イム シワン。 イム・シワン(ZE:A)の完全ガイド|出演ドラマ、映画、年齢、身長、インスタグラム

イム・シワン&シン・セギョン&少女時代 スヨン&5urprise カン・テオ、ドラマ「ラン・オン」に出演決定…下半期に放送予定

イム シワン

イムシワン 復帰ドラマ決定 イムシワンの復帰作が決まった。 OCNの• ドラマ「他人は地獄だ」 同名のウェブ漫画が原作のサスペンスドラマだ。 イムシワンは、就職のためにソウルに上京してきた青年ユンジョンウを演じる。 イムシワン 兵役除隊 イムシワンが、2019年3月27日、兵役除隊した。 陸軍で軍生活を送っていたイムシワンは、3月27日午前、京畿道ヤンジュ第25師団 新兵教育隊で除隊式を行った。 イムシワンは、2017年7月に第25師団に入隊し、5週間の基礎軍事訓練を受けたあと、入隊2か月目に特別戦士に選抜された。 イムシワンの早期入隊 今後の俳優生活にはプラスに ゼア(Z:EA)のイムシワンが2017年7月11日に兵役入隊した。 イムシワンは1988年12月1日生まれ。 イムシワンが陸軍に入るタイムリミットは、実は2018年だったから、少し早めに軍隊生活を始めることになる。 イムシワンはまず京畿道ヤンジュにある 新兵教育隊 というところに入所した。 イムシワンは、陸軍の現役兵としてここで5週間の訓練を受け、そのあと実際の配属先が決まる。 イムシワンが除隊する日 イムシワンが除隊(兵役生活が終わること)するのは、 2019年4月10日 になる。 イムシワンが所属するグループ ZE:A(ゼア)【韓国では제국의 아이돌】 のメンバーの中では、現在が俳優として注目を集めている。 そんな中でメンバーの中でいち早く軍隊に行くことを決意したイムシワン。 普通ならギリギリまで入隊を延ばすケースが多い中で、潔く入隊したイムシワンの対して韓国では好感度が上昇中だ。 1100万人が見た韓国映画「弁護人」に出演 イムシワンが出演した韓国ドラマ 2012年 「太陽を抱く月」(・ハンガイン) 「赤道の男」(・イボヨン) 2014年 「トライアングル」() 「ミセン 未生」(・カンソラ・・) 特にはイムシワンの俳優としての知名度を決定づけたドラマだ。 普通の20代の若者を演じて大きな共感を呼んだ。 イムシワンが、演じたチャングレ役は、今も韓国人のあいだで語られるほどの存在感をもっている。 イムシワンが出演した韓国映画 2013年 「弁護人 原題 변호인」(ソンガンホ) 2017年 「不汗党 悪いやつらの世界 原題 불한당 나쁜 놈들의 세상」 () 韓国映画「弁護人」は大ヒットした映画。 韓国での観客動員数が1100万人というから、そのすごさがわかる。 (ちなみに韓国の人口は5000万人だ) またでは、初めてカンヌ映画祭のレッドカーペットを踏むことになった。 イムシワンは、出演するドラマや映画がみなヒットする、という幸運に恵まれている。 イムシワンの魅力は、その美しいルックスだけではない。 しっかりした演技力が、人気の秘密なのだ。 兵役免除となったユアイン 今後の俳優生活にはマイナスか 半面、ユアインには、2017年6月27日に兵役免除の最終判定が下された。 ユアインは1986年10月6日生まれ。 イムシワンより2才年上になる。 4回の兵役判定を受けたユアイン ユアインは、 2015年 12月 2016年 5月 12月 2017年 3月 と3年にわたり、合計4回の兵役判定を受けたが、最終的に兵役免除となった。 つまり、兵役義務がなくなったわけだ。 