エボリューション 意味。 三菱車

エボリューション(evolution)の意味とは?

エボリューション 意味

エボリューションというのは、英語で「進化」を意味しています。 当時、三菱から販売されていたギャランのを、ランサーに移植した進化版ということですね。 三菱社内においては、FIAのホモロゲーション取得のため間に合わせで開発されたという背景があったため、TVCMや店頭での告知は一切なく、2500台限定という消極的な販売ながらも、そのゲリラ的な販売方法から逆に人気となり、一瞬で完売したといいます。 追加の声を受け、再販を繰り返し、最終的には当初の3倍の台数を販売してしまいました。 小型にハイパワーエンジンを搭載した、すさまじい車ということで、ランサーの歴史はロケットスタートを切ることになったのです。 ランサーエボリューション Iのスペック 販売期間:1992年9月~ 乗車定員:5人 ボディタイプ:4ドア エンジン:4G63型:2. ちなみに2代目からは、フルモデルチェンジごとのナンバリングはローマ数字で表記されています。 前モデルの問題点を改善し、の向上と走行性能の飛躍的な向上を見せながらも、しばらくシリーズ内で続くブレーキやタイヤの容量の不足と、タイヤのグリップの持続性などの問題と、長きにわたり向き合っていく羽目になっていくのです。 ランサーエボリューションIIのスペック 販売期間:1994年1月~ 乗車定員:5人 ボディタイプ:4ドア エンジン:4G63型:2. 2代目ですでに完成された基本構造にプラスし、エンジンの冷却性能や空力性能の向上を目的に開発されました。 こちらのモデルで初めて、販売台数は1万台を突破しています。 時代がまだバブルの影響が残っていた時期だったこともありますが、自動車という高額商品で1万台というのは半端ではありません。 このエボIIIでは大幅に開口部を拡大し、大きなウイングを装備するなど、先代、先々代と比べ外装のビジュアルも大幅に変更されています。 しかし、大幅な向上の為に、少し過給圧を上昇させるだけでもトラブルが発生しやすくなるなど、課題の残るフルモデルチェンジとなってしまった事は三菱自動車としても否めませんでした。 ランサーエボリューションIIIのスペック 販売期間:1995年1月~ 乗車定員5人 ボディタイプ:4ドア エンジン:4G63型:2. 続いて、第2世代に時代の移り変わりと共にランサーエボリューションも進化を遂げます。 ベースモデルのランサーがフルモデルチェンジを果たしたことを受け、シリーズ始まって以来、初のフルモデルチェンジを果たしました。 それまでのシリーズ同様、限定販売で発表されています。 特筆すべき点とすれば、当時の日本車には最高を280以上にしないという暗黙の規制があったにも関わらず、それをしれっと達成してしまった事で、これまで以上にプレミアムな車になった点です。 III以前のシリーズと大きな変更点といえば、エンジンの搭載方向を左右反転することで、駆動ロスを激減し、全く違う乗り心地となった事で、当時のファンは度肝を抜かれるほどに旋回性能を向上させています。 しかし、歴代最高の販売台数をマークしながらもランエボIVの旋回性能を上げたシステムは、まだまだ発展途上だったため、異音が発生するなど様々なトラブルが発生し、やはりそれまでのシリーズ同様、次なる課題となって、歴史はVへと続くことになるのです。 ランサーエボリューションIVのスペック 販売期間:1996年8月~ 乗車定員:5人 ボディタイプ:4ドア エンジン:4G63型:2. ランサーエボリューションVのスペック 販売期間:1998年1月~ 乗車定員:5人 ボディタイプ:4ドア エンジン:4G63型:2. しかし、ユーザーの声に影響され過ぎたせいで、レースでは前ナンバリングシリーズのVに勝つことが出来ず、一部のファンの間では「退化した」との声もあったようです。 2000年1月には、トミ・マキネンエディションという限定版がリリースされています。 こちらは、当時破竹の勢いを見せていたトミ・マキネン選手の4年連続ドライバーズ・チャンピオン獲得を記念して、同選手の名前を冠した特別仕様車でした。 制作者である三菱が工夫に工夫を重ね、シリーズが変革していったことがよく解る一台です。 ランサーエボリューションVIのスペック 販売期間:1999年1月~ 乗車定員:5人 ボディタイプ:4ドア エンジン:4G63型:2. それまで外装、ビジュアルにも拘ってきたランエボシリーズですが、ここにきてベースモデルの外装が大人しめになった事に習い、こじんまりとした外観となっています。 