アイビスペイント 使い方。 「アイビスペイント」でLINEスタンプの作り方!「オリジナルイラストを描こう編」

アイビスペイントの「投げ縄ツール」って何?意味と使い方を解説します

アイビスペイント 使い方

用意する物• ボールペン 濃い目の鉛筆でも可• 紙 白いものだと尚良し• スマホ• ibis Paint アイビスペイント をインストール たったこれだけです。 めちゃくちゃ手軽ですね。 アプリを使ってスマホでイラストを描く方法 では、具体的にibis Paint アイビスペイント という アプリを使用して スマホで イラストを描く手順を紹介していきます。 アナログでOK!下絵を描く まずは アナログでOKなので、用意した紙にペンで イラストを描きます。 この時に 線がハッキリと見えるようにボールペン等の濃いペンで描くようにしましょう。 次にこの絵の写真を スマホで線に ピントが合うように撮り、コントラストの調整を行います。 線をよりくっきりさせ、背景が真っ白になるように調整しましょう。 こんな感じになれば下絵の準備は完了です! 2. 絵をスマホのイラストアプリに読み込む 下絵の準備が出来たら、絵を イラストアプリ「ibis Paint アイビスペイント 」に読み込んで行きます。 マイギャラリーをクリックし、左下の「+ボタン」クリックします。 「新規キャンバス」と出て、項目が現れるので「写真を読み込む」をクリックし、先程描いた絵 コントラスト調整済 を選択します。 ちなみに、私はキャンバスサイズは推奨の大きさを利用しています。 ここで線画抽出の是非を問われるので「OK」をクリックして下さい。 このイラストアプリのココが凄い! 何と、先ほどアナログで描いた絵の線を、線画として自動で抽出してくれます!背景は透過扱いに!!!スマホでここまで出来るとは感動。 全体の色味を調整出来る画面に切り替わるので、ここで更に背景が白、線がより黒くくっきりとなるように調整します。 これで スマホの アプリへの読み込みは完了! 3. スマホのイラストアプリで色を塗ろう ここまでくれば後もう少しです! 画面左下にある上図赤枠の箇所からツールを選択する事が出来ます。 この中から「自動選択」を選びます。 顔のエリアをタップすると自動で範囲を選択してくれます。 この状態で再度ツールの選択を行い「塗りつぶし バケツのマーク 」をクリック。 画面下真ん中の色の部分をタップし、顔の部分に塗りたい色を選択します。 選択したら、そのまま範囲に囲まれている部分をクリック!すると・・・ 選択した範囲の色塗りが完了です!簡単…。 ちなみに、選択範囲の解除は画面上部の点線の四角いアイコンから行えます 同じ要領で髪の毛や、目の色を塗っていきます。 全部塗り終わりました! 4. イラストに装飾をしよう この アプリの凄い所として、 2000枚を超える無料素材を使用する事が出来ます。 画面右上の写真アイコンをクリックすると、使用出来る無料素材が出現し、ここから背景画像や装飾に使用する イラスト素材を選ぶことが出来ます。 今回は生物・人 カラー の中の「羽デフォルメ02」を髪飾りとして使用してみました。 追加した素材は新規レイヤーとして追加されます。 右下の部分が1から2に変化しているのが確認出来ますね。 補足 レイヤーはドラッグで上下を移動出来ます。 またレイヤーを削除したい時は、レイヤー画面の右側にあるゴミ箱ボタンから削除できます。 スマホのアプリで描いたイラストを保存しよう 最後に保存です。 この段階で保存されるのでご安心を。 マイギャラリーに戻ってくるので、保存したい イラストを選択した状態で画面下中央のボタンをクリックします。 Jpeg形式、PNG形式等選べるので、好きな形式を選んで保存すると、 スマホのカメラロールに保存完了です! スマホのアプリで超簡単にイラストが描けた スマホでド素人が イラストを描こうとすると、最初につまづくのが線画ですよね。 「こんな小さな画面でどうやったら綺麗に描けるのか…」と私も最初は思い悩みました。 なので、この「ibis Paint」というアプリを発見した時は衝撃を受けました。 線画をアナログからこんなに綺麗に抽出し、透過状態にしてくるなんて、技術の進歩は凄いですね。 私はただの絵を描くのが好きなだけで イラストに関してはド素人ですが、色塗りがサクサク出来るせいか、「ソレっぽい」絵に仕上げる事が出来ました。 全然下手くそですが…。 デジタルで絵を描いてみたいな~と言う方にはオススメのイラストアプリです。

