口角 炎 カンジダ。 カンジダ症と口角炎の関係

口角炎が治らない!?原因・治療法などの知識を総まとめ

口角 炎 カンジダ

去年末から口角炎になり2週間近く治らなくて悩んでます。 去年末に右側だけの口角炎になり薬局で、ステロイド軟膏を つけていたのですが、中々治らないので一昨日皮膚科に いきました。 組織を接種し、顕微鏡で医師が確認したら原因が、カンジダ菌に よるものだったのでステロイドは、ピンと外れの薬所か悪化するも のだと説明を受け中止しました。 カンジダ菌とは解らないまま数日間ステロイドを塗布しても悪化は これ幸いにしなかったのですが、10日以上口角炎が治らなくて、お かしいと思い皮膚科に行き原因がカンジダ菌と解り良かったです。 リップグロスが、薄く少しはみ出た位の、感じで外見からも解ります。 ネットで調べた所、カンジダ口角炎は、2・3日で良くなるような事が書いてあるの で、状況が変わらず気になっています。 やはり、菌を殺す薬を塗布し始めてから1週間位は、完治までかかるのでしょうか? すみませんが、ご意見をお願いします。 Q こんばんわ。 口角炎に4ヶ月なやんでいます。 5月になり、いつもなってもすぐ治るのでほっといたんでが、 それでも治らないので 1 市販のリップクリームみたのを買ってつける まったく治らずで 2 6月下旬頃、皮膚科に行き、「ゲンタシン」をもらう 最初よくなったかのようになったが、3週間つけても治らず 余計に赤くなったように見えたので 3 7月中旬、組織検査してもらうと「カジンダ菌」繁殖していた マイコスポールクリームを1ヶ月塗る 4 8月中旬すぎ.... 赤い部分はすっかり治る が、口角円多少きれたままだが、ワセリンをぬってすごす 5 9月初旬... やはりすっきりしないので皮膚科に 細菌検査をするとこの時点では、「カジンダ菌」はいない。 今度は「エキサルベ」を処方される 6 今現在.... エキサルベを10日間つけていたところ また赤くなりはじめ組織検査をす。 「カジンダ菌」再発。 アトラント軟膏とイトラコナゾール錠100mgを 1日一回夕食後に飲むことを指示される こんな感じで4ヶ月、口角炎と戦っております。 お聞きしたいことは、今回2度目のカジンダ菌の再発により 違う抗真菌剤の軟膏をぬることには、抵抗はありません 先生がおっしゃるには、再発するってことは、体の中や口の中に いるんではないか?? ということで、飲み薬を処方されたのですが、 「いるんではないか? 」というのは推察で検査したわけではありません。 そんなんで抗真菌剤を飲むことが不安です。 体の中のカジンダ菌を調べるすべがあるかどうかは知らないですが... どうなんでしょうか??? 内科にいったほうがいいんでしょうか?? 内蔵や口の中にいなくても、皮膚にいることは確かなので 抗真菌剤の錠剤はのんでも平気なのでしょうか?? またどれ位の期間飲むものなんでしょうか?? 今回は1週間処方されました。 できましたら、専門家の方にお聞きしたいです。 カジンダ菌にかかって錠剤をのんだことがある経験者の方でも かまいません。 よろしくお願いしますm. m こんばんわ。 口角炎に4ヶ月なやんでいます。 5月になり、いつもなってもすぐ治るのでほっといたんでが、 それでも治らないので 1 市販のリップクリームみたのを買ってつける まったく治らずで 2 6月下旬頃、皮膚科に行き、「ゲンタシン」をもらう 最初よくなったかのようになったが、3週間つけても治らず 余計に赤くなったように見えたので 3 7月中旬、組織検査してもらうと「カジンダ菌」繁殖していた マイコスポールクリームを1ヶ月塗る 4 8月中旬すぎ.... 赤い部分はすっかり治る... A ベストアンサー 驚かせてしまったらごめんなさい。 そんなに心配しなくても大丈夫です。 抗生物質は2週間くらい使用していると菌交代症が起こる危険が高くなりますね。 ゲンタシンの3週間は長期使用といえます。 しかし、1ヶ月ぐらい服用しないと菌が死なないと言うのも事実です。 それではどうすればいいの??? このように菌交代症が起こったら原因薬物(この場合ゲンタシン)の投与を中止するしかないのです。 あなたの場合、ゲンタシン服用はもう終了しているので問題はないと思いますが・・。 カンジダは抗生物質を服用しないとダメだということはありません。 おそらく症状がひどかったので様子を見る上でゲンタシン(アミノグリコシド系)のような抗生物質の中でも強力なものを処方されたのではないでしょうか。 抗生物質でなくとも、今処方されているイトラコナゾールでも治療はできますのでしばらく様子を見てはいかかでしょうか。 生活をお聞きした限りではそんなに重症ではないように思えます。 口腔にカンジダがあるかは見れば分かりますので、異常がないようであれば口腔内にカンジダはいないと思います。 口腔内に菌がいなければ体のほかの部位にカンジダがいくこともほとんどないので安心してください。 一番大切なことはそれ以上ひどくならないように、口の周り以外に菌が広がらないように今処方されている薬をきちんと服薬して徐々に治すことです。 がんばってください! それで治らなくてもドクターがまた違う抗菌薬(あなたに合ったもの)をいろいろ試して処方してくれるはずです。 驚かせてしまったらごめんなさい。 そんなに心配しなくても大丈夫です。 抗生物質は2週間くらい使用していると菌交代症が起こる危険が高くなりますね。 