あなた の 天気 防災 nhk。 NHKニュース・防災アプリの設定と使い方!無料で災害情報を見るには?

NHKニュース・防災情報をパソコン(PC)で見る方法

あなた の 天気 防災 nhk

もくじ• nhk. 公式サイトは検索エンジンで『NHK あなたの天気 防災』と検索するか、以下のリンクをクリックすれば簡単に開くことができます。 便利に使うための初期設定 サイトが開いたら初期設定をするために、画面右上の『地域設定』をクリックします。 地域を設定するために『郵便番号から探す』をクリックします。 登録したい地域の郵便番号を入力して『虫眼鏡』ボタンをクリックします。 検索結果に表示された地域をクリックします。 『設定する』ボタンが表示されるのでクリックします。 「追加しますか?」というメッセージボックスが表示されるので『はい』をクリックすれば登録完了です。 登録が完了したら画面左上の『あなたの天気・防災』をクリックしてトップページに戻ります。 トップページに戻ると、登録した地域専用の天気予報や防災情報を確認できるページに変わっていることを確認できます。 防災情報の見方 防災情報を見るには、トップ画面中央右側の『防災・減災情報』をクリックします。 登録した地域に警報・注意報・避難情報などがある場合は一覧に表示されるのでクリックします。 詳細を確認することができます。 登録した地域以外の防災情報を見たい場合は、画面左上の『全国』をクリックすることにより地域を切り替えることができます。 また、地震や台風に絞って情報を見たい場合は、画面上部のメニューをクリックすれば見ることができます。 天気予報の見方 トップ画面中央左の『天気予報』をクリックすれば、 時間ごとの予報・10日間予報・NHK「気象情報」の動画を見れます。 『現在のようす』をクリックすれば 気温・降水量・風向き・風速・データマップを見ることができます。 nhk. 公式サイトは検索エンジンで「 NHK NEWS WEB」と検索するか、以下のリンクをクリックすれば簡単に開くことができます。 NHK NEWS WEBは初期設定などは特に必要ないので、簡単に見方を紹介していきます。 NHK NEWS WEBが開くと画面上部でジャンルを選択できるようになっています。 画面右側を下にスクロールするとアクセスランキングがあります。 24時間で多く読まれている記事のランキングなので、みんなの関心のあるニュースがすぐに分かります。 まとめ 今回はNHKニュース・防災情報をパソコンで見る方法として、「NHK あなたの天気・防災」、「NHK NEWS WEB」の2つのサイトを紹介してきました。 どちらのサイトも直観的に分かりやすい作りになっています。 動作環境については特に明記されていませんが、Google Chrome、Firefox、Internet Explorerの最新版で見ることができましたので、有名どころのブラウザならほぼ見れると思います。 また、スマホアプリ版のインストール方法を以下の記事で紹介していますので、是非ご覧ください。

