群馬 県 コロナ ウイルス 感染 者。 県内の最新感染動向

群馬コロナウイルスの受け入れ病院はどこ?感染経路や感染者の職種などについても

群馬 県 コロナ ウイルス 感染 者

集団感染が特異な数値を示しているので、県内全体の感染者動向を把握し難くしていますが、集団感染者数を除いたケースをグラフ化すると、多少の傾向を掴むことができます。 下記に県内全体と、伊勢崎市の高齢者施設を除いた2ケースについて、日ごとの感染者数グラフを示しますが、県全体では4月12日頃をピークに微減しているようです。 ただ、東京都のように増減傾向が把握し難い例もあること、また、ここ10日間ほどは群馬県内においても散発事例が増えていることから、微減傾向が続く保証はありません。 当面の課題は、ゴールデンウィーク中の人との交流をいかに自粛できるかでしょう。 その 約半数の64人が伊勢崎市内の高齢者施設の集団感染とその関係者です。 各グループごとの感染期間を調べると、4月21日時点で感染者が発生し続けている伊勢崎市の高齢者施設と沼田市の総合病院を除くと、 短いところで3日間、長いところで13日間となっています。 千葉県の4月21日時点の感染者数は730人ですが、その内、支援施設での集団感染者が117名です。 一方、茨城県の4月21日時点の感染者数は146人ですが、その内、千葉県の集団感染者が通所する施設で集団感染が発生しています。 他の都府県については調べていませんが、群馬、千葉、茨城と、集団感染者が多くを占めること、集団感染の怖さを知る思いです。 余談ですが、群馬県ウェブではグループ別(施設や会社等)の一覧表を閲覧できますが、千葉県、茨城県はそれと同等の資料が見つかりません。 感染経路を知るうえで、グループ別分類は重要なので知りたいところです。 (見つけ切らないだけかも知れませんが) 以下に、 群馬県内のグループ別発生期間と 全県の日ごとの推移をグラフで示します。 なお、前回(4月16日)には、感染者の居住地が全て判明していましたが、今回は4月20日、21日の感染者について管轄保健所のみの記載だったので、自治体別感染者推移はグラフ化していません。

次の

群馬県内・新型コロナウイルス感染者数

群馬 県 コロナ ウイルス 感染 者

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況 昨年12月以降、新型コロナウイルスによる感染症が報告されています。 風邪やインフルエンザなどの感染症も多い時期ですので、感染予防のためにも、石けんでの手洗いや咳エチケットなどを徹底し、ウイルスの感染を防ぎましょう。 新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について 新型コロナウイルス感染症に関連して、感染した方やその家族、濃厚接触者に対する不当な差別、偏見、いじめ、SNSでの誹謗中傷等を行わないよう、正確な情報に基づいた冷静な行動をお願いします。 【市内感染者情報】• 6月5日(金) 群馬県が新型コロナウィルス感染症疑いの患者のPCR検査を実施したところ、1名の市内在住者の方の感染が確認されました。 詳しくは、群馬県で発表された感染者情報をご確認ください。 4月11日(土) 群馬県が新型コロナウィルス感染症疑いの患者のPCR検査を実施したところ、1名の市内在住者の方の感染が確認されました。 詳しくは、群馬県で発表された感染者情報をご確認ください。 4月4日(土) 群馬県が新型コロナウィルス感染症疑いの患者のPCR検査を実施したところ、1名の市内在住者の方の感染が確認されました。 詳しくは、群馬県で発表された感染者情報をご確認ください。

次の

群馬県内・新型コロナウイルス感染者数

群馬 県 コロナ ウイルス 感染 者

そのうち、私の地元藤岡市で2名の方が感染されました。 20代女性・10歳未満男の子 これで県内の感染者の合計は90名になります。 ご覧の通り、藤岡市で新型コロナウイルス感染者が確認されたことが報告されています。 感染者は、20代女性と10歳未満小学生男子と公表されています(詳細はをご覧ください)。 これに対して困惑する声が相次ぎ、Twitterで注目を集める結果となりました。 「群馬県藤岡市で新型コロナウイルス感染者」に対する世間の反応 「藤岡市でコロナ出たんか…」 「藤岡市も感染者出たのか」 「藤岡市にもコロナ出てしまった…」 「群馬県また出た。 コロナ感染者止まらない…」 「藤岡市もコロナ出たみたい。 危なくなってきた」 などの声があがりました。 やはり世間では、群馬県藤岡市で新型コロナウイルス感染者が確認されたことに対して困惑する声が多く見られました。 最後に 今回は、群馬県藤岡市で新型コロナウイルス感染者が確認されたことについてご紹介させていただきました。 群馬県内で新型コロナウイルス感染者が増加しているということで、住民の間で不安が広がっています。 都会・地方問わず、日本全国で新型コロナウイルス感染者が急増していますので、自分だけでなく家族や友人のためにも感染症対策を念入りに行いたいですね。

次の