ヨーグルト断食ダイエット。 プチ断食はヨーグルトで効果倍増!注目の効果と3つのポイント

ヨーグルトのダイエット効果を徹底調査!痩せる食べ方やおすすめの種類を紹介!(2ページ目)

ヨーグルト断食ダイエット

【目次】 ・ ・ ・ ・ ヨーグルトがダイエットにおすすめな理由や効果 お通じを改善する c Shutterstock. com ヨーグルトには乳酸菌、タンパク質、ビタミンB2、カルシウムなど、便秘やダイエットに適したものがたっぷりと含まれています。 乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、老廃物のスムーズな排出を促す効果があり、カルシウムは脂肪の排出を助け、タンパク質は筋肉を作り出します。 さらにビタミンB2は脂質やエネルギーに変える効果が。 毎日の食生活に取り入れるべき、優秀な食品なのです。 免疫力を上げる c Shutterstock. com 腸内環境を整えると免疫力がアップします。 人間が持つ免疫の6割から7割が腸にあり、この腸が健康なら体内に侵入したウイルスもやっつけてくれます。 腸を健康にするために大切なことが、善玉菌を増やすこと。 この善玉菌を増やすためには、エサになる食物繊維やオリゴ糖、発酵食品を摂る必要があります。 そこでおすすめなのが手軽にとれるヨーグルトなのです。 美肌を作る ヨーグルトは、ほてりをとったり、発疹、皮膚の乾燥によるかゆみにも効果的。 肌荒れを感じるときには積極的にとって。 さらに不眠などの症状にも有効なので、普段の生活に上手に取り入れることをおすすめします。 朝? 夜? どのタイミングで食べるのがいい? 朝食べる場合 朝、食前と食後でヨーグルトの効果が変わります。 【食前に食べる】 食前にヨーグルトを食べると、ヨーグルトに含まれるビタミンB2が、食事の脂質や糖質を分解してくれます。 【食後に食べる】 胃酸が薄い方が善玉菌が腸に届きやすいため、食後に食べると便秘解消に効果的。 夜食べる場合 c Shutterstock. com 夜は食後にヨーグルトを食べることで、善玉菌が夜間に腸内で活性化し、腸内環境を整えつつ老廃物や有害物質を減らしてくれる働きがあります。 人間の体は1日の中で、朝は排泄、昼は食べたものを消化し栄養の補給、夜間は吸収というリズムがあり、中でも22時から翌2時が、腸内の働きが最も活発になる「腸のゴールデンタイム」と呼ばれます。 そのため、この時間に合わせてヨーグルトを食べると、腸の働きをさらに後押し。 c Shutterstock. com 太りにくい体質作りに役立つため、よりダイエット効果がほしい人は、夜、食後にヨーグルトを食べることをおすすめします。 夜は21時までに食べ終える 夜、夕食後にヨーグルトを食べると言っても、なるべく就寝3時間前には食べ終えるようにするのがGOOD。 寝る直前、または22時以降は太りやすくなるため、できる限り21時までに食べてしまいましょう。 ヨーグルトの食べる量や選び方 120gを目安に食べる c Shutterstock. com 食べるヨーグルトの量は120gを目安にしてみて。 ヨーグルトの種類によってカロリーは異なりますが、無糖のプレーンタイプ120gなら、75kcal~80kcal程度です。 甘味がほしい場合は、はちみつを少量加えて食べて。 