メンションとは。 メンションハラスメントとは何?調査レポートから見る背景と対策について

仕事でも使える!チャットツールのメンション機能の使い方やメリット

メンションとは

はじめに 変更箇所が多かったので、書き直しました。 ここはここで、旧仕様のために残しておきます。 Teamsで、チーム内のユーザーや、チャンネル、チームに対しておくる" メンション"に関して、Power Automateで提供されているTeamsコのアクションでどのように実現するのかご紹介します。 なお、本投稿の中では Flow からユーザーへのメンション に話題を限定します。 ユーザーとして、他のユーザーへのメンションや、チャンネルへのメンションについてはGraph を利用することで実現できますので、 を参考にしてください。 Power AutomateからTeamsにメンション 1. 通常のメッセージ投稿 Flow からチャンネルに対してメッセージを送るアクション、"メッセージをフローボットとしてチャンネルに投稿する"では、プレーンなテキスト以外に、マークダウン形式、一部の HTML 形式を利用する事が可能です。 参考: メンションをユーザーに送る場合には、専用のタグを利用します。 user example. com のように、タグのなかにメンションを送りたい相手のメールアドレスを含めることで、Teamsのチャンネル上でメンションとしてメッセージが表示されます。 カードを利用した場合の投稿 カードを利用した場合の投稿については のブログ投稿で解説されています。 カードを利用した場合の投稿で必要になるユーザーの情報は、 表示名および GraphAPIで取得できるユーザーID Azure ADでのユーザーオブジェクトID の2つです。 アクションには以下のようなを入力します。 重要なのは"msteams"以下のデータの記述で、これによって、メンションする対象のユーザー情報を規定しています。 json", "type": "AdaptiveCard", "version": "1. あとは、上記のと、ユーザープロフィールの取得アクションで得られた結果、動的なコンテンツを合わせて、カードを送信します。 Adaptive Card Designerのページでをコピーした場合には、貼り付けたに"msteams"以下のブロックを足せば、 Bodyでメンションを入れていれば メンションを実行できます。 注意事項• カードを送信する際、メンションのタグが利用可能なのはTextBlock内に限られます。 FactSetやRichText内では利用できません。 メンションには上記のうち、"msteams"以下のブロックが必須です。 ただし、ここに含めたメンション先は必ず"body"の中で利用してください。 エラーになる• メンションは複数のユーザーに対して行えます。 その場合には "entities":[..... ]内を以下のように書きます。 ユーザーの表示名2のように、複数ユーザーにもメンションできます。 応答を待つカードを投稿する際の注意事項 Power Automateでは、カードの送信アクションにもう1種類、ユーザーの応答を待つアクションがあります。 " カードを Teams チャネルに投稿して応答を待機"です。 このアクションは、Power Automateの試験的機能を有効にすることで、組み込みのカードデザイナーを利用できるという利点がありますが 詳細はを参照 動的なコンテンツを利用する場合には少し癖があります。 おすすめの手順は• まず試験的機能を有効にしておいて、カードデザインを作成する。 その際、メンションを入れる位置をわかりやすくしておきましょう。 日本語入れる等で• フローを一度保存します。 大事なので忘れずに• 試験的機能をオフにして、フローを開きなおします。 投稿アクションのメッセージ部分が生身のに置き換わるので、ここに動的コンテンツ&"msteams"以下の構造を入れます。 すこし手数がかかりますが、おそらくこれが最も簡単かと思います。 応答を待つ場合の手順図解 このように手順が必要ではありますが、無事、応答を待つアクションでもメンションを送ることができました。 まとめ・謝辞 今回はPower Automateから Teamsのユーザーにメンションを送る Flow としてメッセージを投稿する 方法を2種類、紹介しました。 利用ケースとしては、チケットが作成された際のお知らせをチャンネルに送り、かつ担当者にメンションしたり、Plannerのタスク期限をお知らせするときに、Assign Toの人にメンションしたりなどなど、通常のメッセージだけでなく、 アクショナブルなカードを活用する方法も考えられます。 これまであきらめていた方も、ぜひトライしてみてください。 最後に、本投稿を書くにあたり、カードでのメンションについて丁寧に教えていただいた、, 一緒に検証してくださり、いつも素晴らしいアを投稿されている に心よりお礼申し上げます。 加筆 : メンションのコード取得が可能に Power AutomateでTeams向けアクションに「 メンションのコードを取得」が追加されました! これを利用すると、前後のatタグ を入力する必要がなくなります。 また、Flow ではなくユーザーとして ほかの人にメンションすることもできるようになっています。

