寄ら ば 大樹 の かげ。 「寄らば大樹の陰」の意味とは?意味や使い方を解説!

「寄らば大樹の陰」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

寄ら ば 大樹 の かげ

しかし、中小企業よりは、大企業のほうが、社員の定着率がはるかに高い。 いつの時代も、新卒や中途の採用試験では、中小企業よりも大企業にエントリーする人が多い。 今回は、私がこれまでの取材経験で感じ取ったことをもとに考えてみたい。 ちなみに今回は、大企業の「賃金」「労働条件」「福利厚生」などは、あえて省くようにした。 中小企業の社員と比べると、特に基礎学力や意識などが相対的に高い。 プライドも高く、競争で勝ちたいという情熱を持った人も多い。 意識の高い人が多数並ぶのが、大企業の大きな魅力だ。 高いレベルの人の間でし烈な競走があるからこそ、ハイレベルな人になる。 仕事を早く覚え、高い業績を残す人材になるためには、レベルの高い社員がたくさんいる中にいないといけない。 レベルの低い人が多数いる中で、優秀な人は生まれえない。 多少、抜きん出たレベルになったところで、周囲のレベルが低いから、「優秀」とは言えない。 部下が育つか否かは、上司の力や経験、意識しだいだ。 大企業の場合、中小企業よりは、管理職の部下への指導や助言、コーチングなどは全般的に水準が高い。 中小企業の場合、社員の定着率が低く、社員間でし烈な競争があまりない。 競争があったとしても、レベルが高い人たちの競争とは言い難い。 これでは、レベルの低い人までもが、キャリアを積むと管理職になってしまう可能性がある。 レベルの低い人は権限を持ったとしても、部下への育成ができない。 そもそも、自分が一定のレベルに達していない。 こういう会社に入ったところで、多くの人が伸び悩むことになる。 評価をする上司のレベルも全般的に高い。 労働組合や人事部もあり、「人事評価は客観的にならなければいけない」という空気や文化が社内にある。 それが十分とは言い難いかもしれないが、中小企業の人事評価よりは、はるかにマトモである。 大きな傾向として、優秀な人は認められやすく、競争で負けた人は認められないようになっていく。 こういう環境も、大企業の魅力である。 中小企業よりは人材の淘汰が正確に、確実に進んでいる。

次の

【寄らば大樹の陰】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

寄ら ば 大樹 の かげ

しかし、中小企業よりは、大企業のほうが、社員の定着率がはるかに高い。 いつの時代も、新卒や中途の採用試験では、中小企業よりも大企業にエントリーする人が多い。 今回は、私がこれまでの取材経験で感じ取ったことをもとに考えてみたい。 ちなみに今回は、大企業の「賃金」「労働条件」「福利厚生」などは、あえて省くようにした。 中小企業の社員と比べると、特に基礎学力や意識などが相対的に高い。 プライドも高く、競争で勝ちたいという情熱を持った人も多い。 意識の高い人が多数並ぶのが、大企業の大きな魅力だ。 高いレベルの人の間でし烈な競走があるからこそ、ハイレベルな人になる。 仕事を早く覚え、高い業績を残す人材になるためには、レベルの高い社員がたくさんいる中にいないといけない。 レベルの低い人が多数いる中で、優秀な人は生まれえない。 多少、抜きん出たレベルになったところで、周囲のレベルが低いから、「優秀」とは言えない。 部下が育つか否かは、上司の力や経験、意識しだいだ。 大企業の場合、中小企業よりは、管理職の部下への指導や助言、コーチングなどは全般的に水準が高い。 中小企業の場合、社員の定着率が低く、社員間でし烈な競争があまりない。 競争があったとしても、レベルが高い人たちの競争とは言い難い。 これでは、レベルの低い人までもが、キャリアを積むと管理職になってしまう可能性がある。 レベルの低い人は権限を持ったとしても、部下への育成ができない。 そもそも、自分が一定のレベルに達していない。 こういう会社に入ったところで、多くの人が伸び悩むことになる。 評価をする上司のレベルも全般的に高い。 労働組合や人事部もあり、「人事評価は客観的にならなければいけない」という空気や文化が社内にある。 それが十分とは言い難いかもしれないが、中小企業の人事評価よりは、はるかにマトモである。 大きな傾向として、優秀な人は認められやすく、競争で負けた人は認められないようになっていく。 こういう環境も、大企業の魅力である。 中小企業よりは人材の淘汰が正確に、確実に進んでいる。

次の

寄らば大樹の陰の語源、古代エジプト由来の表現|ウチナーグチと古代エジプト語など

寄ら ば 大樹 の かげ

「寄らば大樹の陰」の意味 「寄らば大樹の陰」は 「頼る相手はできるだけ大きい組織や権力のある人にしたほうが、安全でいられる」という意味のことわざです。 簡単に言うと「どうせ入るなら大企業」というような感じでしょうか。 「大樹」というのは文字通り「大きな木」を表します。 雨が降ってきた時、小さな木よりも大きな木のほうが、確実に雨から身を守ることができますよね。 これになぞらえて作られた言葉が「寄らば大樹の陰」です。 大きな集団が必ずしも安全だというわけではありませんが、ある程度権力のある人や組織に頼っていた方が、いざという時に安心ですよね。 もちろん大きな木の下にいてもそこに雷が落ちる可能性もあるわけですが、この辺りは損得のバランスで考えると良いでしょう。 「寄らば大樹の陰」の類語としては「立ち寄らば大木の陰」が挙げられます。 こちらは言葉を言い換えただけでほぼ同じことわざですね。 他にも「鶏口となるも牛後となるなかれ」「犬になるなら大家の犬となれ」など、類似のことわざはいくつも存在します。

次の