自分に合ったヨーグルトの選び方 ヨーグルトを選ぶときは、なるべく無脂肪や低脂肪のもので、糖分が添加されていないもの、さらには「乳酸菌の種類が書いてあるもの」を選んで。 ほとんどの市販のヨーグルトのパッケージには、使われている乳酸菌の種類が明記されています。 どの乳酸菌が合っているか、効果が感じられるかは、取り入れてみないとわかりません。 そのため、一つの種類を最低2週間は続け、自分に合ったものを見つけてみてください。 ヨーグルトダイエットが不向きな人も… ヨーグルトは体に嬉しい効果がたくさんありますが、ヨーグルトを用いたダイエットが不向きの人もいます。 ・風邪でもないのに、くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状がある ・花粉症 ・アトピーや蕁麻疹が出やすい。 皮膚をかくと、赤みがでる など… こういった、外的刺激や環境の変化に過敏に反応するアレルギータイプの人はヨーグルトダイエットには向きません。 乳酸菌の中には、花粉症やアトピー性皮膚炎に効果的なものもありますが、消化機能が低下している過敏な胃腸は、タンパク質を多く含むヨーグルトを毎日積極的に食べるのはおすすめしません。 タンパク質を分解するための酵素が不足してしまうと、消化しきれない成分がそのまま体内に運ばれて遺物反応を起こす可能性もあるのです。 さらに、 ・抜け毛が多い ・寒がりで、衣服を着込みがち。 特に手足は1年中冷たい。 汗もほとんどかかない。 ・お腹をこわしやすく、下痢や軟便が多い、など… これらエネルギーが足りず、寒さに弱い慢性的な冷え性をかかえた人も、積極的にヨーグルトを食べることはおすすめしません。 タンパク質を多く含む食品というのは、消化して吸収する際に、少なからず胃に負担をかけてしまいます。 胃腸が冷えて弱っている人は、ホットヨーグルトにするか、時々摂る程度にとどめるのが無難です。 ヨーグルトのおすすめの食べ方 レンジでチンする c Shutterstock. com ヨーグルトは適度に温かい方が、体内で栄養分を吸収しやすくなります。 冷たいものを控えたい人にもおすすめです。 ただし、加熱のしすぎには注意。 電子レンジで40秒ほど温め、よくかき混ぜてから食べて。 マシュマロを入れる ゼラチンで固められたお菓子マシュマロには、「コラーゲン」が含まれています。 このマシュマロをヨーグルトにつけると、マシュマロが水分を吸収してヨーグルトがクリーミーになり、ムースのようなふわシュワ食感に。 ヨーグルトの酸味もマイルドになり、美味しく、美肌作りにも効果的なのです。 作り方は簡単。 プレーンヨーグルト200gにマシュマロ40~60gを加え、よく混ぜたら6時間~1晩おくだけ。 朝食や夜のデザートをマシュマロヨーグルトに置き換えれば、おなかがスッキリとして、肌の調子も向上するはず。 おからパウダーを加える 善玉菌を増やすヨーグルトにおからパウダーを加えることで、悪玉菌の増殖を抑え、同時に善玉菌が棲みやすい環境を作ることができます。 水分を吸って膨らむ性質もあるので、食べ過ぎを防いでダイエットにも有効です。 作り方は、ヨーグルト100gに対しておからパウダー15g(大さじ3杯強)を入れて、ディップ状になるまで混ぜるだけ。 これを使って、さまざまな料理に応用することも可能です。

