イ・ミンジョン。 女優イ・ミンジョン&イ・ジュヨン&ヒョミンら、新型コロナの恐怖にも“梨泰院パーティー参加”疑惑が浮上│韓国俳優・女優│wowKora(ワウコリア)

【49件】イ・ミンジョン|おすすめの画像

イ・ミンジョン

イ・ビョンホンとイ・ミンジョンは、2006年に知り合いを通じて出会い、恋人関係に発展した。 当時ビョンホンは、演技を始めたばかりのミンジョンの負担になりたくはないと思い、別れを選んだ。 一度破局を迎えた二人は、写真家チョ・セヒョンの『天使たちの手紙8番目-幸せ』の写真モデルとして共演し、再会した。 ビョンホンは、これについて、熱愛疑惑を初めて公式に認めた時、「偶然再会することとなり、その後、慎重に交際を始めるようになった」と伝えた。 二人の熱愛疑惑は、昨年4月に、あるメディアにより浮上した。 この報道について、両側は揃って「事実無根」と否定していた。 しかし、4ヶ月後の昨年8月に、両側が熱愛の事実を公式に認め、芸能界を代表するトップスターカップルとなった。 好きなタイプ イ・ミンジョンの好きなタイプはシャープで目が小さい人だ。 また、「一緒にいると楽しくて、話が良く合う人であればもっと嬉しい。 」と答えた。 芸能人でも一般人でもどちらでも良いという。 過去に他の放送でも、「車のタイヤを自分でつけることができ、車にナビがなくても自分で道を探して目的地までたどり着くことのできる人が理想である」と答えた。 また結婚前のインタビューでは、「もし結婚するなら夜ご飯に二人で、家の前のチキンのお店に行って、チキンとビールを飲みながら会話を楽しむことのできる人が良い」と回答した。 性格 イ・ミンジョンは、母方の祖父がソウル大学出身の韓国の画家パク・ノス画伯で、母親パク・ジンファはピアノを専攻していた名門の家柄出身である。 このような名門の家庭に生まれ、並外れた美貌をもっているにも関わらず、自慢したり嫌味な部分がなく、性格も明るく楽観的で辛抱強い面もあるという。 イ・ミンジョンは周囲の人たちを明るくし、一緒に居ると楽しくなってしまうほどとても明るい性格の持ち主である。 事務所の関係者たちも「どんな困難な状況でも否定的な言葉を発したりはせず、ネガティブなことを肯定的に捉えることのできる人だ。 」と述べている。 イ・ミンジョンの旦那であるイ・ビョンホンの妹イ・ウニもイ・ミンジョンについて「愉快で明るい人なので一緒にいると楽しく、笑いが絶えなくて時間が過ぎるのも忘れてしまう」と語っている。 また、演技についても自分が納得するまで取り組むタイプで、中国語で話すシーンがあったときは流暢な中国語を話せるようになるまで諦めずに練習し、寝言まで中国語で話すようになったという。 趣味 イ・ミンジョンの趣味は音楽である。 ピアノを専攻していた母をもつイ・ミンジョンもやはり音楽の才能があるようだ。 ショパンやモーツァルトの曲であれば1カ月ほど練習すれば今でも楽譜を見ずに弾くことができるという。 あるドラマの最中にイ・ミンジョンがピアノを演奏するアドリブを入れたことが有名となった。 幼いころから音楽に慣れ親しんできたイ・ミンジョンはピアノだけでなく「声楽も趣味である」と述べている。 そのころは独唱コンクールや童謡コンクールにもよく参加していたという。 特技 イ・ミンジョンの特技は相撲である。 外見からは想像できないほどの実力保持者であるという。 とてつもない相撲の実力をもっていると噂が流れたこともある。 現在は消去されているが、イ・ミンジョンのファンカフェ(イ・ミンジョンを応援するファンのホームページ)のギャラリーにはイ・ミンジョンが相撲をしている写真や動画などがアップロードされている。 特にまわしを締めてするサッバ相撲(日本の相撲と似たもの)が得意であるという。 デビュー前の経歴 イ・ミンジョンは成均館大学演技芸術学科で演劇の舞台に立った際、指導教授の目に留まったことがきっかけで演劇への道を志した。 2004年釜山のカマゴル小劇場で演劇『不器用な人々』ではファイという役を任された。 幼いころから女優として活動し始め、その後、映画『知り合いの女』に脇役としてデビュー。 成均館大学に通っていたときに現場実習で撮影現場に行き、チャン・ジン監督が「台詞を読んでみろ」といったことから成り行きで映画に出演することになったという。 公式的な最初の主演作はミン・ミョンフン監督の『ブドウの木を切れ』である。 彼女は遅咲きの女優だといわれているが、現在彼女の人気はとても上昇している。 出身・家族・学歴 兄弟 兄 出生国 出生地域 高校 現代高等学校 大学 成均館大学 演技芸術科 解散・引退について 周囲からの評判 放送関係者はイ・ミンジョンについて、「頭が良く気さくで正直な人であるというイメージがある。 」と述べた。 また、演技に対する欲も強く自身の納得する演技ができるまで練習に取り組んでいるという。 イ・ミンジョンは頑固なイメージもあるが、他人と楽しく会話をすることができ、常に周囲に気を配ることのできる人物である。 そのため「イ・ミンジョンが理想の人である」と述べる芸能人も多く、「お嫁さんにしたい人第1位」を獲得したこともある。 性格だけでなく美しい顔をもっていることでも有名で、専門家が「身体部位別美人」を選ぶ番組でも「最も美しい目をもっている人物である」と認定された。 整形 顎 二重 好きな食べ物 公式サイト・SNS.

