洗濯機の使い方。 洗濯のプロが教える!オキシクリーンの「正しい」使い方 [洗濯] All About

洗濯機の洗剤を入れる場所はどこ?柔軟剤の投入口は?

洗濯機の使い方

いくつかのコツをおさえて、「オキシ漬け」をより効果的に 「オキシ漬け」が様々な用途に使えると話題のオキシクリーン。 日本上陸当初はコストコやネット販売が中心でしたが、最近は近所のスーパーやドラッグストアなどで取り扱われるケースも増え、とても身近な存在になりました。 洗濯に掃除にと幅広く使えるアイテムとあって、ヘビーに使い回している人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、洗濯の際にオキシクリーンを上手に使うためのポイントを紹介します。 オキシクリーンにありがちな「勘違い」 オキシクリーンは、洗濯から掃除まで幅広い用途で使えるアイテムとして知られますが、その正体は「酸素系の漂白剤」です。 洗濯用の洗剤にも使えて、どんな洋服も、汚れも、「オキシ漬け」して何でも落ちると思っていたら大間違い。 落ちるはずの汚れが落ちないどころか、大切な洋服を残念な状態にしてしまう可能性もありますので、使い方やメリット&デメリットはちゃんと理解した上で使いましょう。 自宅の洗面ボウルで手軽にできるのも魅力のひとつ オキシクリーンとは? オキシクリーンは「酸素系の漂白剤」です。 ・過炭酸ナトリウム ・炭酸ナトリウム これらが主成分で、そのうち「過炭酸ナトリウム」は、おなじみの「ワイドハイター」など家庭に常備する方も多い酸素系漂白剤。 「炭酸ナトリウム」はアルカリ剤で、酸素系漂白剤の効果を高める目的で配合されています。 お湯で溶いてから使う• 他の漂白剤との併用はNG 常温の水を使用した場合、もともとの洗浄効果は低いため普通の洗濯洗剤より汚れ落ちが悪くなる可能性があります。 その上、洗濯時間内に粉末が溶けず洗濯物に洗剤残りする可能性もあるため、お湯またはお湯で溶いて使いましょう。 また、他の漂白剤と混ぜると危険なので、使うときはオキシクリーンのみ、もしくは一般的な洗濯洗剤と併用であればOKと覚えておいてください。 汗による黄ばみ• 食べこぼし• 臭い 特に、汗由来の黄ばみに関しては、一般的な洗濯洗剤では太刀打ちできない頑固な汚れに対しても効果抜群。 特に黄ばみがひどい衣類には、オキシクリーンを少量のお湯で溶いてドロドロの状態にし、直接黄ばみに塗ってから漬け込むとさらに効果的です。 また梅雨時期の洗濯で使うと、部屋干しの嫌な臭いを予防することもできます。 動物繊維で作られた衣類• 洗濯表示で水洗いが不可の衣類• 濃い色、多色構成の衣類 オキシクリーンは、動物繊維に対しての刺激が強いため使用できません。 また必ずすすぐ必要があるため、水に弱い繊維には使えません。 私が「オキシ漬け」に関して頻繁に相談を受けるトラブルとして、多色構成の衣類の移染があります。 特に白モノに赤や青といった色生地を合わせて作った衣類や、部分的にレーヨンなどを組み合わせた衣類には、特に移染しやすい傾向があるので注意しましょう。 一般的な洗濯洗剤の足りない所を補ってくれるオキシクリーン。 正しい使い方やメリット・デメリットをマスターして上手に使いこなせば、本当に頼もしい味方になってくれますよ。

次の

洗濯機の洗剤を入れる場所はどこ?柔軟剤の投入口は?