ユアインが兵役免除となったのは、 筋肉の破裂と骨の腫瘍(しゅよう) が原因。 もともと2013年に韓国映画「カンチョリ 俺とオカンの明日」(キムヘスク)撮影中に方の筋肉が破裂する事故にあったのが原因。 その後、2014年に韓国映画「ベテラン」(ファンジョンミン)を撮影している時に状態が悪化したという。 義務警察で兵役入隊が決まっていたユアイン 残念なのは、ユアインは韓国ドラマ「密会」(キムヒエ)に出演する前に、に応募していて、採用がほぼ決まっている状態だったこと。 たぶん、この時は兵役生活可能との判定が出ていたはず。 ちなみに、 ユアインにとって、兵役が免除になったことは、俳優として演技をブランクなく続けられる、という点ではメリットかもしれない。 (もちろん、ユアインはそんな風には思っていないだろうが) だが、韓国の20代の男性が皆、この兵役という避けがたい関門を通過して社会に出ていく、という現状がある。 つまり、ユアインは、多くの韓国人男性から、やや冷たい視線を浴びる可能性がある、ということなのだ。 これは、ユアインが、視聴者の共感を得て作品で評価される、という俳優としては、大きなデメリットになる。 兵役除隊してブレイクしたソンジュンギ 陸軍を終えて大活躍しているソンジュンギを見てもそうだ。 ユアインが、韓国ドラマ「成均館(ソンギュングァン)スキャンダル」()で共演したソンジュンギ。 ソンジュンギが兵役除隊後 に出演して大成功したのも、兵役に行って来た、ということが大きく作用していた。 演技力で高く評価されるユアイン は、 2014年 () 2015年 (ファンジョンミン) (ソンガンホ・) 2016年 韓国映画「好きになって」(・) と、現代ものから歴史ドラマまで、幅広い演技力を発揮した。 一般国民から批評家まで、その演技力を絶賛されていたユアインなだけに、今回兵役免除となったことが、今後の芸能活動に影を落とさないか心配だ。 もちろん、ユアインは兵役に行くことを望んでいたわけだが、この間もずっと作品に出演し続けていただけに、いろんな方面から疑問の声が出ているのも事実。 イムシワンやのように、皆に気づかれないうちにさっさと軍隊に行って帰って来たら、もっと良かったのだが。 ユアインに対しては、2017年4月から6月まで、tvNの 韓国ドラマ「シカゴタイプライター(原題 사카고 타자기)」 に出演していたことも、実は兵役免除になることを事前に予測していたんじゃないの、とか言われている。 でも、これは違う。 実際、ユアインは、韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」の撮影終了後、この「シカゴタイプライター」まで、映画やドラマに出演していない。 つまり、1年以上にわたって兵役の判定が出るのをずっと待っていた。 だから、こういう風に言われるのは心外だと思う。 実際、ユアインは、芸能人ではあるが、社会問題や政治に関しても、SNSを通して発言している。 ユアインが兵役に行きたくても、免除の判定が出たのだから、仕方がないといえばしかたないことなのだ。 ただ、世間の反応というのは、そう理性的ではない。 ユアインは、今後、いいドラマや映画に出ることで、俳優として実績を積み重ねていくしかないのだ。 そういう意味で、兵役免除になったユアインも、現役で陸軍に入隊したイムシワンと同じくらい、試練の日々を送ることになるのかもしれない。 韓国女優の「美肌の秘密」を知りたいあなたには、この記事をどうぞ 韓国ドラマファンのあなたへ カテゴリー•

