ヒルドイドジェル。 ヒルドイドフォルテクリーム&ジェルの使い方や効果は?口コミもCheck

日本の1.5倍高濃度「ヒルドイドフォルテクリーム」海外から購入!口コミ | 本気モードのアンチエイジング

ヒルドイドジェル

最も汎用されているのはヒルドイドソフト軟膏ですが、ヒルドイドはそれだけではありません。 今回は、ヒルドイドクリームとヒルドイドゲルの違いについてみていきましょう。 ヒルドイドの効果とは ヒルドイドには、ヘパリン類似物質が含まれています。 これによって、ヒルドイドは様々な効果を発揮します。 保湿作用 ヘパリン類似物質には、硫酸基、カルボキシル基、水酸基などの水を保持する親水基がたくさん付いています。 そのため、水分を保持する作用に優れており高い保湿作用があります。 肌が乾燥した時にヒルドイドが処方されるのはそのためです。 血行促進作用 ヘパリンという物質には、血液の固まりを溶かしてサラサラにする作用があります。 そしてヘパリン類似物質はヘパリンと同様に血行促進作用を有しています。 これによって、血行障害によって起こる痛みや腫れを改善します。 抗炎症作用 ヘパリン類似物質は、抗炎症作用も持ち合わせています。 そのため、筋肉痛や腱鞘炎などを改善する効果が期待できます。 傷跡をキレイにする 切り傷などは、完治したとしても傷跡が残ってしまうことがありますよね。 目立たない場所ならあまり気になりませんが、目立つ場所にある傷跡はキレイにしたいですよね。 ヘパリン類似物質は、傷跡の原因になる線維芽細胞の増殖を阻止することによって傷跡をキレイにしてくれます。 ヒルドイドの剤形は4種類 ヒルドイドシリーズには、ヒルドイドソフト軟膏、ヒルドイドクリーム、ヒルドイドローション、そしてヒルドイドゲルの4種類があります。 ヒルドイドソフト軟膏 ヒルドイドソフト軟膏は、4種類のヒルドイドの中でも最もよく使用されています。 ピンクのパケージに見覚えがある人は多いのではないでしょうか。 ヒルドイドソフト軟膏の良いところは、皮膚を保湿するだけではなく皮膚を保護してくれるところです。 水に流されにくいため、長時間にわたって皮膚を乾燥から守ってくれるところもメリットです。 その反面、ヒルドイドソフト軟膏は塗った時にペタペタするので、手に塗った場合には少々不便かもしれません。 患部が手の場合は、仕事をした後に塗ることをおすすめします。 ヒルドイドクリーム ヒルドイドシリーズの中で一番しっとりしているのが、ヒルドイドクリームです。 水で洗い流しやすくペタペタしないので、ヒルドイドソフト軟膏が苦手な人はヒルドイドクリームを試してみるといいかもしれません。 難点は、匂いがやや独特なこと。 人によってはヒルドイドクリームの匂いを臭いと感じるようです。 また、ヒルドイドソフト軟膏の副作用発生率がほぼ0%であるのに対し、ヒルドイドクリームは0. 1%ほどの確率で肌荒れや肌のかゆみ、発赤などの症状が現れます。 ヒルドイドローション ヒルドイドローションは、白い乳液タイプです。 頭など毛が生えているところに塗布したい場合には、ヒルドイドローションが最も使いやすく適しているといえるでしょう。 ヒルドイドゲル ヒルドイドゲルは、怪我の跡の腫れなどを改善するために開発されたものです。 そのため、ヒルドイドゲルは非常によく伸びます。 また見た目にも特徴があり、クリームやローションが白色なのに対して、ヒルドイドゲルは透明〜半透明です。 クリームとゲルの違い クリームとは、本来であれば混じり合わない水分と油分を乳化剤によって混ぜ合わせたもの。 ゲルは、そのままでは分散している水分子をゲル化剤が結びつけたもの。 これを、専門用語で水溶性高分子ポリマーと呼びます。 ゲル化剤としては、カルボマー(カルボキシビニルポリマー)やキサンタンガムなどがよく知られています。 クリームとゲルは、色やつけ心地が違う頃からわかるようにその性状はまるで異なります。 クリームの方が油分が多い、と覚えておくと良いでしょう。 ヒルドイドゲルの特徴 ヒルドイドシリーズは、どれもほぼ同じ効能・効果があります。 しかし、ヒルドイドゲルだけは少々異なる特徴があります。 高い保湿作用や血行促進作用は、ヒルドイドソフト軟膏、ヒルドイドクリーム、ヒルドイドローション、そしてヒルドイドゲルのどれもが持っています。 しかし「抗炎症作用」があると添付文書にはっきりと記載されているのはヒルドイドゲルだけなのです。 そのため、筋肉の炎症などが起こった場合にはヒルドイドゲルが処方されることが多くあります。 肩こりや腱鞘炎などにも効果があるようですよ。 これは、ヒルドイドクリームとヒルドイドゲルの大きな違いですね。 ヒルドイドクリームとヒルドイドゲルの使い分け ヒルドイドクリームの特徴は、ヒルドイドシリーズの中で一番しっとりとしているということ。 しっとりしたつけ心地が好きな人は、ヒルドイドクリームが合っているでしょう。 また、筋肉痛や肩こりなどでヒルドイドを使用したい人はヒルドイドゲルが効果を発揮します。 ヒルドイドクリームとヒルドイドゲルでは匂いや、つけ心地も違いますから、好みが分かれると思います。 どちらが良いという希望がある人は、病院で医師に相談してみてくださいね。