ゲンタシンの3週間は長期使用といえます。 しかし、1ヶ月ぐらい服用しないと菌が死なないと言うのも事実です。 それではどうすればいいの??? このように菌交代症が起こったら原因薬物(この場合ゲンタシン)の投与を中止するしかないのです。 あなたの場合、ゲンタシン服用はもう終了しているので問題はないと思いますが・・。 カンジダは抗生物質を... Q 17歳女性です。 よろしくお願いします。 1年ほど前から唇が荒れだしたので、皮膚科に行ったところ、口唇炎だと診断されました。 その時はリップクリームの代わりに保湿用としてワセリンを貰い、治まったため、その後は市販のワセリンを使いはじめました。 しかし、最近再発したので別の皮膚科に行ってみたところ、軟膏 キンダベート を貰いました。 使用後も治らず、抗アレルギー剤と併用し、かなり良くなりました。 しかし、薬は1月分貰ったのですが、最近は飲んでも効き目が前ほど表れない状態です。 それでも飲まないよりはマシなのですが…。 あと3日ほどで薬が無くなるのですが、正直また同じ皮膚科にかかっても、根本的解決にならない気がします。 他の皮膚科に行くか、継続して薬を貰うか、それとも大きな病院を紹介してもらうか これは大げさな気もしますが… 、悩んでます。 根本的解決法が無いらば、どこにかかっても同じだという気もします。 口唇炎が治ったという方、その方面に詳しい方に教えていただきたいのですが、どうしたら再発しないように治すことが出来るでしょうか? アドバイスしにくいとは思いますが、よろしくお願いします。 17歳女性です。 よろしくお願いします。 1年ほど前から唇が荒れだしたので、皮膚科に行ったところ、口唇炎だと診断されました。 その時はリップクリームの代わりに保湿用としてワセリンを貰い、治まったため、その後は市販のワセリンを使いはじめました。 しかし、最近再発したので別の皮膚科に行ってみたところ、軟膏 キンダベート を貰いました。 使用後も治らず、抗アレルギー剤と併用し、かなり良くなりました。 しかし、薬は1月分貰ったのですが、最近は飲んでも効き目が前ほど表れない状態です。 再発しないようにすることも可能ですが、ここでは、対処療法を覚えてください。 分かりやすく表現しますと、唇そのものが「干からびた田んぼ」になっているのです。 その「干からびた田んぼ」に少々の手入れ(薬物療法等)をしても、一時的に治ることはあっても根本的には治りません。 口唇炎の直接原因は、血流障害ですので、そこに大量の水を引いてあげること(血流改善)です。 簡単ですので、以下の方法をお試しください。 1.後頭部中央の骨の出っ張り(後頭突起)付近に手のひらを交互に当ててください。 2.交互に当てると、出っ張りすぐ下に何となく雨期時のジトーッと湿った暖かさが感じられると思います。 3.そこをメインにして、後頭部全体から首元にかけて、両手指先で頭皮を頭蓋骨からずらすようなイメージで満遍なくマッサージをしてみてください。 4.1回20~30秒、1日2~3回、それを数日間、行ってください。 中には痛みを伴う方もいらっしゃいますが、2~3回で痛みもほとんど感じなくなります。 これを数回繰り返すと、湿った暖かさが乾燥した暖かさに変化します。 改善した証拠です。 口部以外にアトピー症状はありませんか。 なければ、改善が早いと思います。 やがて、自然と唇が潤ってくるのが感じられると思います。 騙されたと思って、1~2日、試してみてください。 再発しないようにすることも可能ですが、ここでは、対処療法を覚えてください。 分かりやすく表現しますと、唇そのものが「干からびた田んぼ」になっているのです。 その「干からびた田んぼ」に少々の手入れ(薬物療法等)をしても、一時的に治ることはあっても根本的には治りません。 口唇炎の直接原因は、血流障害ですので、そこに大量の水を引いてあげること(血流改善)です。 簡単ですので、以下... Q 唇の輪郭部分(唇と皮膚の境目)がピリピリとした痒みを帯びています。 なにか食べたときのみ、などではなくずっとです。 特に腫れたりただれている感じはありません。 二ヶ月くらい前にひどい荒れが起き、病院でステロイドの塗り薬とビタミン剤を処方してもらったことはあります。 このときは1週間もすればほぼ完璧に治りました。 ですが、このとき以降唇の縦皺がひどいです(以前はなかったのに……) 今回も病院に行って診察をすればいいだけの話なのですが、時間的に難しいです。 普段は口紅などをつけず、市販のリップクリーム(DHC)を塗っています。 関係あるかどうかわかりませんが、最近頬も痒いです。 対処方法やなにかアドバイスがありましたら、ご教授いただけますと嬉しいです。 Q 2週間ほど前から、急に口の周りが痛くなり、リップを塗ってもおさまらず、薬局でデンタルピルクリームを買いました。 それでも痛みと腫れがひかず、皮膚科に行き、アボコート軟膏0. 痛みで夜も寝付けず、自分で調べたら、口唇ヘルペスなのではと思うのですが、どうでしょうか?今日も皮膚科に行こうと思っていますが、小さい子が2人おり、なかなか時間がとれないので、的確な診察をしてもらえるよう、アドバイスをお願いします。 Q 今年の1月の下旬頃から現在までずっと悩まされてます。 唇のふちや角のあたりが荒れます。 酷い時は唇の部分まであかぎれのように割れて血が出たりしました。 皮膚科の病院に3件行ってみましたが、どれも違う答えが返ってきました。 