洗濯機の使い方

正しい洗濯機の使い方 そもそも洗濯洗剤と柔軟剤と漂白剤の違いって何? 洗濯機を回す以前に、そもそも洗濯洗剤と柔軟剤、漂白剤といった基本的な洗濯アイテムの違いや使い方が分からない、という方も数多くいらっしゃるかと思います。 まずは洗濯機を回す際に使用する洗濯洗剤・柔軟剤・漂白剤の各それぞれの役割についてご紹介いたします。 洗濯洗剤 まずはお洗濯の際に必ず使用する洗濯洗剤についてです。 洗濯洗剤は、大きく言うと「お洗濯物のニオイや汚れを落とす」ために使用します。 洗濯洗剤には、基本的に どんなお洗濯物にも使用することができる一般的なお洗濯に使用する「一般洗濯用洗剤」と、デリケートな素材のお洋服のお洗濯に使用する「おしゃれ着用洗剤」の2種類に分けられます。 一般洗濯用洗剤は、メジャーなものでいうと「アタック」や「ナノックス」、「アリエール」といったものはCMでもよく目にしますし一度は耳にしたことがあるかと思います。 また、一般洗濯用洗剤には、液体タイプと粉末タイプの2種類があります。 一般的には粉末タイプの方が洗浄力に優れ、液体タイプの方が溶け残りの心配がなく使いやすいといったことがそれぞれの使い勝手のメリットと言えます。 また、一般洗濯用洗剤にはすすぎが1回で済む節水・節電に対応するタイプや一回の使用量が少量で済む超コンパクトタイプ、後ほどご紹介する柔軟剤を併用する必要がない柔軟剤入りのタイプなどさまざまなタイプが発売されていますので、目的に応じて自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。 柔軟剤 続いて柔軟剤の役割についてです。 柔軟剤は、「お洗濯物にやわらかさを持たす」ために使用する洗濯アイテムです。 メジャーなものでいうと「レノア」や「ソフラン」、「ハミング」といったものはCMでもよく目にしますし一度は耳にしたことがあるかと思います。 最近では「レノアハピネス」や「アロマリッチ」、「フレアフレグランス」などの香りを重視した柔軟剤が主流となっており、柔軟剤をお洗濯物をやわらかくするだけではなく、自分好みの香りをお洗濯物に残すことを目的に使用される方も多いです。 ここで注意しておきたいのが、 柔軟剤には洗濯洗剤と違って、汚れを落とす効果はない、という点です。 柔軟剤を使う場合は基本的に洗濯洗剤とセットで使うものと覚えておきましょう。 洗濯機の基本的な正しい使い方 お洗濯に使用する洗濯アイテムの使用用途を一通りご紹介させていただいたところで、次に洗濯機の基本的な正しい使い方についてご紹介いたします。 お洗濯物に合わせて洗濯コースを変えて洗濯機を使用することでより長く衣類を着用することができますよ。 洗濯機の回し方、使い方がよく分からないというかたはぜひチェックしてくださいね。 基本的な洗濯方法 標準/自動(オート)洗濯モードで洗う 洗濯機の『標準/自動(オート)洗濯モード』は、水量を洗濯物の量・重さに応じて自動で調節してお洗濯を開始してくれます。 種類を分けずに一気にまとめ洗いする場合や、TシャツやYシャツに靴下やタオルなどといった、セーターやニットなどのデリケートな素材のものではないものを洗う際には、『標準/自動(オート)洗濯モード』で洗うと良いでしょう。 設定された水量は洗濯機のボタン部分に表示されるので、表示された水量に応じた量の洗濯洗剤や柔軟剤を、それぞれ専用の投入口に注ぎ入れてください。 ドライ/手洗い/おうちクリーニングモードで洗う 洗濯機の『ドライ/手洗い/おうちクリーニングモード』は、セーターやニット・型崩れやシワになりやすい衣類に適した、やさしく洗濯物を洗ってくれるモードです。 セーターやニットは標準/自動(オート)洗濯モードで洗うと、縮んでしまったり型が崩れてしまったりヨレてしまう恐れがあります。 そうならないためにも、 デリケートな素材の衣類は普段のお洗濯物とは分けて、ドライ/手洗い/おうちクリーニングモードで洗うことをおすすめします。 ドライ/手洗い/おうちクリーニングモードでのお洗濯の際は、冒頭でもご紹介したおしゃれ着用洗剤を使ってお洗濯すると良いでしょう。 生地をより傷めないために、洗濯ネットに入れて洗うようにするとより良いです。 洗濯ネットは100円ショップなどで手軽で安価に購入することができるので1つ持っておくと安心です。 念入り/しっかり/つけおきモードで洗う 洗濯機の『念入り/しっかり/つけおきモード』は、特にニオイや汚れが気になる洗濯物や、洗ってもなかなか汚れが落ちない洗濯物の汚れをよりしっかり落としたい時に使うモードです。 