とはいえ、印象がこじんまりとしただけで、むしろ歴代のシリーズと比べるとボディの大きさ自体は大型化しています。 また、シリーズ初となるAT車もラインナップされ、手に取りやすくなったのもこの第3世代からといえるでしょう。 様々な改善点がありながらも、VIより安価になった為、ファンからはバーゲンプライスだと評価されたといいます。 ランサーエボリューションVIIのスペック 販売期間:2001年2月~ 乗車定員:5人 ボディタイプ:4ドア エンジン:4G63型:2. MTが5速から6速になったり、アルミルーフを量産者として初めて導入したりと、さまざまな実験をされたのも、VIIIの大きな特徴です。 また、このVIIIから国内を飛び出し、国外への輸出が正式に開始されました。 しかし、世界に飛び出したと同時に、年々増加傾向にあった盗難対策として、イモビライザーというキーの照合システムが本格的に搭載されました。 ランサーエボリューションVIIIのスペック 販売期間:2003年1月~ 乗車定員:5人 ボディタイプ:4ドア エンジン:4G63型:2. 従来のアルミニウム合金ではなくマグネシウム合金にコンプレッサーホイールを変更することで、の発生回転数が下がった事で、逆に性能同士ががっちりとはまり、高回転域でのレスポンスが向上しました。 ランエボIXでは、エンジン性能向上に欠かせない連続可変バルブタイミング機構「MIVEC」といったシステムを採用するなど、それまでと変わらず三菱自動車としては実験的な挑戦もされています。 また、IXでは歴代で初めてワゴンモデルも採用されています。 一般的に、ワゴン車は面で劣るとされていますが、エボワゴンは十分な剛性をもって設計されており、ラゲッジスペースに12Vのアクセサリーソケットを装備されていたりと、走行性能に関わる装備以外も充実したモデルとなっていました。 また、IXをベースに改造された「ランサーエボリューションMI」も発表され、今も尚実験段階であるとされています。 ランサーエボリューションIXのスペック 販売期間:2005年3月~ 乗車定員:5人 ボディタイプ:4ドア エンジン:4G63型:2. 2005年の東京モーターショーで原型となるコンセプトカーが発表され、更にその2年後に「Prototype-X」として展示された車を量販用に改良され、市販されたのがこのXでした。 第3世代までのランエボとは一線を画すほどにありとあらゆる面での性能向上が施され、およそ年に1度のマイナーチェンジを繰り返しながらも徐々に在庫のみの販売となり、5MTが2015年8月まで生産されました。 そして、冒頭でも触れたランサーエボリューション ファイナルエディションの発表がされたのです。 8年もの間、ナンバリングシリーズを更新することなくマイナーチェンジを繰り返し、ファンは当然XIへと続くものと思っていたでしょうが、三菱の会社の事情と、ファンのニーズ多様化の問題など様々な点から、開発が困難となったのがランエボ終焉の直接的な原因でした。 ランサーエボリューションXのスペック 販売期間:2007年10月 — 2016年4月 乗車定員:5人 ボディタイプ:4ドア エンジン:4B11型:2. 三菱自動車の技術は、変革しながらも、とりあえずこのシリーズで実験しようと言わんばかりにランエボに投入されており、まだランエボの正式な後継車は決まっていないといいます。 エボVIII以降は世紀に輸出が行われたこともあり、今もレース関係者を中心になくてはならないブランドとなっているのです。 ブランドとして、地位が確立された三菱のランエボは、現在でも評価の非常に高い車といえます。 生産が終了してしまった現在でも、十分すぎるほどの結果を残しているランエボの評価が低いはずはありません。 先ほどご紹介した、中古車価格が非常に高いのも評価の高さの裏付けと言えるでしょう。 新型三菱グランドランサーが台湾で発売!ランエボ復活の可能性は? 自社開発の終了が発表されてたランサーですが、2017年に台湾で新型グランドランサーが発売されました。 これまでのモデルと比べると多くの改善点が施されており、台湾をはじめとした世界中のファンを沸かせています。 そんな中でランサーエボリューションが復活するか否かは気になる点だと思われます。 現時点では三菱の利益的な面を考えても復活は見込めない状況ですが、今後に期待したいですね。 本記事を読むことで、あなたがランサーエボリューションに少しでも興味を持って頂けたら幸いです。 三菱自動車のセダンランキングについてはこちら ランサーエボリューションと並ぶ日本のスポーツカーの歴史についてはこちら.