次の

女優イ・ミンジョン、”月日に逆行する美しさ”が話題に(WoW!Korea)

イ・ミンジョン

出演作品 [ ] テレビドラマ [ ]• 愛・共感(2005年、) - キム・ヨンジュ役• 妻の復讐~騙されて棄てられて~(2006年-2007年、) - ハ・ジョンファ役• カクテキ~幸せのかくし味~(2007年、MBC) - イ・ミンド役• どなたですか?(2008年、MBC) - ヤン・ジスク役• (2009年、) - ハ・ジェギョン役• (2009年-2010年、SBS) - ソ・ジョンイン役• マイダス(2011年、SBS) - イ・ジョンヨン役• (2012年、KBS2) - キル・ダラン役• (2013年、SBS) - ノ・ミニョン役• (2014年、MBC) - ナ・エラ役• (2016年、SBS) - シン・ダヘ役• 偽りのフィアンセ(2018年-2019年、SBS) - ク・ヘラ役• 一度行ってきました(2020年、KBS2) - ソン・ナヒ役 映画 [ ]• 葡萄の木を切れ(2007年) - ユン・スンア役• (2009年) - チェ・スヨン役• (2009年) - イ・シヨン役• (2010年) - キム・ヒジュン役• (2012年) - シン・ジナ役 ミュージックビデオ [ ]• コ・ヨンウク(1998年)• Fly to the Sky(2005年)• Zia ジア (2007年)• Zia ジア (2007年)• December(2009年) 音楽 [ ]• イ・ミンジョン「Again」(• イ・ミンジョン「So Bitter」(2011年•

