シリコン バレー 式 自分 を 変える 最強 の 食事。 シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

【シリコンバレー式自分を変える最強の食事】要約まとめ

シリコン バレー 式 自分 を 変える 最強 の 食事

12月5日に、ファミリーマートなどのコンビニで「バターコーヒー」なる商品が発売になり話題になっている。 同商品はファミリーマートとRIZAPのコラボ商品で、パッケージには「糖類ゼロ」「グラスフェッドバター、MCTオイル」の使用がうたわれている。 これは事情を知らない人にとっては、その材料が何なのかすら意味不明だろう。 しかし発売たちまち好評を博し話題となっている。 それはなぜか? 売れているのは「ただのバター」ではないから? バターとコーヒーというのは一見不可解な組み合わせだが、じつはバイオハッカーといわれる栄養関係のギークたちにいわせれば、「脂肪とカフェイン」ほど健康に痩せる組み合わせとしてベストマッチなものはないという。 それもただの脂肪ではなく、バターの中でも牧草飼育で育った牛のバターである「グラスフェッドバター」と、中鎖脂肪酸のオイルである「MCTオイル」から摂取できる良質の脂肪であることが重要だという。 そもそもバターコーヒーとは、シリコンバレーの起業家であるデイヴ・アスプリー氏が考案し、著書で紹介したものがアメリカでセレブやアスリートの間でブームとなり、それが飛び火するかたちで日本でも大きな話題となったものだ。 しかし、実践する際、当のグラスフェッドバターが入手しづらいということがあった。 そこで今回のコラボ商品は、ただコーヒーにバターを入れたというわけではなく、「グラスフェッドバター」の使用を明確に打ち出したところが好評を博しているのだ。 本記事では、バターコーヒー人気の理由に迫るため、そもそもなぜコーヒーにバターを入れるのか?それがどういう効果をもたらすのかについて、から、バターコーヒーが「最強の飲み物」である理由を詳細に解説した部分をピックアップして、特別に再掲する。 少し突っ込んだ内容になるが、これまでの食の常識がひっくり返るような面白い話だ。 ぜひ刮目して読んでいただきたい (以下はより)。 パフォーマンスを最大化する「ベストの朝食」とは? 僕が初めてバターのパワーを知ったのは、2004年、チベットのカイラス山に近く人里離れた地域の、海抜5580メートルの高地で出会った小柄な女性からだ。 飲んでも飲んでも飽きなかった。 僕の中のバイオハッカーが問いかけた。 「 こんな空気が薄い場所なのに、これを飲んだらなぜ、とても元気になるんだ?テントで生活していて荷物は軽くすべき遊牧民族が、あえて重いブレンダーや手動の攪拌機を持ち運ぶのはどうして?」 これらの疑問は「完全無欠(ブレットプルーフ)コーヒー」のレシピ誕生に不可欠の要素になった。 帰国してから紅茶を淹れてバターと一緒にブレンダーにかけてみたが、それはただのあぶらぎった紅茶でしかなかった。 チベットのお茶では何か別のことが起こっていたのは明らかだ。 地元の中国系小売店で最高級茶を買ったが、それでも記憶にある魔法の効果は得られない。 そこで肝心なのはバターのほうかどうか確かめようと、最寄りのグルメ食品店へ出かけ、全世界のブランドバターを片っ端から買いあさった。 当たりだった。 逐一試していった結果、秘訣は、グラスフェッド牛の無塩バターを使うことだった。 幸運にも地元の農家から入手できる人もいるかもしれないが、そうでなければ「ケリーゴールド・ピュア・アイリッシュ・バター」(米国、欧州連合)やニュージーランド産「アンカー・バター」(アジアの大部分とオーストラリア)などが目的にかなう。 100%グラスフェッドバターが望ましいが、手に入らない場合は、「ブレス産バター」他AOP(原産地呼称保護)認証のものなど、飼料まで厳しく管理され、できるだけ牧草飼料の割合が高い高品質のバターが良い。 僕はアンチエイジングの研究から、 ココナッツオイルはとても健康的だと知っていたので、ココナッツのミルクとオイルを紅茶に加える実験もしたが、これでは紅茶の風味が消されてしまう。 そこで紅茶を僕の大好物のコーヒーに切り替えた。 コーヒーは紅茶よりもココナッツオイルの風味と合った。 そして最終的にたどり着いたレシピは、コーヒーにMCTオイル(ココナッツから抽出した中鎖脂肪酸オイル)大さじ1~2杯と、良質の無塩バターまたはギー大さじ1~2杯を加えること。 材料を混ぜ合わせたら、これまで味わったなかでも最高にクリーミーで、最高においしくて、パフォーマンスを最大化するコーヒーができあがった。 「完全無欠コーヒー」だ。 僕はもう7年以上も、毎日必ず1杯の完全無欠コーヒーで一日を始め、これが与えてくれるエネルギーと脳パワーを利用して体をハックするかたわら、自らのキャリアを切り拓き、人生のあらゆる分野で成功しつつある。 このコーヒーは脳を復活させ、食物への渇望から解放してくれた。 しかも同じことが何万人もの人たちにも起こっている〔訳注:バターが入手不可の場合、ココナッツミルク大さじ4杯とMCTオイル大さじ1~2杯で代用することを著者は推奨している(体重65キロほどの人の朝食の目安)〕。

