スパイ ファミリー ネタバレ。 スパイファミリー28話(最新話)のネタバレと感想!【隔週更新】

キャラ設定にワクワクが止まらない『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』を読んだネタバレと感想|はらぺこブログ

スパイ ファミリー ネタバレ

スパイファミリー24話ネタバレあらすじ ヨルさんの様子がおかしい?! 黄昏(ロイド)は、最近 ヨルさんの帰りが遅いことに疑念を抱いていました。 そして今夜も相変わらずの遅い帰宅。 違うのは帰りの時間だけではありませんでした。 暗く荒んだ表情と、手に大量の切り傷があることに黄昏は気付いていました。 その上夕飯はいらないというヨルさんは、そのまま部屋に籠ってしまいます。 その時フォージャー家の新入り(犬)ボンドが予知能力で未来のヨルさんのビジョンを見ます。 それに反応するアーニャ。 ビジョンの中で、ヨルさんは顔を覆いながら泣いていたのでした・・。 後輩カミラの自宅でヨルさんがやっていたことは・・ 仕事の後、ヨルさんが真っ先に向かったのはスーパー、そして後輩のカミラの自宅でした。 ヨルさんはカミラから料理の手ほどきを受けていたのでした。 こうなった経緯はと言うと、職場でのこと。 ヨルさんが同僚に「自分が作った朝食のせいで主人が1日中トイレに籠ってしまった」というエピソードを披露し、誰か料理の先生になってくれないか聞いていたところ、たまたまやってきたカミラの彼氏、ドミニクが「こいつ料理うまいよ!」と悪気泣くカミラを推薦してしまったのです。 それ以来ヨルさんは仕事の後カミラ宅へ通っていたのでした。 しかし味音痴なヨルさんの料理は危険なので、この日はドミニクが毒見役を呼んでいました。 それは、久々登場!ヨルさんの弟ユーリくんでした。 大好きなヨルの手料理が食べられると聞いてご機嫌さんで現れたユーリでしたが、ロイドのための料理の練習だと知り複雑な気分に。 今日はミネストローネが作りたかったヨル。 持って来たジャガイモを早速ピーラー使って剥き始めますが、ものの短時間でジャガイモは血まみれに! かと思えば 得意な包丁で肉を糸状にしてしまったり、カミラお気に入りのまな板を食材と共に切ってしまったり、相変わらずハチャメチャなヨルさん。 「マジ何なのアンタ!どうやって結婚できたの!」と怒るカミラの発言にムッとして「処刑しようか」と考えるユーリ。 しかしカミラが「見込みないです、諦めた方がいいです。 あんなイケメンとは別れた方がいいです」と言うと、ユーリは心の中で「いいこと言うじゃないか!そうだ別れろ姐さん」とニヤつきますw ところがヨルさんの必死の表情を見たカミラ、冷たいながらも協力することに。 そして無事(?)一品めのミネストローネが完成。 毒見役のユーリ、感激して「うまーー!」と絶賛したりゲロゲロ吐いたりしながら食べ続けています。 混乱したカミラと彼氏、食べた瞬間に倒れます。 どうにか息を吹き返したカミラ、もっと簡単なミートボールを提案します。 が、やはり出来上がったのは見た目も味もヤバいミートボールでした。 毒見役のユーリはまたまた大喜びで吐きながら食べ続け、心配したカミラの彼氏、ドミニクさんに止められます。 カミラに、親が作ってくれた料理で美味しかったものなど覚えてないかと聞かれ、 ユーリは母お手製のシチューを思い出します。 ヨルたちの記憶をたよりにそのシチューを再現してみることになります。 カミラのアドバイスを受けながら一生懸命作るヨルさん。 ドミニクが「初めていい匂いがするんだけど、成功じゃない?」というので味見してみるカミラ。 驚いた顔で「悪くない」と言いますが、ユーリ曰く「何かが足りない」そうな。 そこでカミラがヨルたちの出身地を聞き、 「もしかしたらあの地方だとサワークリームを足してるかも」と言いサワークリームを乗せてみます。 すると・・・ビンゴだったようでした。 ヨルさんお手製の南部シチューにロイドとアーニャは・・? その頃フォージャー家ではリビングで黄昏がボンド(犬)の世話をしていました。 アーニャは空腹が限界に近づいて来ています。 そんな時、ヨルさんが食材と共に帰宅、夕飯を担当すると宣言します。 大ショックを受ける黄昏とアーニャ!! ヨルさんは調理しながら、実は料理の特訓をしていたと白状します。 できあがったブライア家のお母さんがよく作ってくれたという 南部シチューを目の前にドキンコドキンコするロイドとアーニャ。 意を決して食べてみると、二人ともびっくり。 とても美味しかったのです。 二人で口をそろえて「おいしい!」と言い、パクパク食べる姿に ヨルさんは顔を覆って涙したのでした。 殺しの仕事を続けるためにこの偽装家族の暮らしを守らなければと思っていたけれど、二人に認めてもらえるのがこんなに嬉しいものなんて・・・ヨルさんは幸せを噛みしめていました。 フォージャー家の妻として、母として少しだけ自信がついたヨルさん。 今度はヨルさんオリジナルの料理を出します。 喜んで食べてみるアーニャと黄昏でしたが、やはり・・・2人は倒れてしまったのでした。 もうすごく良かった! とっても良いエピソードでした。 ヨルさんの涙の理由が分かった時はこっちまでじーんと来てしまいました。 ヨルさんとユーリのお母さんの南部シチュー食べてみたい ヨルさん、ものすごく頑張ってましたね。 最初の2品は絶対食べたくないですが、 おふくろの味である南部シチューは食べてみたいです。 サワークリームと目玉焼きが乗ってるなんて美味しいそう~。 ロシアか東欧付近の設定なんでしょうね。 ヨルの後輩カミラが意外にいい人だった 出てくるたびに性格悪くて、いつも「嫌なやつーーー!!」って思ってたんですが、今回は意外に良かったです。 料理上手ってのも意外だったけど、ヨルのハチャメチャ料理に連日付き合ってあげるなんて、面倒見のいいところがあるのね。 今回で見方が結構変わりました。 ひねくれ者っぽいけれど、 これからも天然ヨル先輩をよろしく頼むぜよ。 +++++++++++ 今回のストーリー、個人的にめちゃくちゃ良かったと思います。 何よりオチが良かったw スパイファミリーはこうでなきゃね。 また次回が楽しみ。

