ヘパリン 類似 物質 市販 ランキング。 かゆみ止め市販薬の人気おすすめランキング15選【自宅でかゆみ止め】

ヘパリン類似物質の市販薬|医薬品と医薬部外品の違いは?

ヘパリン 類似 物質 市販 ランキング

1.傷跡が出来る原因 ケガをすると、傷跡が残ってしまう原因は何でしょうか? 傷口が出来ると、傷口から細菌やウイルスが侵入するのを防ぐために、免疫細胞が傷口に集まり、細菌やウイルスと戦います。 免疫細胞により細菌やウイルスの侵入・増殖を防いだ後、線維芽細胞と呼ばれる細胞が、コラーゲンを作り組織を修復します。 同時に、傷口に酸素や栄養を届けるための新しい血管が再生され、皮膚の一番外側の表皮が再形成されていきます。 この時、血行不良により皮膚の修復が滞ると、コラーゲンの盛り上がりにより起こるケロイドや、炎症による色素沈着の原因になります。 これらが傷跡になります。 そのため、傷跡を残さないためには、傷ができた皮膚の血行を良くし、炎症を抑制する必要があります。 2.傷跡を治す市販薬は? 傷跡を残さないためには、血行を良くすることや炎症を抑えることが重要であることがわかりました。 それらの効果により傷跡を改善する市販薬には、次のようなものがあります。 アットノンEX(第2類医薬品) 透明のジェルタイプです。 使用感がさらっとしていてベタつきにくいのが特徴です。 血行促進作用のある「ヘパリン類似物質」の他に、表皮の再生を促進する「アラントイン」と炎症を抑える「グリチルリチン酸二カリウム」が配合されています。 【有効成分(100g中)】 ・ヘパリン類似物質(0. 3g) ・アラントイン(0. 2g) ・グリチルリチン酸二カリウム(1g) アットノンcEX(第2類医薬品) 有効成分は「アットノンEX」と同様ですが、しっとりとしたクリームタイプになっています。 【有効成分(100g中)】 ・ヘパリン類似物質(0. 3g) ・アラントイン(0. 2g) ・グリチルリチン酸二カリウム(1g) アットノンt(第2類医薬品) 傷を隠しながら治療できるコンシーラータイプの商品です。 有効成分は血行促進作用のある「ヘパリン類似物質」のみです。 【有効成分(100g中)】 ・ヘパリン類似物質(0. 3g) メンソレータム アトキュア(第2類医薬品) トロッとした乳液ローションタイプです。 「ヘパリン類似物質」と肌の新陳代謝を促す「ビタミンA油」により、ゴワついた肌を改善します。 【有効成分(100g中)】 ・ヘパリン類似物質(0. 3g) ・ビタミンA油(0. 5g) 3.使用方法は? アットノンシリーズ 1日1〜数回 、適量を患部に擦り込むか、ガーゼなどに伸ばして貼って使用します。 メンソレータム アトキュア 1日1〜数回、適量を患部に塗布します。 4.有効成分「ヘパリン類似物質」の効果とは? 上記の4つの医薬品に共通して含まれている有効成分が「ヘパリン類似物質」です。 「ヘパリン類似物質」は、その名前の通り「ヘパリン」という体内物質に化学構造が類似している物質です。 医療用医薬品で保湿剤として有名な「ヒルドイド」や「ビーソフテン」の有効成分と同じものです。 体内物質「ヘパリン」とは? ヘパリンは、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などと同じ「ムコ多糖類」と呼ばれるグループの物質です。 肝臓で作られ、体内で血栓が出来るのを防ぐ作用のある「アンチトロンビン」という物質の働きを助ける役割をしています。 体内でヘパリンが不足すると血管内で血栓ができやすくなり、様々な疾患の原因になります。 医薬品としてもヘパリンは、血栓が原因となる脳梗塞や心筋梗塞、静脈血栓症の治療や、血管カテーテル手術や血液透析時の血栓予防に使用されています。 