次の

「進化は進歩ではない」と言われて、あなたは納得できますか(更科 功)

エボリューション 意味

エボリューションって、いつの時代のエンジン? ハーレーOHVの第4世代にあたるエボリューション。 このエボリューションが誕生したのは、1984年でした。 前回のショベルヘッドのページでご紹介したとおり、この84年以前は、ハーレーにとってまさに激動の時代でした。 1969年にAMFに買収されていたハーレー社ですが、ニューモデルを矢継ぎ早に発表し大きく販売台数を伸ばし、収益体制は改善されていました。 そして1981年、AMFより株式を買い戻し、独立に成功します(バイバック)。 「ハーレーダビッドソンは、ハーレーダビッドソンを愛する者で作る」。 これこそが当時の経営陣の、ひいては会社としての基本精神でありました。 しかし、いいことばかりではありません。 1970年代後半に日本のマルチエンジンが席巻していたアメリカでは「ハーレーは、重い、遅い、壊れる」といった風評が流れるようになり、ブランドイメージは失墜していました。 また、国内でのハイウェイ制限速度引き上げなどハーレーにとっては不利な条件が重なっていたことも事実です。 それでもハーレーが収益を改善できたのは、ハーレーの独特のフィーリングと伝統、そして根強いファンのおかげといえるのかもしれませんね。 さて、独立を果たしたハーレー社はこの高性能な日本車に対応するだけの性能を持つエンジンの開発を目指します。 そう、それこそがこのエボリューションエンジンです。 徹底した生産管理体制によって、ショベルヘッドにあったマイナートラブルを激減させることに成功しています。 出力面の向上以上にエボリューションでは品質向上に功績があるといえます。 エボ時代には新しいモデルもたくさん出た? 大きなものに『ソフテイル』シリーズがあります。 特にエボリューションとともに登場した『FXST』は、サスペンションが見えないフレームを採用し、大人気となりました。 またスポーツスターもビッグツインに遅れること2年、1986年にエボリューションエンジンを採用しています。 さらには1988年に『FXSTS(ソフテイル・スプリンガー)』が登場。 現代にスプリンガーフォークを蘇らせたことで話題を呼んでいますし、『FLSTF(ファットボーイ)』も革命的な人気を博します。 また、ショベル時代からあったFXRに変わって1992年には『ダイナ』シリーズが『ダイナ・スタージス』で登場しました。 人気車種であるローライダーこの『FXDL(ダイナ・ローライダー)』としてリリースされています。 上記よりお分かりになるように、この時代には超人気モデルが多々登場しています。 このエボリューションがいかに優れたエンジンであったかを証明するものともいえるでしょう。 長い間生産されてたけど、その間に改良などはあったんでしょうか? はい、ありました。 1984年当時のエボリューションはショベルヘッドのパーツが多々使用されています(このために『エボショベル』などといわれることがあります)。 しかし、ハーレー社は徐々にエボリューションを改善してきました。 以下に代表的な改善点を列挙いたします。 1985年? 湿式クラッチの採用。 また、シリンダーヘッドからクランクケースまで貫通したスタッドボルトを採用することで、剛性のさらなるアップとオイル漏れ対策が施されています。 1988年~1991年? ・CVキャブレターの採用 ・クランクシャフトの3ピース化? ・ギアノイズ対策としてギアの変更? ・5速ミッションを採用 1993年? ・ブリージングシステムの採用 1995年? ・フュエールインジェクション(EFI)システムを採用 【COLUMN】偉大なるエンジン「EVOLUTION」 エボリューションは、硬質かつ無機質な振動のため、好き嫌いの分かれるエンジンかもしれません。 ショベルを代表する旧エンジンほど独特のフィーリングはなく、またツインカムほど性能もない。 いわば進化の途上のエンジンです(そういう意味でこのエボリューションという名前はしっくりきますね)。 ただ、それでもこれほどの耐久性をもって、旧車のようなフィーリングを味わえるのは魅力ではあると思いますし、一部の方々がエボリューションにこだわるのも理解できます。 ツインカムに比べると、どうしても影の薄いエボリューションですが、このハーレー社を救ったエンジンは、やはり偉大。 今、エボに乗っておられる方はぜひとも大切に乗っていただきたいですね。