次の

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコン バレー 式 自分 を 変える 最強 の 食事

本書のかんたんな要約 バターコーヒーを飲むことを中心とした「完全無欠ダイエット」が、いまや世界的に評判となっている。 アメリカのIT企業家でバイオハッカー(自分の体を数値化&徹底分析する人)が開発した方法は、多数のメディアで話題となり、セレブがこぞって実践するなど大ブームだ。 ダイエットのあらましは、プログラムに従った1日3食を2週間続け、朝食はバターコーヒー(完全無欠コーヒー)にするというもの。 開発者はシリコンバレーの寵児だったが、肥満と体調不良に悩まされ自分の体で実験、心身のパフォーマンスを向上させる方法をさぐった。 世界レベルの医学博士や栄養士の研究を総合してたどり着いた集大成が、本書「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」である。 理論面としては、著者は多数の研究を参照総合し、最新の知見を反映してる。 このダイエットの一部は、すでに日本でも流行っているケトン式食事法と同様の原理で組み立てられている。 炭水化物(パンや白米、パスタなど)の摂取を減らして、中鎖脂肪酸(ココナッツオイルなど)を多く摂取することによって、「糖ではなく脂肪を燃やしてエネルギーに変える有益な状態」をつくりだすというものだ。 本書の2週間プログラムでは(メニュープランやレシピあり)、炭水化物は毎日30グラム以下(白米でいうとお茶碗半分程度)に抑え、週に1日は100~150グラム(お茶碗2~3杯程度)摂ることを推奨している(ただし夜に限る)。 そしてもう1つ著者が重視してるのが断食(ファスティング)だ。 一般には1日おきの断食や、朝食抜きで昼過ぎまで食事を摂らない断続的ファスティングの、減量効果や集中力増強効果が知られている。 だがビジネスパーソンがこんなことをしていては、空腹で午前中のパフォーマンスはがた落ちになる。 そこで著者が考案したのが、朝1杯のバターコーヒーを飲むという方法なのだ。 腸内の「痩せ型」細菌を養う抗酸化物質が豊富で、インスリン感受性を高める(血糖値を安定させる)などの効果があるコーヒーに、バター(大さじ2杯まで)とココナッツオイル(大さじ2杯まで)を混ぜて良質の脂肪を摂取するというものだ。 良質の脂肪を十分に摂っている限り、脳はむやみに空腹感を起こさず、ファスティングの状態が持続するので、腹を空かさずに断食のメリットが得られる。 使うバターは グラスフェッド(牧草飼育)のウシからとれたものがベストだ。 2015年10月現在、アンカーバターの製造者であるフォンテラ社のバターがネット通販で買える。 これらニュージーランド産のバターは、基本的にグラスフェッドと考えられる。 もし入手できなければ、ブレス産バターやイズニーバター、セーブルバター、エシレバターなど、飼料のよく管理されているAOP認証のものや、できるだけ牧草飼料の割合の高い高品質のバターがおすすめとのこと。 白いバターより黄色いバターのほうが栄養豊富だという。 バターの入手が難しい場合は、ココナッツミルク大さじ4杯と、MCT(中鎖脂肪酸)オイル大さじ1~2杯でも代用できる。 そして昼食を13時ごろに摂ったら、夕食はその後6時間以内に摂るのが望ましいので、19時ごろに摂ることになる。 これで次の日13時までバターコーヒー以外飲まなければ、夕食から次の昼食まで18時間のファスティングができて、大きな減量効果や集中力増強が期待できる。 ほかにも最新の食の科学を説きながら、野菜はできるだけ大量に食べること、 できるだけ「毒」の少ない食材を選ぶこと、グラスフェッドの肉を食べることなどをすすめている。 とくにニュージランドやオーストラリアの牛などは牧草主体で育てられているようだ。 (とにかく遺伝子組み換え飼料を食べた動物のものは、 肉でもチーズでも食べたらダメ。 それがあらゆる体の不調につながる) 睡眠は6.5時間がベスト ・ アラームを使わずに体が眠るままにしていたら、人は人生の約34%を寝て過ごすことになる。 ・多くの人がまだ「良い眠り=8時間連続で眠ること」と考えているが、カリフォルニア大学の睡眠に関する研究論文や、110万人の老化に関するデータを見直すと、「一晩に6.5時間よりも長く眠るべき統計学的な理由はない」と結論づけられる。 むしろ6.5時間睡眠の人のほうが、8時間睡眠の人より長生きだった。 ・睡眠は量より質が大切だ。 よい眠りを欠けば、太ったり、心臓病やがんを発症しやすくなったりして、死のリスクがかなり高まるのに対し、良質の睡眠は心身にたくさんのメリットをもたらす。 ・ 一晩ぐっすり眠れば、そうでない場合と比べて、運動速度が20%改善されるし、 認知課題への新たな洞察を得る能力を50%高める。 加えて肌の健康と若々しさを保ち、 インスリン分泌を最適に制御し、健康な細胞分裂を促し、スポーツ選手のパフォーマンスを向上させる。 太った人とは何なのか? 太った人と動物は、ファーミキューテス門に属する細菌を過剰にもっている。 これにはヨーグルトや、たいていの善玉菌食品にみられる乳酸菌も含まれる。 こうした細菌は体に必要ながら、もし活発すぎたり、特定のタイプのものだったりすると、脂肪がつきやすくなる。 当然痩せた人にはファーミキューテス門の細菌が少なく、バクテロイデス門の細菌が多い。 バクテロイデス門の細菌は買うことはできないが、天然の栄養素を含んだ食物を摂ることで容易に生成できる。 それはポリフェノールだ。 ポリフェノールは痩せ型細菌を増やす。 ポリフェノールは抗酸化物質で、バクテロイデス門のプレバイオティクス(善玉菌を増やす食物成分)の、働きもする。 有色野菜にも見られるが、洋食で最大のポリフェノール源といえば、断然コーヒーだ。 ポリフェノールを食事にもっと加えることで「痩せ型」細菌を養える。 アルコールの体への影響 ・ ウォッカ、ジン、テキーラ、ウイスキーは毒が少ない。 これらは糖と反栄養素という、アルコール飲料がたいていハイリスクとされる原因2つの含有量が最も少ない。 ジュースなどの糖の爆弾を投下しないこと。 次にいいのは辛口のシャンパンと辛口の白ワイン。 赤ワインやビールよりずっと安全である。 ワインは除去しきれない酵母とヒスタミンをたっぷり含むから、 酵母が増殖し頭のもやもやを引き起こし、ヒスタミンが頭痛と頭のもやもやと腹のぜい肉の原因となる。 赤ワインの最大の問題は、カビ毒のオクラトキシンAが含まれてるかもしれないこと。 赤ワインが白ワインよりカビ毒濃度が高いのは、カビは果実の外側に生えるもので、赤は白と比べて色素とタンニンを抽出するために皮との接触時間が長くなるからだ。 ビールはアルコール飲料によくある毒素のほとんどが含まれている。 ビールを飲むとパフォーマンスはがた落ちになり、激しい食物への渇望がかきたてられ、減量するのが至難のわざになる。 おまけにあらゆる穀類の毒素と、ワインや未検査のコーヒーよりも多くのオクラトキシンが含有されている。 だてにビール腹という呼び名があるわけじゃない。 遺伝子組み換えは何が問題なのか 遺伝子組み換え(GMO)が普及した過去30年間に、 アレルギーは400%増、喘息は300%増、注意欠陥多動性障害(ADHD)は400%増、 自閉症スペクトラム障害は1500%増になった。 科学はまだGMOとこれらの健康問題にはっきり関連があるかどうか結論をだせてないが、安全だと証明されるまで、このような食品は避けることをすすめる。 ミルクは低温殺菌で健康問題の元凶になる 低温殺菌は有害な加工法。 ミルクを約65度で30分ほど加熱してから、約13度以下で保存する。 この工程は汚染の小さなリスクを低減するが、同時に有益な善玉菌を絶滅させ、乳たんぱく質を変性させ、 要するに牛乳を栄養源から健康問題の元凶へ一変させる。 含有カルシウムを人体が吸収できないように変化させ、主要な乳たんぱく質も変性させてしまう。 有害なミルク加工法は、均質化(ホモジナイス)もその一つだ。 生のミルクはクリームが他部分と分離して自然に表面に浮き上がってくる。 そこでミルクを棚置きできるよう安定させるために、クリーム部分の分離を抑える工程ホモジナイスだ。 この慣行にも悪影響がある。 ミルクは元来キサンチン酸化酵素(XO)という潜在的に有害な酵素を有してるが、非均質化ミルクを飲んだ場合には、体がこれを効率化よく分解し、血流に入らないようにできる。 ただ均質化した牛乳では、球状の脂質がXOを取り巻いて体内で分解できなくなる。 その原因はまだわかってない。 チーズはミルクから加工される過程で毒素を蓄積するせいで、さらに問題が大きい。 チーズは酵母菌やバクテリアの働きを利用してつくられているが、その組み合わせが生む毒素は、人間をさまざまに害する。 アメリカでは、チーズの40%以上にカビ毒が見つかっている。 体型は9割がた食べ物で決まる 運動は体型を決める最大の要因ではない。 体型の80~90%は食べ物によって決まる。 たいていの人はほぼ運動をしなくても、たくましく引き締まった肉体を手に入れられる 体の組成はカロリー摂取量で決まるのではない。 むしろホルモン(と腸内細菌)が体型を決めるのだ。 したがって運動を睡眠や食事のように「ホルモン調整の一つのツール」と見なすのは理にかなっている。

