グレート デーン。 グレートデンの性格や特徴、飼い方からしつけまで

グレート・デーンの大きさ(体重・体高・体長)はどれほど?

グレート デーン

グレート・デーンとは グレート・デーンはドイツ原産の超大型犬です。 ドイツの犬と言えばグレート・デーンとされるほどドイツでは有名な犬種で、1880年に犬種のスタンダードと定められてからはドイツ語で「 ドイチェン・ドッゲ」と呼ばれています。 ドイツ原産の犬ですが、一時期は「 デニッシュ・ドッゲ デンマークの犬 」とも呼ばれていました。 ルーツ グレート・デーンのルーツですが、17世紀ごろにドイツ土着の犬とマスティフが交配して生まれた犬とされます。 いわゆる雑種犬扱いだったのですね。 そのため、当時は使役する 犬に与える仕事 内容や、被毛の色によって、いくつかのタイプが存在していました。 犬種として固定するまでは雑種扱いでしたが、とは言え、非常に能力の高い犬であったので、猟犬・軍用犬として人間と共によく働き、人間を助けてきました。 1891年には、ドイツでグレート・デーンのより細かなスタンダードが定められましたが、この決まりは数年ごとに細かく変更されています。 2013年にはアメリカの飼育頭数ランキングの16位になるほどの人気の犬種になりました。 ちなみに、1965年にはアメリカのペンシルベニア州の州犬にもなっています。 アメリカは土地が広いので、飼いやすい犬種であれば、超大型犬も受け入れられて広く愛されるようですね。 日本には明治頃に輸入され、土佐犬などの品種改良に使われました。 スポンサードリンク 体の特徴 グレート・デーンの特徴は何と言っても体長と体高がほとんど同じということです。 超大型犬ですが、その姿は非常にスマートで優雅であるため「強さと美しさのシンボル」として上流階級に愛され、「 犬の中の太陽神アポロン」と評されるほどです。 前足がまっすぐという特徴があります。 2004年にはカリフォルニア州のギブソンという犬が体高107㎝で、ギネスブックにも載りました。 被毛の色は、フォーン・ブリンドル・ブラック・ブルー・マント・ハールクインです。 マールは認められません。 頭頂部とマズルにはハッキリとしたストップ 段差的なもの があります。 歯はシザーズ・バイトと呼ばれる、ハサミのようなかみ合わせです。 耳は本来たれ耳ですが、長めに断耳することで立ち耳になります。 グレート・デーンの画像を見てみると、たれ耳と立ち耳、両方いるのでちょっと困惑しますよね。 尻尾は断尾しないので、かかとにつくほどの長いままです。 スポンサードリンク 性格 グレート・デーンの性格は、イノシシのような害獣にも立ち向かう 勇敢さと、 穏やかな性格を持ち合わせています。 それと言うのも、繁殖を重ねていく中で、ブリーダーたちは辛抱強い性格の犬や、人間に対して服従心の強い犬を掛け合わせてきたからです。 逞しい風貌ですが、意外にも「優しい巨人」と呼ばれるほど温厚とされ、家族である人間に対してもフレンドリーなのです。 