次の

ランサーエボリューション歴代モデル(ランエボ10など)の歴史と現在の評価は?【日本の名車】

エボリューション 意味

グレード名のVivaceは、イタリア語で「いきいきと、活発に」を意味する。 MiEVは「Mitsubishi innovative Electric Vehicle」の略。 三菱自動車の革新的な技術を搭載した電気自動車の総称。 英語で「大志を抱く。 憧れる」の意味。 「遠く未知なる地へ向かう冒険者」の意味。 「道」を意味する「Road」と「最上級」を意味する「-est」を組み合わせた造語。 PHEVはPlug-in Hybrid Electric Vehicleの略。 基本は電気自動車 EV であり、発電のためのエンジンを加えたシステムであることから「PHV」ではなく、「PHEV」と命名。 Attractive(人を引き付ける、魅力的な)の造語。 「拡大する」「進化する」を意味する「expand」から命名。 18世紀に活躍した、英国の名競走馬の名前。 また、英語で「日食」「月食」の「食」の意味を持つ。 エクリプスは英語で「日食」「月食」の「食」の意味を持つ。 上記エクリプス クーペ や下記スパイダーに含まれる「競走馬」にちなんだ由来は含まれていない。 クロスはクロスオーバーの略に由来する。 「ドライバーに鮮明な印象を与え、心を刺激し、高揚させる存在になれるように」という想いが込められている。 スパイダーはフランス語で「コンバーチブルタイプ」という意味。 スペルを「SPIDER」から「SPYDER」に変更している。 イタリア語で「永遠」の意味。 サヴァ SAVA はフランス語で「元気?」の意味。 あらゆる面での良さを集大成し、昇華した理想的なセダンにしたい、という気持ちを込めて命名。 フランス語でエメラルドの意味。 「神からの授かり物」というギリシャ語KHARISMAと英語のCARを合わせて命名。 スペルをCARISMAに変更した造語。 フランス語で「勇ましい」、「華麗な」という意味。 クーペは流線形の車体形状のことであり、フランス語の「couper 切る 」に由来する。 FTOは「Fresco Turismo Omologare」の略で、イタリア語で「公認された新鮮なフィーリングを持つ車」という意味。 GTOはイタリア語の「Gran Turisumo Omorogata」の略で、モータースポーツにおけるGTカテゴリとして公認された車という意味。 モータースポーツへの熱い想いを込めて命名された。 また、一時は「スタリオンGTO」と言う車名も検討されていた。 あらゆる面での良さを集大成し、昇華した理想的なセダンにしたい、という気持ちを込めて命名。 スポーツは楽しみを求めたり、勝敗を競ったりする目的で行われる事柄を指す。 GTの走りと、RVの遊び心・楽しさを併せ持ち、新しい喜びを提案する車、という思いを込めて命名。 フォルティスはラテン語で「勇壮な」「勇敢な」という意味。 スポーツバックはコンセプトである「スポーティー」とボディ形状であるハッチバックを組み合わせた造語。 フランス語で「雄大」の意味。 スペルをGRANDIOSEからGRANDISに変更した造語。 「輝く、軽快な」という意味COUSCATEとDIAMONDの合成語 英語で、「雄の子馬」を意味する。 北海道の札幌に由来する。 1972年開催の札幌オリンピックで世界的に有名になった都市名を車名に採用した。 