1件と2件めに行った病院では「食べ合わせが悪かったのでは?」「何か食べ物などにかぶれたのでは?」 と言われました。 ……これは、一時的ならわかりますが、継続的なので違うと思うのです。 乾燥させないように常に何かを塗っているしかないでしょう」 と言われました。 一番説得力がある診断でしたので、そこの病院が処方し混合した50%くらいステロイド入りの強めの薬とワセリンだけの弱めの薬を貰ったので、それを今塗ってます。 3件めの病院の話を行きつけの婦人科の先生に言ったところ「なんでもかんでもホルモンのせいにされたらたまんないなあ~。 友達に聞いてみたところ、免疫力が落ちているのでは?と言われました。 ほぼ同時期に、足のふくらはぎの裏の部分もかさかさ乾燥した円状のものもできています。 どなたかこういった症状についての解決方法等ご存知ではないでしょうか? 年齢的にずっとおつきあいしなければいけないものなんでしょうか? よろしくお願いします。 今年の1月の下旬頃から現在までずっと悩まされてます。 唇のふちや角のあたりが荒れます。 酷い時は唇の部分まであかぎれのように割れて血が出たりしました。 皮膚科の病院に3件行ってみましたが、どれも違う答えが返ってきました。 1件と2件めに行った病院では「食べ合わせが悪かったのでは?」「何か食べ物などにかぶれたのでは?」 と言われました。 ……これは、一時的ならわかりますが、継続的なので違うと思うのです。 (自分ではそこそこバランスの取れた食生活をしている自負があります) 3... A ベストアンサー 粘膜・皮膚の疾患で足りない栄養は、ビタミンB2、B6とニコチン酸です。 あなたの症状だと、口の周りは【口角炎】、足のほうは【たむし】かな と思います。 【口角炎】は栄養をとって、割れないようにするしかないと思います。 【たむし】なら水虫のような治療が必要です。 m-nomura. nifty. tokai. htm Q 今年の7月始めの頃にカンジダで始めて受診し、未だかつて通院生活を送っています。 このままずっと治らないのでは!?と不安で仕方がありません。 病院ではまずおりもの検査をしてカンジダかどうかを調べました。 3日後カンジダだと判明したので、膣剤と塗り薬を2週間分貰って薬もなくなりかけ症状も良くなってきた所、生理になってしまい終わる頃にはまた痒くなってしまいました。 全ての薬が無くなり、また病院で検査。 結果治っていないとのことで、再び膣剤と塗り薬を今度は1週間分もらいました。 結局これでも痒みは完全に治まらずに、また検査。 結果は同じくカンジダ。 同じように1週間分薬を貰ったものの、すぐに生理が来て症状が悪化しました。 生理後薬を再開し全てなくなったのですが、都合により1ヶ月近く病院へ行けず、どんどん悪化してしまいました・・。 最後に病院へ行ったのは9月の下旬です。 そこでまた検査し、9月の終わりに今度は膣剤だけを貰いました。 ところが・・また来たんです!生理が。 せっかく今回は薬も最後の方まで使っていて、症状も軽くなってきたのに生理が始まった途端に悪化です。 病院代も結構かかるので、いつまでも同じ事の繰り返しでげんなりしてきました・・。 検査があると1回3千円は軽くかかってしまうんです。 どうにかして完全に治すことは出来ないものなのでしょうか?それとも病院と私の相性が合わないのでしょうか?カンジダを治すのに何か気を付けた方が良い点はありますか? 切実な問題です。 よろしくお願いします! 今年の7月始めの頃にカンジダで始めて受診し、未だかつて通院生活を送っています。 このままずっと治らないのでは!?と不安で仕方がありません。 病院ではまずおりもの検査をしてカンジダかどうかを調べました。 3日後カンジダだと判明したので、膣剤と塗り薬を2週間分貰って薬もなくなりかけ症状も良くなってきた所、生理になってしまい終わる頃にはまた痒くなってしまいました。 全ての薬が無くなり、また病院で検査。 結果治っていないとのことで、再び膣剤と塗り薬を今度は1週間分もらいました。 A ベストアンサー まずですね。 誤解している人おおいのですけど カンジダに完治はありません。 なぜなら誰でももっている菌なのです。 口の中、お尻、膣、皮膚の上にもいるはずです。 カンジダ菌がふえると痒みやおりものの変化がでます。 それを薬でもとの数にもどす、おさえるのです。 なので絶対「もう2度とならない完治」はありません。 まずすこしふりかえってください。 以下はあてはまりますか? 使い捨てビデを使用する。 おりものライナーをつかう 膣内を洗う。 外陰部を丁寧に洗いすぎる。 下着はお洒落なもの、化学繊維。 ストレスが多い。 パンストをはく。 抗生物質をよくのむ。 体調をくずす。 これらが多いほどカンジダになりやすいです。 対処法としては おりものシート。 使い捨てビデをつかわない。 下着は綿。 ストッキングをはくならガータータイプで。 乳酸菌をとる。 膣内は洗わない(洗う場所ではない) 外陰部もボディシャンプーなどで洗わない。 お湯で充分です。 ほんとは。 ストレスをためない。 などなどで対処できます。 ピルユーザーはカンジダになりやすいのですが 私は一度もなっていません。 お話を聞くと近所に病院がないようですが でも「2~3時間待ち時間がある」ならちょっと遠方でも 同じではないですか?? 何にせよ、長いですよね・・・。 薬があわないとか。 まずですね。 誤解している人おおいのですけど カンジダに完治はありません。 