次の

まとめて + メンション = まとメンション !

メンションとは

LINEのメンション( 名前)とは? LINEにおけるメンションとは、具体的にどんな機能を言うのでしょうか。 また、メンションとよく似た機能である「リプライ」との違いや、通知の仕様なども解説します。 メンションの意味 メンションとは、「ちょっと触れる」「名前を挙げる」といった意味で使われる英語。 LINEでは「誰かを話題に取り上げる」「指名して話しかける」というシーンで役立つ機能です。 Twitterでも同じように使われているので、聞いたことのある人も少なくないでしょう。 複数人が参加しているグループ内で特定のメンバーに対するメッセージであることを明確にできるほか、「大切なメッセージを送ったから相手に早く気づいてほしい」といったケースで便利です。 メッセージ内容の直前に「 (アットマーク)名前」が挿入されるスタイルをとります。 appllio. com LINEのメンション機能の使い方 LINEのメンション機能は、グループトーク・複数人トークのほかタイムラインでも利用できます。 ここでは、グループトーク・複数人トークとタイムラインそれぞれでメンションを利用する方法について解説します。 グループトーク・複数人トークでメンションする LINEのグループトーク・複数人トークでメンション機能を使う方法を紹介します。 メンションを受け取った側はどうなるのかについても解説しています。 メンションを送る側の操作 アカウント名の部分をタップ グループトークまたは複数人トークの画面で、メンションしたい相手のユーザー名(アイコン横の文字部分)をタップすることで、自動的に「 アカウント名」がメッセージの入力欄に挿入されます。 「 」を入力するとグループのメンバーが一覧表示される また、メッセージ入力欄に「 」と入力した場合でも、グループに加わっているメンバーの一覧が表示されます。 一度の投稿で複数人にメンションすることは可能ですが、一括で全メンバーまたは複数人のアカウント名を入力することはできません。 複数人にメンションしたいときは、1人ずつ入力しましょう。 メンション(青で表示されたユーザー名)をタップすると、そのユーザーのプロフィールが開くので、簡単に友だち追加や個別トークもおこなえます(アイコンをタップしても同様です)。 なお、メンションを利用した場合、誰が誰に対してメンションしたのかグループ内の他のメンバーに見られることになります。 メンションはPC版LINEでも利用可能 メンションは、PC版LINEでも利用できます。 スマホ版LINEと同様、メンションしたい相手のアカウント名の部分をクリックすればメッセージ入力欄に「 アカウント名」が自動入力されます。 また「 」を入力すると、メンバーのアカウント名が一覧で表示されます。 メンションを受ける側の挙動 LINEのグループトークまたは複数人トークでメンションされると、トークリストに青字で「メンションされました」と表示されます。 これなら、自分が指名されていることに確実に気付けます。 自分が指名されていない場合、通常どおりのグループトーク通知のみが届きます。 なお、青字の「メンションされました」の表示はメッセージが既読になると消えます。 タイムラインでメンションする タイムラインでも、投稿やコメント欄などでメンションを利用できます。 メンションを送る側の操作 タイムラインの投稿画面 「 」を入力すると、友だち一覧が表示されます。 また「 」を入力した後に文字を入力すれば、名前にその文字が含まれている友だちの一覧が表示されます。 いずれかの方法で、指名したい友だちを選択しましょう。 メンションをタップすると、相手の「ホーム」が開きます。 タイムラインの公開設定 タイムラインでメンションする際に注意したいのが公開設定です。 全体公開になっていると、自分の投稿からメンションをたどって、無関係の人がメンションされたユーザーのホームに訪れる導線になってしまいます。 その先でメッセージ送信や友だち追加はできませんが、ホームを見られてあまり快く思わない人もいるはずです。 タイムラインでメンションする際は、投稿の公開設定を友だちのみにするなど配慮したほうが無難でしょう。 投稿後であっても、メニューボタンから公開設定を変更できます。 メンションを受ける側の挙動 メンションされると、タイムラインに通知が届きます。 」と表示されます。 この表示が、メンションされたということを意味しています。 通知をタップすると、当該投稿を見られます。 タイムラインのコメントでメンション タイムラインのコメントでも、メンションすることができます。 たとえば、複数の人が自分の投稿にコメントを付けてくれている場合などに、特定の相手に対して返信コメントを書きたいといったシーンが挙げられます。 そうした時、コメントメッセージを書く欄で「 」を入力すると、メンション候補のグループメンバーが表示されます。 相手を選択後は、普通にコメントを入力して送信するだけです。 メンションを付けてコメントすると、指名した相手のタイムラインに通知が届きます。 このため、相手もコメントの返信が来たことがすぐにわかるというわけです。 メンションできないケース メンションしようと思っても、何らかの理由で機能が使えないことがあります。 そこで、LINEでメンションできない主なケースを2つ紹介します。 相手がまだグループに参加していない、または退会した 当然ですが、相手がまだグループトーク・複数人トークに参加していない、あるいはすでに退会してしまった場合、その相手をメンションで指名することはできません。 メンションを利用できるのは、グループトーク・複数人トークに参加しているメンバーだけということです。 ブロックしている相手にはメンションできない 自分がブロックしているメンバーをメンションに指定することはできません。 メッセージ入力欄に「 」を入力してもブロックしている相手の名前は表示されず、トークのアカウント名をタップしてもメッセージ入力欄に入力されません。 とはいえ、ブロックされている側のユーザーは自分に対してメンションできます。 メンションを通じて、自分が相手をブロックしていることはバレないので心配無用です。