一方、ヘパリン類似物質は、ヘパリンと化学構造が類似していますが、抗血栓作用よりも高い保湿作用を持つため、保湿剤として販売されています。 ヘパリン類似物質には、肌へ塗布することで以下のような作用が認められています。 ワセリン、プロペト、尿素などの他の保湿剤に比べ高い保湿効果が得られます。 「アットノン」「アトキュア」の全商品に、医療用と同じ濃度のヘパリン類似物質が含有されており、これらの作用により傷跡に対する効果が期待できます。 5.どんな傷跡に使える? 擦り傷、切り傷、火傷、搔きむしりなどの幅広い傷跡に使用できます。 6.どう使い分ければいい? 「アットノン」シリーズや「アトキュア」の各商品をどのように使い分ければ良いでしょうか? それぞれにヘパリン類似物質が同濃度含まれているため、その他の有効成分や使用感などの違いを理解して商品を選択しましょう。 赤みが強く残っている場合は、抗炎症成分「グリチルリチン酸二カリウム」が配合されている「アットノンEX」や「アットノンcEX」が適しています。 赤みは強くなく、肌のゴワつきが気になる場合は「ビタミンA油」配合の「メンソレータム アトキュア」が良いでしょう。 傷跡を隠しながら治療を行いたい場合は、コンシーラタイプの「アットノンt」がおススメです。 7.価格の比較 それぞれの価格を比較してみましょう。 1gあたりの価格でみると、アトキュアが一番安いのがわかります。 その背景には、処方薬としての「ヒルドイド」や「ビーソフテン」などのヘパリン類似物質外用薬が治療目的ではなく、美容目的での使用例が問題になったことが関係しています。 ネットでの口コミなどで「ヒルドイド」や「ビーソフテン」の美肌効果が有名になり、公的医療保険を利用して処方されたものを、美容目的で使用している方が急増し、医療費圧迫の一因と考えられていました。 このことがテレビでも報道された結果、公的医療保険での処方量が減少し、ヘパリン類似物質外用薬の市販薬が次々と登場する結果となりました。 このケース以外にも、美容目的での医薬品使用が見受けられることがあります。 公的医療保険は本来、治療を目的にしか利用できないため、美容目的での利用はできませんので注意しましょう。 8.どれぐらいの期間使い続ければいいの? 効果には個人差があり、症状の程度によるので一概には言えませんが、使用後1週間程度で効果を感じられる場合もあれば、1ヶ月以上使用してから効果がみられる場合もあります。 肌のターンオーバー(新陳代謝)のサイクルは、およそ28日間といわれているため、1ヶ月以上の継続的な使用をおすすめします。 9.「アットノン」や「アトキュア」では治らない傷跡は? 傷が出来てから3年以上経過した傷跡には、効果が期待できないようです。 10.使用上の注意 アットノンやアトキュアは安全性の高い外用薬であるため、副作用はほとんどありません。 しかし、傷口に使うタイミングには注意が必要です。 ヘパリン類似物質には、血行促進作用と血を固まりにくくする抗血栓作用があります。 そのため、まだ出血が止まっていない傷口やジュクジュクしている肌に使用すると、出血を助長させてしまい、傷の治りが悪くなることがあります。 必ず出血が止まっていて、傷口が安定しているのを確認してから使用しましょう。 目安としては、かさぶたが自然に剥がれれば使用可能と考えていいでしょう。 また、使用部位にかぶれや刺激感が見られる場合は使用を中止してください。 11.おわりに 傷跡が気になる方には、医薬品の「アットノン」や「アトキュア」はとてもおすすめです。 ドラッグストアで購入出来るので、傷が出来てしまった時に手軽に使えるのが良いですよね。 傷跡を残さないためには、保湿をしっかりと行う、傷口を日光に当てない、かさぶたを剥がさないことも大切です。

次の

ヘパリン類似物質の市販薬を比較!顔に使っても大丈夫?

