いちいち癪に障る。 何故かいちいち癇に障る同僚(男性)がいます。

【職場で嫌われる人】何故かいちいち音を立てる人は嫌われる!

いちいち癪に障る

このページの目次• 職場で音を立てる人は嫌われる人になってしまう傾向 日本全国の住宅地や職場で、騒音問題はあらゆる形で発生していますが、騒音は人間が存在する限りつきまとってくるものでしょう。 あらゆる職場では、職場の環境をより良い物にしようと努めていると思いますが、時々空気を破壊してしまうような人が現れます。 それがオフィスなどの仕事場で、いちいち大きな音を立てる人だったりすると、仕事の効率にも悪影響が出てくることがあります。 時々大きな音が出てしまうのは誰でもあることなのですが、それが毎日頻繁に起こり過ぎるのは、確実に嫌われる人になってしまう傾向にあります。 一度嫌われてしまうと、周囲を巻き込んで悪感情が入り乱れることもありますので、できれば穏やかに解決につながって欲しい問題です。 さらにこの問題は他人事ではぜんぜんなくて、自分自身も当事者に鳴ってしまう可能性もあるので、他人事でも真剣に向き合っていきたいでしょう。 自分が音を立てる人で嫌われる人になっていたらどうする? 他人の騒音をつねに気にしている自分が、実はいつの間にか大きな音を出していて、問題視されていることだってありうることです。 人のことをウルサイウルサイと指摘するのに、自分が騒音の発生源と見られてしまっていることわかると、途端に職場でも立場が悪くなってしまいそうです。 自分の出している音はうるさくなんかない、そう頑なに主張しても、周囲の誰かがウルサイと言ってしまえば、独りよがりの思い込みの激しい人なだけです。 ウルサイと指摘されていて嫌われる人になっている情況は、誰にとっても歓迎すべきことではないので、早急に改善したいところです。 何の音を立てることが、うるさいと言われる原因になっているのか、そこから調べ始めることが必要になります。 食事の時のクチャクチャ音、いちいち癪に障るようなため息、やたら大きく声を出すくしゃみ、物を置く時に勢い良く置いてしまう癖。 そういった小さなところに原因があるはずなので、探し出して改善していくことが、嫌われる人から脱却できる方法です。 音を立てる人が職場で嫌われる人になっていた時にどう注意する? 人に注意をするという行動は、いつもおとなしくしている人にとっては、かなり勇気の必要な行動になってきませんか。 音を立てる人にうるさいからやめろと注意をすることによって、逆ギレされて修羅場が始まるなんてことも考えられるからです。 音を立てる人に注意をする時には、感情に任せてギャーギャーと怒り散らすようなことは、返って逆効果になりうることです。 だから注意をする前には、綿密に行動計画を立て、どんな風なことばで説得をするのか、伝える言葉を熟考したほうが良いかもしれません。 自分ひとりだけが悩ましく思っているのではなく、職場の周囲の人も同じように感じているとすれば、仲間と一緒に考えてみて良いことです。 複数のほうがチェック機能がはたらいて気づかないことにも気づきやすくなるし、自分だけ嫌われる人になることを気にせず、注意をするときの心強さが生まれます。 職場で身近に音を立てる人嫌われる人がいる時の音対策 何か問題が起きた場合、一人で迅速に対処をできる人もいれば、全くなにもできずにうろたえて、問題解決出来ない人も珍しくありません。 そんな人はまず10中8〜9割、気になる音を立てる人に対しては、嫌われる人になることを恐れ、注意をしたりといったことができづらいでしょう。 しかも音を立てる人が頭の上がらない、怖い上司だったりすると、尚更うるさいなど指摘するなどもってのほかで、泣き寝入りすることも考えられます。 そんな泣き寝入りをしそうな情況では、うるさい音を聞かないようにすることが一番ですが、何らかの対処法があれば助かります。 一日中、四六時中うるさい同僚が職場にいてどうしようもない時には、ヘッドホンか耳栓ですが、これは上司に可能かどうか判断を仰ぎます。 社風が自由な会社ならば在宅勤務を検討してみたり、上司にかけあって席を移動するなんてことも考えられます。 何かの物を強く置いたりするとき、物音が発生するのであれば、物音が発生しない、音が響かないゴムなどの材質の備品と入れ替えるという手段も有効です。 結局嫌われる人と化した音を立てる人に対する注意は誰かにお任せ ここまでに取り上げたあらゆる対処を試してもだめな場合、あなたならどう問題を解決していきますか。 結局何らかのうるさい音を四六時中立てる同僚に対しては、自分で対処が難しいとすれば、誰かに頼むより他に方法はありません。 中にはあまりにうるさい音が続きすぎて、警察に通報してしまうという話もありますが、それは決して他人事ではありません。 ただ警察沙汰になることによって、関係が悪化したり、自分が嫌われる人になり、居づらくなってしまう逆効果も考えられます。 効果的なのは、職場の全体の問題として取り上げることによって、音を立てる人が危機意識を強く持つことで、自主的な改善につながって行くことです。 その場合には上司や会社側に対して、音を立てる人がいることを正確に伝えることが最優先になってきます。 人に注意が平気でできる同僚や、上司をうまく味方につけて、注意をお願いするということが現実的な方法になるでしょう。

