業務 スーパー 揚げ なす レシピ。 冷凍揚げナスで簡単揚げ浸し レシピ・作り方 by Mei๑╹ω╹๑|楽天レシピ

業務スーパー『揚げなす乱切り』のおすすめ度は? 気になるサイズや食べ方をチェック

業務 スーパー 揚げ なす レシピ

業務スーパーの冷凍なすとピーマンは下処理をしっかりしてくれていて安いので、節約できる上に時短にもなる主婦のお役立ちアイテムです。 好みで紹興酒や豆板醤を加えれば、ぐっと大人っぽい味になるのでお試しください。 豚味噌炒めの材料(4人分)• 豚こま・・・250g• 冷凍揚げなす・・・250g• 冷凍ピーマン・・・200g• 長ネギ・・・10cm• にんにくチューブ・・・6cm• しょうがチューブ・・・6cm• 味噌・・・大さじ2• 砂糖・・・大さじ1• 醤油・・・大さじ1• みりん・・・大さじ1• 酒・・・大さじ1 豚味噌炒めの作り方• 1フライパンに油をひき火を付け、粗みじんにした長ネギとにんにく・しょうがを加えて香りが出るまで炒めます• 2豚こまを加えて炒めて色が変わったら、なすも加えて更に炒めます• 3なす全体に油が回ったら、調味料全てと水100ccを入れて強火で煮詰めていきます• 業務スーパーには1kgで250円前後という、大容量大特価の安い冷凍ミックスベジタブルがあります。 さらにソーセージも10種類程常設で置かれています。 特におすすめは、ハーブの香りが芳しい「こだわり生フランク」です。 簡単オムライスの材料(2人分)• ごはん・・・お茶碗2杯強• 冷凍ミックスベジタブル・・・大さじ5• こだわり生フランク・・・2~3本• バター・・・10g• ケチャップ・・・大さじ3• コンソメ・・・小さじ1• 醤油・・・小さじ1• 塩コショウ・・・少々• 卵・・・3個• 牛乳・・・大さじ1• マヨネーズ・・・小さじ1 簡単オムライスの作り方• 1フライパンにサラダ油をひき、輪切りにしたソーセージとミックスベジタブルを炒めます• 2ケチャップ・コンソメ・醤油・塩コショウを加えて、水分を飛ばすように炒めます• 3バターとごはんを加えて馴染むように炒め混ぜたら皿にあけます• 4牛乳とマヨネーズを入れてといた卵をフライパンで焼いたらご飯に乗せて出来上がり 今回オムライスでおすすめしたこだわり生フランクは、ただ焼くだけでも美味しい酒のおつまみになる絶品ソーセージです。 これだけお手頃でクオリティの高い商品は、節約の要になるでしょう。 肉好きの家族がいる方は、ぜひこちらの記事を参考にして色々お試しください。 10枚で300円弱という衝撃コスパです。 厚みが1~2cmぐらいしかないので、揚げ焼きが出来るので美味しい上に家計にも優しい商品です。 そこに冷凍の刻み玉ねぎを使った手作りタルタルをかけて頂きましょう。 タルタルのせフライの材料(4人分)• 白身フライ・・・8枚• 刻みたまねぎ・・・50g• 卵・・・2個• マヨネーズ・・・大さじ6• ケチャップ・・・小さじ1• 酢・・・小さじ3• 塩コショウ・・・少々• 乾燥パセリ・・・適量 タルタルのせフライの作り方• 1刻みたまねぎを解凍し水に10分ほど晒します• 2卵を茹で潰し、水を切った刻みたまねぎ・マヨネーズ・ケチャップ・酢・砂糖・塩コショウ・乾燥パセリを混ぜ合わせます• 3フライパンに2cm油を引き、白身フライを揚げ焼きします• 1パックに4切れ入っているので家族で食べるのにピッタリの大きさです。 価格も1切れ99円と良心的で、家計の強い味方になります。 塩鮭ではありますが薄味ですし、1切れ辺りが小ぶりなのでただの塩焼きよりもホイル焼きがおすすめです。 ホイル焼きの材料(4人分)• 定塩銀鮭切身・・・4切れ• えのき・・・1袋• しいたけ・・・4個• 玉ねぎ・・・1個• 酒・・・各大さじ1• 醤油・・・各大さじ1• バター・・・各10g ホイル焼きの作り方• 1玉ねぎとしいたけは薄切り、えのきはほぐしておきます• 2広げたアルミホイルに、玉ねぎ・鮭・えのき・しいたけの順番に乗せていきます• 3醤油・酒を振りかけ、真ん中にバターを乗せたらアルミホイルをピッタリ閉じます• いんげん・にんじん・たけのこ・きくらげの4種が満遍なく入っています。 たけのこやきくらげは本格的な中華には欠かせませんが、節約したい時にわざわざ買う食材ではありません。 そんな時のお役立ちアイテムです。 中華丼の材料• 中華野菜ミックス・・・150g• 白菜・・・3枚• 豚こま・・・200g• しょうがチューブ・・・6cm• ごま油・・・大さじ1• 水・・・300cc• 中華だし・・・小さじ1• 醤油・・・大さじ1• 酒・・・大さじ1• 水溶き片栗粉・・・適量 中華丼の作り方• 1豚こまに、塩コショウと酒(大さじ1)・しょうが(4cm)を揉み込んでおきます• 2水・中華だし・醤油・酒・オイスターソースを混ぜ合わせておきます• 3フライパンにサラダ油としょうがを入れて香りが出るまで熱し、豚肉を色が変わるまで炒めます• 4中華野菜ミックスとザク切りにした白菜を加えて、満遍なく油を回すように炒めます• 600g入って500円前後と、美味しいのに1g1円もしない衝撃的に安い食材です。 