なぜなら誰でももっている菌なのです。 口の中、お尻、膣、皮膚の上にもいるはずです。 カンジダ菌がふえると痒みやおりものの変化がでます。 それを薬でもとの数にもどす、おさえるのです。 なので絶対「もう2度とならない完治」はありません。 まずすこしふりかえってください。 以下はあてはまりますか? 使い捨てビデを使用する。 おりものライナーをつかう 膣内を洗う。 外陰部を丁寧に洗いすぎる。 下着はお洒落... Q ここ一週間ほどずっと、肌の調子が最悪で 1 いつも使っている化粧品がピリピリするようだ 2 化粧ノリが悪い 3 赤みのあるボコボコがでた 見た感じはニキビのような赤い腫れになっている とても痒いし、日に日に増えていくような気がする 白ニキビになったところもある。 とにかく痒くてつらいです。 普段、できない箇所にまでボコボコがある 特に頬、顎がひどい。 4 肌がいつもより乾燥している 特別、化粧品を変えたわけではないし ずっと使ってきたものを使用しているので 化粧品が原因だと思えません・・・。 これは蕁麻疹なのでしょうか? それともただの肌荒れなのですか? はじめは生理前だし、肌が敏感になっているのかと 思ったのですが、どうも様子がおかしいので・・・。 (こんなひどいことになったのは、初めて。 ) 昔、食べもので一度蕁麻疹が出たときに 出してもらった、蕁麻疹の薬があるので 飲んでみようかと思うのですが、大丈夫なのでしょうか?? 外に出るのもつらいほど、 赤い腫れが発生して泣きそうです・・・。 ここ一週間ほどずっと、肌の調子が最悪で 1 いつも使っている化粧品がピリピリするようだ 2 化粧ノリが悪い 3 赤みのあるボコボコがでた 見た感じはニキビのような赤い腫れになっている とても痒いし、日に日に増えていくような気がする 白ニキビになったところもある。 とにかく痒くてつらいです。 普段、できない箇所にまでボコボコがある 特に頬、顎がひどい。 4 肌がいつもより乾燥している 特別、化粧品を変えたわけではないし ずっと使ってきたものを使用しているので 化粧... Q デリケートゾーンが痒くてたまりません。 2年程前から痒いです。 当時、婦人科と皮膚科へ行きましたが、 どちらも病気ではなく、皮膚の乾燥によるものだと言われ、 皮膚科では「グレムニゾラ?」という塗り薬を処方して もらいました。 塗ると痒みは治まりますが、数日経つとまた痒くなります。 先日まじまじと外陰部を見たら、 陰毛の下の皮膚の一部が真っ白に粉をふいたようになっていて驚きました・・・。 2年前の外陰部は、皮膚がポロポロとめくれ、妙に白髪が増えていた>< 感じでしたが・・。 1年後、同じ皮膚科へ症状を見てもらいに行きましたが、 「だいぶ良くなってきてる」とは言われたものの、 痒みの強さは変わりません。 (常に痒いわけではなく、時々猛烈に痒くなり、 耐えられないほど。 かきむしってしまいます・・涙 さらに1年経ち、病院を変えたほうがよいのか悩んでいます。 去年も婦人科へ行きましたが、病気ではなかったので 皮膚科のほうが良いのでしょうか? 過去の質問で「疥癬」という言葉をみましたが、 痒いのは外陰部だけで、元々アトピー持ちでもないし 甘いものも食べないし原因が分かりません。 セックスも3年間今の彼だけです。 (彼は痒みなしです) おりものに変色、悪臭もありません。 思い当たるといえば、 いつからか覚えていませんが、彼がセックス時にバイブを使うようになりました。 (毎回使用後はちゃんと洗っているのですが・・) 今日またとてつもなく痒みがあるので、仕事帰りに病院へ行こうと思っていますが、 同じ皮膚科へ行くべきか、違う病院(皮膚科?婦人科?性病科?)迷ってます。 どなたかアドバイスお願いいたします。 デリケートゾーンが痒くてたまりません。 2年程前から痒いです。 当時、婦人科と皮膚科へ行きましたが、 どちらも病気ではなく、皮膚の乾燥によるものだと言われ、 皮膚科では「グレムニゾラ?」という塗り薬を処方して もらいました。 塗ると痒みは治まりますが、数日経つとまた痒くなります。 先日まじまじと外陰部を見たら、 陰毛の下の皮膚の一部が真っ白に粉をふいたようになっていて驚きました・・・。 2年前の外陰部は、皮膚がポロポロとめくれ、妙に白髪が増えていた>< 感じでしたが・・。 1年後、同... A ベストアンサー 皮膚科が良いでしょうね。 病院を変えてみるのも良いと思いますよ。 特異な症例の場合、医者自体の知識の量で病名と適切な治療方法を取れるか 大きく変わるので。 特に皮膚科医に関しては今までの経験上、医師の知識レベルの差が激しいと感じます。 自分は難治性の尋常性乾癬で十数年皮膚科通いしていますが何件も医者変えました。 中には普通に病名が分からない医師も居れば医学書片手に書いてあることを棒読みで 古い文献を説明するような医師までいます。 ネットで誰でも調べられる時代ですから 下手すると患者の方が最新の医学資料や薬の知識を持っていたりもしますね。 今は大学病院の皮膚科教授に看て貰っていますが知識と治療方針は今までで最高ですね。 バイブなどに使われている素材(シリコン)など肌に合わないのかアレルギーなのか かゆみと皮膚がボロボロ落ちるとか粉が吹いてるように見えるなど 尋常性乾癬も疑われるかも(陰部は好発部位なので).

次の

カンジダ性口内炎の症状と原因 治し方 薬【画像・写真】感染する?うつる?