ただ、家族以外の人間にはあまり心を許してはくれないあたり、猟犬の血が濃く残っているのかもしれませんね。 また、昔から人間に寄り添い生きてきた犬種であるため、コミュニケーションを取ることが大切なので人間のそばで飼育することがベストと言えますね。 グレート・デーンの危険性 グレート・デーンは頭が良く、温厚な性格ですが、飼い主のしつけができていなければ、この超大型犬をいざという時に制御できません。 このため、茨城県ではグレート・デーンを 特定危険犬種に指定しています。 したがって、茨城県で飼育するには、オリの中で飼うなどの条件が必要になります。 スポンサードリンク 過去の事件 上記でも述べましたが、グレート・デーンはとても大きな犬であり、凶暴なイノシシを相手にできるくらいです。 正しくしつけができなければ当然のことながら暴走しても止めることができません。 ましてや女性や小さい子供ならなおさらです。 残念ながら、過去にグレート・デーンが死亡事件を起こした記録もいくつかあります。 ・2003年、アメリカのサウスカロライナで2歳の女の子が殺されてしまいました。 ・2016年、アメリカのサンディエゴで生後3日の赤ちゃんが、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアとグレート・デーンのミックス犬に噛みつかれ、死亡してしまいました。 こちらはなんと、側にいた母親の大きなくしゃみに驚き、近くにいた赤ちゃんをかんでしまったとのこと。 ・2019年、アメリカのオハイオ州で49歳の女性が、飼っていたグレート・デーンに噛みつかれ、死亡しました。 この女性は動物好きで、グレート・デーンは2年ほど前に引き取った保護犬だったそうです。 ・日本では、2007年愛知県で放し飼いにされていたグレート・デーンが散歩中の女性を襲いケガを負わせました。 ・2009年にも、愛知県で放し飼いにされていたグレート・デーンが近くの犬を噛み殺し、散歩中の男性にも襲い掛かりました。 このグレート・デーンはかけつけた警察官によりその場で射殺されました。 ・2020年には、富山市で生後11か月の赤ちゃんが、飼っていたグレート・デーン2頭に頭を噛まれ死亡するという事件が起きました。 2頭は柵をめぐらせた庭で放し飼いにされており、祖父が赤ちゃんを抱いてエサ皿を取りに行った際に襲われたようです。 まとめ グレート・デーンは、最大で体高107㎝、体重90kgにもなるドイツ原産の超大型犬です。 「犬の中の太陽神アポロン」と呼ばれるほど、強さと美しさを兼ね備えています。 グレート・デーンは超大型犬の中でも比較的飼いやすいのですが、その力の強さゆえに、飼育環境には細心の注意を払う必要があります。 放し飼いにされて他人を襲った事件は論外ですが、アメリカや日本でも起きた小さい子供が襲われた事件から考えられるのは、きちんとしつけをしていても、新しい家族が増える予定がある場合にはグレート・デーンのような超大型犬は初めから飼育するべきではないということです。