次の

News Up “災害列島ニッポン” ~あなたの備え 見直してみませんか?~

あなた の 天気 防災 nhk

もくじ• NHKニュース・防災アプリのダウンロード・インストールと初回起動 まずはアプリをダウンロードしてインストールします。 アプリは、 以下のボタンをタップして開いたサイトからダウンロードできます。 インストールが完了するとホーム画面にこの画像のようなアイコンが作成されるので、タップしてアプリを起動します。 起動するとプッシュ通知を許可するか聞かれるので『許可』をタップします。 後から設定で変更することもできます。 ) 利用規約が表示されるので『同意して続行』をタップします。 初回起動時に限り 、アプリの説明が表示されます。 画面右側の『>(進む)』をタップして3ページ目まで進めます。 3ページ目で『アプリを使う』をタップします。 さらに『地域ニュースの設定をする』をタップします。 ) ニュースに関する地域が設定されます。 地域の設定1画面が開きます。 この画面で設定した地域の災害情報、天気予報、避難情報などを簡単に表示できるようになります。 地名から選択して登録することもできますが、現在位置を取得したほうが簡単ですので、今回は『現在位置を取得』をタップします。 位置情報を利用するか聞かれる場合は『常に許可』をタップしてください。 ) 地域の設定1に登録されます。 地域の設定1~3の最大3箇所を登録することが可能です。 プッシュ通知の設定画面では、 プッシュ通知を受け取りたい項目を設定できます。 初期状態では『位置情報にもとづく通知』以外は全て オン(緑色)になっているので、通知が不要な項目はタップで オフ(白色)に変更します。 NHK ニュース・防災アプリの使い方 続いて各機能の使い方を紹介していきます。 台風情報の見方 台風情報を見るには、画面右下の 災害情報をタップします。 災害情報の画面が開いたら、画面上部の 「現在位置」や「津波」と書いてある部分を 右から左にスワイプ(スクロール)します。 画面上部を左にスワイプすると 台風というボタンが表示されるのでタップします。 開いた画面で予想進路などの台風情報をいろいろ確認できますので操作方法を簡単に解説していきます。 予想進路をタップすると予想進路を確認できます。 5日先予報をタップすると5日先予報を確認することができます。 さらに データマップ で見るをタップします。 この画像のようなデータマップ画面に切り替わります。 画面右側の 雨雲ボタンなどをタップして他のデータを参照することができます。 画面下の 台風概況をタップすると台風の概況が表示されます。 また、画面左下の 表示切替をタップすると切り替えのためのメニューが表示されます。 下の画像のようなメニューが開きます。 台風ニュース特設ページが追加されることも 台風が日本に接近してくると、台風ニュース専用の特設ページが追加されることがあります。 特設ページを開くには、まず画面左下の ニュースをタップします。 さらに ニュース特設台風情報をタップします。 特設ページの中に テレビ放送配信中という項目がある場合はタップするとNHK(地上波テレビ)の台風関連ニュースを動画で見れます。 特設ページを少し下にスクロールして 続きを読むをタップすると、台風関連のかなり詳しいニュースを読むことができます。 ライブ動画が配信されることも 台風が接近している場合、ライブ動画が配信されることもあります。 ライブ動画は画面右下の ライブをタップすれば見れます。 ライブ動画がある場合は、この画像のように動画が掲載されていますので、 再生ボタンをタップすれば動画を視聴できます。 天気予報の見方 天気予報を見るには画面下の 天気予報をタップします。 開いた画面で週間天気などのデータを見れます。 さらに マップで見るをタップします。 雨雲データマップ画面が開きます。 表示切替をタップすればメッシュ気温など様々なデータマップを確認できます。 暑さ指数予報の見方(熱中症予防) 熱中症予防のための 暑さ指数を見るには、画面右下の 災害情報をタップします。 画面上部の 現在位置をタップします。 現在位置画面が開いたら 下から上にスワイプして、画面を下に移動していきます。 画面の下のほうに 防ごう熱中症という項目があるのでタップします。 暑さ指数を確認できる画面が開きます。 右にスワイプすれば翌日の暑さ指数を確認でき、 下にスワイプすれば暑さ指数の説明を確認できます。 ニュースの見方 画面左下の『ニュース』をタップすると、いろんなジャンルのニュースを見ることができます。 画面上部のトップ、 社会、気象・・・と並んでいる部分を左右にスワイプすると、ジャンルを切り替えることができます。 画面下の右から2番目『災害情報』をタップすると、登録済みの地域の災害情報が表示されます。 Q2.パソコン版のアプリはないの? パソコン用のアプリやソフトウェアは存在しませんが、NHKの公式サイトでアプリとほぼ同様のニュース・防災情報を見ることができます。 以下のリンク先のページで詳しく解説しています。 NHK ニュース・防災アプリの使い方と設定方法は以上になります。 最初に設定を済ませてしまえば、あとはブラウザでニュースサイトを見る感覚で閲覧できるので、使い方で特に困ることもないと思います。 全てNHKが提供するニュースなので信頼性も高く安心して見れます! 関連記事 関連記事 関連記事.

次の

NHK ニュース・防災アプリの使い方と設定方法を画像付きで解説【iPhone、Android】

あなた の 天気 防災 nhk

2020年6月10日 2020年6月5日 2020年6月3日 2020年5月15日 2020年4月13日 2020年4月10日 2020年3月30日 大規模盛土造成地について、新たに757市町村のデータを追加しました。 2020年3月17日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(北海道の38河川・栃木県の2河川・鹿児島県の4河川)を追加し、栃木県の荒川を更新しました。 ため池決壊による浸水想定区域について、新たに145箇所(山梨県の17箇所・静岡県の35箇所・長崎県の45箇所・熊本県の26箇所・鹿児島県の22箇所)を追加しました。 2019年8月30日 土砂災害警戒区域について、富山県を更新しました。 2019年8月8日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(鹿児島県の3河川)を追加しました。 2019年6月10日 ため池決壊による浸水想定区域の公開を開始しました。 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(12県)を追加しました。 2019年5月27日 津波浸水想定の凡例を洪水浸水想定区域(想定最大規模)の凡例と統一し、よりわかりやすくなりました。 さらに、北海道・新潟県・石川県・岐阜県・鳥取県・島根県の津波浸水想定のデータを追加しました。 2019年1月7日 重ねるハザードマップの道路防災情報から車両の滞留が発生する前に予防的な通行止めを行い、集中的・効率的に除雪作業を実施する区間(予防的通行規制区間)が確認できるようになりました 2018年12月20日 2018年12月18日 2018年12月13日 2018年10月25日 道路防災情報のピクトグラムを追加しました。 2018年10月23日 重ねるハザードマップから地理院地図に掲載されている指定緊急避難場所が確認できるようになりました。 2018年10月3日 2018年10月3日 2018年9月10日 重ねるハザードマップの土砂災害警戒区域等のデータを更新(国土数値情報 土砂災害警戒区域データ(平成29年度)を反映) 2018年6月8日 2017年6月6日 2017年6月2日 想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域データを更新しました 2016年11月10日 本サイトのバナーはです。 ご自由にご活用ください。

次の