口角 炎 カンジダ

解説 [ ] は単細胞性のの総称であり、分類上の群ではない。 いわゆるなど、多くのものが子嚢菌類に属するが、担子菌系の酵母も発見されている。 これらの判断はその酵母の有性生殖の姿(テレオモルフ)を観察しなければわからない。 しかし、それが発見されないものもある。 そのような場合、菌類の分類においてはそれをアナモルフ菌()と位置づけ、それに学名を与えることが認められている。 そこで、酵母の場合もそれにならい、不完全酵母という。 かつてはこれに分類単位としての位置を与え、不完全菌門不完全酵母綱と呼んだが、現在はこのような扱いは行わない。 不完全菌の位置はあくまで仮のものであり、正しい分類上の位置がどこかにあるはずだからである。 主な種 [ ]• albicans :病原性を有する。 これは、時にヒトのを引き起こす病原体として知られている。 元来はの体表や消化管、それに女性のに普通に生息するもので、多くの場合は特に何の影響も与えないのだが、体調が悪いときなどに病変を起こすの原因となるものである。 etchellsii や C. versatilis はやの発酵に関与している。 stellata などはの醸造に関与している。 脚注 [ ].

次の

【医師監修】口角炎とヘルペスの違いと見分け方

口角 炎 カンジダ

Contents• 公開記事なのに【オフレコ】と称した理由 今回の記事は、 ゴールデンウイークバージョンとして、いつもより気楽に思い切った記事を書こうと思います。 テーマは 「唇のカンジダ 唇カンジダ症、口唇口角カンジダ症 」。 唇のカンジダに関しては情報が少なく、中々まとまった記事が書けないでいましたが、連休を機に「執筆日記」としてUPさせていただきました。 元々、当サイトは医師の監修のもとに書かれたものではありません。 もちろん、 意図的な脚色などはしていませんが、主婦ライターが体験を元に自由に書いたものです。 医師からは 消化管カンジダ症のお薬「ナイスタチン」まで処方されました。 私はこれまでの人生でカンジダを発症したことがなかったのですが、その年の初夏頃から、一気にカンジダに悩まされました。 同時に、 今までに経験したことがない症状が出ていました。 アトピーと似ていてちょっと違う湿疹・ 頭皮のかゆみやジュクジュクしたかさぶた・ 唇の炎症などです。 それらの症状のカンジダ菌との関りを疑っており、「 リーキーガット症候群かな?」とも思っていました。 また、カンジダやリーキーガット症候群は 脂漏性皮膚炎とも関連や共通点がある気がします。 脂漏性皮膚炎は マラセチア菌というカビ菌 真菌 が関与しています。 マラセチア菌も 常在菌であること、 異常増殖したらヒトに害を及ぼすことなども共通しています。 もちろん、リーキーガット症候群ではなく カンジダを発症するくらいに抵抗力が弱っているので、他の症状も出ていた可能性もあります。 全てリーキーガット症候群のせいにしては、何か見落としてしまうことがありそうなので、あまり偏った見方はしないように気を付けていました。 それと並行して、カンジダ対策にも精を出しました 笑 カンジダに加え、あちこちにかゆみや炎症 カンジダ症に加え、今までにない症状に悩まされた私は、気になる部位を診てもらうために皮膚科を受診しました。 【気になる症状】• 頭皮・・・ かゆい。 次第にジュクジュクした黄色の浸出液が出てかさぶたになる。 体・・・ 湿疹、時に蕁麻疹まじりの湿疹。 顔・・・赤みが出てピリピリ。 (これは体調不良時に時々出ます。 唇・・・ カサカサして、次第に腫れて赤くなりピリピリ。 皮がめくれる。 口角炎を伴う。 目の周り・・・ 赤みが出て痛がゆい。 その際に出されたのは、 ステロイドの塗り薬と アレルギーの飲み薬でした。 クリニックによって若干異なりますが、大体次のようなお薬が出ました。 【処方されたお薬】• 頭皮・・・ リンデロンVGローション• 体・・・ デルモゾール軟膏、デルモゾールG軟膏• 顔・・・ ロコイド軟膏、リドメックス軟膏• 唇・・・ ロコイド軟膏 とプロペト 純度の高いワセリン 、ビタミン剤• 目の周り・・・ プレドニン眼軟膏• 飲み薬・・・アレロック、またはセチリジン これらの効果ですが、頭皮や目の周りには順調に効きましたが、 唇と体は中々効果が感じられませんでした。 カンジダ性口唇炎、カンジダ性口角炎? 特に唇は、ステロイドを塗るよりプロペト(純度の高いワセリン)だけの方が違和感がありません。 ビタミン剤の服用を続けつつ、 ステロイドが効かない理由をネットで探しました。 すると 唇にもカンジダ症があるということを知りました。 唇カンジダの症状 唇カンジダは、口腔カンジダと一緒に発症することが多く、口内は、真っ白にカビが生えたようになり、ピリピリ、ジリジリとする痛みが出ます。 唇は赤く腫れあがり、水泡ができることもあり、唇は皮がむけます。 口腔カンジダのときも、唇はピリピリ・ジリジリして腫れていた• 唇の症状が強く出たのは、口腔カンジダが治った数か月後で、膣カンジダが悪化した頃• 唇がピリピリ、ジリジリする痛みがある• 唇は赤く腫れあがっている• 皮がむけてきた• ちなみに、皮をむく癖や唇を舐める癖は無し 引用元に記載されている症状があまり詳しくないため何とも言えませんが、近い症状が出ていました。 皮膚科の通院時、医師に「カンジダとの関連はあるかどうか」おそるおそる相談してみました。 