英語でG.P General Purpose 、万能車という意味。 これがいつの間にかJeepと呼ばれるようになった。 ギリシャ語で「全てを加える」の意味。 あらゆる面での良さを集大成し、昇華した理想的なセダンにしたい、という気持ちを込めて命名。 古代ギリシャ、ローマの戦闘用二輪馬車のこと。 古代戦士のように誇り高く、行動力にあふれるパーソナルカーを意味する。 フランス語で「雄大」の意味。 スペルをGRANDIOSEからGRANDISに変更した造語。 イギリスに初代パジェロを導入する際、1980年代当時イギリスで流行していた小説「SHOGUN」に由来する。 なお、命名したのはイギリスの販売会社。 「STAR スター=星 」と、「ARION アリオン=ギリシャ神話に出てくるヘラクレスの愛馬の名前 」を、組み合わせた造語。 イタリア語で「道」という意味。 BOXの収納イメージと、TOWNの軽快さを表現した造語。 英語で「挑戦者」という意味。 スペイン語で「ダイヤモンド」という意味。 社章のスリーダイヤより命名。 英語で「尊厳」、「気品」の意味。 三菱が持てる技術の粋を集めてつくりあげた、比類ない最高級車を象徴するネーミングとして命名。 英語で「快活」、「ていねい」、「やさしい」という意味。 デリカは荷物を運ぶ車 デリバリ・カー から生まれた名前。 D:5の「D」は「DELICA」を意味し、「5」は5代目を示している。 また、デリカD:2の登場を機に、5段階で最も大きいモデルという意味も込められた。 ミニバンシリーズの総称。 「2」はコンパクトカーカテゴリーを、「3」は小型車カテゴリーを、「5」はラージサイズカテゴリー示す。 CHAMONIXはフランスアルプスのリゾート地名に由来。 JASPERはカナディアンロッキーの国立公園名に由来。 スターワゴンは「皆に愛されるワゴン車でありたい」という意味合いを込めて名付けられた。 また、デリカ伝統の特別仕様である「シャモニー CHAMONIX 」は、フランス・アルプスのリゾート地名に由来する。 スペースギアは英語で車内空間の活用性に富んだ車という意味。 また、デリカ伝統の特別仕様である「シャモニー CHAMONIX 」は、フランス・アルプスのリゾート地名に由来する。 イタリア語で「ネズミ」の事を指す。 また、ルーフ TOP が高い事から、愛嬌を込めて命名。 BJはBig Joy「大きな、楽しみ」の意味。 三菱の三を意味する「TRI」 英語 と1 TON PICK UPの「TON」を合わせてTRITONと命名。 イタリア語で3つを意味する「TRE」とダイヤモンドの「DIA」をあわせた造語で、3つのダイヤ、すなわち三菱を意味している。 英語で、南米 アルゼンチンの南部 に生息する野生の猫の名前「パジェロ またはパンパスキャット、コロコロ 」に由来する。 「io」 イタリア語 は「私」、「僕」の意味。 親しみやすい、扱いやすい私のパジェロの意味。 パジェロの弟。 パジェロと同じ系統のコンパクトオフロードRVであることから命名。 RVの機能、イメージなどはパジェロの血統を踏襲しながら軽としての扱いやすさ、手ごろさ、そして経済性を兼ね備えていることから命名。 ナッツの優しく、淡い緑色で殻のカラカラとした音感が環境・自然・クリーンなイメージに適合しているという理由で名づけられた。 「強く演奏する」よう指示する演奏記号。 イタリア語で強いという意味。 