次の

【インタビュー】「ミセン」イム・シワン 「あぁ...狂った人たちだ」 #1:1

イム シワン

イム・シワンについて イム・シワンは、男性アイドルグループZE:Aのメンバーである。 歌手活動のほか、ドラマなどに出演し俳優としても活躍している「演技ドル」として知られている。 歌手としてのデビューは2010年であるが、俳優としてのデビューは2012年の『太陽を抱く月』である。 幼い頃から母親が、性暴力の被害者のための支援活動を行っていた。 女性との交際については母親が抑制することも多かったようで、母子家庭であることを明かしている。 海外サッカーチーム、アーセナルFCのファンである。 またドラマ『ミセン』で非正規雇用者を演じたにもかかわらず、「チャン・グレ法」と呼ばれる非正規職総合対策案の公益広告に出演したことで、議論を読んだ。 チャングレ法は、シワンが演じたチャン・グレが伝えたメッセージとは真逆の法案であり、非正規雇用者を苦しめるものになるとして、批判を浴びている。 基本プロフィール 好きなタイプ 特定の人はいないようだが、好きなタイプは自分と同じくらいの身長の女性だと話している。 俳優としても世間に知られるシワンだが、意外にも熱愛スキャンダルなどはこれまで出ておらず、母胎ソロ(これまでに恋愛経験がないこと)説もささやかれており、本人は「それをどうやって断定できますか?」と冗談混じりに濁している。 2012年のバラエティ番組でも「僕は誰とも付き合ったことがなくて、ファーストキスもまだ」と明かしていたが、2014年の番組では彼女ができたことを明かしている。 性格 イム・シワンの学生時代は勉強熱心で真面目だったことから、成績優秀だったようだ。 頭が良く、プロ意識が高い。 また、母親が性暴力被害者のための活動を行っていることから母胎ソロを貫いているとし、誠実で人を思いやる心を持っている。 とてもきれい好きで、ファッションに関心があり、個性的な洋服を着ることがある。 また、頑固なところがあり、完璧主義である。 真面目ばかりかと思いきや、いたずらっ子な面もあるという。 シワンの真面目な性格は軍隊でも現れており、2017年に第25師団新兵教育隊に服務したが、彼は訓練の師範と指導、新兵教育を務める専門特技兵である助教兵に選抜された。 体力・精神力で最高の成績を収めており、軍隊においても真面目で規律ある性格を見せつけることになった。 趣味 スキー、バイオリン 特技 イワンは趣味であり、特技としてルービックキューブを上げている。 ハマった時期は、いつも持ち歩いており、その様子は音楽番組Mnetでも紹介された。 幼い頃、両親の勧めで囲碁とバイオリンを習っており、ドラマ『ミセン』でもその経験がいかされた。 またドラマで、バイオリンを演奏することもある。 デビュー前の経歴 イム・シワンの高校時代はリーダーシップキャンプに参加するなど、大学進学に関心のある平凡な学生であった。 小学校3年生から高校3年生までの10年間、クラスの学級委員長を務めていた。 エンジニアリング関連の中小企業を経営していた父親の影響で、機械工学部に進学したが想像と違い、違う道を選ぶ決心をした。 2009年、所属事務所のリアリティー番組に出演しており、Afterschoolのユイが主人公の焼酎のCMに、わずかながら出演している。 当時のイム・シワンは、演技のレッスンも受けたことがないほど演技からは程遠かったが、『太陽を抱く月』への出演が確定してから演技にも力を入れるようになった。 このドラマに出演したことにより、優れたビジュアルと安定した演技で認知度が上がった。 練習生時代に、名前をイム・ウンジェから現在のイム・シワンに改名した。 出身・家族・学歴.

次の

イムシワン公式インスタはどれ?身長画像と熱愛彼女!兵役はいつまで?

