ぴくと受け。 中学生時代、手汗が嫌で手術を受けた話!手汗は止まったけど、あるデメリットが...

ぴくとはうすの最新動画|YouTubeランキング

ぴくと受け

コロナでの一か月休業から仕事復帰したとはいえ、 めちゃくちゃ疲れてるとかいうわけでもなく、 以前の状態に戻ってきただけなんだけど。 まだ生活のリズムがなんとなくつかめなくて。 毎日違うことやりたい! 知らない場所に行きたい! 色んな人と出会いたい! とかいう欲求があんまりない私・・・w 環境の変化にちょっぴり弱いんだろうな・・・ ルーティン上等。 代り映えのしない生活万歳。 新規開拓よりも定番物が好き。 刺激より安定。 細波程度の刺激でも受け続けるとストレスになるんだわ~~ まぁでもこれは、別に短所とか欠点なんかではなく、 単に私が「そういうタイプ」の人間なんだと思ってるので のほほ~んと通常運転に戻るのを待っている感じ。 それをすごく思った時の過去記事あったあった。 更新のはげみになります。 はるパパってどうなんだろう…。 自分でも自己分析できていないというか、何と言うか。 いろんなことをやってみたいと思った次の日には何もかも面倒くさいみたいな時があって、 強い刺激がほしいときもあれば、何も受け付けない日もあって。 何だか病的な表現なんだけれども、そうなんです。 これも、そういうタイプの人間なので、と言えばそうなんですが。 だから、その日の気分に沿って生きているのが一番いいのかな。 予定とか入れてあれば、それに合わせるからそれはそれで大丈夫なんだけど。 でも、この騒動は大変だったね。 と言うかまだ終わってないけど。 突然の非日常的な生活を強いられるのはやっぱりしんどかった。 なまった身体で這うてでも会社に行けるのはやっぱり幸せなんだと思う。 仕事したくてもできなくなった人もいるし。 いま、ブログをどうしようか考え中。 FC2のままでいいのか、WordPressにしようか…。 拡張性を考えるとWPの方がしやすそうだし。 Yahoo! 時代にこちらのブログを見つけてFC2の魅力にはまったことを思い出しました。 いつまでも同じテンプレ使って、デザインも機能も古臭くなってきたからね。 ガラパゴスなブログになってしまいました。 それでもちょこちょこいじって楽しんでいるんだけど、そんな悠長なことを言っていられる時代ではなくなってきたから、マジで考え中。 で、WPいい? Feedlyを使うようになってさっき通知が来たから早速お邪魔しました。 何だかすごい便利な世の中になっとるんだなぁ…。 他人から〇〇タイプって決めつけられるのはアレだけど 笑 私に関しては、 自分で自分はこういうタイプだなってちょっと考えておくことで、 変に無理しないように心構えができるというか。 ストレス抱えるとすぐに胃が気持ち悪くなる人なので 要は+にも-にも良くも悪くもバランスを取りたい人なのです。 世界はもう元には戻らない、なんて言葉もちらほら聞きました。 (他のレンタルサーバーは比較でちょろっと調べたくらいやから知らんけど) 月1000円程度で運営できるなら御の字なくらい、 セキュリティやメンテナンスがしっかりしてます。 通信トラブルとかも全然ないし。 記事書きやすいエディタだし、 不具合対応なんかの更新めちゃくちゃ早いし頻繁だし、 初心者はありとあらゆるプラグインから選び放題だし、 たいていカスタマイズ用に親切な設定画面つけてくれてるのでいじれるし、 上級者はゴリゴリPHPでもcssでも直で作ったりいじったりすりゃいいし、 本当に誰でも使えて、こだわりたければとことんこだわれて、と いたれりつくせりです。 シンプルなテーマ(テンプレート)もどんどんリリース&更新されるので、 そこからカスタマイズすればSEO対策もバッチリですしね。 はるパパさんがやらないのもったいないと思うくらい。 レンタルサーバーとWordPress、いいですよ~ イメージは真っ白。 すごく自由。 自分のものって感じがすごくしますよ。 (いいよって点を伝えたいだけで、他をディスってるわけじゃないからね).