次の

【保存版!!】アイビスペイントで覚えておくと便利な機能「自動選択」を使ってみよう! « すごはん | たのしごと

アイビスペイント 使い方

目次 アイビスペイントの使い方 キャンバスを出す キャンバスすなわち絵を描くところですね。 アプリを起動したら「 マイギャラリー」をタップします。 左下の「+」をタップします。 キャンバスの大きさを決めます。 リサイズなしでブログに使える大きさです。 これでキャンバスができました。 円を描く 赤枠のところが「ペン」のときは線が描けます。 はじめは自動でペンになっているはずです。 この状態で線が描けます。 上のように円を描いてみましょう。 次は線を細くしてみます。 赤枠のスライダを動かすと線の太さが変えられます。 細かく調節したいときは両端の「+」「-」をタップすればOKです。 細い線で円が描けました。 タップし続けるとずっと戻り続けます。 画像は消しゴムの状態です。 真ん中の緑の四角に赤い斜線が入っているのは「いま消しゴムなので色が塗れません」という意味です。 色を変える 色を変えるときは赤枠の箇所をタップします。 上の円と四角のところにそれぞれひとつずつグレーの小さな〇があります。 これを動かして色を選択します。 外側の〇でおおざっぱに色を変えて、内側の〇で色の感じを変えます。 適当に動かしてみてください。 これで色違いの円が描けるようになりました。 小さく消した方がつなぎやすいです。 画面上で指2本をぐいっと広げて拡大します。 大きくすると線がつなぎやすくなります。 線を描いてつなぎます。 きれいにつながりました。 今回は指で描きましたが 専用のペンがあったほうが断然描きやすいです。 1000円程度なのでイラストを描き続けるならもっておいて損はないかと思います。 ぼくが使っているものを下に紹介しておきます。 100円ショップにも似たものがあるそうなので使いやすいものを選べばよいでしょう。 細い線から色を取る場合は、十分に拡大して境界にかからないようにしてから色を取りましょう。 境界線にかかると色が薄くなります。 色が取れたらふたたびメニューから「塗りつぶし」を選択し、塗りたいところをタップすれば色が塗れます。 保存する 赤枠の矢印をタップすれば描いたものが保存できます。 ブログに使うならJPEGでもよいです。 こちらのメニューから作品の複製もできます。 あとはアイビスペイントでどんどん描いてください 以上の操作ができればこんなイラストは余裕で描けます。 あとはどんどん描くだけです。 こんな感じのほのぼのアイコンの描き方が知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。 まとめ:アイビスペイントなら初心者でもイラストが簡単に描ける!円が描けて色が塗れて保存できれば基本的な使い方はOK• 円がきれいに描ければ線画は描けるよ• レイヤーが使えれば色塗りもできるよ• これだけでカトーレベルのイラストは描けちゃうよ.

