第 三 腰椎 骨折。 【腰痛】腰椎破裂骨折【圧迫骨折】俺の腰椎さらすよ腰椎!【腰の骨】

腰椎圧迫骨折との日々について①(受傷時の様子から~)

第 三 腰椎 骨折

転倒して第二腰椎圧迫骨折した経緯 私は現在、49歳で職業は建設業です。 私は、今も建設業の会社を休んでいますが、今年2月1日に48歳の時(2月生まれなので)に、自宅の階段の2階から1階に転げ落ちて、背骨を骨折しました。 朝の事だったので、寝ぼけてあまり痛さを感じませんでしたが、階段から落ちて、1階で掃除をしていた母はもう一度寝ていなさいと言う指示を出しました。 そして起きると、その日に痛みが段々ときつく出て来て、耐えきれませんでした。 私は耐えられず、翌日の2月2日に近くの整形外科さんに行き、レントゲンを撮りましたが、その時は、はっきりとしたことはわかりませんでしたが、事によってはMRI試験をして、精密検査を行うかもしれないという診断でした。 その後、飛び上がる様な痛さを感じていましたが、私は単なる打撲だろうと考えていました。 その1週間後、再びその近所の整形外科さんに行って、レントゲンを撮ってもらうと、背骨がはっきりと骨折していて、第2腰椎圧迫骨折と診断されました。 高齢者や女性に多いと言われる「腰椎圧迫骨折」は、脊椎圧迫骨折の一種で、外部から加えられた圧迫する力によって、脊椎の椎体と呼ばれる部分がつぶれてしまうことによって起こります。 脊椎は複数のパーツからなり、腰椎圧迫骨折の多くは胸椎から腰椎の胸腰椎移行部に多発するとされています。 その具体的な症状は激しい腰の痛み。 また、症状が悪化すると、下肢の痛みや痺れ、あるいは麻痺といった、ヘルニアに似た症状を発することもあります。 引用元: 入院治療と通院治療 そして、レントゲンの検査の結果、第2腰椎の骨が一週間で1センチもすり減っていたため、総合病院に3か月入院して、治療することを勧められました。 更にすり減りをなくすため、ボルトを背骨に入れて手術することも勧められましたが、家庭の事情で通院治療になりました。 レントゲンではっきりと骨折した事がわかったため、精密試験(MRI試験)は必要ではありませんでした。 ただ、通院治療をするためには背骨が曲がらないように、ひたすらベットに仰向け、うつ伏せ、立っている事を条件にされました。 そして、必要なこと以外に外出しない事や、必要なことでもなるべく動かないようにとの事でした。 そして、すぐにオーダーメイドの私の体型にぴったり合ったコルセットを、つくってもらいました。 相当高価でしたが、後から役所で補助金が出ると言う説明で私は納得し、コルセット代を払いました。 コルセット生活 幸い血行が良くなるということで、入浴は許されましたが着替えの時激痛がしました。 背骨が痛くて曲げられず、着替えに相当苦労しました。 そして、私はベット上で湿布を貼り、コルセットをつけて就寝しましたが痛さで転げまわりながら、服を着ました。 そして、普段はベット上でうつ伏せになりパソコンをしていました。 そして、コンビニエンスストアでなるべく買い物をして、遠出をする事を避けました。 そして、毎日曜日の楽しみであるDVD鑑賞も、普段はツタヤさんでDVDを借りていましたが、この時を境にしてツタヤディスカスさんで宅配DVDレンタルサービスに変えました。 そして毎週1回のペースで、近くの整形外科さんに通院し、レントゲンの結果1か月ほどしてから、背骨のすり減りが無くなり、通院も段々2週間に1回位になりました。 ただし、しばらくは背骨が痛いため胃腸科さんなどの他のお医者さんに行くのにも痛いので、タクシーの後部座席に仰向けで寝ながら行き、病院でも待合室で待たずに病院のベットで寝かさせてもらうといった、散々な結果でした。 家にほとんど居るため、家に居る事が相当なストレスとなり、音楽等でストレス発散をしました。 でも、私の家は母親、姉と私の三人暮らしなので、夜ステレオで音楽を聴いているとうるさいと言ってこられたため、パソコンで音楽を聴くようになりました(夜間)。 そんなことで、3か月ほどたち通院で近くの整形外科さんでコルセットを取る事が許されベルトに変わりました(固定力がコルセットに比べて緩い)。 この間牛乳を毎日飲み、痛み止めも毎食後に飲みました(今でも飲んでいますが)。 つい昨日、近くの整形外科さんに行きレントゲンを撮って診てもらったところ骨はほとんど良くなっているとの事でしたが、今までコルセットやベルトで腰を固定していたせいか、筋力が落ちていて、腰痛体操をし、ベルトもなるべく取って筋力をつけろという指示が出ました。 保険の金額 完全なる回復は、何もなければ今年の冬までだろうという見通しが出ました。 今もなお腰痛むのですが、以前に比べれば相当良くなっています。 先日、保険会社さんに連絡したところ、骨折で5万円、通院で一日3千円保険が出るそうで、何とか10万円位の保険が出るだろうとの返事でした。 ただ、今までかかった医療費はそれ以上で、あまり得をしていませんが保険に入っていて良かったと思います。 まだ完治していませんが、ここまで治療を根気強くして下さった整形外科のお医者さんには大変感謝しています。