次の

ヒルドイドフォルテジェルの通販・個人輸入なら『いろはウェブショップ』

ヒルドイドジェル

ヒルドイドフォルテにはジェルとクリームがあるため、季節的なことや肌のコンディションで、上手に使い分けをすることができます。 使い方は清潔な肌に塗布をするだけなので、難しいことはありません。 ヘパリン類似物質を有効成分としている医療用の保湿剤であり、どちらも基本的な成分と効果は同じです。 肌に塗布をした後のべたつきが気にならずに、塗った際の乾きも早いジェルタイプは、使用感もとてもさっぱりとしています。 乾燥肌の改善をはじめとして、皮膚のかさつきや手荒れなどを改善するために役立つ保湿剤です。 気温が上昇をして発汗も多い、汗のべたつきも気になる夏場には、乾きの良いべたつきも気にならない、さっぱりタイプもジェルでのお手入れが向いています。 みずみずしいテクスチャーで夏でも気軽に使うことができますし、根本的な乱れた肌環境を改善するために役立つ保湿剤です。 使用感はとてもサッパリしているジェルですが、医療用の保湿剤という効果の高さと共に、抜群の保湿力が魅力になります。 角質の構造的に水分が蒸発をしやすく、ナイーブな状態を修復するために大活躍です。 肌の潤いをその時だけ保つものではなく、乾燥の激しい皮膚の環境を根本からリセットして、良い状態へ導くことになります。 清潔な肌に塗るタイプであり、ジェルを塗布するとすぐに馴染んで、表面はサラサラな状態です。 みずみずしいジェルは広い範囲にも伸ばしやすいことから、頭皮や背中など面積の広いパーツにも適しています。 肌の内部への浸透力には長けているジェルですが、水分量が多い特徴をもちますので、水分を皮膚内部へ閉じ込める役目としては、クリームの方が力は上です。 暑さがピークを迎える夏にはジェルで良いものの、気温が下がり乾燥の激しくなる冬が来たらヒルドイドフォルテクリームに切り替えます。 油分も多いことから水分を閉じ込めますので、激しい冬の乾きに負けることもありません。 有効成分ヘパリン類似物質を配合の外用薬、ヒルドイドフォルテクリームは、しっとりとしたテクスチャーで年間を通して使いやすいタイプです。 ただ夏場は発汗の関係からべたつきを気にするようなら、真夏以外の使用にするなど使い分けをするのも良い方法になります。 皮膚の乾燥に伴うかさつきをはじめ、粉拭きやかゆみにひび割れなど、皮膚トラブルの症状を治療するのが大きい目的になるのが、ヘパリン類似物質の医薬品です。 人間の肌における角質層の水分蒸発を守り、皮脂欠乏症を改善するためにも役立ちます。 顔の乾燥にも利用をすることで肌が潤う効果を実感することができますし、通販で気軽な購入のできる保湿剤です。 常に露出をする顔ですからヒルドイドフォルテを使い、乾燥から肌を守ることができるのは助かりますし、通販であれば病院へ行く手間もありません。 どちらの使い方も保湿をしたい箇所に、毎日ソフトタッチで塗るだけです。