次の

余計な一言が多く、カンに障る友人への対応

いちいち癪に障る

初対面の人から理不尽な扱いを受けたり、嫌みを言われる・軽く扱われることが時々あります。 顔見知りでも話したことがない人に、話す段になって上記のような扱いもあります。 私、何かしましたか?といつも思います。 女性から疎まれやすいのだと思います。 私にだけきつく当たる人、私にだけ嫌みな挨拶の人。 私の何かがいけないとは思いますが、今更他人は指摘してくれませんし、自分ではさっぱり。 仲の良い友人に聞いても分からず。 最近は他人とコミュニケーションをとるのが怖くすらあります。 不惑2人の子持ちなのにお恥ずかしい悩みなんですが。 かんに障る女性、いますか?どんな女性ですか? ユーザーID: 8387958138 私はメイクとかファッションとか、身だしなみやマナーレベルで、あまり頑張りません。 そのせいか外見がキメキメの人からは最初から敵視されます。 こいつとは価値観が違う、と見た目からわかるんですもんね…。 他に、見た目は似た感じだけど敵視してきた人が私の悪口を言っているとこに出くわしたところ、「経歴が気に入らない」とのことでした。 そんなの、今から変えられません。 自分が、いじめたりはしないけど「何だろう、この人…」とひいてしまうのは、まともに挨拶しない、下を向いたり目をそらしたりしたままの人、逆に人をジロジロ見たり挙動不審な人ですね。 あと、少し話してみて「イヤ」とか「でも」「だって」とか、こっちの言うことを全部否定から入る人も、ひきます。 否定ばかりの人って、努力しておつきあいしても、やっぱり楽しくないことが多いので。 ユーザーID: 2771368862• う〜ん 人と付き合うのがとても下手で後悔ばかりの私です。 人と楽しい会話が続かない…。 役員や長にばかり推薦される。 怖い、偉そうとか思われるのでしょう。 私だけに冷たく当たられる事、はじめてあった人からいじめられた事もあります。 でも このままの私を受け入れてくれる人もたくさんいます。 私は結構、おおらかで、控えめで、自己犠牲にだと思っています。 でも自分が思う以上にせっかちだったり、言葉がストレートなのかもしれません。 また、間が悪いのかも…。 私は中年ですが人付き合いは悩みの種。 でも、日々反省しながら、自分自身は苦手そうな人とも付き合えるよう気を配ろうと思っています。 主さんも多分自分が思っているより 何か癖があるのかもしれません。 自分が浮いたら、とりあえず黙って、他の人の様子を観察する。 自分の行動を思い返すなどをして、自己観察を持つようにされてはいかがでしょう。 自分が…?と思う方なので、きっと優しく他人思いな方なのでしょう。 仕事などでは、相手に失礼に無いようには勤め、私生活は自分の居場所(できれば仕事外の人)を作れるといいと思います。 ユーザーID: 7845713464• 男性の前では、か弱い女性ぶる人 というコメントにはっとさせられました。 まさに私はそうです。 ニコニコして大人しく、先輩や上司には全面的に従います。 しかし 初対面の人 特に女性)にも1人だけ睨まれたり、意地悪をされることがよくあります。 男性は、なぜか可愛いとよくお誘いを受けてしまいます…泣 希望してはおりません。 優しそうに見えるからだと思います) でも、内情は 人並みにたくさんたくさん苦労しているし、決して何もせず幸せを手に入れているわけではありません…。 どうしたら意地悪な方にいじめられなくなるか、わかる方がいたら教えてください。 できることならなんでもしようと思います。 ユーザーID: 1103407416• 私がそういうタイプらしいです。 しょっぱなから女性に反感を持たれることが多い私。 友人は少ないです。 第三者からの評価は、 おとなしい、か細くか弱そうなイメージ(あくまでイメージ)。 色白で清楚で可愛らしい雰囲気、淡いピンクや生成りが似合う。 まとめて言えばぶりっ子タイプ。 これだけ揃って、ただ居るだけで「あの子、なんかキラ〜イ」と言われることが多いです。 似てると言われる芸能人も、女性受けがイマイチな人ばかりです。 おまけに鈍臭くて気が利かないので、女性でなくてもイライラされること多し。 嫌われないように無理して違うキャラを演じようとした時期もありましたが、所詮無理で不自然。 多分歯傍目にはイタイ。 好かれようと思ううちは駄目。 