標準/自動(オート)洗濯モードで洗うよりもしっかりと時間をかけてニオイや汚れを取り除いてくれます。 ここで注意する必要があるのが、普通に洗うよりもニオイや汚れがしっかり落ちるなら、毎回『念入り/しっかり/つけおきモード』で洗った方が良いのでは?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそういうわけではありません。 しっかりと時間をかける反面、洗濯時間が長いとその分お洗濯物の繊維を傷めてしまうので、毎回洗ってしまうとほつれや色落ちなどの原因となりお洗濯物の寿命を縮めてしまいます。 『念入り/しっかり/つけおきモード』はなるだけ、特に汚れが気になるときにのみ使用するようにしましょう。 お急ぎ/スピードモードで洗う 洗濯機の『お急ぎ/スピードモード』は、時間がない時や早い時間で洗濯物を洗いたい時に使うモードです。 もちろん通常範囲の汚れやニオイは落とせますが、スピード優先のため、汚れを落とす能力は標準/自動(オート)洗濯モードで洗うよりも洗濯時間が短い分劣ります。 最近ではスピードコースでもしっかり汚れを落としてくれる洗濯洗剤も販売されているので、毎回の洗濯時間をできるだけ短縮したいという方はそういった洗濯洗剤を使ってお急ぎ/スピードモードを活用すると良いでしょう。 洗濯機を回した後、乾かすまでに知っておきたいこと 洗濯機の使用方法・回し方をご紹介させていただいたところで、最後に洗濯物を干して乾かすまでの手順を行う際に気をつけておきたい、知っておきたいことについてご紹介させていただきます。 洗濯機を回し終えたらすぐに洗濯物を取り出しましょう 洗濯機を回し洗濯終了の合図が鳴ったら、すぐに洗濯物を取り出すようにしましょう。 洗濯が終了してそのまま放置してしまうと、洗濯機の中でついたシワがそのまま残ってしまったり、湿気によって雑菌が繁殖し生乾き臭が生じてしまう原因となります。 干す前に一度形を整えましょう 洗濯物を洗濯機から取り出したらさっそく干す作業に取り掛かります。 干し方は、ピンチハンガー(洗濯バサミが吊り下がっているタイプのハンガー)やタオルハンガー、ハンガーが連なっているタイプの折りたたみハンガーなどそれぞれ使われるかと思いますが、どのタ イプのハンガーを使って干すにしても、 必ず洗濯物はそのままハンガーにかけて干すのではなく、一度洗濯物の形を整えてから干すようにしましょう。 ピンチハンガーを使って洗濯物を干す場合は特に干し型に注意! 洗濯バサミが釣り下がっているタイプのハンガーを使って洗濯物を干す場合は、 必ず洗濯物の端と端をピンと張った状態で洗濯バサミに挟ませるようにして洗濯物を干すようにしましょう。 お洗濯初心者がよくやってしまいがちなのが、タオルや下着など一箇所だけ挟んで吊るして干してしまう行為です。 一箇所だけ挟む形で干すとその分たくさん洗濯物が干せるかもしれませんが、そうすることによってせっかく洗濯したのにシワがついてしまったり、布が重なる部分が生じてしまうことでその部分だけ乾ききらないまま生乾きの状態となってしまったり、型が崩れてしまいます。 なるだけ間隔をあけて干すようにしましょう 洗濯物の量が多いとどうしてもぎゅうぎゅうに詰めて干してしまいがちですが、洗濯物の量が少ない場合や、スペースに余裕がある場合はできるだけ洗濯物同士の間隔を開けて干すようにしましょう。 洗濯物同士の空間に隙間がある方が風の通り道となって洗濯物の乾くスピードが速くなります。 部屋干しする場合はなるだけ湿気の少ない環境で! 部屋干しされる方は、なるだけ湿気の少ない環境で行うようにしましょう。 生乾きの原因となってしまいます。 浴室で干す方も多いかと思いますが、その場合は浴室乾燥機や換気扇を必ず使って干すようにしてください。 干す場所がないから浴室に干しているけど電気代がもったいないから浴室乾燥機や換気扇は使用していないという方は、洗濯物がなかなか乾きにくかったり、生乾きのニオイが気になる方が多いと思います。 その理由は、浴室は湿度が高く洗濯物が乾きにくいのと同時に、雑菌が増えやすい環境であるためです。 洗濯機・洗濯アイテムを正しく使って快適なお洗濯ライフを送りましょう いかがでしたか?今回は洗濯洗剤や柔軟剤・衣料用漂白剤といった基本的なお洗濯アイテムの使い方と、洗濯機の回し方について詳しくご紹介させていただきました。 お洗濯が難しい・なかなかうまくいかないという方も基本的な部分をおさえていただければかんたんにお洗濯していただくことができますので、ぜひ今回の記事を参考にお洗濯してみてくださいね。