イム シワン

JTBC新ドラマ「ラン・オン」(脚本:パク・シヒョン、演出:イ・ジェフン、制作:MACE、コンテンツジウム)は、同じ言語を使っていてもコミュニケーションが難しい時代、お互い異なる世界に住んでいた人々がそれぞれの言葉でコミュニケーションして、関係を結び、愛に向かって「ラン・オン」する恋愛ドラマだ。 ドラマ「キム課長」「私だけに見える探偵」のイ・ジェフンプロデューサーと、ミニシリーズに初挑戦する新人脚本家パク・シヒョンが制作に参加した。 まず、イム・シワンとシン・セギョンは、短距離陸上国家代表キ・ソンギョムと、翻訳家オ・ミジュに扮する。 不人気競技の陸上でも、かなり人気の高い看板スターだったが、とある事件をきっかけに未練を残さず引退したキ・ソンギョム。 彼は、トラックを離れた瞬間から一緒にいるようになったオ・ミジュによって、「走る世界」では見られなかった別の世界に目覚めることになる。 オ・ミジュは、それぞれ異なる言語の間に橋をかける仕事をしている。 初めて行った映画館で見た映画で、字幕がなければ分からなかったはずの外国語を意識し、翻訳家になった。 初めて「字幕 オ・ミジュ」というクレジットを見た時に感じた時と同じくらい、運命のように近づいてきた男性キ・ソンギョムにしきりに期待している自分に気付く。 昨年、ドラマ「他人は地獄だ」で不安が狂気へ変わっていく過程を優れた演技力で表現したイム・シワンと、「新米史官ク・ヘリョン」で自他ともに認めるラブコメクイーンの底力を見せたシン・セギョンが、初めて息を合わせる。 2人とも1年ぶりのドラマ復帰となる。 久しぶりに恋愛模様を披露するイム・シワンと、前作とは一線を画した深い愛を表現するシン・セギョン。 共通点が見えない、あまりにも異なる世界に住んでいた2人の男女が、愛という言葉の翻訳にも成功するのか、期待が高まっている。 スヨンとカン・テオはスポーツエージェンシーの代表ソ・ダナと美大生イ・ヨンファに扮する。 ソミョングループ唯一の本家の人間だが、息子じゃないという理由だけで後継序列から外されたソ・ダナ。 元々「自分のもの」だったものを取り返すため、完璧に生きようと歯を食いしばる。 そのように激しく生きてきた彼女の人生にイ・ヨンファが入ってくる。 誰かに申し訳ない気持ちを感じたことがなかったソ・ダナが、初めて忙しくて申し訳ないと思った男性だった。 酸素のような魅力で美術大学の人気者として生きているイ・ヨンファは、自分の名前と同じ映画(韓国語の発音はヨンファ)とクロッキーが好きな美大生だ。 スケッチブックを手にして街に出たり、自分の空間で映画を見たりしながらクロッキーをすることが日常だったが、ある日、絵を描いてほしいという気難しい女性ソ・ダナと出会う。 高いビルに閉じ込められて降りてこられない、ラプンツェルのようなソ・ダナに近づきたいと思うようになる。 ドラマ「見た通りに話せ」、映画「ガールカプス」など、ドラマと映画で着実にキャリアを積み、女優としての地位を固めたスヨンと、昨年「ノクドゥ伝」で史上最高の悪役を披露し、視聴者に強烈な存在感をアピールしたカン・テオの共演も興味深い。 彼らがどのように出会って、どのような言語でコミュニケーションすることになるのだろうか、すでに気になってしまうほど、全く異なる世界に住む2人を演じる。 制作会社MACEと、ドラマ「梨泰院クラス」で大ヒットしたコンテンジウムが、「ラン・オン」の共同制作を担当する。 制作陣は「『ラン・オン』は、それぞれ住む世界が違う主人公たちが出会って、お互いを通じて成長し、自分が閉じ込められていた殻を破り、影響を与えながらお互いを愛していく話を描く予定だ。 このドラマが、心を伝える言語とコミュニケーションについて考えるきっかけになってほしい」と伝え、「イム・シワン、シン・セギョン、スヨン、カン・テオなど、演技力と存在感を兼ね備えたホットな俳優たちが今年下半期にユニークな恋愛ドラマで視聴者の皆様とコミュニケーションする予定だ。 期待と関心をお願いしたい」と呼びかけた。 元記事配信日時 : 2020年06月24日10時09分 記者 : パク・スイン.

次の