トップ スター ユ ベク bs12。 トップスターユベク 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

トップスター・ユベク ~同居人はオレ様男子~

トップ スター ユ ベク bs12

トップスターユベク-あらすじ7話 おばあちゃんが入院している病院に駆けつけるガンスン。 そして、後から来たユベクにこれからはガンスンに近づかないようにと警告するマドゥルと、そんなマドゥルにいらっととして喧嘩をするユベク。 喧嘩する二人を見たガンスンはユベクにもらったブレスレットを返しながら帰ってほしいと話す。 そんなガンスンにショックを受けるユべク。 ソウルに戻ったユベクはガンスンを忘れるために努力するが、思うままにはならなくて困惑する。 結局、ヨジュク島に戻ったユべクはガンスンに告白したのは取り消しだと話す。 今までとは違う態度で自分を接するユべクが気になるガンスン。 一方、ガンスンのためにイベントを準備するマドゥルだが… トップスターユベク-あらすじ9話 ソウルに戻って落ち込んでいたユベクはマスコミに過去の家庭事情が公開され、大変な時間を過ごしていた。 そんなユベクを心配していたナムジョはヨジュク島に行ってガンスンに会う。 そして、ガンスンにユベクの事情を話すナムジョ。 ナムジョからユベクの事情について聞いたガンスンは心が痛くて涙を流す。 ガンスンに会いたくなったユべクはヨジュク島に向かう。 しかし、デジュク島で車が故障してしまって、デジュク島のリゾートに泊まることになるユベク。 そんな中、同じリゾートで開かれた結婚式でブーケをもらったガンスンが、笑顔でマドゥルと一緒に写真を撮るのを見たユベクは落ち込む。 ガンスンを諦めて旅行に出かけようとするユべクだが… ナムジョに呼び出されて、近くの公園に向かう。 そこで、ガンスンに会ったユベクは自分の気持ちを素直に告白する。 そして、キスする二人だが….

次の

これから始まる韓国ドラマ 放送予定(BS・テレビ東京・TOKYO MX・テレ玉・チバテレ・テレビ神奈川・テレビ大阪・サンテレビ・KBS京都・テレビ愛知・テレビ北海道)

トップ スター ユ ベク bs12

誰もが認めるトップスターだが、率直すぎる性格からマスコミとのトラブルが絶えず、事務所の社長は手を焼いていた。 そんなある日、飲酒検問を無視して授賞式場に現れたユベクは、反省の色を見せるどころか暴言を吐き、世間から大バッシングを受ける。 対応に困った社長は、ほとぼりが冷めるまでユベクを人里離れた島に行かせることに。 島に着いたユベクは、まるで文明から取り残されたように原始的な暮らしをする島民たちに驚く。 そして島のおばあさんの家に居候することとなり孫娘のオ・ガンスンに出会うが、初対面から価値観の違いでぶつかり合う2人。 風呂もない、ラーメンもない生活にユベクはすぐにでも帰ろうとするが、次の船が来るのは2週間後。 しかたなく始めた島での生活だったが、純粋で温かい心を持ったガンスンに次第に惹かれていき…。 そんな中、ガンスンと兄妹のように育ち、島を離れていたチェ・マドルが3年ぶりに戻ってくる。 ユベクとマドルは出会った瞬間からお互いをライバルとして意識し、ガンスンを巡り恋の火花を散らす。 次第にユベクは、ガンスンに惹かれていくるのですがその時にガンスンの幼馴染が戻ってきて・・・。 『トップスター・ユベク』最終回まで視聴完了。 離島ヒーリングロコ。 週1ドラマだったので、なんだか長~く見ていたような気がする。 イ・サンヨプが純な海のオッパを好演!今までいい人役が少なかった印象があるので、純朴でサトリばりばりの田舎臭さが新鮮だったな~。 — akka akkainguku トップスター・ユベク面白かった🥰 キム・ジソクさんもチョン・ソミンちゃんも好きだし、何よりイ・サンヨプさんがかっこよかった😍😍😍 — lica. するとそこに車があり激突してしまうのです。 そのせいでガンスンは鼻血を出して倒れその場にユベクが急いで駆け寄ります。 そこへユベクが花束を持って現れガンスンに「 俺と結婚して欲しい」と指輪をはめるのです。 ガンスンは「 はい。 トップスターさん」とプロポーズの返事をし2人は抱き合います。 しかしガンスンはユベクに 「結婚は1年後にしましょう!「あなたにふさわしい人になりたい。 お互いが輝けば、一緒になった時にもっと輝けるでしょ?」 と言い、夢だった獣医を目指すため大学に入りたいと話すのです。 ユベクはそんなガンスンの気持ちを尊重し受け入れることに! それから月日が流れ演技大賞授賞式当日を迎えます。 ユベクは受賞コメントで 「人生の道に迷った時に島を訪れたんです。 そこにはおいしい食事を作ってくれるおばあさん、朝の訪れを知らせてくれる村長夫婦、悲しみを共に背負うのが家族だと教えてくれた隣人、愛情表現の大切さを教えてくれた夫婦、思いやりがあって心優しい孤独な青年、教育に純粋に情熱をかける教師、大人顔負けの賢さを持つ少年、笑いが最高の薬だと教えてくれた女性医師、星は最後に消えるのではなく、再び輝くのだと教えてくれた島娘がいたのです。 暗闇の中、道に迷ってもさまよわないよう、決して消えない心の灯をくれた島の方々にこの場を借りて心から感謝したいと思います。 そして最後にお母さん…幸せになってくれ。 僕も幸せになるために島に行くから!!」 と話し会場中を和やかなムードにさせるのです。 その後ユベクは授賞式終わりにガンスンに電話をします。 するとガンスンの声を沈んでいる様子にユベクは「 夜空の星を見て。 今日は流れ星が見えるかも」とメールを送るのです。 ガンスンは外に出ると、そこにはなんとユベクの姿が!! 嬉しそうにガンスンはユベクに駆け寄り「 実はね、大学に合格したの!私たち、結婚しよう!!」と伝えます。 ユベクはガンスンを抱き上げ、2人がキスをする姿が描かれ幕を閉じました。 まとめ いかがでしたでしょうか? キム・ジソクさんとチョン・ソミンさんが共演したドラマ 『 トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~』。 ユベクがガンスンにプロポーズした際にすぐ結婚するのではなく、彼女の夢を応援する姿勢にあれほど自分勝手な彼がガンスンによって変わったのが分かりますよね? ユベクにとってガンスンはもちろんのこと島の人々と出会いがどれほど影響を与えたのか、彼を通して本当に大切な事は何かを問われるような作品だったと思いました。