次の

洗濯機の槽洗浄コースは使わないと損!3種類のクリーナーで簡単洗浄|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

洗濯機の使い方

洗濯機の洗濯槽には、洋服に付着していたシミや食べ物のカス、ホコリやチリなどが付着しやすく、放置すると汚れが蓄積するため注意が必要です。 重曹は弱アルカリ性の性質を持つ洗浄剤であり、洗濯槽に蓄積しやすい皮脂汚れといった酸性の汚れを分解する作用が期待できるため、洗濯槽の掃除に最適だといえます。 また、汚れが蓄積した洗濯槽は汗や皮脂汚れから不快なニオイを発しているケースも少なくありません。 不快なニオイの原因は酸性の汚れであるため、重曹を使って中和し、汚れを除去することによって消臭効果が期待できます。 洗濯槽を洗うための洗浄剤として商品が販売されていますが、洗浄力が強力なものが一般的であり、デリケートな洗濯槽の洗浄に使用するのは避けたいと考える人も多いでしょう。 重曹は食品にも利用されるもので、地球や人、様々な物の素材にも優しいことが特徴です。 重曹で洗濯槽を掃除した際に重曹の成分が洗濯槽内部に残った場合でも、成分が衣服に付着して肌の炎症を起こすといったトラブルが起こる可能性は極めて低いでしょう。 さらに、販売されている合成洗剤を水に流すと環境に悪影響を及ぼす可能性がありますが、人間や地球に優しい重曹であれば、環境汚染といったリスクもありません。 クエン酸を重曹と一緒に使って洗濯機内部の掃除をすると、どのような効果があるのでしょうか? クエン酸と重曹を使うとお互いの不得意な部分を補うことができるため、洗濯機内部の掃除効果がアップします。 さらに詳しく説明すると、『重曹は弱アルカリ性』で『クエン酸は酸性』と性質が違うため、得意なことと苦手なことがあるのは当然です。 では、それぞれの得意なことと苦手なことを見てみましょう。 【重曹】 得意:酸性の汚れ 油・皮脂・汗汚れなど を落とす。 酸性臭の消臭。 カビの繁殖を防ぐ。 軟水にする。 苦手:アルカリ性の汚れ 水垢や石鹸カス は落ちにくい。 【クエン酸】 得意:アルカリ性の汚れ 水垢や石鹸カス を落とす。 アルカリ性臭を消臭。 苦手:酸性の汚れ 油・皮脂・汗汚れなど は落ちにくい。 クエン酸もプラスして洗濯機内部の掃除をする時は、重曹を入れるタイミングで『クエン酸を50g~100g』一緒に入れます。 洗濯槽の掃除には重曹を使用する方法が有効ですが、洗濯槽専用の洗剤と重曹にはどのような違いがあるのか、洗濯機専用の漂白剤と重曹のどちらがより効果的なのか、判断できないという人も多いのではないでしょうか。 そこで、重曹以外の洗浄剤として 漂白剤、セスキ炭酸ソーダ、酢を使用した掃除方法を紹介します。 重曹と一緒に使用することによって、より高い効果が得られる成分もあるため、併用することも検討しましょう。 漂白剤については、酸素系と塩素系の2種類があります。 酸素系漂白剤の主な成分は過酸化ナトリウムであり、酸化ナトリウムは水溶性のため水に溶けた際に活性酸素が出ることが特徴です。 活性酸素によって、こびりついた汚れを除去する効果が期待できます。 洗濯槽を掃除した後は酸素と炭酸ソーダ水に分解されるため、人間や環境にも優しく、安心して使用できる漂白剤の種類です。 