寒中 見舞い はがき 種類。 喪中の寒中見舞い!はがきの種類はどれ?

寒中見舞いのはがきの種類は?どこで買うの?どんな切手を貼るの?

寒中 見舞い はがき 種類

またいつまでに出せばいいのか?という点においては、寒中見舞いの場合は本来1月8日~2月4日の立春までに送るものとされています。 しかし、 今回は喪中のはがきを出していないので、あまり遅くなりすぎるのも失礼になります。 できたら1月10日頃には出せるように準備されると良いでしょう。 寒中見舞いのはがき種類はどれを選ぶ? 寒中見舞いのはがきは、本来は季節の挨拶状ですから、必ずこうしなければいけないという決まりはありません。 今回は喪中ということですから派手にならないように、落ち着いたデザインを選ぶようにしましょう。 お送りする時に、余った年賀状は使わないように気をつけましょう。 一般の私製はがきを使用します。 イラストの使用は可能ですが、お正月をイメージするような絵や、年賀状の定番である干支の絵などは使用しません。 よく使われるのは、冬や早春をイメージとした花・風景などですね。 まとめ 喪中のお知らせとなると、少し難しく感じられるかもしれませんね。 私も、昨年は寒中見舞いにて祖母が亡くなったことをお伝えする時、失礼のないようにするにはどうしたらいいのか、迷いました。 しかし、文例を活用することですぐに作成できたので参考にして頂ければ幸いです。 年賀状を頂いたお相手への気持ちも込めてお送りしましょう。

次の

寒中見舞いのはがきの種類は?どこで買うの?どんな切手を貼るの?

寒中 見舞い はがき 種類

寒中見舞いには、日本郵便の通常(官製)はがきを用います。 通常はがきには、ヤマユリ・山桜・胡蝶蘭の三種類があります。 ここで疑問なるのがどの柄を使えば使えば良いのかということです。 自分の好きな柄を送ればいいのでは?と思っている方は、ご注意してください。 基本的にはどれを送っても良いのですが、シーンによっては与える印象が異なるため失礼にあたることがあります。 特に「喪中などの年賀欠礼」の報告をかねた「寒中見舞い」でしたら「胡蝶蘭」を送ることが無難です。 ヤマユリや山桜は華やかなデザインになっており、歓喜など嬉しい感情を表すため、喪中にはふさわしくありません。 三種類の中でも「胡蝶蘭」が一番縁起よく、お悔やみのシーンにも使用できるので、失礼にはあたりません。 また、寒中見舞いには「私製はがき」も使えます。 その際も、落ち着いたデザインが無難です。

次の

喪中の寒中見舞いを出す時期は?ハガキの種類は?文例をご紹介します

寒中 見舞い はがき 種類

喪中はがきを出していなかった人から年賀状をいただくこともあると思います。 そんな時のお返事は 寒中見舞いでしたね。 寒中見舞いはいつまでに出したらいいかや書き方などはわかったけど、いざ返信するとなると 「使ってもいいはがきや切手の種類って決まっているのかな?」「自分で作るときにイラストを入れる場合はどのような絵柄を入れたらいいのかな?」「写真は使ってもいいのかな~?」と気になることが出てきますよね。 そこで今回は、寒中見舞いの返事に使えるはがきや切手、イラストや写真などのデザインマナーについてお伝えしたいと思います。 寒中見舞いの返事を出そうと思っている人の中でも とくに自分で寒中見舞いを作成する人に向けた記事になります。 では、まいりますッ。 今回は、年賀状のお返事として寒中見舞いを出しますが、 寒中見舞いは季節の挨拶状。 夏場の暑中見舞いと同じ感じで使われるものです。 そのため 年賀状を使うことはもってのほか! 使うはがきは 官製はがきまたは 私製はがきを使いましょう。 寒中見舞いはハガキで返すものと思いがちですが、便箋に書かれお手紙として投函されてもOKです。 が… 郵便局で官製はがきを購入される場合、官製はがきの切手が「ヤマユリ」「タンチョウ」「山桜」「胡蝶蘭」と4種類あります。 先ほどもお伝えしたように、どの切手でも構わないのですが、 寒中見舞いではよく使われるのが「胡蝶蘭」です。 そのため郵便局ではがきを購入されるなら、「胡蝶蘭」の切手がプリントされているハガキを購入するのが一番無難かな~と思います。 私製はがきを使う場合は切手が別売りになりますよね。 その場合は、 通常の「ソメイヨシノ」の切手を使ったら問題ありません。 郵便局には喪中時などの弔辞用に使う「花模様」の切手もあるので、ご自身が喪中だと「花模様」の切手?と思われるかもしれません。 しかし、寒中見舞いは「喪」とは関係ありませんからね。 喪中はがきに使う「花模様」は使わないと覚えておきましょう。 スポンサードリンク 寒中見舞いを作るときのデザインマナーを紹介 寒中見舞いのハガキを自分で一から作るとなると 「イラストはどんなものを入れたらいいんだろう?」「写真を入れてもいいのかな?」と気になることが出てくると思います。 そこで、寒中見舞いを作成するときのデザイマナーを紹介していきますね。 寒中見舞のイラスト干支はだめ? 寒中見舞いは季節の挨拶状。 ここが寒中見舞いを作成するときのポイントになります。 何度も繰り返しになりますが、寒中見舞いは季節の挨拶状なので、年始の挨拶とは全く別物なんです。 そのため、 干支、日の出などのお正月をイメージするイラストはNGです。 じゃあ、どんなイラストを使ったらいいの? と思うと思うのですが、 あなたは暑中見舞いを出すときどんなイラストを使いますか? きっと夏を連想する ひまわりや すいか。 涼しいイメージの 風鈴なんかかもしれませんね。 たとえば、花だと水仙、椿、さざんかなど。 可愛らしいイラストが多いかな~? テンプレートが多数。 ただデザインはどちらかというとシックな感じです。 テンプレートもありますし、イラストもあります。 デザインは可愛らしい感じのものが多いので、女性にはオススメかな? 寒中見舞いに写真は入れてもいいもの? 年賀状を作る際は、家族写真を入れる!という方も多いと思います。 では、寒中見舞いはどうなのでしょう? 寒中見舞いでは一般的にですが、 家族や子供の写真は使わないようです。 ただ使ってはいけないという決まりありません。 そのため 「暑中見舞いにも家族写真を使うし、寒中見舞いにも家族写真を入れたいな~」「近況報告に子供の写真を載せたいな」と思われるなら、写真を入れてもOKです。 ただ、上記は喪中ではなく、寒中見舞いを出される場合です。 喪中時は「家族・親族がなくなったために、新年をお祝いする気持ちになれず、年賀状を失礼させていただきました」ということが前提にあるため、寒中見舞いが「喪中ハガキ(年賀欠礼状)の代わり」になります。 そのため家族写真や子供の写真などをハガキなどに載せるのは控えたほうが無難です。 さいごに 寒中見舞いは、季節の挨拶状。 ココがはがきや切手、イラストを選ぶときのポイントです。 喪とは関係ないこと、年始の挨拶とは別物ということをしっかり抑え、寒中見舞いを作られたらよいのでは?と思います。

次の