黒木 香 netflix。 The Naked Director

【レビュー】攻めてるぜNetflix、AVの帝王・村西とおると黒木香の「全裸監督」を観た

黒木 香 netflix

『全裸監督』(Netflix) より AV監督・村西とおるの半生を描いたNetflixのドラマ『全裸監督』が話題となっている。 主役の村西を演じる山田孝之をはじめ、交際していたAV女優の黒木香を演じる森田望智の演技も高い評価を受け、芸能人のほか、テレビ・映画などメディア関係者の間でも、「地上波では絶対映像化できない」などと大絶賛されている。 一方で、ドラマの中には、現在は引退している元AV女優の黒木さんが、現役当時の名前(芸名)で重要人物として登場していることから、SNSなどでは、当時を知るAV関係者らから、「黒木さんはドラマ化を了承しているのか」といった疑問の声も上がっている。 そんな中、「許可を取っているのか」という質問に対する、「作品制作にあたって、村西さん同様、黒木さんご本人は関与されていません」というNetflixの回答が報じられた。 そこで、黒木さん本人が、プライバシーの侵害でNetflixを訴えることは可能なのか、弁護士法人ALG&Associatesの山岸純弁護士に話を聞いた。 山岸氏によると、プライバシー権とは、「自分の情報をコントロールする権利」と考えられているという。 「現代社会では、人は、自分の過去や現在の情報がどこでどのように使われるのかについて強い関心を持っているので、このような情報について自分の知らないところで使用されることを拒む権利として考えられています」 その上で、黒木さんがプライバシーの侵害を訴えることは可能なのかについて、山岸氏は次のように述べる。 「黒木香さんの実名モデルとしての登場は、本人に『世間に知られたくない』『過去のことなので、今となっては公表して欲しくない』という気持ちがあり、これらの気持ちについて大多数の一般の人が『同じ立場だったら同じように考える』というような場合には、法的保護に値する可能性があります。 この場合、プライバシー侵害として、映像の配信停止や損害賠償請求のための訴訟を提起することができます」 訴訟を起こした場合の損害賠償の金額はいくらになるかについては、「『精神的な損害』がメインとなるので、大きな額にはなりませんが、数百万円程度になる可能性があります」という。 ドラマ自体は大変好評なため、シーズン2の制作が決定している。 これについて、黒木さんが制作や配信の中止を求めることは可能なのだろうか。 山岸弁護士によると、「『映像の配信停止』について、裁判所の仮処分手続きにおいてできるかもしれません」とのこと。 そもそも、このドラマは本橋信宏のノンフィクション『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)が原作となっているという。 では、この原作自体はプライバシー侵害にならないのだろうか。 かつて小説のモデルとなった女性からのプライバシー侵害の訴えにより、出版の差し止めが認められた柳美里の『石に泳ぐ魚』(新潮社)のようなケースもある。 「一般人であること、一般的に『他人には知られたくないこと(昔の犯罪歴、身体のこと、過去の恥ずかしい出来事、癖など)』が開示されること、そのことを公開することが社会にとって役に立ったりするもではないこと、実名であること、などの要素があると、『プライバシー侵害』になる可能性が高まります。 また、引退後、消息を報じる記事がプライバシー権や肖像権の侵害に当たるとして、出版社等に対して損害賠償を求める民事訴訟を何度か起こし、そのいくつかは勝訴していることも報じられている。 山岸弁護士は、「エンタメやメディアの影響力(情報があっという間に広がっていく力、多くの人が疑問を持たずに信じ込んでしまう力など)を理解している者は、今一度、その力の強さをしっかりと認識し、使い方を思慮深く考えなければなりません」と警告する。 今や、SNSやネットを通じて誰もが発信者となれる時代。 メデイアのみならず、自らの発信する内容について今一度振り返り、人権について考える必要があるのではないだろうか。