この煮豚は丼にするには多少固さがありますので、鍋でトロトロに煮て更に柔らかくするのがおすすめです。 角煮丼の材料(4人分)• やわらか煮豚・・・1本• 青梗菜・・・適量 角煮丼の作り方• 1やわらか煮豚を一口大に切ります• 2鍋に切ったやわらか煮豚と袋に余っているタレを入れて、好みの柔らかさになるまで弱火でコトコト煮ます• 3ご飯をよそった丼に、軽く茹でた青梗菜とやわらか煮豚を盛り付けタレをかけたらできあがり 業務スーパーには、実は安くて美味しいお米もたくさんあります。 今回ご紹介した丼レシピを、業務スーパーのお米と共に作るのはいかがでしょうか。 こちらの記事には、国産米から変わり種まで業務スーパーで扱っている7種類のお米が詳しく載っています。 是非選ぶ際の参考にしてください。 業務スーパーの冷凍むきあさりは、500gも入って400円ほどです。 その上とてもヘルシーな食材で、主婦の強い味方です。 白ワインが無い場合は、料理酒を代わりに使っても美味しく出来上がります。 ボンゴレビアンコの材料• 冷凍むきあさり・・・200g• パスタ・・・320g• にんにく・・・一片• 白ワイン・・・100cc• バター・・・大さじ2• 醤油・・・小さじ1• パスタの茹で汁・・・100cc• オリーブオイル・・・大さじ2• 乾燥パセリ・・・適量• ブラックペッパー・・・適量 ボンゴレビアンコの作り方• 1フライパンにオリーブオイルと薄切りにしたにんにくを入れて、弱火で香りがでるまで炒めます• 2強火にしてあさりを入れて白ワインを加え、ひと混ぜしたら弱火にして蓋をし蒸し焼きにします• 3茹で汁とバターを加えてなじませたら、茹でたパスタを加えて和えます• 味付けされた肉がたっぷり500g入って400円弱という、節約主婦に嬉しい一品です。 濃厚なので野菜やうどんを足すだけでしっかりしたメインが出来上がります。 せっかくなので、本格的なプルコギにしてしまいましょう。 プルコギうどんの材料(4人分)• 冷凍プルコギ・・・1袋• もやし・・・1袋• にんじん・・・1本• 玉ねぎ・・・1個• にら・・・1束• うどん・・・4玉 プルコギうどんの作り方• 1にんじんは細切り、玉ねぎは薄切りにし、にらは4~5cm幅に切ります• 2冷凍プルコギは流水解凍しておきます• 3フライパンにごま油を熱し、にんじん・玉ねぎ・にら・もやしの順に炒めます• 4流水解凍したプルコギを加えて満遍なく炒め合わせます• こちらの商品は、特にごぼうを扱う上で面倒な下処理も千切りもしてくれているので便利です。 薄目ならメインディッシュの食材の味を邪魔をしませんし、濃い目なら良い酒のおつまみになる上に日持ちもします。 きんぴらの材料• 冷凍ごぼうにんじんミックス・・・200g• 酒・・・50cc• ごま油・・・大さじ1• 砂糖・・・大さじ1. 醤油・・・大さじ1• 白だし・・・大さじ0. みりん・・・大さじ2• 鷹の爪・・・1本• 白ごま・・・大さじ2 きんぴらの作り方• 1フライパンにごま油を熱し、冷凍ごぼうにんじんミックスを炒めます• 2冷凍ごぼうにんじんミックスが解凍され油がしっかりまわったら、酒を入れ絡めます• 3砂糖・醤油・白だし・みりんを入れて、煮汁が少なくなるまで水分を飛ばしながら炒めます• こちらのの餃子の皮は、安いだけでなくパリッと焼けるということでリピーターの多い商品です。 すぐ出来るのでおやつにするも良し、酒のおつまみにしても絶品です。 ホームパーティーでお酒と共に出すのもおすすめです。 テリヤキチキン風ピザの材料(10個分)• 焼き鳥缶・・・3缶• 餃子の皮・・・10枚• コーン缶・・・1缶• ピザ用チーズ・・・適量• マヨネーズ・・・大さじ1. 刻み海苔・・・適量 テリヤキチキン風ピザの作り方• 1餃子の皮に、薄切りにした玉ねぎ・焼き鳥(タレごと)・マヨネーズ・コーン・チーズの順番に乗せていきます• 2トースターで3~5分焼いて、お好みで刻み海苔をかければ出来上がり 業務スーパーの美味しくて安い食材を使ったレシピで楽しい節約ライフを! 今回は食材として使いやすい冷凍野菜や既に出来上がっている商品の中で、評判の良いものを中心にご紹介しました。 活用すれば毎日のメインディッシュや酒のおつまみ、子供のおやつまで事足ります。 業務スーパーには、今回ご紹介したもの以外にもまだまだ色んな商品があります。 様々に使い分けて楽しみましょう。