これが自分のキャラだ!勝手に嫌ってくれ!と開き直ろうと思うこの頃です。 ユーザーID: 2624056743• トピ主です 皆様様々なご意見ありがとうございます。 引き続きお願いします。 皆様が仰るような自慢話し、挙動不審であったり挨拶をしなかったりなど自分で言うのはなんですが、そういうことはないと思います。 挨拶は目を見て笑顔でハッキリと。 でもでもだって、他人を否定もしませんし。 会話で気をつけていることは色々あります。 見た目は多少オシャレに気を使っています。 お世辞にでも誉めていただける極普通の容姿です。 他人より優れていることは腕相撲は負け知らず、大食漢なことくらいですし。 ただ最近思うのは、我が家は転勤族で地方都市 濃い文化な地域性 を転々とし、常に新参者、余所者ですから、それが原因のひとつではと。 勿論馴染もうとしています。 どの土地も大好きでした。 今も一生ここに、と思うくらいです。 何となく浮いているのでは?私にはわからないローカルルールや些細なギャップがイラっとくる、鼻につく? 私の職場はザ・地元密着な所です。 毎回そうです。 夫の転勤がある度に辞職しますが。 ユーザーID: 8387958138• >腕相撲は負け知らず、大食漢なことくらい いいじゃないですか、上等ですよ。 大体、他人に「こうしろ」とは言えないし変えるのも無理。 人からの評価なんか気にせず、他人は他人と流す事です。 私がカンに触る人は失言が多い人ですね。 中途採用の子なんですが、上下関係や仁義の大切さを教えて貰った事がないようで、油断していると失言しています。 同じレベルに見られたくないので、彼女と必要以外は極力接しません。 自分で豪快キャラのつもりみたいですが、無知に見えてるだけです。 主さんの悩みは、軽く見られる事の様ですが、こちらから距離をあければいいですよ。 失礼な人に近付くからそういう目に遭うんです。 私は彼女が「皆さんで〜」と回してくるお菓子を「あ、有難う。 私はいいわ」と断って空気を察して貰いました。 特にイジワルしているのではないですからいいですよね? ユーザーID: 7326952091• 理由なんてありませんよ。 軽く見られる、そうなんですね、やはり。 失礼な対応をされたらその場はまるで気にしない風を装います。 理不尽さに開いた口が塞がらないし、嫌味に驚きますが。 そうくるんだ凄いな〜 意地悪を堂々と言えることが不思議 とも思います。 私なら恥ずかしくてしません。 しようとも思いません。 勿論進んで近づかないです。 挨拶程度です。 職場では関わりがない方がわざわざ私が一人になった時に因縁めいた言いがかりをつけてきたり、有り得ない指示を出してきます。 彼女は立場は私より上ですが、私に指示する必要は全くなく、権限もありません。 職務に関係のない私の立ち居振る舞いを難癖つけたりもする幼稚な方です。 職場でも常に新参者ですから、従うしかない場合も多いです。 ユーザーID: 8387958138• 田舎の情報網はすごいから… 今は都会住まいだけど、田舎出身です。 全然住んでもいない場所を知人と歩いていたら 立派な家の前で「ここは借家だから」と見下したように言われて衝撃でした。 ていうか、借家かどうかなんて、なんで知ってるの?! いま住んでいるのは借家でも、たとえば東京にも家があるとか、本社に戻れば偉い人候補、なんてことは、田舎の人には関係がないようです。 同年代の人だったら「この人は同級生のお兄さんの結婚した相手の義理の姉の…」とか相関図までできあがってたり。 世帯の年収とかまで知られてて妬まれてるとか、逆に情報網にいない存在だから煙たがられてるとか、はあるかもしれません。 自分に縁のない生活をしている人を受け付けないって狭量な人もいますしね。 まあ、トピ主さんの場合は、いつか抜けられる関係だから、あまり重く考えずに、良いお付き合いができる人との縁だけ大事にしていかれたらよいのでは。 ユーザーID: 2771368862• 周囲とは違う。 目立つ。 癇に障るというよりも周囲とは違う雰囲気があるので目立つということだと思います。 地方出身者で特別美人でもないですが、雰囲気が違う。 といわれ中学時代はターゲットにされたこともありました。 田舎では都会の雰囲気がする。 転勤族だから地元の言葉を話さないし限りなく標準語に近く丁寧なモノの言い方。 学校の先生や大人・年上の先輩には非常に受けがよかったです。 でも一部の女子には「気取っている。 」って 言われました。 まあそんなものです。 先の方もおっしゃっていますがいつも幸せそうで人畜無害。 と妬みも含まれていると思いますね。 別に周囲に迷惑かけている訳でもないし堂々としていればいいんです。 私は一人でも平気。 という強いオーラを持っていればそんな輩退散しますよ。 気をしっかり持って下さい。 