PROUD 堂々とした、誇り高い とDIAMOND ダイヤモンド を合成した造語。 ディアマンテの上級車にふさわしい風格を持ち合わせた、 三菱のプレステージカーであること並びに誇りをもって乗ることができる最高級車の意味を込めて命名。 英語で「うまいぞ」、「でかした」など喝采の意味。 ラテン語で「大きな」の意味。 英語の「Mini Car ミニカー 」、または「Miniature Car ミニアチュア カー 」を略した造語。 いずれも「小型自動車」の意味。 エコノと名付けたのは、商用車は乗用車よりも経済的、つまりそれはエコノミーなミニカ、という位置付けとしたためである。 英語で「働き蜂」という意味。 クルマは小さいが、広い荷台をもつキャブオーバーという意味。 フランス語で「神秘、ロマンチック」。 または、英語で「蜃気楼」の意味。 アスティ Asti は英語の「ASTIR 活気ある 」のスペルを変更させた造語。 「時代のニーズにジャストフィットした車」という意味。 モダークは英語の"Modern Classy 現代の上等さ "の造語。 スペイン語で「狩人」の意味。 モンテロは、パジェロのスペイン語圏や北米等での名称。 スペイン語で「パジェロ」という語が「オナニー」を意味するスラングに酷似しているため変更された。 英語で「槍騎兵」という意味。 セディアは「Century 世紀、百年 」と「Diamond ダイヤモンド 」の造語。 「Celeste」はラテン語で「青い空」という意味。 「機能と美を調和させた車」という意味を込めて命名された。 フィオーレはイタリア語で「花」という意味。 エボリューション:「進化」「発展」という意味。 通称は略してランエボと呼ばれることが多い。 EXは英語のEXCEED 卓越する の略語。 イタリア語で「自由」という意味。 キビキビ走り、行動半径の広いクルマという意味。 ラテン語で「王位」、「王権」、「王国」という意味。 スペルをREGNUMからLEGNUMに変更。 「いい軽」という響きに字を当てた造語。 ekワゴンをベースに内外装を変更し、質感や走行性能を上質に仕上げたため、eKスポーツとせずに、eKカスタムと命名。 「X クロス 」はSUVらしい力強さをハイトワゴンに掛け合わせた(クロスさせた)ことから命名している。 「アクティブ」は英語の「ACTIVE」からの由来で、「行動的」という意味。 タフネスさと遊び心にあふれる、クロスオーバーSUVモデルとして命名。 eKワゴンをベースに「シンプル」「スタイリッシュ」「スポーツ」をコンセプトとした、新しいスポーティワゴンとして命名。 英語で「Fresh Touring Origination」の略であり「新鮮で若々しいツーリングカーの創造」という意味。 尚、初代FTO ギャランクーペFTO は、「Fresco Turismo Omologare」の略で、イタリア語で「公認された新鮮なフィーリングを持つ車」という意味で、意味合いが異なる。 イタリア語の「Gran Turisumo Omorogata」の略で、モータースポーツにおけるGTカテゴリとして公認された車という意味。 モータースポーツへの熱い想いを込めて命名された。 また、一時は「スタリオンGTO」と言う車名も検討されていた。 3代目では、1つの記号としての車名。 略称としての意味付けはなし 初代・2代目では、Recreational Vehicle Runner。 走りよいRVという意味。

次の