次の

イ・ミンジョンの完全ガイド|出演ドラマ、映画、年齢、身長、インスタグラム

イ・ミンジョン

イ・ビョンホンとイ・ミンジョンは、2006年に知り合いを通じて出会い、恋人関係に発展した。 当時ビョンホンは、演技を始めたばかりのミンジョンの負担になりたくはないと思い、別れを選んだ。 一度破局を迎えた二人は、写真家チョ・セヒョンの『天使たちの手紙8番目-幸せ』の写真モデルとして共演し、再会した。 ビョンホンは、これについて、熱愛疑惑を初めて公式に認めた時、「偶然再会することとなり、その後、慎重に交際を始めるようになった」と伝えた。 二人の熱愛疑惑は、昨年4月に、あるメディアにより浮上した。 この報道について、両側は揃って「事実無根」と否定していた。 しかし、4ヶ月後の昨年8月に、両側が熱愛の事実を公式に認め、芸能界を代表するトップスターカップルとなった。 好きなタイプ イ・ミンジョンの好きなタイプはシャープで目が小さい人だ。 また、「一緒にいると楽しくて、話が良く合う人であればもっと嬉しい。 」と答えた。 芸能人でも一般人でもどちらでも良いという。 過去に他の放送でも、「車のタイヤを自分でつけることができ、車にナビがなくても自分で道を探して目的地までたどり着くことのできる人が理想である」と答えた。 また結婚前のインタビューでは、「もし結婚するなら夜ご飯に二人で、家の前のチキンのお店に行って、チキンとビールを飲みながら会話を楽しむことのできる人が良い」と回答した。 性格 イ・ミンジョンは、母方の祖父がソウル大学出身の韓国の画家パク・ノス画伯で、母親パク・ジンファはピアノを専攻していた名門の家柄出身である。 このような名門の家庭に生まれ、並外れた美貌をもっているにも関わらず、自慢したり嫌味な部分がなく、性格も明るく楽観的で辛抱強い面もあるという。 イ・ミンジョンは周囲の人たちを明るくし、一緒に居ると楽しくなってしまうほどとても明るい性格の持ち主である。 事務所の関係者たちも「どんな困難な状況でも否定的な言葉を発したりはせず、ネガティブなことを肯定的に捉えることのできる人だ。 」と述べている。 イ・ミンジョンの旦那であるイ・ビョンホンの妹イ・ウニもイ・ミンジョンについて「愉快で明るい人なので一緒にいると楽しく、笑いが絶えなくて時間が過ぎるのも忘れてしまう」と語っている。 また、演技についても自分が納得するまで取り組むタイプで、中国語で話すシーンがあったときは流暢な中国語を話せるようになるまで諦めずに練習し、寝言まで中国語で話すようになったという。 趣味 イ・ミンジョンの趣味は音楽である。 ピアノを専攻していた母をもつイ・ミンジョンもやはり音楽の才能があるようだ。 ショパンやモーツァルトの曲であれば1カ月ほど練習すれば今でも楽譜を見ずに弾くことができるという。 あるドラマの最中にイ・ミンジョンがピアノを演奏するアドリブを入れたことが有名となった。 幼いころから音楽に慣れ親しんできたイ・ミンジョンはピアノだけでなく「声楽も趣味である」と述べている。 そのころは独唱コンクールや童謡コンクールにもよく参加していたという。 特技 イ・ミンジョンの特技は相撲である。 外見からは想像できないほどの実力保持者であるという。 とてつもない相撲の実力をもっていると噂が流れたこともある。 現在は消去されているが、イ・ミンジョンのファンカフェ(イ・ミンジョンを応援するファンのホームページ)のギャラリーにはイ・ミンジョンが相撲をしている写真や動画などがアップロードされている。 特にまわしを締めてするサッバ相撲(日本の相撲と似たもの)が得意であるという。 デビュー前の経歴 イ・ミンジョンは成均館大学演技芸術学科で演劇の舞台に立った際、指導教授の目に留まったことがきっかけで演劇への道を志した。 2004年釜山のカマゴル小劇場で演劇『不器用な人々』ではファイという役を任された。 幼いころから女優として活動し始め、その後、映画『知り合いの女』に脇役としてデビュー。 成均館大学に通っていたときに現場実習で撮影現場に行き、チャン・ジン監督が「台詞を読んでみろ」といったことから成り行きで映画に出演することになったという。 公式的な最初の主演作はミン・ミョンフン監督の『ブドウの木を切れ』である。 彼女は遅咲きの女優だといわれているが、現在彼女の人気はとても上昇している。 出身・家族・学歴 兄弟 兄 出生国 出生地域 高校 現代高等学校 大学 成均館大学 演技芸術科 解散・引退について 周囲からの評判 放送関係者はイ・ミンジョンについて、「頭が良く気さくで正直な人であるというイメージがある。 」と述べた。 また、演技に対する欲も強く自身の納得する演技ができるまで練習に取り組んでいるという。 イ・ミンジョンは頑固なイメージもあるが、他人と楽しく会話をすることができ、常に周囲に気を配ることのできる人物である。 そのため「イ・ミンジョンが理想の人である」と述べる芸能人も多く、「お嫁さんにしたい人第1位」を獲得したこともある。 性格だけでなく美しい顔をもっていることでも有名で、専門家が「身体部位別美人」を選ぶ番組でも「最も美しい目をもっている人物である」と認定された。 整形 顎 二重 好きな食べ物 公式サイト・SNS.

次の