負けないで! ユーザーID: 7883498484• 本当に目を見てはいませんか たぶん、私はがまんしてあげてるのという上から目線が滲み出ているのだと思います。 言葉の選び方、行動等々で。 それで、オシャレもしてると自負してるということは服装は派手目?大食漢ということは、ちょっとぽっちゃりさん? あの人、新人で立場下のくせに、エラそうにしゃべるし、スタイルよくない割に派手な服着て何?みたいな感じになっちゃうのかも。 新しい場所に行ったとき、ある程度おとなしくしたり、まわりにあわせるのはしばらくは必要だと思うのですが。 職場で新参者ということは教わることも山ほどあるのだから。 私はレス読んだだけで今一つつきあいたくないな〜と思いました。 なんだか「リーダーの器じゃないのに仕切りたがり」みたいな人っぽくて。 ユーザーID: 6583322996• 「いずれいなくなる人」 40歳代後半の既婚者で共働きです。 田舎で夫の両親と同居しています。 私の場合を。 とか勝手な人物像が独り歩きします。 冠婚葬祭でメイク ナチュラルカラーです してれば「派手好み」、 反対に 肌が弱いので 外出時にノーメイクだと「羞恥心がない」、 デニムでバイク通勤してると「いい歳して不良の真似」とか周りからチラホラ聞こえてきます。 白やグレー以外の色の車に乗っている夫は秘かに暴走族扱いされてるし。 意味判らん 真面目に仕事して家事も頑張ってるんですけどね〜。 狭くて窮屈な田舎の人間関係にも染まらず堂々としている他所者は理由もなく嫌いますね。 自分たちの価値観の根底が揺らぎかねない人物の存在が脅威なんだと思います。 私は義親と同居しているのでトピ主さん程あからさまには言われませんが 何処まで地元に馴染むかはトピ主さんの良心にまかせれば良いと思います。 ユーザーID: 4487389854• トピ主です 同じ部門ではありませんが同じフロアの構ってちゃん 30代 が非常に癇に障ります。 人の顔を見る度『ああ〜、いったーい。 』とか『ふうぅ…重ぉぉい。 』とか言います。 皆差こそあれ、しんどい思いしてるんですけど彼女はどうもそうは思わない様子。 重い荷物にたった一人立ち向かう健気なヒロインを演じています。 一番いやなのは、大丈夫?とか言って反応してやらないとじーっとこちらの反応を期待して見つめられる事です。 無視するのは冷たいでしょうか?こっちも好きで無視してる訳じゃないんです。 自分の身の上を一方的に話す彼女に仕事の時間をとられたくないんですよ。 運ぶ姿勢もクネクネ、猫の背伸びの様な格好で思い台車を運びます。 ううぅぅ・・・うんとか言いながら。 ちょっと!仕事は黙ってぴしっとやってくれない?ってすれ違うたびに思います。 仕事ぶりはご想像通りの、構ってちゃんです。 ユーザーID: 0122879664• そうですね 私も転勤族の妻で、地域色の濃いところによく行きます。 結婚前からある特定のタイプから嫌われます。 みなさんもおっしゃっていますが、私も大人しそうで生まれてから一度も、お金に苦労したことがなさそう、育ちのいい人って言われます。 小学生の頃から、目の仇にする女子とえこ贔屓する異性や年配の人、ステータスかのようにわざと近づく人に囲まれていました。 いろいろ考えましたが、おそらくお互いコンプレックスを刺激しちゃうんだと思います。 トピ主さんは、ご主人が公務員もしくは大企業の社員。 もしくは、ご自身が都会の出身か高学歴だったりしませんか? 上記に当てはまるのでしたら、おそらく生きる場所が合わないんじゃないかと思います。 私も様々な人と、接してきましたが、その場所に合わないってことは確実に存在すると思います。 私のカンに障る女性は、井戸端会議が好きな地方の短大卒(高卒や専門卒ではない)で、なぜかA型に多く。 貧乏自慢をし、気が強くかかあ天下で、すぐに泣く(自分の主張が通らなくて、悔しいからであって、決して謝罪の気持ちはない)人工的なやや美人が、ほとんどです。 ユーザーID: 2886150011• 私の場合は・・・ 二度目です。 私は見た目の雰囲気で、大人しくか弱く、いかにも女の子っぽく見られます。 そういう私は、ショートカットでスカートを滅多に履かないような自称「男っぽい性格」の女性に嫌われます。 後日仲良くなった人もいますが、初対面では必ず言っていいほど敵意を持たれます。 そんな私のカンに障る女性は、 要領良くて調子も良くて、保身や自己アピールのためなら簡単に人を陥れて、シレッとしている人。 人に意地悪をして反応を楽しむ人。 こういう人の目つきや表情がイヤ。 何でもそつなくできる人で、周囲の人を見下しているのが言動の端々に見える人。 余談ですが、私は見た目や話し方の雰囲気で、怒ったりしないように見られますが、私だって人の子。 怒ったり嫌いなタイプの人はいます。 でもそれを口にするとギャップが激しいらしく、周りは驚いて引きます。 