ヘパリン 類似 物質 市販 ランキング

血行を促進して肌の透明感をアップ 肌の巡りを良くして、ストレスや睡眠不足による肌の血行不良を防ぎ、 肌のワントーンUPを目指せます!• 乾燥による肌のくすみを防ぐ 乾燥で肌を守るバリア機能が低下してグレー色の くすんだ肌になるのを防いでくれます!• 「敏感肌を守り健康で強い肌をサポート」「シミの原因を徹底抑制」「乾燥によるくすみをケア」の 全方位美白ケアで、透き通る肌に導きます。 美白と保湿は両立しないというイメージがあります。 サエルには化粧水、美容液、クリームを たっぷり10日間試すことができるトライアルセットがあります。 それに加えてCCクリームが1回分ついてきて、 初回限定980円。 さらにトライアルセットにも関わらず 30日間の返品保証もあるので、気になっている方はまずは試してみてはいかがでしょうか。 インスタでの投稿件数は 4500件をこえる人気ブランドで「 &ROSY」や「 Marisol」をはじめ、数々の美容雑誌のベストコスメを獲得した米肌の最新美白化粧水です。 厚生労働省が認めた医薬部外品で、業界初の組み合わせとなる美白有効成分 トラネキサム酸と、保湿成分の ライスパワーエキス、2つの力でシミを1年中予防します。 乾燥した肌は隙間だらけで、水分や美容成分を与えても浸透しなかったり、すぐに蒸発してしまったりしていたことにも着目。 さらにその 乾燥自体がシミの原因になっていることも発見しました。 美白成分を与える前にしっかり保湿して土台を整えることで、 美白成分の浸透力を高めて透明感のある明るい肌へ導きます。 雑誌のベストコスメも受賞しているホワイトショットLXは、厚生労働省から2018年に、10年ぶりに承認された、新美白有用成分「PCE-DP」を配合。 紫外線からのダメージを防ぐためにシミはできてしまうのですが、PCE-DPは 肌本来の力で紫外線ダメージから回復。 そんな新発想から生まれたホワイトショットLXは、 今までの美白ケアに革新を起こした商品として美容業界を騒がせました。 トライアルセットや初回体験のキャンペーンがないので、今回ランキング入りを逃しましたが、 美容関係者使用満足度は100%!美白が気になる女性に大変支持されています。 お高いように見えて約3ヶ月じっくり使えて 実はコスパバッチリだったり。 普段の美白化粧水で効果がなかった人や、自分への ご褒美をしたい人、お世話になった人へ プレゼントしたい人にピッタリな、実力派化粧水です! \WEB限定のお試し価格をチェック/• 資生堂dプログラム ホワイトニングクリア 2019年6月、 VoCE月間ランキング美白部門では堂々の1位!資生堂の50年にわたる、敏感肌研究によって生まれた「dプログラム」の中から、とことん美白にこだわりたい人向けに誕生したのが「dプログラムホワイトニングクリア」シリーズです。 「dプログラム」のミューズは、透明感が美しい、 人気女優の広瀬すずさん。 一時期、肌荒れに悩んだ時も、このdプログラムに救われたんだとか。 肌の調子を保つために、それ以来ずっと使っているんだそう。 dプログラム ホワイトニングクリアシリーズの魅力は、美白しながらもデリケートスキン特有の、 乾燥・肌荒れ・肌のムズムズ・赤みを整えてくれること。 「美白ケアはしたいけれど、肌荒れしやすいのであきらめていた」「敏感肌でも、しっかりとシミ・そばかすは撃退したい」。 そう考えているなら、dプログラム ホワイトニングクリアがぴったりです。 ホワイトニングクリアに配合されている、 美白有効成分「m-トラネキサム酸」は、シミのもととなるメラニンの生成を抑えて、シミやそばかすのできにくい肌へと整えます。 また、デリケートな肌に起こりがちな、肌荒れなどは、 有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」で、炎症を優しくケア。 肌の生まれかわりも同時に支えることで、透明感ある明るく白い肌へ導いてくれます。 ホワイトニングクリアは、デリケートな肌のことを考えた、 低刺激設計。 化粧水はみずみずしくさっぱりとした使い居心地で、肌の角層までしっかりと浸透。 しっかりとうるおうのに、表面はベタつかない仕上がりで、年間通して使用できます。 「敏感肌を守りたいけれど、もっと攻めの美白ケアがしたい」方にこそ使って欲しい、それが資生堂の敏感肌用美白プログラムです。 