次の

ヒルドイドフォルテジェルの通販・個人輸入なら『いろはウェブショップ』

ヒルドイドジェル

ヒルドイドジェル ヒルドイドジェル0. 有効成分はヘパリン類似物質であるムコ多糖体多硫酸エステルです。 直接皮膚に塗布することにより、 保湿効果だけではなく血流の改善も期待でき、アトピー性皮膚炎などにも広く使用されています。 日本でもムコ多糖体多硫酸エステルを主成分とした保湿剤は数多く販売されていますが、0. 3%配合までしか国内では認められておらず、本剤は0. 445%と約1. 5倍の高濃度を誇っております。 お薬通販部では、0. 在庫あり• ヒルドイドジェル 0. ファーマビジョンは日本の製薬会社の「第一三共」によるライセンスを受けた会社であり、本剤のパッケージには「Daiichi-Sankyo」の文字が印字されています。 主成分はヘパリン類似物質であるムコ多糖体多硫酸エステルであり、日本国内で承認されている濃度の約1. 5倍の濃度である0. 445%を配合しているのが特徴です。 ヒルドイドジェルの効果 ヒルドイドジェル0. ヒルドイドジェルの適応症状 ヒルドイドジェルは、下記の方におすすめです。 ・肌の保湿を行いたい方 ・肌の血行促進を望まれている方 ・肌の炎症を抑えたい方 ヒルドイドジェルの有効成分 ヒルドイドジェル0. 445%の有効成分ムコ多糖体多硫酸エステルは、ヘパリン類似物質であり、抗炎症血行促進剤に分類されています。 塗布部位での血流を改善し、組織再生を促進、およびヒアルロン酸の含有量を増加させることで高い保湿効果を示します。 製薬会社 ファーマヴィジョン ヒルドイドジェルの関連商品 他の美白・エイジングケア商品 ヒルドイドジェル以外の美白・エイジングケア商品です。 ・ 血行促進作用と保湿効果があり細かいシワなどに効果があるクリーム ・ ヒトプラセンタが含まれたアンチエイジング効果のある美容ジェル ・ ターンオーバーによってシミ、シワ、ニキビ跡を改善するクリーム この他の美白・エイジングケア商品はこちら ヒルドイドジェルの用法用量 ヒルドイドジェルの使用方法 治療したい箇所を含む周囲3~5センチの範囲に、ヒルドイドジェル0. 445%を適量手に取り、1日数回(1~3回程度)直接塗り込んでください。 効果には個人差があることにご注意ください。 ヒルドイドジェルの推奨用量 使用を忘れてしまった場合は気づいたときに塗布するようにしてください。 ただし次回の塗布のタイミングが迫っている場合は塗り忘れた分はスキップしても構いません。 2回分を一度に塗布するのはおやめください。 過量使用となる可能性がございます。 もし過量使用してしまった場合は、ヒルドイドジェル0. 445%の使用を速やかに中止の上、かかりつけ医もしくは近隣の医療機関を受診するようにしてください。 ヒルドイドジェルの使用時の注意 傷口があるところや粘膜部分(鼻の中、口の中など)へ、ヒルドイドジェル0. 445%を直接塗布しないようにしてください。 また眼に使用することも厳禁です。 あくまでも外用剤としてお使いください。 ヒルドイドジェルの副作用 ヒルドイドジェルの主な副作用 皮膚炎、そう痒、発疹、皮膚の赤みなどが報告されています。 ヒルドイドジェル0. 445%を使用しこのような症状が現れた場合には、本剤の使用を中断の上、かかりつけ医を受診するようにしてください。 ヒルドイドジェルの稀な副作用 頻度は不明ですが、皮膚の刺激感や紫斑が見られることがあります。 ヒルドイド0. 445%を使用し、このような症状が現れた場合には、本剤の使用は中止し、速やかに医療機関を受診するようにしてください。 ヒルドイドジェルの効果・副作用が強いと感じた場合 ヒルドイドジェル0. 445%を使用して、効果の効力や副作用が強く感じる場合は、使用量を削減する、または使用頻度を削減するなどして、自身への効果の程を経過観察してください。 ヒルドイドジェルの使用上の注意 ヒルドイドジェルの使用に注意する人 ・ヒルドイドジェル0. 445%の含有成分にアレルギーのある方は本剤に使用をお控えください。 ・妊娠中の方、妊娠の可能性のある方、妊娠中の方は本剤の使用前にかかりつけ医へご相談ください。 ・現在医薬品を服用中、疾病治療中の方は本剤使用前にかかりつけ医へご相談ください。 ヒルドイドジェルを使用してはいけない人 ・血友病や血小板減少症などの出血性血液疾患を有する方は本剤を使用してはいけません。 本剤は血液凝固抑制作用を有しているため、出血がひどくなる恐れがあります。 ・僅少な出血でも重大な結果を来すことが予想される方は本剤を使用してはいけません。 ・子供の手の届かない所に保管してください。 誤って使用する可能性は避けましょう。 ・使用後は必ずしっかりと蓋を閉めるようにしてください。 ヒルドイドジェルの取り扱い上の注意 ・使用期限が過ぎた薬は、使用しないでください。 効果が発現しない場合や、身体に悪影響をおよぼすおそれがあります。 ・他の薬剤との保管はお控えください。 成分の作用により、性質の変化や形状が変わるおそれがあります。 ・本剤は外用としてのみお使いください。 商品情報 商品分類 医療用医薬品:漢方薬、生薬などを含む医薬品 効き目が強く、体質や症状により副作用を起こす可能性があります。 個人輸入の際に医師の処方箋は必要ありませんが、使用時にそれらの懸念がないか十分にご確認ください。 梱包状態 差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。 発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。 不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。 外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。 梱包状態について詳しくはこちら 医薬品等の通販・個人輸入について 医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。 個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。 ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。 医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら• 参考文献 医薬品の個人輸入について詳しくはこちら.

次の