鬼滅の刃 炭カナ。 【鬼滅の刃】炭カナを考察【最新情報】

【鬼滅の刃】炭治郎は最終回のその後、カナヲと結婚!?子孫は竈門炭彦とカナタ!(ネタバレ注意)

鬼滅の刃 炭カナ

人気テレビアニメ『鬼滅の刃』の特番『竈門炭治郎 お誕生日会』が14日、ABEMAで放送された。 キャストの(炭治郎役)、(禰豆子役)、(我妻善逸役)、(嘴平伊之助役)が出演し、キャラクターとしての炭治郎の魅力を分析した。 家族想いの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅に出る。 そんな彼の勇気ある行動や言動などをキャストはファン目線で絶賛。 炭治郎の名セリフを紹介するコーナーで松岡は「君の顔に文句はない。 こぢんまりしていて色白でいいんじゃないかと思う!! 」と第14話で自身が演じた伊之助と絡むシーンをあげ「ここはちょっと、僕的にはマイナスポイント」と物申したいことがあると告白。 「これはどこかで言おうと思っていたのですが、炭治郎は(人)たらしの素質を持っている。 男にも女性にもこれ言うでしょ? だって、あのカナヲのシーンとか…」と説明。 また、鬼頭も炭治郎の印象的なセリフとして第26話の「頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! 」と美女・カナヲの手を握るシーンをあげ、「本当に…たらしだなぁ〜って」とイジリ。 すると、炭治郎を演じた花江は「いやいやいや、たらしじゃないのよ! 本心で言っているの!」とフォローした。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

栗花落カナヲは炭治郎のことが好きだ!!!【鬼滅の刃】

鬼滅の刃 炭カナ

それはワニ先生にしか分かりません。 質問者さんが炭治郎とカナヲにくっ付いて欲しくない!と思うのと同じように、炭治郎とカナヲには幸せになってほしい、と思う人も同じくらい存在します。 それはお互いの感性とか趣味の違いなので、質問者さんが「嫌い」と思うことが悪いわけではないですが、反面、『幸せになって』という願望を込めていろいろ想像している人たちが悪いわけでもありません。 それに関しては、質問者さんの側で徹底して『見ない』『見ても忘れる』『いちいち傷つかない』ように自衛をするしかないです。 あなたの萌えは誰かの萎え、あなたの萎えは誰かの萌え、これは鉄則です。 少しだけ原作の話をすれば、アニメ最終回の後で炭治郎とカナヲに何か『明らかに恋仲であると分かるような』進展が、と言ったことはありません。 ただ、炭治郎とコインの裏表のやりとりをして以降、カナヲは明らかに明るく、少しずつでも自分の意思をちゃんと表現できる子へ変わっていますので、何かしらの影響はあったんだろうな、何だかんだ交流はあるんだろうな、というのは分かります。 それを『恋心ゆえ』と解釈するか、そうでないかは自由です。 原作は今最終決戦真っ最中で、カナヲにしろ炭治郎にしろ恋愛沙汰どころではないです。 みんな満身創痍。

次の

鬼滅の刃202話ネタバレ!炭治郎恋人カナヲどうなる?鬼化救うの誰?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

鬼滅の刃 炭カナ

下記クリックで好きな項目に移動• 『鬼滅の刃』原作での炭治郎・カナヲの関係 はじめて会話をするシーン 引用元:『鬼滅の刃』単行本より 那田蜘蛛山で戦った後、炭治郎たちはリハビリのために「蝶屋敷」で訓練をします。 ここで炭治郎は、はじめてカナヲと会話をしました。 きっかけは炭治郎の応援 カナヲは優秀な隊士ですが、 自分で意思決定することができず感情も表に出さない性格です。 というのも、幼い頃に虐待された経験から考えることを放棄してしまったのです。 そのため、指示されていないことはコイントスで決定。 炭治郎に話しかけられた時も、会話をするかどうかコイントスで決めていました。 その様子を見た 炭治郎は、カナヲが心のままに生きられるように励まします。 「頑張れ!人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる!」と真っすぐな言葉で応援してくれたのです。 その後で自分の行動に「!?」となるあたり、もうカナヲちゃんは本当に可愛い。 自分意思でアオイ・なほを助ける 音柱・宇髄天元は、吉原を調査するために女性隊士を連れて行こうとします。 その時、宇髄天元に無理やり連れ去られそうになったのは、 アオイとなほ(カナヲと同じく胡蝶しのぶの継子)でした。 アオイは助けを求めますが、カナヲは動くことができません。 そもそも宇髄天元は上官であり柱の1人。 鬼殺隊の一員として、助けることはできないのですが… この時、カナヲは 炭治郎の「心のままに」という言葉を思い出します。 引用元:『鬼滅の刃』単行本より そして カナヲは目をぎゅっと閉じたまま、アオイの手となほの服を掴んだのです。

次の