敏感肌の人が美白化粧品を使用する時は 「本当に肌に合うか心配」「成分が肌に合わなかったらどうしよう」など不安がいっぱいですよね。 dプログラム ホワイトニングクリアは、 敏感肌でもしっかりと美白ケアにも手を抜きたくない!という女性たちから、熱い支持が寄せられている人気商品。 季節の変わり目や気温の変化など、ちょっとした環境の変化によって肌荒れを起こしがちな「ときどき敏感肌」な女性たちも、 その時の肌の調子に合わせてしっかり美白できるのがポイントです。 今なら、じっくり試せる試せる トライアルセットが、送料無料で1,320円!さらに、WEB限定で使える 500円割引クーポンもプレゼント。 トライアルを申し込んでからの方が、お得に購入できます。 \WEB限定のお試し価格をチェック/• 大正製薬アドライズ アクティブローション 商品名 メーカー 総合評価 4. 8 4. 7 4. 5 4. 3 4. 2 商品紹介 人気メディアでも紹介されるサエルラインの美白化粧水 コーセーの研究力から生まれたライスパワーで、しっとり透明美白へ 10年ぶりに新承認された新美白有効成分配合 敏感肌でも使える美白化粧水 保湿・美白のための W薬用有効成分を配合 美白効果 シミを加速させるストレス肌を オリジナル成分で改善 メラニンの生成を食い止める 肌本来の力で紫外線ダメージから回復 メラニン生成を抑える プラセンタエキスでシミ・そばかすを防ぐ 美白有効成分 ビタミンC誘導体 ビタミンE トラネキサム酸 PCE-DP m-トラネキサム酸 プラセンタエキス 保湿成分 セラミドの 4倍の浸透力で角層すみずみをうるおすセラミドナノスフィア あらゆる乾燥の悩みを ライスパワーでケア 5種類の植物エキス グリチルリチン酸ジカリウム フェルラ酸薬用保湿成分「ヘパリン類似物質」 テクスチャー とてもみずみずしいテクスチャーで、肌にのせた瞬間馴染む 肌になじみやすいとろみがあるテクスチャー とろっとしたテクスチャー サラっとしたテクスチャー 肌なじみの良い、さらりとした付け心地 匂い 心を解きほぐす豊かな天然植物エキスの香り 無香料 無香料 ほとんどなし 無香料 価格(税込) 5,500円 1日122円 6,050円 1日463円 12,100円 1日121円 4,400円 3,630円 1日81円 送料 無料 無料 (3,300円以上購入の場合) 無料 無料 無料 返品保証期間 30日間 8日間 8日間 なし 8日間 美白トライアルセット価格 10日間980円 1日98円 14日間1,482円 1日106円 なし 1,320円 税込 10日間1,200円 1日120円 公式サイト 人気美白アイテム総まとめ!肌をワントーン明るくしたい方におすすめなアイテムBest3 続いて、化粧水以外での美白アイテムでおすすめしたいものをご紹介します。 さっそく、 シミのない明るい素肌を目指す方におすすめな美白アイテムを見てみましょう! ドクターズコスメでシミ予防!本気でシミを食い止めたいならシミ消しクリーム「ビーグレン」 本気のシミケアをしたい方には、美白化粧水に加えて美白クリームでのケアをプラスするのがおすすめです。 油分の多いクリームは肌にとどまる時間が長いので、 より持続的な効果が期待できます。 9」です。 リピート率が98. ピンポイントでシミ予防ができるので、シミができやすい部分の集中ケアにも向いています。 以下のリンクから、美白美容液のランキングも参考にしてみてくださいね。 今回美白美容液の中でPickUPしたおすすめ商品が、「ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110」。 アンプルールから発売されている「ハイドロキノン」を使ったアイテムです。 — 2019年 1月月22日午前7時15分PST ハイドロキノンは極小カプセルに入って、徐々に肌の角層すみずみまで行き渡ります。 化粧品は付けた直後に効果を発揮し、その後は消えてしまうのが一般的。 しかし「ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110」は 長時間効果が持続する優秀アイテムです。 「お肌のシミをこれ以上増やしたくない」「これ以上濃くしたくない」と考える方は、ピンポイントで使ってみてはいかがでしょうか。 お手入れはこれ1つでOK!