次の

「アイビスペイント」でLINEスタンプの作り方!「オリジナルイラストを描こう編」

アイビスペイント 使い方

『 ペイントX(ibispaint x)を使って、イラストを描きたい!』と思って、 実際に、描いてみたんですが。 かなり使い勝手が良くて、高校生のイラストに夢中になっている時期に出会いたかったなぁ〜と、、、。 底知れない無料のクオリティに驚く。 じゃあ、シャーペンに描いて、『ペイントX』アプリに落とし込んでイラストを描いていく手順を分かりやすく解説していますので。 このまま下へ読み進めてください。 【初心者必見!】ペイントXの使い方!手順。 1、紙に好きな物を描く。 2、『ペイントX』アプリに落とし込む。 3、線画を描いていく。 4、レイヤーの使い方を理解し、色塗り。 5、完成。 ざっくりとした流れは以上です。 では!実際に、『 1、紙に好きな物を描く。 』ところから描いてみましょう! 1、紙に好きな物を描く。 B5サイズの用紙とシャーペンまたは、鉛筆を用意して描いていきます。 僕の場合は、イケメンを描いていくので。 『丸』を必ず描いてから、顔の輪郭を描いていくようにしています。 後日、別の記事で書き方などの解説もしていきますね! ラフの下書きは、このような感じでイケメンさんが仕上がりました。 2、『ペイントX』アプリにアナログ絵を落とし込む。 まず、『ペイントX』アプリを開きます。 2、『完了』をタップしたら、 『マイギャラリー』をタップします。 3、『マイギャラリー』をタップしたら、 『+(プラスマーク)』をタップします。 4、『+(プラスマーク)』をタップしたら、 『写真読み込み』をタップします。 5、『写真読み込み』をタップしたら、 『OK』をタップします。 6、『OK』をタップしたら、 『下書きイラスト』を読み込みます。 *お使いの・のスペックによってイラストを描くときに重くなるので、基本は『推奨』をオススメしています。 10、『OK』をタップしたら、 『黒側、白側、中央値』の数値を設定する。 僕の場合は、大まかな数値で設定でも、線画を描いていくので修正は後でも簡単にできます。 ですが、 線画をアナログ時点での抽出をする人は、『線画抽出』は重要なので注意。 3、レイヤーをざっくり理解し、線画を描いていく。 『 レイヤーって何だよ!』と、めんどくさい。 理解しなくても行けるやろ!と思ってる人!! レイヤーを理解していると、失敗しても簡単に修正できたり、綺麗に描けたりするのでめんどくさいけど理解しておくことをおすすめします。 レイヤー勉強から始めるより、実戦形式で僕が描いているところを見て全体像のイメージを理解してください。 ここまでが『 3、レイヤーをざっくり理解し、線画を描いていく。 』のやる事です。 ざっくりと『レイヤー』についての理解は出来たけど、まだまだ理解が足りないなぁと思う人は、詳しく解説していますので、このまま読み進めてください。 『 レイヤー』って何?理解して綺麗に書こう! レイヤー とは、画像を重ねて使うことができる機能のことである。 じゃあ、その『レイヤー』をどのような仕組みなのか?と言いますと、下の画像を見てください。 というのが、『レイヤー』を使う事で簡単に出来ます。 このような感じになります。 色塗りをレイヤーを使って綺麗に! 『色塗り』が苦手!という人は、別記事で、色塗りのコツを解説しているので参考に。 ここでは、ざっくりとした解説をしていきます。 このようにレイヤーごとに、肌、髪、目といった感じで色塗りをしていきます。 2、『ペン(ハード)』を選択したら、 『色選び』については、別記事で解説していきます。 3、『色』を選択したら、 『影、光、ベースの肌色』を塗っていきます。 髪、目なども同じで、『影』、『光』、『ベースの色』は重要になります。 4、『色塗り』を進めていくと、 こんな感じで仕上がります。 かなり飛ばしていますが、色塗り記事を次回書きますので少々お待ちを。 【初心者必見!】ペイントXの使い方!まとめ。 初めて、『ペイントX』を使ってみたんですが。 かなり使いやすくペンタブは持っていないけど、はある高校生、中学生とかにおすすめだなぁと感じました。 高校生、中学生ってお金無いしね。 僕なんか、お絵描きしたいから1万5千円のペンタブと5千円のイラストソフトを少ないお小遣いで買っていた時を考えると今の高校生、中学生は恵まれているなぁと思うよ。 まあ、だけどもペンタブの方が描きやすさは抜群だけどね! december1etk.

次の