次の

ヨーグルトが続かない!腸内環境をもっと手軽に整えたいあなたへ

ヨーグルト断食ダイエット

一食置き換えヨーグルトダイエットは毎日摂っている朝・昼・夕の三食の食事のうちのいずれか一食を、丸ごとヨーグルトに置き換えて行う方法です。 毎日摂っている食事の内容を変えるだけとあり、習慣化がしやすいことと、ヨーグルトに置き換えることでカロリーも抑えられるおすすめの方法です。 とにかくカロリーの摂取量を減らして、効果を少しでも早く実感したいと言う人は夕食をヨーグルトに置き換えるのがおすすめですし、逆に朝食を普段からあまり食べられないという人は朝食をヨーグルトに置き換えると良いでしょう。 置き換えダイエットをする際のヨーグルトの量は120g程度が目安とされています。 これに自分のお気に入りのフルーツ類を加える等してヨーグルトを食べ続けても飽きない工夫をしてみるのも良いでしょう。 ホットヨーグルトダイエットとは、毎朝の食事に温めたヨーグルトを食べるという人気の置き換えダイエット法です。 温めたヨーグルトを食べることで、胃腸も温めることができて消化の吸収が早まり、便秘解消やダイエットにも高い効果が期待できるのです。 冷たいヨーグルトではお腹を壊しがちな人でも、ホットヨーグルトだと胃腸を温めることができて体温も上がり、血流も良くなります。 その結果代謝も上がって老廃物の排出が促進されて、便秘解消や冷え性解消にもとっても役立ち、腸内環境も整います。 このように様々なメリットのあるホットヨーグルトダイエットですが、実際に行う際の注意点としては、ヨーグルトを温めすぎないことです。 必要以上に温めてしまうと水分と乳成分が分離してしまい、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が弱ってしまい、効果が弱まってしまいます。 ダイエット目的でヨーグルトを食べる際に、食べ方の上で気を付けなければいけないのは食べる量です。 食べる量が多すぎると摂取カロリーの問題も無視できませんが、一度にたくさん食べるとお腹を下してしまう可能性があります。 ヨーグルトの一日の摂取目安量は200gと言われていますが、これはあくまで「1日」の目安量なので、実際に食べる際には例えば朝食と夕食にざっくり100gから120g程度のしておくという食べ方が無理がない食べ方と言えそうです。 またヨーグルトを食べる時間帯についてですが、朝に食べるのも勿論良いのですが、夜は腸のぜん動運動が活発になり、消化吸収も良くなる時間帯です。 夜にもヨーグルトを食べて消化吸収を良くするのも効果的な食べ方です。

次の

ヨーグルトダイエットの落とし穴!効果を出す正しい方法とおすすめの種類|CALORI [カロリ]