「口角炎や口唇炎はカンジダが原因と言うことはありますか。 最近、膣カンジダと口腔カンジダになり、消化管カンジダのお薬も処方されています」と。 すると、医師からは 「あなた昔アトピーだったんでしょ。 」と、そっけない返事が返ってきただけでした(今の症状もアトピーの1つ、と言いたかったのでしょう)。 結局、その皮膚科では カンジダ菌の検査はしていただけませんでした。 ここでカンジダ菌が見つかれば、裏付けのある記事を作れたのになぁと残念です。 唇カンジダ=カンジダ性口唇炎 私は元々、幼いころから アトピー性皮膚炎持ちで、25歳頃から自分で本格的に治そうと試みてきました。 通院しつつ、民間療法や代替療法も試してみるなど試行錯誤してきました。 その甲斐あって、 20代後半でほぼアトピーを克服することができました。 その後も、 疲れやストレスでたまにアトピーが出てくることはありましたが、一旦ステロイドである程度鎮めてあげて、それから低刺激の保湿を徹底し、綿素材のインナーの着用、食事に気を付けるなどを行うと、またアトピーなしの状態に戻ることができます。 そのような感じで、 ステロイドとは自分なりによいお付き合いをしてきました。 それなのに、 唇には効果が見られない・・・、これは何か原因がありそうだと思い、ネットで検索しまくりました。 一番気になったのはある 症例報告でした。 口唇の場合は口唇紅部では鱗屑の付着とその周囲皮膚に及ぶ著明な発赤が特徴的である。 ( 出典:) 症例の全てが高齢者であることなど、30代であり基礎疾患のない私には参考にならないとも思いましたが、すでに「普通若い人は発症しない」と言われている口腔カンジダ症も発症してしまったことから、今の私は カンジダ性口唇炎の可能性もあると考えました。 膣カンジダのお薬ではなく、夫が皮膚科でもらったの残りです。 このお薬は 医師の処方箋が必要な医療用医薬品なので、 薬局では販売されていません。 夫は運動するとかよく汗をかくので股ずれができやすいのですが、ある時期 いつもと違う股ずれができて皮膚科に行きました。 すると 患部から カンジダ菌が見つかり、 カンジダ菌による皮膚炎だと診断されたのです。 元々こすれたり蒸れたりして、皮膚にダメージがあったようです。 ジムに行って汗をかく方、サイクリングやジョギング等で股ずれ、足指のグチュグチュしたかゆみがある方。 股ずれ・カンジダ・水虫・あせもの悪化などは、自分では分かりづらいので、皮膚科で診ていただくと安心です 菌がいるかちゃんと診てくれるクリニックで。 夫のカンジダ性皮膚炎はお薬 「 ケトコナゾール ニゾラール 」を塗ると順調に治ったので、お薬が少し余っていたのでした。 唇に ケトコナゾール ニゾラール を塗った結果 驚くことに、中々治らなかった口唇炎・口角炎は 「 ケトコナゾール ニゾラール 」を塗って 3日目で効果を実感できました。 【1日目】・・・「 ケトコナゾール ニゾラール 」のクリームを塗ると、少しムズがゆい感じはした。 もともと痛がゆいので仕方ないと思う。 【2日目】・・・あまり変化はないような気がする。 飲食や歯磨きの度に結構取れてしまっている気がしたので注意した。 【3日目】・・・ 朝起きたら、目に見えて鎮静化していることに気付いた! 【4日目】・・・油断して塗り忘れてしまった 【5日目】・・・再び塗り始めた。 【6日目】・・・まだ症状は残っている 【7日目】・・・塗ったが、多忙で症状を覚えていない。 【8日目】・・・ 何と、ほぼ治っていた! 少なくとも1ヶ月以上不快だった症状は、 約1週間で綺麗に治ってしまいました。 「本当にたまたまこの時期に自然治癒した」とか「プラシーボ効果」とかでなければ、効いていると思います。 その後、再発していません。 カンジダ性口唇口角炎に使える市販薬は「クロマイ-N軟膏」? 抗真菌薬といっても、口腔用は基本的に市販されていません。 ほとんどが、「膣カンジダ用」や「水虫」の薬剤です。 しかし、唇カンジダに効果的なナスタチンが配合されていて、唇に使用することができる抗真菌剤は少ないながらあります。 中でも知名度の高いのが、『クロマイ-N軟膏』です。 カンジダ性口唇口角炎に仕える市販薬は数少ないようですが、というものは使えるとのこと。 こちらのお薬は、クリームタイプのお薬で、真菌を殺菌する効果を持っています。 さらに、クロマイ-N軟膏は、抗生物質の中でもかなり副作用が少ないとされていて、安全に使用することができます。 (出典:) カンジダ菌にも効き、副作用も少なく、顔にも使える・・・、こんなに優秀なのにそこまで知名度がない気がします。 私がたまたま知らなかっただけかもしれません。 どんな商品なのでしょう。 商品紹介 1. クロラムフェニコール、フラジオマイシン硫酸塩の2つの抗生物質と、抗真菌剤のナイスタチンを配合しています。 おでき、ふきでもの等、化膿性皮膚疾患の様々な原因菌に効果を発揮します。 患部を保護し、伸びのよい軟膏なので、ジュクジュク患部からカサカサ患部まで幅広く使用できます。 出典: なるほどといった感じです。 ただし カンジダ性口唇口角炎専用のお薬ではないので、ご注意ください。 本来の 効能・効果は、化膿性の皮膚疾患です。 これは知りませんでした。 ナイスタチンと言えば、まさしくカンジダ菌のお薬です。 とは言っても、唇はデリケートな部分ですので、お薬に含まれる有効成分や濃度のみならず、添加物なども気になるところです。 