次の

「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」の最新話ネタバレまとめ!|漫画大陸

スパイ ファミリー ネタバレ

しかしそこにはいかにも凶暴そうな実践的な訓練をたたき込んだペットショップだった。 当然、組織の息がかかった軍用犬販売店だった。 しかし可愛くない犬に対して、「絶対イヤ」という顔をしているアーニャだった。 小型で愛嬌のある犬はあるかと聞いているうちに、ロイドに新しい指令が入った。 そのためロイドは腹を下したと言い任務のため離れることに。 今夜の会談でブランツ外相の暗殺計画を今夜の会談で狙っている組織があることを知る。 そして大使館付近を彷徨いていた一人を拘束して尋問中だと聞き、黄昏が呼ばれたことを知る。 黄昏は相手のリーダーに変装して、なかなか情報を吐かない拘束中のテロリストに「あいつが全部計画したんだ! 俺たちはただ唆されただけで…」と演技をする。 そして、なかなか情報を吐かなかったテロリストに全て情報を吐かせることに成功した黄昏だった。 テロリストは暗殺の具体的な手段を「犬だ 正確な数は知らないが犬に爆弾をくくりつけ移動中を急襲するつもりらしい」と話す。 この情報で黄昏たちの組織は何としても未然に食い止めるように動く。 一方アーニャたちはペットの譲渡会に参加していた。 そんなとき窓の外には大きな犬が。 その大きな犬と目が合ったときロイド家の残像を読み取ったアーニャ。 ヨルにバレないように、アーニャはあの大きな犬を追うことに。 なんとアーニャが追ってきた犬は、ブランツ外相の暗殺計画のために使われる爆弾犬だった。 そして悪の組織に見つかってしまったアーニャだった。 4巻:19話「MISSION:19」 アーニャは命を狙われようとしたとき、先ほどの大きな犬が助けてくれた。 そして悪の組織のアジトに電話がかかって来た隙に、アーニャは犬に加えられアジトから脱出する。 そしてアーニャは先ほど犬の心を読んだときに、その先に電話がかかってくるという気持ちを読み取っていた。 そのことからアーニャは犬に対して「おまえ みらいわかる…? 」と聞く。 逃げていたが、遂に先ほどの悪の組織に待ち伏せされており捕まってしまう。 殺されそうになったアーニャと犬のところに、もちろんヨルが飛んできた。 そして悪の組織をボコボコにしてアーニャを取り戻すことに成功した。 4巻:20話「MISSION:20」 アーニャは助けてくれたヨルに対して、「アーニャかってにおそと でて ごめんなさい…」と謝った。 ヨルは「まったくです! 帰ったらお説教ですからね! 」とアーニャに抱きつく。 そしてアーニャは犬の心を読むと、そこに写った未来で父であるロイドが死ぬ未来が見えてしまう。 そして再び、犬に跨りヨルに謝って走り出すアーニャと犬。 一方その頃、黄昏たちの組織は悪の組織を追い詰めていた。 がしかし、主犯格のリーダーだけは逃亡しており、一人で計画を続行していた。 邪魔しに来る連中を罠にはめて消してやる」と動いていた。 そんな事態に気づき、黄昏は「戦争はもううんざりだ」と止めに行く。 4巻:21話「MISSION:21」 アーニャは先ほど犬を通して未来を見た時計台の場所に着く。 そしてアーニャが先に悪の組織のリーダーを見つける。 そしてリーダーが即席で準備した、部屋に入る為にドアを開けると爆発するトラップを見るける。 アーニャは爆弾を解除しようとするが…全部黒い線で戸惑う。 そんなところに父でありスパイの黄昏が到着してしまう。 