大人しそうなのに、実は結構悪人?と。 他の人のほうが私より凄いこと酷いこと沢山言ってるのになあ〜。 ユーザーID: 2624056743• とくめいさんのご意見に賛成です。 西日本の微妙な都市近郊に育ち、大学は四国某県の県庁所在地 就職で東京23区内、転職して中部地方の県庁所在地に準じる市に住み 色々な経験をしました。 とくめいさんのご意見に賛成です。 批判を承知で書かせてもらうと 田舎であるほど「自分たちと違う」人を疎外したり、悪く言いますよね。 きっと彼女らの田舎根性(ごめんなさい)を 都会風に見えるトピ主さんが刺激するんですよ。 でも自分は周りのジモティーの目があるから、横並びにせざるを得ない。 あの女(トピ主さんの事)は都会者だからって そういう目を気にせずに好きにしている。 (別にそう言う風にふるまっているわけではないのでしょうが) 許せない!ムカー!って感じですよ。 私も経験したのでわかります。 もう無視するしかないですよね。 あとは居住区をジモティーの多い場所にしないで できるだけ新興住宅地や駅近などのよそもんが多い場所にして 職場もそういう転勤族の奥さんが多そうな所を狙って 接触しないようにするくらいでしょうか。 トピ主さんには非はほとんどないと思います。 ユーザーID: 3049161972.

次の

[B! 増田] twitterのフォロワーで、発言がいちいち癪に障る人がいる

いちいち癪に障る

何気ない行動や言動だったのに相手にものすごくキレられてしまった・・・。 このような経験はないでしょうか。 このようなシチュエーションではあなたがそのつもりがなくても相手の癇に障ってしまったということになります。 逆に、相手から言われたくないことを言われるとかなり頭にきたという事もあるかと思います。 この場合は、相手があなたの癇に障るような言動をしてきたといえます。 このように、人間関係を悪くしないためには、お互いが相手を思いやり、言動や行動に配慮しないといけません。 そこで、今回は癇に障る人にありがちな特徴と心理と、もし身近に癇に障る人がいるときにはどのように対処していけばいいのかについてご紹介していきます。 癇に障る人の意味とは 癪に障る人とは、腹が立つことや気に障るようなことを言ってくる人のことを指します。 『癪』という言葉には、腹や胸などに発作性の痛みを引き起こす病気のことを表す意味があります。 ですので、癪に障るという言葉は腹や胸のあたりに不快感や嫌悪感があるという意味が転じて、『腹が立つ』とか『むしゃくしゃする』というような意味で使われています。 たとえば、相手にいちいち突っかかるような言い方をされたときに『あの人の言い方は癪に障る』というような形で使います。 このように、癪に障るような言い方をしてくる人は、上から目線だったり態度が大きかったりと、こちらが不愉快に思うような言い方や態度で接してくる場合が非常に多いです。 癇に障る人の特徴と心理 癇に障る人の特徴と心理は以下の通りです。 ・自己顕示欲が強い ・とにかくしつこい ・どうでもいいことを鬼の首を取ったように指摘する ・言い方がきつい ・デリカシーがない ・話していて疲れるくらい通じない ・場の空気を乱すほど空気が読めない ・上から目線で説教くさい ・すぐに人のせいにする ・失敗を認めないで謝ろうとしない ・いつも余計な一言が多い ・陰口をいったり悪口をいったりする ・平気で嘘をつく ・オドオドしている 癇に障る人の特徴と心理:自己顕示欲が強い 相手に対して癪に障るような態度を取る人はプライドが高くて自己顕示欲が強い人が多いです。 このようなタイプの人は、常に態度がデカくて自分が一番えらいとか優位な立場だというように考えている可能性があります。 ですので、相手に対してはいつも上から目線で発言をしたり、自分はできて相手ができないようなことがありますと、バカにしたりする傾向があります。 たとえば、 誰かに仕事を頼む際にも『オレは忙しいから、これをやっておいてくれ』というような言い方をします。 このように、態度がデカくてプライドが高い人は、いちいち癪に障るようなことを言ってきますので周囲の人からはあまり関わりたくない人と思われてしまうことが多いです。 癇に障る人の特徴と心理:とにかくしつこい 癪に障る人は、自分の都合のいいように話が進んだり、自分が納得いくような結果を得たりするまではしつこく付きまとって来る傾向があります。 また、相手がミスをした時などには、くどいくらいに注意してきたり説教話をこれでもかとクドクド引き伸ばしたりすることも多いです。 たとえば、同僚が交際していることが癪に障る人の耳に入りますと、交際の真偽や相手の特定など自分が知りたい情報は、同僚が答えるまでしつこく質問をし続けてきます。 さらに、はっきりとした返事をしないと、同僚のことをバカにするような挑発的な発言をしてくることもあります。 