ハニカム ベアー。 ハニカム構造

【無料試し読みあり】はにかむハニー

ハニカム ベアー

どこかセンチメンタルでどこか物悲しい。 Future Bassを通過したセンスで鳴らされるキュートなポップ・ミュージック! 2017. 22 ボーカルを担当するKaako、ミックス〜マスターを担当しているというMonkeyからなるコンポーザー・デュオ、HoneyComeBearの新曲「Natsuzora」をご紹介します。 弾けるようなビートに乗っかるのはキュートなボーカルと、センチメンタルかつ情景描写豊かなリリック。 ただハッピーなだけでなく、どこか儚く、物寂しい感情をも刺激するこの感覚は、ある種とても日本の夏っぽいものと言えるのかもしれません。 なお、彼らのデビュー曲となる「Sneaker」も張っておきます。 こちらは音の抜き差しと、アゲすぎないテンション感が絶妙な塩梅で癖になります。 なお、両曲ともボーカルのステムもフリーDLで公開されているので、我こそはという方は是非ともリミックスなどをしてみてはいかがでしょうか。 個人的にも色々なトラックメイカーによる彼らの楽曲のリミックスが上がってくることを楽しみにしています。 今回のテーマは「夏」?? 楽しくも、ちょっと切ない夏の曲になってます? — ハニカムベアーHoneyComeBear honeycomebear We released a vocal stem. Download can be done here. Please make a remix and let me know. — ハニカムベアーHoneyComeBear honeycomebear.

次の

【2019年版】KawaiiEDMオススメ11曲可愛いFuture Bassで盛り上がろう!

ハニカム ベアー

8人の方が「参考になった」と投票しています。 かわいいです ネタバレありのレビューです。 美少女蜜ちゃんと、大きくて目つきの悪い熊谷くんとのピュアなラブストーリーです。 ストーカーに大ケガをさせられたり、さらわれかけたり・・・という蜜ちゃんも、カワイイ格好ができないのはイヤと護身術を身につけていて、か弱い女の子ではなく、とても前向きなので好感が持てます。 外見とは裏腹のやさしい熊谷くんは最初は遠慮がちで気弱そうな雰囲気ですが、蜜ちゃんとつきあうようになってからは自信に満ちた感じで、とても男らしくなって、最初とはまるで別人ですね。 ストーカーも無事に捕まってよかったです。 終始一貫して二人の熱愛成長ストーリーで、とても楽しいです。 変な三角関係や邪魔者が出てこないのがいいです。 「熊」と熊の大好きな「蜜」なんですね~。 32人の方が「参考になった」と投票しています。 ハマった、、 もう20年ほど前に少コミを卒業し、少女まんがから長らく離れていた大人です。 (大変失礼ながら 暇潰し程度に読み始めましたが、胸がキュンキュンと久しぶりにときめいて全て読んでしまいました、、笑 内容はザ・少女漫画。 作者さんの画も可愛くて主人公が憎めない美少女、男の子も見た目は怖いのに子熊系甘えんぼ男子。 13人の方が「参考になった」と投票しています。 ヒロインが最高 この物語の中でヒロインが一番カッコいいです 見た目はゆるふわ美少女なのに。 間違いなく。 キュンキュンするストーリーもたまりませんが、それよりもヒロインの格好良さが際立ってます。 少女漫画のヒロインは正直イラッとすることが多々ありますが、この物語では全然イラっとしない。 むしろ好感度が高い。 よくあるフワフワした小動物のような可愛らしさ愛らしさでモテモテなんていう少女漫画らしい設定なのに、軸がぶれない。 空気は読むけど、自分の正しい道を行くその姿に勇気をもらいました。 自分が着たい服を着る。 自分が今側に居たい人と居る。 みんなから距離を置かれても自分が側にいたい人の隣にいるならそれでいいとはっきり言える。 当たり前のことなのに、そんな少女漫画の主人公はなかなかいなくてただひたすら蜜ちゃんかっこいいなーって思ってました。 7人の方が「参考になった」と投票しています。 凹凸カップルが意外にツボでした ネタバレありのレビューです。 小さくてとても女の子らしいのに、やたら腕っぷしの強いヒロインの花咲さんと、やたらデカくて強面のくせに、大変メルヘンな雑貨を手作りする熊谷くん。 お互い見た目のせいで学校ではイメージだけのレッテルを貼られ学校生活を送るものの、花咲さんの大好きなメルヘン雑貨の作者が熊谷くんだとわかり、急接近する凹凸カップル。 熊谷くんの花咲さんへの愛情表現が、過度だけどまっすぐでキュンときてしまいます。 花咲さんも強くなった理由が、好きな物を隠さないでいたいという純粋なもの。 憎めないカップルの今後が気になります。 みんなが読んでるおすすめコミック•

次の

ハニカムベアー HoneyComeBear(Official HP)

ハニカム ベアー

どこかセンチメンタルでどこか物悲しい。 Future Bassを通過したセンスで鳴らされるキュートなポップ・ミュージック! 2017. 22 ボーカルを担当するKaako、ミックス〜マスターを担当しているというMonkeyからなるコンポーザー・デュオ、HoneyComeBearの新曲「Natsuzora」をご紹介します。 弾けるようなビートに乗っかるのはキュートなボーカルと、センチメンタルかつ情景描写豊かなリリック。 ただハッピーなだけでなく、どこか儚く、物寂しい感情をも刺激するこの感覚は、ある種とても日本の夏っぽいものと言えるのかもしれません。 なお、彼らのデビュー曲となる「Sneaker」も張っておきます。 こちらは音の抜き差しと、アゲすぎないテンション感が絶妙な塩梅で癖になります。 なお、両曲ともボーカルのステムもフリーDLで公開されているので、我こそはという方は是非ともリミックスなどをしてみてはいかがでしょうか。 個人的にも色々なトラックメイカーによる彼らの楽曲のリミックスが上がってくることを楽しみにしています。 今回のテーマは「夏」?? 楽しくも、ちょっと切ない夏の曲になってます? — ハニカムベアーHoneyComeBear honeycomebear We released a vocal stem. Download can be done here. Please make a remix and let me know. — ハニカムベアーHoneyComeBear honeycomebear.

次の