コスパ重視で選ぶなら美白オールインワン「シミウス」 オールインワン化粧品は、コストパフォーマンスが高い金欠女子のためのお助けアイテムです。 コスパが良いだけでなく、 お手入れを簡単に済ませられるから時短にもなると魅力たっぷりのアイテムです。 特に美白オールインワンは、「美白」と「保湿」を両立した大人女子の大きな味方。 2016年と2017年の 売り上げは2年連続No. 1を記録しています。 高濃度のプラセンタエキスが 若々しい曇りのない美肌へと導く「シミウス」は、手軽な美白アイテムを探している方におすすめです。 忙しい日にも コレ1つで済むのなら続けられますね。 美白化粧水全13商品を比較して検証!本当におすすめできる商品まとめ 商品の広告を読んでも、商品の良し悪しが分からないことはありませんか?そんな方のために、ここでは美白化粧水全13商品を徹底的に比較して、その中からベストなアイテムを発表します。 比較した美白化粧水は以下の13商品です。 ファンケル「ホワイトニング 化粧液 II しっとり」• DECENCIA「サエル ホワイトニング ローション コンセントレート」• アスタリフト「ブライトローション」• 大正製薬「アドライズアクティブローション」• アテニア「ホワイトニング クリアローション」• 無印良品「敏感肌用薬用美白化粧水」• ロート製薬「メラノCC」 肌美精「薬用美白化粧水」• ちふれ「美白化粧水W」• ハーバー「薬用VCローション」• 雪肌精「薬用雪肌精」• 肌美精「薬用美白化粧水」• HAKU「メラノリリーサー」• INIFINITY「ホワイトローション XX」 成分や価格、肌へのやさしさなどを考慮して真実のベストアイテムを大検証。 本当におすすめできるアイテムをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 メインの成分を徹底比較!「サエル」と「ちふれ」が同着1位 それぞれの美白化粧水を、含まれるメインの美白成分別にまとめてみました。 美白有効成分 アイテム ビタミンC|ビタミンC誘導体 ファンケル、アテニア、無印良品、メラノCC、 ちふれ、ハーバー アルブチン サエル、アスタリフト、 ちふれ トラネキサム酸 肌美精、 サエル プラセンタ アドライズ 4MSK HAKU コウジ酸 INFINITY ビタミンCやビタミンC誘導体を配合したアイテムが圧倒的に多く、13アイテム中7つという結果になりました。 次に多かったのがアルブチンで3つ。 どちらも刺激の少ない成分なので、配合しやすいのかもしれません。 1つの美白有効成分しかないアイテムががほとんどの中、「ちふれ」と「サエル」だけが2つの美白有効成分を配合していました!美白有効成分で比較した結果、「ちふれ」と「サエル」が甲乙つけがたく、同着1位となりました。 「薬用雪肌精」は美白効果は期待できない 残念ながら、「薬用雪肌精」には美白成分が見つかりませんでした。 「薬用」というのに公式サイトにも美白有効成分の表示は見つからず…。 肌の透明感をアップする効果には期待できないかもしれません。 価格帯を徹底比較!コスパの良さでは「無印良品」が勝利 次に、価格帯で13アイテムを比較してみます。 コスパの良さで1位を獲得するのはどのアイテムなのでしょうか?まずは本体価格を価格帯別に見ていきましょう。 5,000円~ アイテム 価格 容量 INFINITY 7,560円 160mL アスタリフト 5,400円 125mL 雪肌精 5,400円 200mL 3,000円~5,000円 アイテム 価格 容量 HAKU 4,860円 120mL サエル 3,693円 130mL アドライズ 3,564円 120mL ハーバー 3,456円 180mL アテニア 3,024円 150mL 1,000円~3,000円 アイテム 価格 容量 ファンケル 1,836円 30mL 無印良品 1,390円 200mL ちふれ 1,198円 170mL 1,000円以下 アイテム 価格 容量 肌美精 955円(参考価格) 200mL メラノCC 778円(参考価格) 170mL 高級なものからプチプラなものまでずらっと並びました。 しかし本体価格だけでは、どれだけコスパが良いのか分かりません。 一見安く見えても実は入っている量が少なかったり、高く見えても実は長く使えるものもあります。 そこで次に、10mLあたりの価格で比べてみましょう。 10mLあたりの価格が最も安いのは、「メラノCC」と「肌美精」でしたが、こちらは市販品であくまで目安の価格です。 