リクナビ 福岡。 リクルート代理店|リクナビネクストの掲載申込は求人広告代理店yell

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い | リクルートエージェント

リクナビ 福岡

リクナビNEXT(ネクスト)• 掲載期間は2週間か4週間、プランはN5からN1の5種類からお選びいただけます。 また、募集が複数のエリアにまたがる場合、特定エリアのみの場合によって掲載料金が異なります。 募集職種、人数、勤務地、ご予算などをお伺いし、最適な料金プランをご提案させていただきます。 通常企画 全国勤務地での募集が可能な企画です(勤務地は複数選択可)。 最安値はN1プラン2週間掲載の18万円です。 最安値はN1プラン2週間掲載の13万円です。 最安値はN1プラン2週間掲載の12万円です。 DM系企画 基本企画にご参画の上、お申込ください(DM系企画だけのお申し込みはできません)。 【求人告知メール】 「採用要件に合うターゲットに対して、手間をかけずに求人原稿を見せたい!」時におすすめ。 DM名 通数(1ターゲット) 価格 求人告知メール 50通 6万円 100通 10万円 150通 12万円 200通 14万円 300通 16万円 400通 18万円 500通 20万円 1,000通 28万円 2,000通 38万円 3,000通 45万円 【ターゲットDM】 「採用要件に合うターゲットに対して、文面を工夫して口説きたい!」という時におすすめ。 DM名 通数(1ターゲット) 価格 回数券DM 500通 20万円 【ターゲットDM ターゲットパック】 1ターゲットにつき200通を超えるターゲットDMを送信する場合は、追加料金が発生します(上限通数追加 12万円/100通)。 【ターゲットDM用添付画面】 別途制作料が発生します。 【回数券DM】 「年間回数券」利用の求人画面をご掲載いただくお客様のみお申し込みいただけます。 「年間回数券」利用の求人原稿を最低1つ添付する必要があります。 ターゲット数の購入上限はありません。 ターゲット検索、制作規程は「ターゲットDM」と同じです(1ターゲットあたりの通数の追加、再アプローチはできません)。 オプション企画 基本企画にご参画の上、お申し込みください(オプション企画だけのお申し込みはできません)。 ただし、フラッシュなどの制作料は別途発生します。 【フリー画面】 別途制作料が発生します。 【各種企画修正料金】 各種企画の情報修正には、情報修正料金を申し受けます。 なお、掲載職種の変更は行えませんので、その場合は新たに「基本企画」のお申し込みをお願いいたします。 リクナビネクストの掲載・申込は、にお気軽にご相談ください。

次の

リクナビ、内定辞退予測サービス廃止 情報保護法に違反:朝日新聞デジタル

リクナビ 福岡

派遣について 派遣とは、直接派遣される正社員、契約社員、パート、アルバイトとは異なり、派遣会社から、派遣契約を結んでいる企業に派遣され、そこで仕事の指示を受け、実際の仕事をします。 あなたの雇用者は派遣会社になり、仕事の指揮命令等は派遣先が行なうことになります。 紹介予定派遣について 紹介予定派遣とは、派遣期間が終了した後にその会社に採用されることを「予定している」システムです。 あくまで「予定」ですので、派遣期間が終了した時に、派遣先企業、もしくはスタッフのどちらかが望まなければ、採用に至らないケースもあります。 アウトソーシング契約社員について アウトソーシング契約社員とは、リクルートスタッフィングアウトソーシング事業部との直接契約の契約社員となります。 場所は請負先の場合がほとんどですが、仕事上の指揮命令は弊社の社員が行ないます。 紹介予定派遣• アウトソーシング契約社員 派遣期間• 長期 3ヶ月以上• 期間限定 休日• 土日休み• シフト勤務 勤務日数• 週5日勤務• 週4日勤務• 週3日以下勤務 残業時間• 残業なし• 残業20時間未満• 残業20時間以上•

次の

リクナビ、内定辞退予測サービス廃止 情報保護法に違反:朝日新聞デジタル

リクナビ 福岡

19年3月を境に扱いに差が リクナビが内定辞退率を予測して企業に販売していたサービス「リクナビDMPフォロー」は、2018年3月に始まった。 企業から前年の内定辞退者のリストを受け取り、AI(人工知能)で内定辞退率を予測するアルゴリズム(計算式)を作成。 次に企業からその年の志望者のリストを受け取り、志望者のリクナビの閲覧履歴にアルゴリズムを掛け合わせ、内定辞退率を予測していた。 内定辞退率を算出されたのは19年3月以降に約6万3千人、19年2月以前に約1万2千人の合計約7万5千人にのぼった。 今回是正勧告を受けたのは、19年3月以降に算出した約8千人分についてだ。 19年3月以降については、企業から志望者の氏名など「個人情報」そのもののデータを受け取り、それを分析して内定辞退率を予測した。 個人情報保護委は「個人情報を扱っていた」とし、予測にあたって学生の同意を得ていなかった8千人分について法律違反だと指摘した。 リクナビは問題点を認め、この8千人に謝罪メールを送信し、自分が算出対象だったか調べる特設サイトも設けた。 ただ、19年3月以降に内定辞退率を算出された残りの5万4千人分については、同意をとっていたため法律違反には問われていない。 では19年2月以前はどうか。

次の