次の

「トップスター・ユベク」見終わりました。

トップ スター ユ ベク bs12

takakoです。 BS12 トゥエルビで放映されていた「トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~」。 原題の「トップスター・ユベク」だけ見ると華やかな芸能界を舞台にしたドラマのように見受けますが、ただのラブコメです。 ネタばれあるので、ご注意を。 原題然り、邦題のサブタイトル然り、何だかドラマのストーリーを勘違いさせる感満載ですが、タイトルで判断してはいけないドラマ。 「トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~」は、いつの時代?と思わせるような世間とは完全に隔離された島で生活したことで、人生観が一変したトップスターユベクの話です。 韓国ドラマなので、もちろん恋愛要素も満載ですが(笑)。 相手は、ユベクが島で一時的に住むことになった家の孫娘ガンスン。 全体のストーリーは、ユベクがガンスンに出会い、少しずつ変わっていき、その過程でガンスンのことが好きになるという話。 あら、1行で終わってしまいましたが、韓国ドラマあるあるの恋のライバルもしっかり登場します。 イ・サンヨプ演じるマドルが、ガンスンにプロポーズするために船での航海を終え、島に戻ってきたのです。 ただ、ガンスンもマドルが好きだと思っていたら、実の兄のように慕っていただけ。 そんなガンスンの気持ちを知らないユベクは焦りを感じ、ガンスンがマドルと一緒にいると、何かと妨害。 それどころか、ユベクは意を決してガンスンに告白すると、あっさり振られる始末。 そう、結構肩透かし喰らいます。 おまけに、マドルのお見合いの失敗で、島中にはマドルとガンスンが結婚するという話に。 否定したくても、ガンスンも祖母の大喜びの姿を見てなかなか言い出せず。 その上、マドルがやっとプロポーズをし、ガンスンが指輪をしているのを見たことで、ユベクがソウルに戻ってしまいます。 結局、ユベクがソウルに戻った後、ガンスンも自分の気持に気付き、ユベクに会うためにソウルに行くんですが!正直、幼い頃からずっとガンスンのことが好きだったマドルが気の毒になりそうだったのですが、「トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~」は一味違います。 そう、ここでガンスンの中学の同級生で医師のフィウォンが登場。 片思いしていたマドルと再会し、独身だと知ると猛アタック。 なので、マドルは失恋のつらさをそれほど味わわずに済みます。 で、個人的に好きなのは、最終回のラストシーン。 ユベクと結婚したガンスンは、女子大生になっていたのです。 祖母のことが気にかかり、ガンスンは大学を一度諦めていたのですが、ユベクはガンスンの夢をサポートしてくれてますから。 おまけに、ガンスンのお迎えに大学に来てますし。 こういう終わり方、もやもやもなく、気持ちもほっこりします。 陰謀も復讐もサスペンス的要素も一つもありませんが、たまにはほっこりするラブコメみたいなら、「トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~」はぴったりです。 チョン・ソミンの「オメ、オメ、オメ」という方言もかわいいです。 2,260• 400• 440• 303• 417• 100• 340• 132• 129• 106• 3,217 ランキング アーカイブ• 115• 103• 101• 133• 159• 235• 222•

次の