ヨーグルト断食ダイエット

ヨーグルトダイエットの効果と断食の方法とレシピ! 昔から、ヨーグルトは体によいというイメージがありますよね。 中でも、ヨーグルトには 便秘を解消し、お腹の調子を整える効果があることは世の中の多くの方が知っているのではないでしょうか。 ではなぜ、ヨーグルトを食べるとそのような効果を得られるのかはご存知でしょうか。 また最近は、ヨーグルトにダイエット効果があるとして注目を集めていますが、「それって便秘が解消されるからでしょう?」と思う方もいらっしゃると思います。 勿論、それも理由の一つとなるのですが、実はヨーグルトにはまだまだ知られざるダイエット効果があるのです。 そこで今回は、 ヨーグルトダイエットについてご紹介したいと思います。 ヨーグルトを食べるとどうしてダイエットになるのか、その答えは勿論ですが、ヨーグルトダイエットの方法やおすすめのヨーグルトダイエットレシピなども掲載していますので、是非最後までご覧になってみて下さい。 ヨーグルトダイエットの効果が凄い! ヨーグルトダイエットで注目すべきは、「乳酸菌」と「カルシウム」です。 近年になり、ダイエットの際にカルシウムを積極的に摂ると、そうではない人と比べて体脂肪が減ることがわかっています。 さらに、カルシウムの摂取量が多い人ほど脂肪の排出が促進されるという研究報告もあることから、カルシウムの豊富なヨーグルトはダイエットに効果的に作用すると考えられています。 また、乳酸菌については、腸内環境を整え便秘を解消することは、すでに多くの方がその効果を知っているものと思われますが乳酸菌のもたらす効果はそれだけではありません。 そもそも乳酸菌とは、糖を分解し酸を生成する細菌の総称を言い自然界に多く存在しています。 人の腸内にもビフィズス菌を始め数多くの乳酸菌がいますが、腸内には同時に悪玉菌という悪さをする菌も存在し、いわば善玉菌と悪玉菌は腸内で陣地の奪い合いをしているのです。 腸内で悪玉菌が増えると、便秘になり血もドロドロになるため、代謝が悪くなります。 太りやすい体質の方の多くは腸内で悪玉菌が増えている可能性があるのです。 一方、善玉菌が多い腸内は血の巡りもよく老廃物の排出もスムーズなことから、代謝が上がり痩せやすい体質になります。 腸は「第二の脳」とも言われ、自律神経と深い関わりがあります。 1990年にはアメリカにて「自律神経が乱れていると太りやすくなるという」研究結果が発表されましたが、これは多くの研究者によって実証されています。 つまり、乳酸菌を摂って腸内を綺麗にすることは、ダイエット成功の近道と言えるのです。 ヨーグルトダイエットの基本的な方法は? ヨーグルトダイエットの最も基本的な方法は、1日200gのプレーンヨーグルトを朝・昼・夕の食事時に摂取する方法です。 食前と食後のどちらで摂るべきか、という点については効果によって異なります。 ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、空腹時に摂取すると胃酸に負けてしまい、なかなか腸に届きません。 そのため、乳酸菌をより多く腸に届けたいなら、食後に食べるのがよいでしょう。 一方、脂肪分解効果に優れるカルシウムは、食前に摂る方が吸収が上がるため効果的となります。 また、ヨーグルトを食べる際には、かき混ぜて食べない方が多くの乳酸菌を摂取することができます。 かき混ぜるとヨーグルトの中の乳酸菌が減ってしまうため、そのまますくって食べるようにしましょう。 さらに、ヨーグルトによって使用されている乳酸菌が異なるため、同一のものを少なくても一週間は食べ続けてみましょう。 食べ続けてみて、便秘が解消された、肌がよくなった、お腹周りがすっきりしたなどの効果を感じられた場合は、摂取している乳酸菌と腸が合っている証拠です。 夜ヨーグルトダイエットの効果とやり方 夜ヨーグルトダイエットは、 腸の動きが活発になる夜の22~2時にヨーグルトを食べる方法です。 寝る前に食べるため、カロリーが少ないプレーンタイプをそのまま食べるのがよいでしょう。 食べる量は200gと、夜食として食べるには結構なボリュームのため、その分夕食は抑え目で食べるようにするとなおよいです。 ホットヨーグルトダイエットの効果とやり方 ホットヨーグルトダイエットは、 1食置き換え、もしくは食前・食後に食べるヨーグルトを温めるだけの簡単な方法です。 作り方は、ヨーグルトを耐熱容器に移したら、レンジで30秒チンするだけでOKです。 好みではちみつを加えてもよいでしょう。 