このように、癇に障る人は自分勝手な理由で相手のことをしつこく詮索してきますので、周囲の人から敬遠されてしまいがちです。 癇に障る人の特徴と心理:どうでもいいことを鬼の首を取ったように指摘する 結果に影響がないようなどうでもいいことでも、癪に障る人は細かく指摘してくることが多いです。 また、そのような際には鬼の首を取ったかのように大げさに指摘をすることで、こちらのミスを周囲の人にも認知させようとします。 たとえば、チョットしてミスなのに、周囲で仕事をしている人達が全員集まっているところで、怒鳴り散らして説教したりします。 このような相手の小さいミスを大げさに指摘して揚げ足をとるような行為をする人は、こちらのことをバカにしていたり自分が目立ちたいという願望を持ち合わせていたりといった心理的な背景が隠れていることが多いです。 そして、鬼の首を取ったかのような行為は、癪に障る人がライバル視している人や普段から気に食わないと思っている人に向けられることが多いです。 このように、癪に障る人はいつもライバルなどの特定の相手に対して粗探しをしていて、蹴落とすタイミングを狙っている傾向があります。 癇に障る人の特徴と心理:言い方がきつい 相手に対する言い方がいつもきついのは、癪に障る人によく見られる特徴のひとつです。 なぜならば、言い方がきつい人は話し口調も強かったり話す速度も早かったりして、相手に威圧感を感じさせることが多いからです。 また、話す内容も相手に配慮しないようなストレートな言い方をしますので、相手が傷ついたり相手の癪に障ったりすることは非常に多いです。 たとえば、仕事が遅い同僚に対して『なんでこんなこともすぐにできないの?』とか『あんたは用無しだから、もう帰っていいから。 』というようなきつい言い方をしてしまうことは癪に障る人にはよくある話です。 さらに、『君がもう少し仕事が早かったらとっくに終わってるんだよ!』というような嫌味ったらしい言い方をすることも癪に障る人の言い方の特徴のひとつです。 癇に障る人の特徴と心理:デリカシーがない 癪に障る人は、基本的に相手のことを考える行動や発言をすることが苦手です。 ですので、相手に対するデリカシーがなくて自分の思ったことや言いたいことは、考えるより先に口に出てしまう傾向が非常に強いです。 たとえば、友人がダイエットを頑張っていることを知りながらも、目に見えた結果が得られていない時などには、『ねぇねぇ、どうしたの?その体系!もしかしてダイエットやめちゃった?』とか『あのダイエット器具を買ってたけど使ってるの?』というように、非常にデリカシーがない発言をしてしまいます。 すると、相手は当然ですが嫌な思いをするとともに、実際に痩せてないといった結果を周りからストレートな評価として聞いてしまったことでショックを受けて、そのまま落ち込んでしまったりするでしょう。 癇に障る人の特徴と心理:話していて疲れるくらい通じない こちらの話が全く通じないような人は、話していても疲れてしまいますし、一度、丁寧に説明したことなのに何度も同じ質問をされたりすると、なんでこんなに説明してもわからないのかと癪に障ることもあるでしょう。 このような話が通じないような人は、ほかの事柄に気持ちが行っていて、こちらの話を聞いていない場合が非常に多いです。 また、自分の言いたいことだけを主張しているような人も、こちらの話を聞く気がありませんので、会話が成り立たないことが多いです。 このように、何度話をしても相手に内容を理解してもらえなかったり、同じ質問を繰り返されたりしますと、ストレスが溜まってイライラすると共におちょくられているような気分になってしまう人も多いでしょう。 癇に障る人の特徴と心理:場の空気を乱すほど空気が読めない その場の空気を乱すような発言や行動を平気でしてしまう人を見ますと、癪に障ってしまう人も多いのではないでしょうか。 たとえば、街中で芸能人を見かけた際にみんなが順番に握手をするときに手持ちのものへのサインを1人が1つだけしか求めていない場面で、空気が読めない人は握手をした上に、バッグやスマホケースなど友人にもあげるからと言って、ありとあらゆるものにサインを求めたりします。 このような行為は、周りの空気を読んでいるほかのファンや、芸能人本人にも迷惑になりますし、困らせてしまう行為になってしまいます。 また、このような場面をみた周囲の人やファンは『周りの迷惑を考えなくて無神経だ』とか『あまりにも図々しくて癪に障る』と思ってしまうでしょう。 癇に障る人の特徴と心理:上から目線で説教くさい 癪に障る人は、話し方がいちいち上から目線で説教くさい傾向があります。 そして、特にアドバイスをしたり注意をしたりする際には、普段以上に相手のことを下に見る偉そうな話ぶりになることが多いです。 