やはり、 カンジダに詳しいクリニックへの通院が大切かもしれません。 通院しながら、生活習慣 食生活、睡眠など の見直しや、原因となっているもの 何か隠れた疾患はないか、パートナーが口腔カンジダではないか などに対処していくことが望ましいでしょう。 まだ20代なので、こんなこともあるのかな…と驚きです。 とろろそばを食べたのをきっかけに唇が荒れはじめたので、もともとアトピーがありますし、とろろに負けちゃったのかなと思って、何日か経てば治るだろうと思っていました。 はじめは赤く腫れて、ぴりぴりした感じ。 ちょっと皮がむけることも。 リップを塗っても浸透しない感じでした。 3,4回、顔用のよわめのステロイドを自己判断で少し塗ってました。 「治るだろう」という気持ちで2週間ほどたちました。 赤い腫れは少しひけてきましたが、口角や唇の上の方に荒れが広がっていました。 なかなかひりひり感はなくならず、皮(白っぽい)もぼろぼろ絶えずむけ、落ち込んでました。 やっと皮膚科に行きました。 わたしの「とろろ」エピソードもあり、1番弱いステロイドを出してくれましたが、良くならず。 私もそろそろ変だなと思い、もしかしてカンジダ…?と不安になり、もう一度皮膚科に行き、相談したところ、カンジダによるものだということになりました。 やはりなかなか若い人ではいないんですかね… ようやくちゃんとした治療ができるので、早く治ることを期待してます泣 ここのところ常に唇に意識持っていかれるので、辛かったです。 コメントありがとうございます。 こうめさんも唇のカンジダ、大変でしたね。 もともとアトピーがあると、分かりづらいですよね。 私も初めは医師にアトピーやアレルギーが原因と思われていました。 こうめさんはお若いですし、初めに「とろろ」が原因で唇にダメージを受け、弱った唇にカンジダ菌が増えた可能性もあるのかなぁと想像しています。 若い人でも、医師に気付かれていないだけで案外多いのかもしれません。 はじめまして 検索し続けてご相談したくなりコメントさせていただきます 私は3か月ほど前 急に唇の右上に湿疹が出て内科の先生がヘルペスですと塗り薬をくれ、悪化し皮膚科に言ったらヘルペスでは無く皮膚炎と言われステロイドを含んだ塗り薬をもらいました。 ぬっても塗っても治らず同じ皮膚科にいき、どうして治らない?と質問したところやっと検査をされ今度はカビが発生したと菌を消す薬にかわったのです。 よくステロイドを長くぬっているとカビが発生するとネットで読みましたが。。 そこの皮膚科を信頼出来なくなってきておりますがカビの薬を1週間塗って、何の変化も無く気が狂いそうになってきて目の前にあったオロナインを塗ってみたらなんと赤みが薄れたのです。 唇はまだ腫れていて皮が剝れ口の周りは赤くかぶれ・・・どうしたらよいのでしょうか??クロマイ-N軟膏試してみようか悩んでおります 口唇炎治りますか? 口紅は塗れるようになりますか??? えりりんさん 初めまして。 大変おつらい状態ですね。 ただ、1週間塗って効かないと不安になる気持ちはよく分かります。 皮膚科の抗菌薬が効かなかった理由を予測すると、 1、そのお薬が合わなかった 2、お薬を塗った後、無意識に触ってしまう(薬が取れたり、患部の接触による炎症があったり) 3、患部がデリケートになっていて、炎症が落ち着くのに時間がかかる などがありそうです。 もし自分だったら、あと一週間程度同じ皮膚科で処方されたお薬を使用し、効かなかったら病院を変えるかもしれません。 飲み薬も処方してもらいたいところです。 (ビタミン剤、フルコナゾールなど抗菌の内服薬、炎症をしずめるのを助けるアレルギーの薬など) オロナインの有効成分「クロルヘキシジン」は殺菌作用があり、調べた限りでは水虫菌やカンジダ菌にも一定の効果がありそうです。 しかし、かぶれがあり、唇に使用することは少し心配です。 私だったら、かぶれの少ないところや口に入りにくい部分で少し試してみるかもしれません。 口唇炎は、治る病気だと私は思っています。 ネット上なので無責任なことは言えず、あいまいな表現で申し訳ないです。 身内であれば一緒に大学病院にでも付き添いたいくらいです。 大学病院の場合、多くの症例を見ているので、意外と治るきっかけが見つかったりします。 長文になりすみません。 栄養バランスにも気を付け、ストレスによって更にきつくならないよう、ゆっくり休まれてくださいね。 はじめまして。 貴女様のサイトの情報提供をありがたく拝読させて頂いている者です。 私は、今年の8月に口腔カンジタを発症しました。 その日は、抜けれない用事があり、次の日は、県外へ旅行することになっておりましたので、近くの耳鼻科で診察を済ませてしまいました。 例のドレッシングの様な 笑 うがい薬が処方され「5日くらいしたら良くなるよ。 」と言われました。 移動、観光しながら三食毎のうがいは大変でしたが、3日間持ち回り、帰ってからも使い切るまで頑張ったのですが、全く効果がありませんでした。 段々と怖くなり、ネットで探した口腔外科を受診することにしました。 先生から、「あなたのような若さで すみません!47歳です。 、発症した人を診たことがない。 一度、内科を受診した方が良いよ!」と言われて、もう一度、同じうがい薬が処方されました。 お盆の時期でしたが、診察出来る内科で血液検査をしました。 検査結果は「ホルモンが低下している以外は、サイトメガロウイルスの数値が非常に高いので、いつ既往したのかを、2週間後に調べたい。 