洗濯槽の洗浄のみでなく、衣服についた汚れを除去したり排水口を掃除したりと様々な場面で使用できることもメリットだといえるでしょう。 酸素系漂白剤は非塩素系と書かれているケースもあります。 洗濯槽への負担が非常に少なく、洗剤特有の薬剤のニオイもないため、気軽に使用できます。 ペットがいる家庭や小さな子供がいる家庭でも使用しやすい酸素系漂白剤は、ぬるま湯に溶かして使用することがポイントです。 一方の塩素系漂白剤は若干強いアルカリ性の性質を持つ漂白剤であり、洗濯槽についた汚れやシミをしっかり取り除きたい場合に使用するケースが多いです。 通常の洗剤は汚れの色素を浮かせて落すという流れですが、塩素系漂白剤は汚れの色素そのものを分解します。 そのため、塩素系漂白剤は酸素系漂白剤と比較して成分が強力であることが特徴です。 塩素系漂白剤の基本的な使用方法は、汚れやシミを漂白することであり、浸け置き洗いをつければより効果的に汚れを除去できます。 漂白剤は薬剤のニオイがあるため、使用する際には十分に注意しなければなりません。 酸性の洗剤と同時に使用すると有毒なガスが発生するので、パッケージの注意書きを守って使用することが非常に重要です。 漂白剤と比較すると重曹は安全性が高いことがメリットですが、メリ重曹は洗濯槽内部の汚れを除去する効果は 低くなりますが、非常に安全に使用できることが大きなメリットだと言えるでしょう。 セスキ炭酸ソーダはアルカリ性の洗剤であり、自然由来の成分で作られていることが特徴です。 重曹と比較してもアルカリ性の性質が強く、水溶性であり酸性とタンパク質の汚れを除去する効果が期待できます。 洗濯槽内部にこびりついた皮脂汚れや油汚れ、衣服に使用する場合には血液の汚れなどを落とす際に使用されるケースもあります。 酢は、重曹と同時に使用することによって泡が発生するので、泡でやさしく汚れを包み、しっかりと洗い流す効果が期待できることが魅力です。 小さいサイズの洗濯槽に使用する場合には300ml、比較的大きな洗濯槽に使用する場合には500ml程度利用しましょう。 使用する量が少ないと十分な洗浄力が得られず、反対に沢山入れると酢独特のニオイが強くなるため注意が必要です。 量が多いと洗濯槽そのものにも酢のニオイがついてしまい、洗濯をした際に服にニオイが移る可能性がある点にも注意しなければなりません。 また、重曹は酢と同時に使用する方法が有効ですが、他の漂白剤と同時に使用するのは避けましょう。 漂白剤と重曹を同時に使用すると洗濯機が故障するリスクがあるため、洗濯槽に汚れがこびりついている場合であっても1度で落とそうとせず、洗浄力が強すぎない安全な方法で何度か掃除をすることが大切です。 使用方法は非常にシンプルであり、すぐにでも掃除を行えますが、使用する量や掃除の手順を間違えると洗濯機が故障するリスクがあるため十分に注意が必要です。 特に重曹についてはスムーズに水に溶けない性質があるので、粒子が溶けない状態で洗濯機を脱水することによって排水溝に詰まることがあります。 そのため、重曹はぬるま湯で溶かしてから使いましょう。 また、洗濯槽専用のクリーナーを使用すると、不快なニオイを除去したり殺菌したりといった効果が期待できますが、重曹については不快なニオイを消したり殺菌をしたりといった効果が高いものではありません。 