次の

仕事が捗る「シリコンバレー式・最強の食事」を3ヶ月やってみた。僕なりのベストプラクティス。

シリコン バレー 式 自分 を 変える 最強 の 食事

ここ最近、急激に人気が高まっているダイエット法があるのですが、何でもコーヒーにバターを入れて飲むバターコーヒーなるものを飲むダイエット法らしいのです。 ええ?!コーヒーにバターなんか入れて飲んだら逆に太りそう!と思わずにいられませんが、ちゃんとしたダイエットに効果がある作り方を実践することで、ダイエットだけではなく脳も活性化することが出来るそうなのです。 そのバターコーヒーですが、 市販の塩味のするバターではなく無塩のバターを使うのが特徴です。 しかも、ただの市販のバターよりも牧草だけで飼育された牛の乳で作ったバター~グラスフェッドバターと言うのを使って作るバターコーヒーが一番おいしくて効果が高いと言っているのです。 デイヴ・アスプリーはただのオカルトか? この食事法を推奨しているのが、デイヴ・アスプリー氏です。 氏は「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本を出版して、なんと世界中で17万部も売れています。 一体、どんな本なのか、書籍の内容を簡単に紹介します。 以下、Amazonの内容紹介から書籍の説明部分を引用します。 脳強化本『HEAD STRONG』と共に話題騒然! 毎日0. 5キロ痩せて、パフォーマンスが最大化する! 週刊文春、フィガロジャポンなど、テレビ・雑誌で絶賛続々! シリコンバレーで成功したITの寵児が、膨大な年月と費用を投じて世界中の食とダイエットを研究しつくし、脳科学から栄養学、生化学まであらゆるエビデンスを総合、自らの体まで「ハック」し尽くして答えを出した「食と体の真実」とは? 低炭水化物、低カロリー、菜食主義……あらゆる食事法の「痩せる効果」「健康効果」「頭をよくする効果」をすべて検証、自らもIQを20ポイント上げ、50キロ痩せた「完全無欠」の食事メソッド! 【内容より】 ・朝、「ヨーグルト」を食べると太る ・IQは「食べ物」で変わる ・空腹になる食べ方、ならない食べ方 ・「腹が空っぽ」のときがいちばん筋肉がつく ・炭水化物は「夜」に食べたほうがいい ・脂肪を食べると痩せる ・「カロリー制限」では痩せられない ・低炭水化物ダイエットは「カビ」を減らすから効く ・「空腹ホルモン」をハックする ・あなたの体を「解毒マシン」にする ・脳は「脂肪」でできている ・炭水化物をカットすると、うまく眠れなくなる ・「冷や飯」が腸内の善玉菌を育てる ・果物が「集中力とエネルギー」を奪う ・パンを「一切れ」食べると、時間差で悪影響が出る ・同じものでも「食べる時間」で毒になる ・パフォーマンスを最大化する「ベストの朝食」とは? ・カフェインが脳を守る ・「腸内細菌」を飢えさせると、脂肪が燃える ・体内の「痩せ型」細菌にえさをやる ・栄養は調理しだいで変幻自在 ……など 本の概要を読む限り、特におかしなことは書かれていないように感じますが、Amazonのレビューは賛否両論です。 デイヴ・アスプリー氏が「バターコーヒー」に目覚めた理由 この書籍で最も賛否両論を巻き起こしているのが、冒頭でも述べた「バターコーヒー」の存在でしょう。 