次の

筋肉のぴくつきとALSの初期症状について

ぴくと受け

二年前から、筋肉のぴくつき、手のふるえ、発汗異常があってちょうど二年前に脳のMRIと甲状腺などの血液検査をしました。 特に異常はみられなくて、原因不明で様子を見ていました。 最近に なって症状が増えて、ゆらゆらする目眩、音声過敏、知覚過敏などの症状がでて、やっぱり小脳などに異常があるのではと思い、脳神経内科でみてもらいました。 脳のCT,MRIをしてもらって、心配な病気を全部話してしっかり診てもらったんですけど異常なしでした・・ 指を鼻につけたりするテストも幾つかしたけど異常なしでした。 耳鼻科かなと思って、目眩や聴力検査をしたけど異常ないです。 でも、明らかに身体の症状はあって、いつもは気にならない音が響いてしかたなかったり、身体がゆらゆらしたり、おかしいです。 唾液も異常に出るし、手足に汗をすごくかきます・・ 全部、検査はおなじ病院でしました。 神経内科の先生には心療内科かもしれないと言われたけど勇気がないです。 正直、症状があちこちにですぎて何科に行けばいいかわからなくなってきました・・ 誰か相談にのってください・・・ 補足顎関節ですか・・たしかに、口を開けるとカクカク音がしますが・・ 現在、甲状腺持ちで通院して7年になります。 あなたと同じような症状でした。 ダイエットでもしましたか? 私は太っていたのでダイエットして20kg体重減少して痩せました。 痩せたのは嬉しかったのですが…食べても体重が減る。 大量の汗、めまい、貧血、手の痺れ、息切れ、疲れやすくなる、生理不順、眠くなる、怠い、喉が乾く…など。 それでおばさんとこに遊びに行った時、私の喉を見てたら『もしかして甲状腺じゃないか?』って言われたのかきっかけで総合病院に行きました。 最初、超音波で見てもらってから血液検査しました。 1週間後に結果が甲状腺と判明。 個人病院より大きな総合病院の方がいいですよ。 『糖尿病・内分泌内科』の専門の先生がいますので見てもらった方がいいと思います。 私は手術受けたくなかったので薬を飲んで治療しています。 喉にしこりがあるかもしれません。 最初は月1回、薬:朝昼夜3回2錠でした。 現在、半年で薬:朝2錠です。 仕事中、疲れやすくて大変だけど頑張っています。 補足について たぶん顎関節症に間違いないのでは。 人により訴える症状はまちまちです。 強い症状は、弱い症状を打ち消します。 顎関節症の方がそのようになります。 以下参考にしてください。 顎関節症(医療文献の引用) 症状 頭痛、目めまい、吐き気,咬合痛(歯根膜炎)、夜間の噛み締め、開口障害、顎関節音、肩凝り、胃腸障害、手足のひえ、腰痛、倦怠感、その他複合した症状を呈する。 刺激が脳に伝達され、神経の誤作動、神経の調整機能を喪失させるために起こる。 病院では原因不明のため自律神経失調症という病名が付される。 患者は、歯とこれらの症状とを関連つけることはできない(説明されないため)。 病院を転々として、重度になれば、寝込むようになり、自殺を考えるようになる。 原因 局所的要因 10~60マイクロメーターの歯の早期接触(歯科医師の人工物や不要な咬合調整、矯正、抜歯、親知らず、虫歯の放置噛み合わせが悪く永久歯が生えた等により引き起こされる。 ) 精神的要因 監禁等の強いストレスを受けた場合。 身体的要因 骨折等の重度障害、頬杖、硬いものを食べた等、顎に負担をかけた。 治療 局所的要因 大学病院歯学部で治療を行っている。 早期接触を取り除き均等加重にすることが必要。 10マイクロの早期接触位置 咬合紙の厚み30マイクロ を特定するのは困難な場合がある。 その場合は、歯科医師は、通常治せない。 気をつけること 歯科医師が原因の顎関節症は、歯科医師が、原因不明とかの虚偽説明をしています。 治療が妨害されています。 歯科医師の説明を鵜呑みにしないことが大事です。 人を病気にして金を稼ぐ犯罪です。 咬合紙をみて噛み合わせいけるなどと虚偽の説明をしています。 咬合紙上均等加重でも噛み合わせとしては不十分です。 噛み合わせが正常といえるには、歯根膜が感知しないレベルでの均等加重が要求されます。

次の

ぴくとはうすの顔がヤバい?年齢や収入も初公開!