ある程度の汚れやカビを除去することによって不快なニオイを軽減することは可能ですが、洗濯槽にこびりついた雑菌を除去する効果は期待できないでしょう。 酢を一緒に使用することで一定の殺菌効果が期待できますが、重曹そのものの効果としては菌が繁殖しないように予防する効果のみです。 もともと洗濯槽の洗浄用に販売されている商品ではないため、洗濯機専用のクリーナーや洗剤と比べると洗浄力や効果は低いといえます。 例えば、洗濯槽を1度も掃除をしたことがなく黒ずみがこびりついている場合や、不快なニオイが強い場合には、重曹だけではなく専用の洗浄剤を使用することが大切です。 洗濯機掃除のおすすめ頻度は『1ヵ月に1回』です。 "1ヵ月に1回のペースで洗濯機は掃除しないといけないの?"と思ったあなた、洗濯機は想像以上に汚れています。 洗濯機で汚れた洗濯物を洗うと、油分や汗汚れ・水垢や石鹸カスが洗濯槽の裏側にどんどん溜まっていくと思いましょう。 汚れが付着している洗濯槽は、水分と洗濯槽の汚れをエサにしてカビや雑菌が繁殖するため、衣類などを洗っても菌やカビだらけの洗濯機で洗うことになります。 しかも、梅雨や夏など高温多湿の時期は、洗濯槽に付着している雑菌やカビは活発になり繁殖スピードが早いです。 すると、衣類などに雑菌やカビ菌が付着して生乾きの原因にもなるため、汚れた洗濯機を使い続けるのは良いとは言えません。 洗濯機を使う頻度は家によって様々ですが、洗濯機を使う頻度が多い少ないに関係なくキレイな洗濯機を保つために、1ヵ月に1回は重曹で洗濯機内部を掃除しましょう。 重曹で洗濯機内部を掃除する時は、できれば42度~50度くらいのお湯を使いましょう。 お湯を使った方が良い理由は、重曹を溶かすためと重曹の洗浄力を高めるためです。 重曹は水に溶けにくい物質で、洗濯機内に溶け残りがあると洗濯槽に付着することがあります。 また、重曹は水よりもお湯の方が洗浄力がアップし、65度以上のお湯を使うと強アルカリ性になる物質です。 強アルカリ性になると洗濯機内部の掃除効果は高まりますが、65度の温度に耐えられる洗濯機はほとんどありません。 しかし、42度~50度くらいのお湯でも洗濯機内部の汚れを落とすことはできるため、お湯を使っても問題ない洗濯機はお湯で掃除をしましょう。 一方、お湯が使えない洗濯機は水を使いますが、重曹がしっかり溶けたことを確認してください。 水回り設備は毎日使うものなので、他の場所と比べて老朽化するのが早かったり、不便さを感じたりしやすい場所です。 特にキッチンは使い勝手の悪さをリフォームで改善したいと思う方が多く、単にキッチンセットを入れ替えるだけでなくレイアウトを変更したり、リビングルームと一体化して広いLDKにしたりといった大掛かりなリフォームになることが少なくありません。 しかしそこで気になるのがリフォーム費用のことです。 キッチンリフォームでは、キッチンの形状や寸法、グレード、オプション設備などの他に、配管交換や換気設備のためのダクト工事の有無、全体の計画などによって費用が大きく変わります。 そこで本記事では施工事例を元に、キッチンリフォームの費用をご紹介します。

次の