骨が数ミリ単位で小さくなる事もある。 」だそうです。 (成らない事もあるです。 ) つまり、 「歯を抜いた分小さくなる」という事は無いそうです。 顎が小さくなる効果は「有っても数ミリ」 顔ではありませんが、「顎が小さくなる効果は、数ミリ位なら有るかもしれない。 」という事なので「見た目に効果があるか?」は、人によって有るのかもしれません。 この記事を書いている最中に、テレビで聞いた話を思い出しました。 「女優の菜々緒さんは、小顔になりたくて所属事務所に相談せずに親知らずの抜歯を行った。 」です。 親知らずの抜歯後に収録があって、「顔が腫れた状態だったので、髪型で誤魔化した」という事で事務所の人に叱られたお話だったと記憶しています。 では、抜歯後のビフォーアフターはどうでしょうか? もともと顔が小さいので、あまり違いはわからない様にも見えます・・・。 (美しいお顔なので、輪郭が気にならないというのもありますね。 ) ですが、顔が小さい分数ミリでも効果があったのかもしれません。 親知らずの抜歯で「小顔効果が期待できる人」 ネット記事を読んでいると、上記の数ミリの顎の骨の話とは別に「親知らずの抜歯で、小顔効果が出る条件の人」というのがありました。 「エラが張っている人」や「頬の筋肉が発達している人」などです。 実は「小顔になった!」という人達は、上の「頬の筋肉が発達している人」ではないかと確信しています。 頬の筋肉が発達している人は抜歯で小顔効果があるのでは? では、どうして「頬の筋肉が発達している人だと確信しているのか?」のお話です。 ここからが実体験になります。 私は、下の親知らずを2本とも抜歯しました。 その理由は歯科矯正の為・・・という事ではありません。 「親知らずが横向きに生えて、噛み合わせの違和感とお手入れの面倒さが出ていた」 「顎の形(顔の輪郭)が目に見えて変わってきたので小顔効果を期待した」 の2点になります。 「顎の形(輪郭)が変わってきた」と感じた部分ですが、顔が大きくなったというより、「頬の筋肉」が過剰に付いたのではないか?と考えたのです。 その理由の心当たりとして、2点ほどあります。 「大きな体重増加がみられない」 「この数年で片方の輪郭(顎)が大きくなったと感じた」 です。 大胆な仮説ですね。 しかし仮にそうだとしたら、体にとって丁度良い筋肉が、見た目にはよろしく無いのです。 親知らず抜歯ビフォーアフター 続いてイラストになりますが、私の親知らずの抜歯前と抜歯後の画像を載せてみます。 少し顔の向きが違うのですが、鼻の大きさを合わせて写真の輪郭をなぞってみました。 本記事で抜歯後のイラストは2019年の5月です。 上のイラスト 矯正前 2018年11月(抜歯後約2か月) 下のイラスト 抜歯後 2019年5月 上記で比較しますと、半年程で顎の印象が違ってみえます。 大きな結果としては、両方のイラスト共に「抜歯後は左右の非対称さが緩和」されています。 「親知らずの抜歯で小顔」効果は、頬の筋肉が落ちた為 上記の比較イラストを見ると、抜歯後の 右側の頬(向かって左側)がかなりスッキリした様に見えます。 この「右側のみスッキリ」というのがポイントです。 実は右側のみに小顔効果が大きく表れている原因の中の一つに、「右側で食事を噛んでいない」という事実があります。 私は矯正の為に、右側上の6番(奥歯)を抜歯しています。 奥歯が無くて噛みづらいという理由もありますが、小臼歯の4番と5番の移動に余計な負担をかけないために、左側を使って食事を取っています。 右側で噛まないを意識しています。 ですので、ほとんど右側でものを噛むという事は行っていません。 という訳で(自分の経験上のみのお話ですが)、 親知らずの抜歯で小顔効果が期待できる人は「頬(顎)の筋肉が過度に発達している人」と考えます。 最後に このお話はあくまで私の主観で、自分の顔を見ての感想になります。 一般論とは大きく異なるかもしれません。 もし、親知らずの抜歯で起きる小顔効果の大きな要因が、「顎の筋肉の衰え」という事であれば、 「矯正を続けて噛み合わせが正しくなり、 余計な筋肉がつかなければ、左右非対称の輪郭に戻らない」と思っています。 そういった理由から、上に向きに親知らずがはえている状態で「左右の噛み合わせがかなり正しく合っている人」は、抜歯を行っても小さくならないかも・・・?とも思います。 私の場合は横向きの親知らずだった上に、左右の輪郭が非対称なので割と目に見えて小顔効果が出たと感じました。 このまま輪郭が大きくならない事を祈りつつ、歯科矯正を進めたいと思います。

次の

親知らずで小顔になるって本当?

親知らず 抜く と 小 顔

親知らずを抜くと小顔になれる?そんな噂を耳にしたことがある方はいませんか?また、親知らずが生えてからなんだか顔が大きくなった気がするという方もいるでしょう。 実は、親知らずと顔の大きさや輪郭は大きく関係しています。 親知らずとは、つまり歯が1~4本増えるわけですよね。 歯が増えればそれだけ顎も大きくなるのは当たり前、顎が大きくなれば顔の大きさや輪郭だって当然変わります。 これは言い換えれば、親知らずを抜けば小顔になれるかもしれない、ということ。 といっても、残念なことに誰でも親知らずを抜けば小顔になれるわけではありません。 ここでは、親知らずを抜くと小顔になりやすい人の5つの特徴をご紹介します。 特に下の親知らずは、外から見ると、ちょうどエラにあたる部分に生えているため、下の親知らずを抜くことで、顎やエラが小さくなることがあります。 上の親知らずはちょうど、頬骨の下にあります。 なので、親知らずを抜くと頬骨のでっぱりが目立たなくなり、小顔の印象を作ることができます。 このような方は、上の親知らずを抜くことで頬骨のでっぱりを解消、小顔になれるかもしれません。 もちろん、骨のラインが輪郭にあらわれない方も親知らずを抜けば顎まわりの骨は痩せます。 しかし、輪郭にその効果があらわれにくいため、思ったほどの小顔効果を得られないことが多いです。 このような方は、親知らずを抜くことで、輪郭、特に顎まわりがすっきりするので、小顔になれる可能性があります。 親知らずのために顎や歯茎についていた筋肉が痩せ衰えることによって、小顔になることがあります。 親知らずを抜く前に、特に親知らずに力を入れて噛んでいた方の方が抜歯による小顔効果が出やすいです。 親知らずを抜くことで、噛むための筋肉を落とすことができ、小顔効果を期待できます。 親知らずが生えてくるとき、親知らずを支える骨や筋肉も一緒にできてきます。 なので、親知らずが生えきらないうちに親知らずを抜いてしまうことで、親知らずを支える骨や筋肉の形成がとまり、顔が大きくなったり顎が張るのを防ぐことができます。 親知らずの頭が歯茎から少し出てきたというのが、抜歯のいいタイミングです。 いかがでしたか? 以上が、親知らずを抜くと小顔になりやすい人の5つの特徴です。 ただ、上記の特徴にあてはまるからといって、必ずしも親知らずを抜いて小顔になれるわけではありません。 また、親知らずを抜くことによって、噛み合わせが悪くなったり歯茎に痛みを覚えるなどの不都合がでることがあります。 「小顔になりたいから親知らずを抜く」というのは安易かつ軽はずみな考えなのです。 親知らずを抜くときは、歯医者さんとよく相談し、小顔になれることも含めたメリットデメリットを理解したうえで、本当に抜くかどうかの判断をしましょう。

次の