ぴくと受け

掲示板の過去に出てくる緊張型ぴくつきに似ていると思ってます。 お聞きしたいのは、 今の症状はジストニアである眼瞼痙攣なのでしょうか? 緊張型ぴくつきは対処療法で完治はしませんか? 自由診療との事ですがどれくらい診察代がかかりますか? ------------------------------ 御相談者の御相談内容要旨御記載からは。 「めのまわり」の「ぴくつき」=「ピクピクします」 を中心に(と「御記載」されています) 全身が「ぴくつき」=「ピクピクします」 という「不随意運動:involuntary movement:IM」の の本体はなにがかんがえられるかという「御相談」と解釈到します。 そして 「お聞きしたいのは、 今の症状はジストニアである眼瞼痙攣なのでしょうか? 緊張型ぴくつきは対処療法*で完治はしませんか?」 の 「2つ」の「中枢神経系専門医」の観点からの 「御相談」であると解釈到します。 (*対処療法は「対症療法」の書き間違えであると仮定到させて頂きます。 「今の症状はジストニアである眼瞼痙攣なのでしょうか?」 と急に 「ジストニー:distonia」の「病態概念」の「名称」の 御話になっていますね。 「御回答」をするにあたりとまどいを感じています。 まず御相談者の御相談内容要旨御記載からの 「御回答」を御回答の「ひとくちの要約」のように 「御記載」到します。 極めて判りやすく言えば。 (*対処療法は「対症療法」の書き間違えであると仮定到させて頂きます。 「今の症状はジストニアである眼瞼痙攣なのでしょうか?」 の「ジストニア」は 「臨床神経診断学用語」の「ジストニー:distonia」の 書き間違いとすれば。 御相談者の御相談内容要旨御記載からは 「御相談者」の「眼嶮痙攣:がんけんけいれん:blephalospasm:BS」 は 「ジストニー:distonia」=「「distonia」とかいて「ジストニー」とよむ」 = 「ジストニー」による「眼嶮痙攣:がんけんけいれん:blephalospasm:BS」 ではありません。 * 御相談者の御相談内容要旨御記載からは。 「メージュ症候群:Meige's syndrome 」の患者さんの 場合のような。 「眼嶮痙攣:がんけんけいれん:blephalospasm:BS」に加えて 「ジストニー」= 「ジストニー:distonia」=「distonia」とかいて「ジストニー」とよむ の「症状・症候」ほどには。 「ぴくつき」=「ピクピクします」が「粘着性の強いもの*」 ではないように考えます そして 「2つめ」の 「緊張型ぴくつき(あだ名です)」であるとすれば これに対する「治療戦略」の 「治療効果比:therapeutic ratio:TR」に関してですが。 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 の「治療戦略」が「対症療法」か否かに関しては。 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 の 筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服 またケトプロフェン・テープなどの外用薬、場合により神経ブロックを施行いたします。 (「神経ブロック」といっても 「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません) これらの「治療戦略」は「対症療法」ではありません。 「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 の「治療戦略」は「根治療法」の「治療戦略」です。 「不随意運動:involuntary movement:IM」の「一種」 である 「ジストニー」は「ジストニー:distonia」 であり。 「ジストニー:distonia」は「ジストニア」では ありません。 まず 「ジストニア」という「症候名称」はありません。 このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 だから「御相談者」には「ジストニア」という用語を ひとまず忘れていただく必要があるのです。 「ジストニー:distonia」という用語は覚えて いただけますか。 「ジストニー:distonia」=「distonia」とかいて「ジストニー」 とよむように。 日本語の「臨床神経診断学用語」の場合は規定されている用語 です。 これは「脳神経外科専門医」「神経内科専門医」が「欧米」 の「臨床神経診断学」を「導入」するにあたり「深い歴史」の因縁があるのですが この過程で。 そして結果として。 「ジストニー:distonia」と定められたものです。 「ジストニア」という場合は 「臨床神経診断学」では「ジストニー:distonia」の「複数型」を 意味し。 「まだ的がしぼれていない「ジストニー:distonia」の患者さんの場合」 の「症状・症候」を意味到します。 