安定してプチプラで購入でき、コスパが最も高いのは「無印良品」という結果になりました!10mLあたり69円なら、 リピ買いしても無理なく続けられますね。 「ファンケル」は毎日使うのは厳しいかも ファンケルはなんと600円越えという高価格でした!一見安いようですが、容量が少ないのがネックになってしまったようです。 それでも成分には満足できるので、奮発してでも 輝くような素肌を実感したい方にはおすすめです。 肌へのやさしさを徹底比較!敏感肌におすすめは「アドライズ」 続いて、肌がデリケートな方が気になる肌へのやさしさについて検証します。 ここでは公表されているもののみですが、添加物をどれだけ使っていないかを比較していきます。 無添加の数 アイテム 7 アドライズ 6 アテニア、無印良品 5 ファンケル 3 ちふれ 2 サエル、肌美精 1 HAKU 不明 INFINITY、アスタリフト、雪肌精、HABA、肌美精 アレルギーテスト済み HAKU、アドライズ、サエル、アテニア 7種の無添加で肌に最もやさしいのは「アドライズ」でした!余計な成分を使わないことが、アドライズの独特の つるつるもっちりとした使用感へとつながっているのかもしれませんね。 6種の無添加の「アテニア」や「無印良品」にも 敏感肌の方に使いやすい肌へのやさしさがあるようです。 また、アレルギーテスト済みのアイテムは、例え無添加を全面に出していなくても敏感肌のためを思って作られている証拠。 比較的安心して使えるアイテムです。 「HAKU」は配合成分が残念 残念ながら、「HAKU」には有効成分の浸透を高めるために、石油系界面活性剤が配合されています。 きちんとアレルギーテストまで行っているのに惜しいところです。 口コミ評価を徹底比較!本当に肌が白くなったのは「ファンケル」 化粧品では、実際に使った人の口コミがとても参考になります。 ここではアットコスメでの口コミ評価を比較。 「ファンケル」の評価はとても高く、多くの方が 肌に明るさが出たことを実感しています。 また、「アドライズ」や「サエル」は塗っている間はさっぱりしているのにその後しっとりする 絶妙な使用感を絶賛する声が多く寄せられています。 口コミで高評価なアイテムは、美白効果や使用感に満足できるもののようですね。 「ちふれ」は使用感がイマイチという口コミも 評価が3. 4だった「ちふれ」には、「ベタベタする」といった使用感に関する口コミがありました。 美白効果はすぐに感じられるものではないので、美白化粧水では使用感に満足できないものは評価が下がってしまうのかもしれませんね。 「ファンケル」や「サエル」はシミ消しに期待大!成分も優秀 全13商品を徹底的に検証した結果、ランキング上位だった「ファンケル」や「サエル」は総合的にバランス良く優秀なアイテムだということが分かりました!口コミ評価も高く、使った方は その効果や使用感に満足しています。 ランキング上位のアイテムは、成分も優秀でシミの予防効果が大いに期待できることも大きな魅力。 将来の曇りのない美肌を作る、本気のシミケアにおすすめです。

次の

ヒルドイドと同じ市販薬はあるの?成分から見るおすすめ商品はコレ!

ヘパリン 類似 物質 市販 ランキング

ヒルドイドの類似品が購入できるお店は? 美容愛好者の間で注目されたのは、 「 ヒルドイドソフト軟膏0. やわらかめのクリームタイプと、ボディなど広範囲にも使いやすいローションタイプ。 このヒルドイドの類似品もクリームとローション、両方市販されています。 ネット通販でも取扱いが豊富で、 ヘパリン類似物質配合のクリームやローションは楽天でもかなりの人気です。 CHECK! 皮膚科で美容目的処方を希望する人が激増し、社会問題となって以降、 市販の類似品を探す人が増えたようです。 ヒルドイドはソフトクリームもローションもヘパリン類似物質が100g中0. 3g配合されたクリーム。 類似品を探すなら、 同様に ヘパリン類似物質が100g中0. 3g配合されたもの、ということになります。 まず、上記人気ランキングにも登場している一部のクリームやローションに含まれているヘパリン類似物質の配合量を調べてみました。 <ヘパリン類似物質の配合量(100g中)> 製品名 配合量 製造販売元 キルカミンHPクリーム (第2類医薬品) 0. 3g 万協製薬(株) グラクソ・スミスクラインHPクリーム (第2類医薬品) 0. 