次の

『全裸監督』黒木香役・森田望智に”土屋太鳳越え”の期待! 迫真艶伎に業界内でも絶賛相次ぐ|日刊サイゾー

黒木 香 netflix

有吉、ベッキー、綾小路翔もハマった 今、この作品がとにかく面白いと各所で絶賛されています。 芸能人の間でも評判がよく、氣志團の綾小路翔はツイッターで <「全裸監督」最高過ぎた。 どこがって聞かれたらもうキリがないけれど、人生初の経験で言うと、絡みのシーンであんなにボロボロ泣けるとは。 心から感動> と興奮気味にツイートしています。 タレントのベッキーも <私も『全裸監督』昨日1日で一気み。 > と、そのハマり具合を報告。 そして芸能界で今一番『全裸監督』にハマっていると噂のは有吉弘行は、ツイッターに <今日も全裸監督を薦めてしまった。。。 家族持ちの人達には当然、大人の時間にね、と添えながら。。。 > と投稿。 有吉は自身のラジオ番組でも『全裸監督』でAV女優・黒木香(芸名)役を演じた女優の森田望智(みさと)の演技について、「頑張ってたっていうのは生意気かもしれませんけど、ああ、こういうのが体張って演技するってことなんだなぁっていうふうに思いましたね。 ナイスです!」「すぐ(森田の)ツイッター探して、フォローしましたよ」と熱弁するほどのハマりっぷりを見せています。 配信遅れて申し訳ありません。 お待たせしました。 お待たせし過ぎたかもしれません。 今日の田中でございます。 — 有吉弘行 ariyoshihiroiki このように、有名人までもを巻き込んでのブームになっている『全裸監督』。 しかし、有吉が絶賛している「黒木香」役についてSNS上で、ちょっとした懸念の声が上がっているのです。 — 2019年 8月月8日午前3時00分PDT 黒木香さんとは、ドラマでキーパーソンとなる、実在する元AV女優。 現役大学生ながら、村西とおると共に生み出したデビュー作『SMぽいの好き』が異例の大ヒットを記録し、「わたくし」「~でございます」という古風な言葉遣い、そして黒々とした脇毛をはやしているなど、その個性的で魅力的なキャラクターで一躍、時代の寵児となりました。 そんなカリスマ的人気女優だった黒木香さんは、94年に業界を引退。 表舞台から姿を消しましたが、引退後も、過去の性生活についての記事や、「あの人は今」「消えたあの人大追跡」などと銘打った企画でしばしば私生活を報じられました。 そういった報道に対して黒木さんは複数回、訴訟を起こしているのです。 徳間書店(判決当時「芝ホールディングス」)に対しては、AV監督のインタビューに基づいて過去の性生活についての記事を掲載されプライバシーを侵害されたとして、黒木さんが1650万円の損害賠償を求めて提訴。 2006年5月23日、一審で東京地裁は、徳間書店に220万円の支払いを命じました。 判決によれば、「黒木さんは引退して一般人として生活しており、過去の性生活を明かす記事の掲載を承諾していたとはいえない」とのこと。 このように、引退後の近況や女優活動当時のプライベートな部分を報じられることに敏感である黒木香さんが、今回の『全裸監督』で自分のライフストーリーを映像化され全世界に配信されていることについて、SNSでは「黒木香さんにコンテンツ制作の同意を得たのだろうか?」「黒木さんにライフストーリーの映像化権料は払われていて欲しい!」と、心配する声が上がっているのです。

次の

黒木香の現在!ワキ毛の女王と呼ばれた元AV女優の今に迫る

黒木 香 netflix

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 話題沸騰、山田孝之主演ドラマ『全裸監督』黒木香さんの同意は?Netflixに聞いてみた 女子SPA!はてなブックマーク - 話題沸騰、山田孝之主演ドラマ『全裸監督』黒木香さんの同意は?Netflixに聞いてみた 女子SPA! プレビュー 話題沸騰、山田孝之主演ドラマ『全裸監督』黒木香さんの同意は?Netflixに聞いてみた 女子SPA! 『 伝』(/著・)を化したで、の山田... 今、このがとにかくと各所で絶賛されてい。 の間でも評判がよく、のはで <「」最高過ぎた。 どこがって聞かれたらもうキリがないけれど、初ので言うと、絡みのシーンでなに泣けるとは。 心感動> と興奮気味にしてい。 のも <私も『』昨日1日で一気み。 > と、そのハマり具合を報告。 そしてで今一番『』にハマっていると噂のはは、に <もを薦めてった。。。 持ちのには当然、にね、と添えながら。。。 > と。 ブックマークしたユーザー•

次の