次の

グレートデン専門犬舎 ヘリテイジオネストケンネル

グレート デーン

グレートデンの性格• 温和で穏やか• 忍耐強く優しい グレートデンは温和で穏やかであり、忍耐強く優しい性格をしています。 性格と体の大きさから「優しい巨人」と呼ばれていますよ。 愛想がよくのんびりとした雰囲気を醸し出しつつ、大きく堂々たる外観のわりに繊細な一面もあります。 他の犬や小動物、見知らぬ人や子どもに対しても優しくできるので、同居するにも問題は少ない優等生タイプです。 赤ちゃんや幼児にも辛抱強く接してくれます。 飼育者に対して支配的になったり、同じ性別の犬に攻撃的になったりすることもありません。 ただ、子犬のうちは遊びも激しくやんちゃで体力もありますので、しつけや訓練は充分に行うようにしてください。 グレートデンの特徴は? グレートデンの特徴• 体高 70〜80cm• 体重 45~55kg グレートデンは、体高70〜80cm、体重45~55kg前後で正方形に近くバランスのよい体つきをした大型犬です。 引き締まった力強い筋肉と優雅な風貌を併せ持ち、大きな歩幅でゆっくりと歩く姿が壮観です。 グレートデンの毛色は、ブラックとブルーの単色、フォーン、ブリンドル、ハールクインの5種類が公認されています。 光沢のある被毛は、なめらかで美しい短毛ですよ。 グレートデンのしつけのポイントは? 賢くてしつけがしやすく犬なので、幼犬期に服従訓練をしっかりと教え込むことを徹底してください。 この巨体を誇る犬をコントロールできるかは、幼犬期の訓練がとても重要なポイントですよ。 わがままに育ったら手に負えないどころか、周囲の人の身を危険にさらすことまであるからです。 飼い主になるのであれば、確実にコントロールできるようにしておいてください。 服従トレーニングをこなせれば、いつでも飼い主の足元にゆったりと横たわるようになり、他のペットや子どもとも仲良く過ごせますよ。 しつける自信がない人は、トレーナーに依頼することをオススメします。 グレートデンの寿命や病気は? グレートデンの寿命• 7年程度 グレートデンは大型犬の中でも特に短命といわれています。 大型犬の一般的な寿命は9〜10年ですが、グレートデンは胃捻転により命を落とす場合が多く、寿命は7年程度です。 グレートデンを飼う上で気を付けなければならない病気が2つあります。 1つは「胃捻転」でもう1つは「肥大性骨形成異常(HOD)」です。 胃捻転は、どんなグレートデンでも患う可能性のある病気です。 手術だけが唯一の治療法な最悪の病気で、症状が見えたらすぐに動物病院にいく必要があります。 最悪2~3時間程度で死亡してしまうこともあるので、一刻もはやく診てもらえるよう、普段から獣医さんとコミュニケーションをとっておくことをオススメします。 肥大性骨形成異常は生後4~8ヶ月の成長期のオス犬に発症することが多い病気です。 深刻な痛みを伴う炎症を肢の関節部に起こし高熱で歩けないほどになることもあります。 急に発症することが多く、原因もわからないので各症状を抑えることしかできず治療の確立もされていません。 関連記事 グレートデンを飼う前の注意点は? グレートデンを飼うには相当の費用がかかる前提でいてください。 飼育費用は一概にはいえませんが、犬を飼うというより、人間の家族が1人増えると考えた方がよいくらいの準備が必要です。 強そうで頑丈な見かけによらず病弱な犬種なので、獣医さんに頻繁にお世話になります。 超大型犬なので動物病院によっては断られることも多いです。 飼う前にはあらかじめ家の近くに超大型犬をみてくれる病院があるか、探しておくことをオススメします。 超大型犬の飼育は他の犬よりも大変で悩みがつきません。 憧れだけでは飼えない犬種ですので、事前の準備や想定をしっかりしてから飼ってくださいね。 グレートデン含む大型犬を飼う場合には、ペット保険に入っておいたほうが安心ですよ。 関連記事 グレートデンの飼い方は? グレートデンを飼育する上で欠かせない前提条件は充分な飼育スペースを確保することです。 人に対する親和性が高く、温和で扱いやすい犬種なのでしつけやトレーニングはしやすい犬種です。 大きな体で甘えん坊、常に人と居ることを望む犬種です。 四角い大きな顔は表情豊かで、いつも周囲を楽しませてくれます。 外飼いでは無く部屋の中で一緒に過すようにしてあげるのが理想的な飼い方といえます。 餌は複数回に分けて与え、食後はしっかりと休ませるなど、胃捻転にならないための配慮を常に行ってあげてください。 被毛のケアは週に一回程度のブラッシングと汚れたときに濡れタオルで拭くなどの最小限のケアで問題ありません。

次の

グレートデーンは人間の赤ちゃんをかんだりするんですか? グレートデーンに...