ヨーグルトを温めることで乳酸菌やカルシウムの吸収が上がり、効果を高めることができると言われています。 ヨーグルトで断食の効果とやり方 ヨーグルトプチ断食の方法は次の通りです。 断食をする前日は消化によい食事を腹八分目ほどにします。 断食初日の3食、及び2日目の朝食・昼食はヨーグルト、野菜ジュースや豆乳のみです。 水をたくさん摂るようにしましょう。 2日目の夜はおかゆを摂り、いきなり固形物を食べないようにします。 人の胃腸は48時間で空になると言われています。 つまり、1日3食を食べていると常に胃腸は稼働していることになり、負担が掛かってしまいます。 これをリセットするために行うのが、 断食(ファスティング)です。 胃腸に固形物を入れないことで、消化機能が休まり代謝や免疫が上がります。 ただし、今回ご紹介したヨーグルトプチ断食は、2日のみの方法で、行うペースも月1回とされています。 3日以上続けたり、月に何度も行ってはいけません。 朝ヨーグルトダイエットの効果とやり方 朝ヨーグルトダイエットでは、 朝食にヨーグルトを摂ることでカルシウムを摂取し、カルシウム不足によって起こる太りやすい体質を改善します。 やり方は、朝起きてすぐにコップ一杯の水を飲んだ後に、200gのヨーグルトを食べます。 プレーンのものをそのまま食べてもよいですが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は糖と一緒に摂取することで吸収がよくなります。 オリゴ糖や、フルーツを一緒に摂るのがよいでしょう。 ヨーグルトだけでは物足りない、という方はシリアルやナッツなどを入れて食べ応えをプラスしてもよいですね。 ダイエットに効果的な玉ねぎヨーグルトの作り方! 玉ねぎヨーグルトは、テレビ番組で紹介されてから口コミで広がり、話題となった食べ物です。 テレビ番組では、強力な便秘に悩んでいたタレントが、玉ねぎヨーグルトを食べることでその便秘を解消していく様子が公開されていました。 便秘は女性の多くが悩んでいるとも言われ、人ごとではありませんよね。 できることなら毎日スッキリしたい!と思っている方のために、ダイエットにお勧めの玉ねぎヨーグルトの作り方をご紹介します。 完成後すぐに食べられますが、冷蔵庫で一晩寝かせると食べやすくなります。 一度に作った量を2~3日で食べ切るようにしましょう。 なお、ヨーグルトは無糖であれば種類は特に問いませんが、ビフィズス菌が入っているものを選ぶようにすると効果をアップさせることができます。 ヨーグルトはビフィズス菌が入っているもの、と認識している方が多いですが、ヨーグルトには乳酸菌は必ず入っているもののビフィズス菌は一部のものにしか含まれていません。 そのため、ヨーグルトを選ぶ時は、「無糖」で「ビフィズス菌が入っているもの」を選ぶようにしましょう。 おすすめのヨーグルトダイエット3つのレシピを公開 ヨーグルトダイエットでは、ヨーグルトに混ぜるものを工夫することで、味に飽きず長く続けることができます。 そこでここでは、ヨーグルトダイエットにおすすめのレシピをご紹介したいと思います。 インスタントコーヒー 「えっ!?ヨーグルトにインスタントコーヒーを入れるの!?」と思うかも知れませんが、実はこのレシピ、ヨーロッパではそれほど珍しいものではありません。 コーヒーにはカフェインが含まれていますが、カフェインには脂肪を燃焼させる働きがあるため、まさに一石二鳥と言えます。 苦味が気になる方は、オリゴ糖やはちみつなどを入れて甘味を足すと食べやすくなります。 塩ヨーグルト 塩ヨーグルトは、プレーンヨーグルトに塩を振るか、塩を水で溶かしたものをヨーグルトに入れるだけです。 塩を入れることで、乳酸菌の働きが活発になってより効果を得やすくなります。 塩ヨーグルトは、トルコでは食塩水にヨーグルトを混ぜた「アイラン」という飲み物が一般的に普及しています。 日本においてはヨーグルトはデザート的な意味合いが強いですが、甘くないヨーグルトもヨーグルトダイエットのレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか 水切りヨーグルト ざるにキッチンペーパーを敷き、そこにヨーグルトを入れてラップをして一晩置くと、水分が抜けた濃厚なヨーグルトができあがります。 ダイエット中はケーキなどの甘いものを断つ方も多いと思いますが、水切りヨーグルトはチーズのような食感と風味があるため、少量のジャムを掛けて食べると美味しいスイーツになりますし、サラダと一緒に食べると食べ応えが増します。 