たとえば、仕事の連絡が遅れたことを部下に指導している際にも、上から目線で物事を話すような人は『これだから今の若者は甘やかされすぎなんだよ』とか『やっぱり、ゆとりの代表だな』というように、注意ではなく腹の立つような言い方をします。 また、その言い方も非常に癪に障る言い方をすることが多くて自分が全て正しくて相手のことを常識はずれだというような言い方をすることも多いです。 このように、癪に障る人は上から目線で自分の考えを主張する傾向が非常に強いです。 癇に障る人の特徴と心理:すぐに人のせいにする 自分が悪くないにもかかわらず、人から責任を押し付けられたり責任転嫁されたりしますと、誰でも気分が悪くなるでしょう。 癪に障る人は、このように自分の責任をすぐに人のせいにするような、相手のことを不愉快にさせる行為を平気でしてしまう傾向があります。 ですので、たとえば自分が仕事でミスをしてしまった際にも、人のせいにする人は『きちんと仕事をしていましたよ!ミスに気づかなかった係が悪いんですよ。 』というような主張をします。 また、時には上司にお願いされていた仕事の存在を忘れていて怒られた際などには部下や後輩のように逆らうことができない立場の人に責任を押し付けることもあります。 このような自分勝手な行為をされますと、どんなに温厚な人であったとしても癪に障ることは、まず間違いないでしょう。 癇に障る人の特徴と心理:失敗を認めないで謝ろうとしない 自分が引き起こした問題が原因で、周りの人に迷惑をかけたり他人の仕事を増やしてしまったりしても謝ろうとしない人に対しては、周囲の人の多くが癪に障ると感じてしまうでしょう。 また、自分の失敗を認めようとはしないで誤魔化したり他人に失敗をなすりつけようとしたりする人も、他の人からは腹が立つと思われてしまいがちです。 このように、素直に自分のミスを認めることができないような人の行為は、周りの人に嫌悪感を与えることになってしまいます。 ですので、たとえ失敗が全て自分の責任ではなかったとしても、自分が関わった部分がありましたら、まずは失敗を認めて迷惑をかけた人に謝罪することが社会人としての礼儀と言えるでしょう。 癇に障る人の特徴と心理:いつも余計な一言が多い 何を話す時にも、言わない方がよい余計な一言を言ってしまう人が、身近にいるという人も多いのではないでしょうか。 このように、必要なことだけを話したらよいのに、いつも余計な一言が多い人は言うべきことにプラスして嫌味や皮肉を付け加えてしまうので、話し相手から癪に障る人だと思われてしまいがちです。 たとえば、誕生日に友人からアクセサリーをもらった際に、癪に障る人は『あまり好みではないけれど、ありがとう』『他の人からは、もっと高級の物もらったんだけど、とりあえずもらっておくね。 ありがとう。 』というように、感謝の気持ちが感じられないような余計な一言を付け加えてしまいます。 このようなことを言われますと、友人は当然ですが『好みでないなら返して』とか『趣味が悪いと言われているようだ』と思ってしまうでしょう。 癇に障る人の特徴と心理:陰口をいったり悪口をいったりする あまりにも悪口を言ったり、相手の見ていないところで陰口を言ったりするような行為が目立つ人は、周囲の人から癪に障ると思われることが多いでしょう。 と言いますのも、陰口や悪口を言う人は少なからず周りにいるものですが、時には誰に対しても陰口をいいながら調子を合わせる八方美人な人もいます。 たとえば、同僚と一緒に上司の悪口を言っていたにもかかわらず、上司には同僚が言っていた悪口だけを告げ口するような人は上司から気に入られるために、わざと同僚から上司の悪口を聞き出していると考えられます。 このように、自分が目上の人から気に入られるために同僚のことを陥れようとするような悪口を言う行為は、周りの誰からの信頼も無くしますし相手の癪にも障る行為でしょう。 癇に障る人の特徴と心理:平気で嘘をつく 癪に障る人は、後ろめたさなどはなく相手が困るような嘘を平気でつく傾向が非常に強いです。 このような相手に平気で嘘をつくという行為は、その嘘に騙された人のことをバカにする行為だとも言えます。 ですので、悪びれる様子もなく平気で嘘をつかれた人からしますと、当然イライラするでしょうし癪にも障るでしょう。 また、相手のことを考えない人がつく嘘は、たとえば、偽りのスケジュールを教えたり待ち合わせ場所を偽ったりするような、相手の仕事やプライベートに支障をきたすほどの、非常に迷惑な嘘である傾向があります。 このような嘘に騙されてしまうと腹が立つだけではなく予定が狂ったり、仕事が遅れてしまったりという迷惑を被ることにもなりかねません。 癇に障る人の特徴と心理:オドオドしている いつもオドオドしている人は、周りの人から癪に障ると思われてしまいがちです。 なぜならば、オドオドしている人は、はっきりと自分の意見を言ったり考えを主張したりすることができなくて、いつも誰かの陰に隠れているような性格をしている場合が多いからです。 