だから 「中枢神経系専門医」は「診療情報提供書」などで 「ジストニー:distonia」=「ジストニー」ではなく あえて「ジストニア」と御記載があったときは 「御受け持ちの先生」が「まだ「診断戦略」が 不完全或いはその他の理由がある」 ことを「悟ります」。 「distonia」とかいて「ジストニー」とよむように 日本語の「臨床神経診断学用語」の場合は規定されている用語で 「ジストニー」は 「不随意運動:involuntary movement:IM」の「一種」 です。 「ジストニア」という「症候名称」はありません。 このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。 「症状・症候」は。 「眼嶮痙攣:がんけんけいれん:blephalospasm:BS」 とみずから「御指摘」されている => そして 「今の症状はジストニアである眼瞼痙攣なのでしょうか?」 の「ジストニア」が「ジストニー」となり。 => 「今の症状は「ジストニー」である眼瞼痙攣なのでしょうか?」 という 「御相談」であれば。 ここで 「眼嶮痙攣:がんけんけいれん:blephalospasm:BS」が 本物の 「眼嶮痙攣:がんけんけいれん:blephalospasm:BS」であり。 「ジストニー」が本当に「ジストニー:distonia」= 「「distonia」とかいて「ジストニー」とよむ」 であると仮定到します。 そして 「ぴくつき」=「ピクピクします」が全身にあるとすれば。 「今の症状はジストニアである眼瞼痙攣なのでしょうか?」 の「ジストニア」が「ジストニー」となり。 => 「今の症状は「ジストニー」である眼瞼痙攣なのでしょうか?」 という 「御相談」からは。 「「御相談者」の「御記載」の 「ぴくつき」=「ピクピクします」の 「不随意運動:involuntary movement:IM」の「病態」は 「メージュ症候群:Meige's syndrome 」という 「病態」であるということになってしまいます。 御相談者の御相談内容要旨御記載からは。 「メージュ症候群:Meige's syndrome 」の患者さんの 場合の 「眼嶮痙攣:がんけんけいれん:blephalospasm:BS」に加えて 「ジストニー」= 「ジストニー:distonia」=「distonia」とかいて「ジストニー」とよむ の「症状・症候」ほどには。 「ぴくつき」=「ピクピクします」が「粘着性の強いもの*」 ではないように考えます 「粘着性の強いもの*」という「ジストニー」は。 開眼をたもつのが困難であり。 「頚部筋群」の「不随意運動:involuntary movement:IM」 が強く呼吸時に「奇声」を放つことがあります。 だから 「緊張型ぴくつき(あだ名です)」でよろしいと 考えます。 1・ メージュ症候群のようです [2] [2003年11月13日 10時48分39秒] を 御参照頂けますか。 2・ 過去3年ほど浮遊性のめまいその他まぶたが重いなどの症状があります。 [2] [2007年 3月17日 21時 9分 9秒] を御参照頂けますか。 上記あくまでもご参考にまでお留めおき ご無事にお大事にされて下さいませ。 何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。 2009 0618 Thr 13:06:41 ジストニー・ジストニア・ぴくつき・ALS・パーキンソン症候群・不随意運動・メイジュ症侯群・メージュ症侯群・ などの「不随意運動:involuntary movement:IM」 の不随意運動専門医の東京 都 世田谷 区 山本クリニック脳神経外科専門医の山本博昭 先生に。 「メージュ症候群:Meige's syndrome 」につき 御教示をよろしく御願い致します。 「ぴくつき」=「ピクピクします」 真摯で暖かい山本先生の治療を受けたいです。 決断致しました。 4 2 4 3023 3 3 8 1 5 0 2 1 0 0 0 1 2 0 0 0 4 1 0 3 0 1 1 0 2 0 0 2 0 1 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 1 3 1 0 2 1 1 1 0 0 3 1 0 0 3 5 4 0 2 0 1 4 0 110 3 1 2 7 0 0 2 1 2 19 30 31 30 31 29 31 30 30 31 30 31 31 30 31 30 31 28 31 31 30 31 30 31 31 30 31 30 31 28 31 31 30 31 30 31 31 29 31 30 31 28 31 31 30 31 30 31 31 30 31 30 31 29 31 31 30 31 30 31 31 30 31 30 30 28 31 33 31 31 30 31 31 29 31 29 31 28 31 31 30 31 30 29 30 29 30 28 29 27 31 31 28 25 23 31 30 28 31 28.

次の