ヨーグルトダイエットのポイントや注意点! ヨーグルトダイエットを行う時、ヨーグルトに含まれている乳酸菌の種類に注目してみましょう。 現在販売されているヨーグルトの多くは、乳酸菌の種類を記載しています。 乳酸菌は種類によって作用に差があるため、自分の希望に合うものを選ぶようにすると、ダイエットだけではなく体調管理などにも役立ちます。 そして、ヨーグルトダイエットで思うような効果が出なかった場合は、すぐに諦めるのではなく、別のヨーグルトに変えて再チャレンジするのがよいでしょう。 乳酸菌によっては体質に合うもの、合わないものがあるため、自分に合ったヨーグルトを見つけることが、ヨーグルトダイエット成功の鍵となります。 また、冷たいままのヨーグルトを食べるとお腹を壊してしまうという方はホットヨーグルトもお勧め。 ホットヨーグルトは、電子レンジで1分ほどヨーグルトを温めるだけで作ることができます。 温かい状態のヨーグルトを食べることで、冷えによる下痢などを防ぐことができるだけではなく、腸を温めるので腸の働きを活発にさせたり、代謝を上げる効果も期待できるでしょう。 なお、ヨーグルトは無糖のものを選び、甘味が欲しい時ははちみつやフルーツを加えて食べるようにして下さい。 ヨーグルトの中には食べやすくするために有糖のものもありますが、カロリーが高いので、返ってダイエットの妨げになることがあります。 ダイエットにはどんなヨーグルトがおすすめ? ここ数年、「免疫力を上げるヨーグルト」や「胃ガンの原因となるピロリ菌を抑制するヨーグルト」など、使用される乳酸菌の種類によって様々な効果や効能を得られるものが増えてきました。 そこでここでは、ダイエットにおすすめのヨーグルトをご紹介したいと思います。 メグミルクナチュレ恵 ガセリ菌SP株とビフィズス菌SP株の2つが配合された特定保健用食品認定のヨーグルト。 ガセリ菌SP株には内臓脂肪や皮下脂肪を減らす働きがあります。 明治ブルガリアヨーグルトLB81 古くからヨーグルト作りに使われてきた乳酸菌の元祖とも言われているブルガリア菌と、サーモフィラス菌の2種類を混ぜ合わせて誕生したのがLB81乳酸菌です。 腸内環境を整える働きに優れ、便秘の解消を促進します。 特定保健用食品です。 ヤクルト ソフール ソフールに多く含まれる乳酸菌シロタ株は、ガセイ菌の仲間であり「ヤクルト菌」とも言われています。 生きたまま腸まで届き、腸の調子を整えスムーズなお通じを促します。 特定保健用食品です。 ヨーグルトダイエットの体験談や口コミ ・食事の30分ほど前に、無糖のヨーグルトを食べるようにしたところ、自然と食事量が減って1ヶ月で3kg痩せました。 ヨーグルトダイエットは、全く効果がなかったという人もいますが、自分の体に合うヨーグルトを見つけることができれば、効果はそれなりにあるような気がします。 ・毎日ヨーグルトを食べるぞ!と意識するとなかなか続かないものですが、私の場合、友達などと外出した際に飲むドリンクをヨーグルトドリンクにしていたところ、2kgほど体重が落ちました。 ・朝食にヨーグルトとジャム(少量)を加えて食べています。 それでもお腹が空いた時は、発酵食品やチーズなどを食べていますが、それでも2ヶ月で4kg痩せました。 ・朝食の置き換えでヨーグルトを摂取して12kg痩せました。 ただ、置き換えを止めるとリバウンドしてしまったため、現在もまた始めています。 ヨーグルトダイエットとは? ヨーグルトダイエットとは、ヨーグルトを摂取して行うダイエット方法です。 ヨーグルトダイエットには主の5つの方法があります。 毎食後にヨーグルトを食べる方法• 朝食にヨーグルトを食べる方法• 夜食にヨーグルトを食べる方法• 温めたヨーグルトを食べる方法• ヨーグルトを使用した2日間のプチ断食方法 このように、ヨーグルトダイエットは一つの方法ではなく、様々な方法があります。 そのため、体調ややりやすさに合わせて選ぶことも可能となっています。 このことについては下記に詳しく記載しています。 ヨーグルトダイエットのまとめ ヨーグルトは、スーパーなどで手軽に手に入れることができる食材ですから、「今日からダイエットをしよう!」と思い立ったらすぐに行うことができます。 さらに、工夫次第で食感や味を簡単に変えることができるのも、ヨーグルトダイエットを続けやすい秘訣かも知れません。 また、最近は様々な種類のヨーグルトが販売されていますので、その日の体調に合わせて選んでみるのも楽しいと思いますよ。

次の