しかし扉にはケチャップで何やらアーニャが描いたイラストが。 そして遂に未来でみた時間に。 そのころ黄昏は、何か嫌な予感を感じ扉を開けることを辞め爆発は塞がれた。 黄昏は次に殺される計画である大臣に変装して、悪の組織のリーダーを追い詰める。 そして訓練された爆発犬が襲いかかるが、「終わりにしよう」銃を撃つ黄昏。 4巻:22話「MISSION:22」 銃で犬から爆弾を取り外し、川へ爆弾を投げ込む。 急いで逃げようろする悪の組織のリーダーだったが…アーニャの誘拐犯としてヨルは車ごと蹴り止めることに成功。 ロイド家、全員の活躍により無事に一件落着として終わることに。 大きな犬も爆弾犬のため引き取られそうになったが、「アーニャ このいぬさんがいい! 」とアーニャのわがままで飼えることになった。 4巻:23話「MISSION:23」 アーニャの家にも犬が来たことにより、ダミアンに大作戦を。 アーニャの作戦によると、犬を買ったことを伝えると「勝負だ! 」となり家にいけるように考えていた。 いよいよアーニャはダミアンに「アーニャんち いぬいる」と怖い顔で伝えた。 するとダミアンは「だからどうした」という想定外の反応に落ち込むアーニャだった。 更にダミアンに犬の名前を聞かれると、アーニャは名前を「いぬ」と伝えた。 するとダミアンからは「キサマに犬を飼う資格はない」と言われた。 そして帰って来て、犬の行動がスパイアニメのボンドマンのようだったため「ボンド」と決めた。 4巻の感想 今回はアーニャが大活躍でしたね。 実際、アーニャに助けられロイドは生きることができましたね。 そして相変わらずの黄昏の強さと、ヨルの格闘シーン。 アーニャとボンドが一緒に寝ているところも見れてホッとしますね。

次の

キャラ設定にワクワクが止まらない『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』を読んだネタバレと感想|はらぺこブログ

スパイ ファミリー ネタバレ

エレガンス寮長が興味のあることについて調べるように授業をしている 昔よくやっていた小学校あるあるである。 ご両親の仕事だったり近所の店を調べるのだったにしてもいいそうだ。 アーニャはいったい何をするのであろうか。 家に帰り仕事調査の件を伝えるアーニャ。 ヨルはどきっとしてしまった。 ヨルの仕事はヒットマンだからであった。 ヨルは自分の仕事をアーニャに教えてあげる空想をしてみる。 しかしそれは血まみれの仕事でありとても教えられるようなものではなかった。 ヨルはやって悩んでいると、心を読んだアーニャはロイドのことを題材にしようとするのだった。 ロイドは精神科医師の仕事をアーニャに見せるのであった 探偵の格好をしているアーニャは良い道の仕事を興味深くメモするのであった。 実は裏事情としてロイドのこの病院の仕事は一石二鳥である。 デズモンドが何らかの病気だった場合この病院からアプローチできるからである。 そうこうしているうちにアーニャはロイドの同僚たちに囲まれるのであった。 ロイドは一流のスパイであるゆえ、まわりとのー人付き合いもうまくやっているのであった。 アーニャは今日はロイドの心を読み、本棚の裏に秘密があることを知るのであった。 アーニャは隠し通路のことを学校の作文にしてしまって、フランス寮長からロイドは大目玉を食らうのであった。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の