著者のデイヴ・アスプリー氏はバターコーヒーを大絶賛しています。 一体、どういう経緯でデイヴ・アスプリー氏はバターコーヒーに目覚めたのか?について簡単に解説します。 そもそも何故、シリコンバレーで起業して億万長者にもなった人がこんなダイエット法を考えたのか?と言うと、当時の祖の人は体重が140kg以上の肥満状態だったので当然多額のお金を使ってありとあらゆるダイエット法にチャレンジしてみたそうなんですが、それでも納得のいく結果を得られなかった事から、 自分の理想とするダイエットをするには自分でそのダイエット法を考えなければならないと言う事に至ったのです。 決して意志が弱くてダイエットに成功しなかったとは言っていないそうですが、本当の所は分かりません。 そうして色々とまた試行錯誤して完成させたのが、先ほど紹介した バターコーヒーなるものなのですが、作者の著作の本の中では 「完全無欠コーヒー」と言う様です。 バターコーヒーの作り方とは さて、気になるバターコーヒーの作り方ですが、バターだけを溶かしても本来の機能を発揮出来ないので、コーヒーとバターの他にMCTオイルと呼ばれるオイルを加えます。 MCTオイルはココナッツオイルから抽出したオイルで、ココナッツオイルの主成分である中鎖脂肪酸のオイルになります。 中鎖脂肪酸は身体に吸収されると、身体に付いている脂肪を連れて燃焼してくれると言う特性を持っているので、ダイエット中の人におススメです。 肝心のコーヒーですが、とりあえず特に指定は無いので何でもイイと思いますが基本的にはブラックの状態で作ってください。 インスタントコーヒーでも作れます。 コーヒーカップにブラックコーヒーまたはインスタントコーヒーを入れたら、グラスフェッドバターまたは無縁の普通のバターとMCTオイルを大さじ1杯ずつ加えます。 そこにお湯を注いでバターを完全に溶かしましょう。 その状態でミキサーに入れて拡販したりまたはハンドミキサーをコーヒーカップに入れて、今作ったバターの溶けたコーヒーをしっかり攪拌してください。 完全に混ぜ切ったと思ったその状態がバターコーヒーの完成です。 バターは攪拌される事によりミセルと言う状態に変化するのですが、この状態になると脂肪をエネルギーとして変換してくれると言う機能を持つ事から、ダイエットに効果的になるそうです。 また、コーヒー自体にもクロロゲン酸と言う脂肪を燃焼する効果のあるポリフェノールが含まれているのでミセルの効果と相まって体脂肪を効率よく燃焼してくれるのです。 更に、中鎖脂肪酸であるMCTオイルが追い打ちをかける様に体脂肪を連れて行ってくれるので、バターコーヒーの飲み始めの頃は体重の減る速度がかなり早く感じられるかもしれません。 因みに、中鎖脂肪酸は肝臓に取り込まれるとケトン体と言う等に似た働きをする成分に変換されるので、朝ご飯をこのバターコーヒーに置き換える事で効率よく脂肪燃焼&低等質ダイエットを実現することが出来ますね。 ケトン体が脳で糖質のように働いてくれるので、脳が活性化されて仕事もはかどるようになったそうなので、 毎日どうもやる気が起きないとか仕事がはかどらないとお悩みの方もこのバターコーヒーを試してみると良いでしょう。

次の