次の

「つぶれない店」業務スーパーマニアのアレンジレシピのランキング!1食150円以下?

業務 スーパー 揚げ なす レシピ

業務スーパーの冷凍チュロスのカロリーは、100gあたり172kcalとなっています。 チュロスは高カロリーのイメージがありますが、冷凍状態の時には砂糖はかかっていない状態なので、自然な甘さのあるチュロスになっています。 揚げた後にかける砂糖の量を自分で調節したり、油で揚げずに調理するとカロリーを抑えて食べることができます。 工夫次第で低カロリーで食べられるのも嬉しいポイントです。 ですが、スイーツであることに変わりはないので、食べすぎには注意が必要です。 業務スーパーには、冷凍チュロスの他にも様々な人気スイーツやデザートがあります。 次の記事でおすすめ商品を23種類紹介していますので、ぜひそちらも参考にして業務スーパーのスイーツを楽しんでみてください。 業務スーパーの冷凍チュロスの揚げない調理法の2つ目は、フライパンで焼く作り方です。 フライパンにチュロスを並べたら、時々ひっくり返しながら弱火で7分~8分焼いていきます。 油で揚げた時のような綺麗な焼き色にはならないので見た目は劣りますが、手軽に調理できるのが嬉しいですね。 また、オーブンより短時間で調理することが可能です。 フライパンで調理すると、カリカリというよりは全体的にもっちりとした仕上がりになります。 調理法によって食感が変わるのもおもしろいので、色んな調理法でお好みの食感を探してみても良いですね。 フライパンは一度にたくさん焼くのにも向いています。 難易度が高そうなアイシングですが、作り方は意外と簡単です。 アイシングをすれば模様が描けたり、チョコレートなどをトッピングしたかわいいチュロスができます。 お子さんと一緒にデコレーションをするのも楽しそうです。 甘めが好みの方は、はちみつ風味のアイシングがおすすめです。 粉砂糖30g、はちみつ3g、水大さじ1を混ぜ合わせ、粉砂糖がしっかり溶けたらチュロスにコーティングすれば完成です。 飾り付けをしたい場合は、アイシングが固まらない内に手早く行いましょう。 はちみつの代わりにレモン汁を少し加えるとさっぱりとします。

次の

「つぶれない店」業務スーパーマニアのアレンジレシピのランキング!1食150円以下?

業務 スーパー 揚げ なす レシピ

さん mie0x0 がシェアした投稿 — 2018年 4月月22日午後11時49分PDT 私がこの商品をお勧めする理由は、 500g入って178円というコスパの良さと、家でやると面倒な揚げるという作業がされている点です。 なすをスーパーで買えば3本入りで198円くらいが相場なのに、178円で500gも入っているのはコスパが良すぎてこれは本当になすなのか?と疑うレベルです。 もちろん食べれば分かるけれど、ちゃんとしたおいしいなすなのでそこは安心なのですが… そして、家で揚げなすを作るとなると多量の油が必要だったり油はねで火傷したり、あとなすが油を吸いすぎてギトっとしてしまったり、それ以上にただただ面倒くさいのですが、 この商品は油の吸い方もギトっとしていないし、冷凍してあるからか 食べたときの油の具合がなんとも美味しく感じます。 この時期に汗をかきながら揚げ物をする必要もなくなって最高です。 他にも、先にミンチを作っておいて、各種調味料を混ぜて揚げなすを入れてチン、その後に豆腐を入れて再度チンしてミンチを混ぜれば 簡単麻婆なすも出来ます。 パッケージに書いてある通り、冷凍したままの状態で再加熱するべき商品なので 基本的に電子レンジで調理するのがコツかと思います。 揚げてあるのでチンしすぎてもシナシナになったりすることはないので、好きな材料好きな調味料と合わせて適当にチンすれば良いだけです。 油が気になる場合は1分ほどチンして軽く解凍して、キッチンペーパーで油を吸ってから味付けすればマシになります。 フライパンで調理する場合は、肉やほかの野菜などを先に焼いてから味付け前ギリギリにいれます。 汁物はどうしても油が浮いてきてしまうので諦めます。 業務スーパー揚げなす 乱切り まとめ.

次の