グレート デーン

グレート・デーン 犬種の特徴 筋骨の引き締まった大型の美しいボディは、体高は非常に高く、堂々した優雅な雰囲気もつ犬種。 力強さと優雅さを併せ持っています。 正方形に近いバランスのとれた体つきで、力強く、大きな歩幅でゆったりと歩きます。 手ごわい獲物に勇敢に追いついて、すばやい動きでしとめるといった狩りに最適とされる性質を持っています。 被毛は、短く厚く、滑らかで、とても光沢があります。 超大型で強そうな風貌ながらも、家族に対しては大変忠実で温和。 子供ともよく遊び、面倒をよくみます。 責任感の強いので、しっかり訓練しておけば。 家庭犬や、護身犬としてとても頼りになります。 威厳のあるたくましいボディに、優美でしなやかな動きを持つ巨大犬種で、グレート・デンは全犬種中、最も体高が高く、均整がとれていれば体格に上限はなく、大きいほど望ましいとされています。 グレート・デーンの祖先犬たちは、軍用犬や狩猟犬として使われていました。 恐れを知らない狩猟本能を発揮して大きな獲物を狙い、14世紀頃のドイツでは、野生のイノシシを射止める狩りで、スピードとスタミナ、そして強さと勇敢さを併せ持った優秀な狩猟犬として活躍していました。 犬種について精通しているイギリスの人々は当初、グレート・デーンをジャーマン・ボア・ハウンドと同じ犬種とみなしていました。 この犬種が後にグレート・デーンと呼ばれるようになった背景については確かなことはわかっておらず、いまだに謎となっています。 グレート・デーンの「デーン」は「デンマークの」という意味ですが、発祥地は実のところデンマークではなく、ドイツとなっています。 1880年、ベルリンにグレート・デンの研究者が集まり、この犬種の正式名称を「ドイッチェ・ドッゲ」と呼ぶべきであると発表し、同時に「グレート・デン」と言う呼名は廃止すべきであると宣言し、この犬の名前を「ドイチェン・ドッゲ」というドイツ語読みに定め、以来そのまま「ドイチェン・ドッゲ」と呼ばれ、現代ではドイツの国犬と位置づけられています。 英語圏では、「グレート・デーン」のままでした。 この犬種は古くからヨーロッパ各地で知られており、グレート・デンの現代の体形を完成させたのはドイツ人である事は間違いありません。 グレート・デンは400年もの間、完全に独立した犬種として育成されて来た、まれな犬種と言えます。 ひとつの犬種が長期に渡って育成され続けるために必要な事は「人の役に立つ」事でした。 悪名高いヨーロッパの獰猛な野生イノシシを退治する事のできる特別な犬だったのです。 1891年ドイツでグレート・デンの厳密な犬種標準が採択され、これが世界中の犬種団体の規範となっています。 この犬種を今、イノシシ狩りに使う国はないのですが、グレート・デンのブリーダー達は、イノシシ狩りに必要な資質の維持を念頭に置き、この犬種を作出しています。 また、グレート・デンの愛好家達は「大きいだけでは充分でない」「美しいだけでは充分でない」と言い、人々が犬に要求するものすべてを、この犬種で表現しようとしています。 我が国には明治の初期にフォーン系の犬が輸入され、土佐闘犬の作出に利用されたとの記録があります。 犬の大きさと危険の度合いが比例するとは思えないが、グレート・デンを「特定犬種」と定め、飼育方法を制限している県もあとのことです。 かかりやすい病気 気をつけたい病気 肥大性心筋症、胃捻転。 予防として心臓機能検査、股関節検査しておくことをおすすめします。 【文責】 獣医師・宿南 章(しゅくなみ あきら) 【資格】 獣医師免許(1993年取得) 【所属団体】 一般社団法人ペットフード協会 会員 ペットフード公正取引協議会 会員 The Royal Society for the Protection of Birds 会員 日本盲導犬協会 会員 野生動物救護獣医師協会 正会員 【プロフィール】 1969年生まれ 兵庫県養父 やぶ 市出身。 日本大学農獣医学部(現日本大学生物資源科学部)獣医学科卒業。 獣医師。 横浜で犬猫の動物病院に勤務。 その後、米国のCAM( Complementary and Alternative Medicine )を日本に導入している 研究所に移籍。 北海道の農協の依頼を受け、牛のサルモネラダブリン症の治療を行い、当時抗生物質も効かない病気を治癒させるなど、数多くの治療実績を持つ。 その後、予防医学に特化した自然療法動物病院を設立し現在に至る。 【研修・研究内容】 1983年…アメリカ ウィスコンシン州、400エーカーの酪農家で住み込み実習 1985年…北海道 中標津 200頭飼育の酪農家で住み込み実習 1988年…獣医薬理学研究室にて薬草の薬理作用の研究(3年間) 1993年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(1回目) 1994年…アメリカ カリフォルニア州 医療研修(2回目) 2006年…オーストラリア メルボルン イアンゴウラー財団でガン医療研修 【論文】 Efficacy determination test for the Vibrational therapy in case of the skin ulcer induced on mice A. SHUKUNAMI Eastern Medicine 2004 【著書】 は、17部門で1位を獲得するベストセラーとなり高い評価を得ている。

次の