ですので、たとえば仕事でミスをした際などにもオドオドした人は、すぐに原因を話したり謝罪したりすることができなくて呆然としていることが多いです。 さらに、オドオドした人は誰かの陰に隠れてミスの原因を代弁してもらうような行為をしてしまうことも少なくありません。 そうしますと、ミスをした本人からの報告やミスの原因の説明を求めている上司は、このようなオドオドした態度に腹立たしさを覚えるでしょう。 癇に障る人の対処法と接し方 癇に障る人の対処法と接し方は以下の通りです。 ・必要最小限の会話にとどめる ・張り合わず同じ土俵にたたない ・相手のいいところを見つける ・指摘してくれたとプラスとして受け止め感謝する ・自分の味方になってくれる人を探す 癇に障る人の対処法と接し方:必要最小限の会話にとどめる 話していて癪に障ることが多いと感じる人とは、会話を必要最小限にとどめることをおすすめします。 と言いますのも、いちいち人の揚げ足をとったりデリカシーがないことを言ったりするような癪に障る人と一緒にいますと、こちらがイライラしてストレスを溜めてしまうことになります。 ですので、このような一緒にいて腹立たしさを感じる人とは、ある程度の距離感を保って適度に接するようにすると良いです。 そうしますと、相手が癪に障るようなことを言ってくる前に、会話を終わらせることができます。 また、たとえ癪に障ることを言われたとしても、会話を必要最小限にとどめることで、軽く聞き流すことができるようになります。 癇に障る人の対処法と接し方:張り合わず同じ土俵にたたない 癪に障る人と同じ土俵に立ってしまいますと、自分も他人のことを傷つける行動や発言をしてしまいますので、周囲の人からはこちらも同じ穴のムジナだと思われてしまいます。 また、相手から腹の立つことを言われたからと言って張り合ったり、同じ土俵に立ったりしますと、お互いに悪口の言い合いになったり揚げ足を取り合ったりすることになってしまい、誰かに仲介に入ってもらわないと収集がつかない状態になってしまいます。 ですので、癪に障ることを言ってくるような人にはこちらからはあまり話しかけたり近づいたりしないようにして極力、接する機会を減らしますとイライラしてストレスを溜めることもなくなるでしょう。 さらに、相手を腹立たせるような行為を仕返すことはしないで、自分とは少し考え方が違う人なのだと割り切ってしまうと良いです。 癇に障る人の対処法と接し方:相手のいいところを見つける 相手がたとえ癪に障るようなことを言ってくるような人でも、周りから認められるべき良いところは必ずあるはずです。 ですので、癪に障る人と上手に接していきたいと考えましたら相手の良いところを見つける努力をすると良いでしょう。 たとえば、職場の同僚や同じクラスの同級生などに癪に障る人がいましたら、なかなか関わらないようにすることは難しいです。 そこで、癪に障ることをしてくるという短所だけに目を向けるのではなく『仕事ができる』とか『スポーツ万能』というように、なんでも良いですので相手の長所も探してしまいましょう。 そうしますと、自分のことをしっかり見てくれる相手には癪に障る人も嫌がる行為をしなくなるかもしれません。 癇に障る人の対処法と接し方:指摘してくれたとプラスとして受け止め感謝する 癪に障る人は、きつい言い方をしてきたりデリカシーのないことを言ってきたりすることがあります。 ですが、癪に障る人は決して相手のことを悪く言おうとしているわけではなくオブラートに包まないで素直な意見を言っているだけの場合も多いです。 つまり、癪に障るような言い方をしてくる人の言うことは、もしかしたら周囲が気を使って自分にはっきりと言えないことを言っているのかもしれません。 ですので、癪に障る人から言われたことを、周りが言いにくいことをはっきりと指摘してくれたのだとプラスに考えることができる心の広さを持てましたらイライラすることもなくなるでしょうし、むしろ指摘してくれたことに感謝をすることになるかもしれません。 癇に障る人の対処法と接し方:自分の味方になってくれる人を探す 癪に障る人は、自分の敵対する人に対しては非常に当たりが強くて相手が迷惑する行為をしたり嘘をついたりすることも多いです。 ですので、相手からライバル視されたり敵視されたりしていることが原因で、癪に障る行動や発言を執拗にされていると感じましたら、自分の味方になってくれる人を探すと良いでしょう。 たとえば、職場でいつも営業成績を争っている同僚が、しつこく付きまとってきたりわざと嘘のスケジュールを伝えてきたりしますと、仕事にも支障が出てしまうでしょう。 そこで、職場内で自分の味方になってくれる信頼できる友人ができますと、癪に障る人も付きまとったり平気で嘘をついたりすることができなくなると考えられます。

次の