あなたの身体は85歳以上です。 今のままでは、肺炎で死亡することも。 頭に中は、パニックになりました。 口の中も悪くなる一方でした。 口腔外科の先生にその旨を伝えると「サイトメガロについては知らないので、私も勉強してみるからね。 ただ、口腔カンジタが治りにくい人というには、癌治療患者と移植後の患者、免疫不全疾患者と、HIV感染者なんです。 」と更に追い詰める発言をされました。 その頃の私は、カンジタ抑制のため、なるだけ糖質フリーを心掛けており、痩せている身体が更に痛々しくなり、動悸が酷くて、眠れない状態でした。 癌治療も移植もしていないとなると、残りあと2つ。 歯科治療歴の長い私は、もしかするとと思い、HIV検査へ。 生きた心地はしませんでした。 結果、陰性。 でも、ここでは大変勉強になりました。 口腔外科の先生に報告すると「大変な思いをしたねぇ。 先生が追い詰めたのですけどね でも、本当に珍しいから、記録に残すから。 カンジタは、私が診るからね。 」で、次は 、フロリードゲル塗り薬を処方してくれました。 すると、1日でみるみるうちに口の中が綺麗になりました。 口角の所は日数かかりましたが、40日間を持って、今までどうりに! 内科は、家族の知り合いのお医者さんから別の内科を紹介していただきました。 私は、ずっとストレス過多で、この春は特に体調を崩しておりました。 睡眠不足、忙しさでの朝の食事抜き。 台風による気圧の変化。 一年前に、腟カンジタ、虚血性腸炎、咳喘息等。 これと言った病気にかかっているわけではないのに、調子が悪いのです。 のちに手指の関節痛も。 しかし、今時点でリウマチ因子陰性。 先生から「悪く言うと、病院で寝たきりのガリガリのおばあちゃんです。 とにかく、糖質なんて気にせず、食べなさい!そして、太ったら運動して筋肉をつけなさい!筋肉が抵抗力になります!更年期障害のこととか考えちゃダメ!」と言われました。 今は、ご飯も食べています。 パンは控えていますが、食べたい時は、イースト菌不使用を。 甘いものは、楽しみ程度に。 ジャリ豆は、私も大好きです。 しかし、ホットした矢先10月に入ってのある日、唇にピリピリが…。 何度も頷きながら拝見しました。 色々大変でしたね。 私は医師ではないので、「自分だったらこうするかも、家族にだったらこう伝えるかも」といったレベルのコメントになりますことをご了承くださいませ。 まずは唇のピリピリや口角の切れは、私の場合は4~5日治らなければ、同じ口腔外科に通うと思います。 通院することの大きなメリットの1つとして、「大きな別の病気がないか」「カンジタではない別の病気ではないか」なども診てもらえることです。 同じ病院だと経過も把握しやすいです。 私も口腔カンジダの際、医師から「滅多にない」と言われ、ビクビクしていました。 しかし何とか「私も出来るだけ落ち着いて、先生に伝わりやすいように症状を説明しよう」と心掛けていました。 珍しい症例だと、やっかいがられたら嫌なので 苦笑 もし多忙などで通院が難しい場合、3度の食事を摂ると共に、一時的にビタミンB群のサプリメントを摂ってみるのもいいかもしれません。 体験上、スタミナなく痩せていて、体にエネルギーのたくわえが無いままビタミンB群をとっても、元気はあまり出ません。 貴女様が、現在は厳しい糖質制限を止め、ご飯も食べているのは良いことだと私も思います! 痩せているかたが糖質制限をすると、かなり体に負担が掛かります。 私も経験済みで、そのときは震えや不眠があり、信号で小走りするのもきつく、抜け毛まで増えました。 熱心に糖質制限に取り組んだ経験のある方は、頑張り屋さんが多く、「もっと厳しい食事の管理が必要かも?」と細部を追求するあまり、「そもそも、睡眠不足や痩せているのに朝食抜きでは、体が飢餓状態・ピンチ状態になっている!」という全体像を見逃しがちです。 BMIは22の時に最も病気になりにくいと言われています。 これは無理に不健康に太れという無責任なことではなく、「ある程度の脂肪や筋肉のたくわえは、健康維持にどうやら必要みたい。 」というバランス感覚を取り戻す意味を持ちます。 (特に65歳以上では、痩せは健康にとって望ましくないそうです。 私を含め、女性は念のため覚えていきたいですね。 ) 最後に、ストレスについてです。 強いストレスにさらされていると、不定愁訴が出たり、病気が長引いたり、普段悪さをしない菌に負けたりしてしまうことがあります。 ストレスへの対処法として1つ興味深いのが、健康心理学者のケリーマクゴニガルさんの著書です。 「ストレスは健康の害になる」だけではなく、何と「ストレスは体の回復力を高め、人との結びつきを深める」といった効果があるらしいのです。 そちらの恩恵にあやかりたいですね。 日々のストレスや「またカンジタかも?」というストレスを感じながらも、 「あ~、ストレスがたまって、体が私を回復させようと頑張っているんだなぁ。 特に睡眠不足や栄養不足は解消されますよう、どうぞご自愛くださいね。 長文にて失礼いたしました。 追伸:実は私も、体調不良と口角炎の際、医師に「サイトメガロウイルスか何かにかかった後かもしれない。 異型リンパ球の増加が見られたから。 でも減ってきているから大丈夫。 自然と落ち着きますよ。 」のようなことを言われたことがあります。 ちなみに今は採血で異常なしです。 体調不良がもし続く場合は、採血していただき、経過がよくなってきたら安心できると思います。

次の