次の

【実際の使い方】ツイッター の「メンション」って何ぞや?【メンション外しての意味知っていますか?】

メンションとは

あわせて読みたい メンションとは相手を指定してメッセージを送る機能 『LINE』のメンションとは、グループトークやタイムラインなど複数のユーザーが見ている場所で、特定の相手に対してメッセージを送りたいときに使う機能です。 メンションされた相手は「メンションされました」と表示されるため、自分へのメッセージが届いていることに気づけます。 個人トークでは使えません。 メンションとリプライ機能の違い メンションは相手を指定してメッセージを送信する機能です。 一方のリプライは特定のメッセージを引用して返信する機能で、どのメッセージに対する返信なのかひと目でわかります。 メンションは「今日ランチ行かない?」など能動的に話しかけるときに、リプライは相手のどのメッセージに返信しているのかハッキリさせたいときに使い分けるといいでしょう。 メンションされた側には「あなたをメンションしました」との通知が届くだけでなく、トーク画面でも自分宛てにメッセージが届いてることが分かります。 ブロックしている相手には使用不可 グループトークはブロックしている相手とのやり取りはできますが、メンションは使用不可です。 「 」を入力しても、トーク上のアカウント名をタップしても、ブロックしている相手の名前は表示されません。 タイムラインでのメンションの使い方 「@名前」を入力し、送信すればメンション完了 グループトークと違ってタイムラインでは、 「 名前」の位置がメッセージ先頭でなくてもメンションが使えます。 上画像のように文章に合わせてメンションする必要はなく、文章の最初や最後に適当にメンションしておくだけでも構いません。

次の