3g ジャパンメディック 株 ピアソンHPクリーム (第2類医薬品) 0. 3g 新新薬品工業(株) ピアソンHPローション (第2類医薬品) 0. 3g 新新薬品工業(株) マーカムHPクリーム (第2類医薬品) 0. 3g 日医工(株) ヘパリペア (第2類医薬品) 0. 3g ロート製薬 株 ヘパソフトプラス (第2類医薬品) 0. 3g ロート製薬 株 ヘパドロイド油性クリーム (第2類医薬品) 0. 3g 株 浅田飴 ヘパソフト薬用顔ローション (医薬部外品) 0. 3g配合していますね。 ヘパソフト薬用顔ローションはヘパリン類似物質の配合量を非開示ですが、 同じロート製薬のヘパソフトプラスクリームは0. 3g配合です。 配合量が低いのは気になるとか、ヒルドイドと同じ配合量の類似品が欲しい人は、 買う前にパッケージやネットの説明表示でヘパリン類似物質の配合量を確認してみて下さい。 ちなみに、上記類似品の中で、 マーカムHPクリームは、 (出典:) さいきは化粧品では治せない顔の乾燥荒れ肌医薬品で治す、をコンセプトに開発され、 「医薬品」と「化粧品」の両方の使い心地を両立させた、 日本初処方の「医薬品治療ローションと乳液」(クリームは製造・出荷終了しています)。 第2類医薬品です。 治療、ってつくところに、 製薬会社のコスメを感じるし、期待も高まりますよね。 さいきa治療ローション 100g:2400円(税別) 30g: 950円(税別)• さいきn治療乳液 80g:2400円(税別) 25g: 950円(税別) 公式サイトによると、上記のように表示されています。 また、成分分量(100g中)を確認したところ、ローションも乳液ともに、 ヘパリン類似物質 0. 3g グリチルリチン酸二カリウム 0. 5g アラントイン 0. 2g で全く同じでしたので、使用感の好みで選べばいいのかなと思います。 CHECK! 気になったのは 医薬品なのでずっと使い続けるのは良くないという声が結構見受けられたこと。 確かに、さいきSaikiは第2類医薬品、なんですよね。 公式サイトに記載されている使用上の注意を確認すると、 まず、ヘパリン類似物質配合のさいきSaikiは長期間利用による副作用の報告はありません。 とはいえ第2類医薬品ですので、使用期間には注意をお願いしています。 まず肌の治療を目的として使用する場合は、5、6日使ってみて、全く効果を感じない場合は使用を中止して、医療機関の受診をおすすめします。 効果を感じられれば1ヶ月を目安にご使用を継続して肌の調子を確認してみて下さい。 また、特に肌トラブルがないけれど保湿目的で使用する場合、5、6日使ってみて何らかのトラブルがなければ、そのまま1ヶ月を目安に使用を継続してみて下さい。 調子がよければそこで使用を中止しておやすみ頂くことをご案内しています。 1ヶ月というのは、肌のターンオーバーを目安にしています。 お休みの期間に特に決まりはありませんが医薬品としては2週間は間をあけていただくようお願いしています。 つまり、医薬品なのでずっと使い続けていいですよ、とは言えないけれど、副作用の報告はなく、1ヶ月使って2週間休みというサイクル程度ならいいのではないかという説明です。 多分ずっと継続しても大丈夫なんでしょうけれど、第2類医薬品としてはそうは言えない、 ということだろうと感じました。 あくまでも自己責任で継続使用、心配な方は間にお休みをはさむのが安心ですね。 お客さま相談センターの相談員さんはとにかく感じがよいので、不安があったらすぐ電話してみるといいと思います。 「アドライズ アクティブローション(医薬部外品)}(化粧水)と 「アドライズ アクティブクリーム(医薬部外品)」(クリーム)の両方とも、 ヘパリン類似物質(配合量非開示)と水溶性プラセンタエキスが配合されている医薬部外品です。 さいき(Saiki が第2類医薬品で使用期間に注意が必要、との声がありましたが、 アドライズは医薬部外品なのでそのような心配はなさそうですね。 @コスメではモニターさんの声が多く、僅かな購入者の口コミしたが、 総じて「うるおい」を実感、特にローションの評価が高い印象を受けました。 ちなみに、楽天では販売していなくて、公式サイトに10日間トライアルが売っています。 ヘパリン類似物質配合の保湿力をコスメでリーズナブルに試すにはいいかなと思います。 CHECK!

次の