次の

ネイマール 第3腰椎突起のひび 経験者が語るその「痛さ」

第 三 腰椎 骨折

市村 正一(いちむら しょういち)先生 1955年新潟市生まれ。 1980年慶應義塾大学医学部卒業、1982年慶應義塾大学医学部整形外科助手。 1994年米国ワシントン大学へsenior fellowとして留学、1997年 慶應義塾大学医学部整形外科医長、2009年杏林大学医学部整形外科教授、2015年杏林大学医学部付属病院副院長。 腰椎(ようつい)・頚椎(けいつい)・胸椎椎間板(きょうついついかんばん)ヘルニアや、骨粗しょう症をはじめとする脊椎・脊髄(せきつい・せきずい)疾患を専門とする。 脊椎・脊髄疾患に関する一般向けのガイドブックや医療者向けのガイドラインの策定にも携わる当分野のエキスパート。 日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医。 骨粗しょう症が原因で起こることが多く、高齢者に多い骨折です。 特にせぼねは体の重みを支えきれず、つぶれるように骨折することがよくあり、専門的には椎体(ついたい)圧迫骨折といいます。 尻もち、くしゃみ、植木鉢などを持ち上げるなどのちょっとしたきっかけで椎体がつぶれてしまうのです。 24個あるせぼねのなかでも背中にあたる胸椎はたとえ骨折しても肋骨に支えられているため、痛みを感じない場合もあります。 しかし最初の椎体圧迫骨折を放っておくと次の骨折が発生しやすく、後弯(こうわん)変形や慢性腰痛の原因となり、さらには死亡率を高めることがわかってきました。 「高齢だから仕方ない」などとあきらめず、積極的な予防や治療が必要です。 「最初の骨折」を予防することが一番大事! 椎体の圧迫骨折は、最初の1つがつぶれると、連鎖的に次の骨折が起こり、次々と骨折してしまうことが多くあります。 そうなる前に「最初の骨折を予防する」ことが何より大事です。 特に女性は閉経直後に骨密度が急速に低くなるので、閉経したら必ず骨密度などの検査を行い、早めに薬などの治療を始めることが大切です。 転んだりしなくても生活動作で骨折することもあります。 おかしいと思ったら、すぐに専門の医療機関を受診するように心がけましょう。 以下のいずれかの項目が該当したら、圧迫骨折の可能性があります。 圧迫骨折の治療法としては、まずベッドの上で安静にしたり、コルセットやギブスを装着する 保存療法があります。 これで治る場合も多いのですが、長期間ベッドで安静にしていると、高齢者の場合、著しい筋力低下や認知障害につながることがあり、この治療法がふさわしくないこともあり注意が必要です。 保存療法で治らない場合、 骨粗しょう症の治療薬であるテリパラチド注射によって骨形成を促すと、症状が改善することがあります。 こうした保存治療の効果がない場合、手術となります。 せぼねのすぐ後ろにある脊髄(せきずい)を骨折した骨が圧迫している場合、脊髄を傷つけないように金属製のねじや棒で骨を固定する 固定術を行います。 神経症状がない場合、骨折した椎体(ついたい)に骨セメントと呼ばれる物質を充填し、安定化させる BKPという手術が行われる例が増えています。 たとえば足首が動かなかったり、排尿障害になったりすることもあります。 椎体圧迫骨折による麻痺は痛みが少ないため、X線撮影で骨折が見逃されることや、脳梗塞などと診断されてしまうこともあります。 これにより、重症化し寝たきりの原因になることもありますので注意が必要です。 また椎体圧迫骨折は、骨が押しつぶされてぺしゃんこになったり、連鎖して骨折が起こったりすることで、背骨が変形してしまいます。 これにより、猫背や前傾姿勢が慢性化し、内臓が圧迫され逆流性食道炎や心肺機能の低下などにつながることもあります。 こうなると大がかりな手術が必要になりますので、深刻な事態になる前に治療することが求められます。 骨粗しょう症のリスクがある場合や、骨粗しょう症と診断を受けた場合は、すみやかに治療を開始することが大切です。 そのほかにも日頃の運動や食生活で心がけたいことを紹介します。 この時期は必ず骨密度を測定しましょう。 その際かかとではなく、腰椎や大腿骨の骨密度を正確に測定できるDXA(デキサ)検査がおすすめ。 また骨の代謝の状態がわかる骨代謝マーカー検査も同時に行ってください。 骨密度がたとえ正常でも骨の強度が低くなっている場合もあります。 〇薬を飲んで「最初の骨折」を予防 骨粗しょう症と診断された場合はもちろん、その予備軍である骨量減少場合も、薬を飲んで対策をスタートすることをおすすめします。 薬は破骨細胞(はこつさいぼう)の働きを抑制するタイプと、骨形成を促すタイプの大きく2種類があります。 医師と相談し、ふさわしい薬を継続して服用しましょう。 そして定期的に骨密度検査を行い、治療効果を確認してください。 ロコトレで転倒防止 骨、関節、筋肉などの働きが衰え、要介護状態や要介護になるリスクが高まっている状態がロコモティブシンドロームです。 この対策の一つであるロコモーショントレーニング(ロコトレ)は転倒予防に役立ちます。 左右1分間ずつ片足で立つことを1日3回行います。 必ず机やテーブルなど、つかまるものがある場所で行いましょう。 簡単なので負担なく続けることができます。 乳製品を意識してとる 骨形成に役立つのはカルシウム、たんぱく質、リンなどです。 それらを効率よくとれる食品が乳製品。 牛乳、ヨーグルト、チーズ、バニラアイスクリームなどを意識して食事に取り入れるといいでしょう。 毎日歩いて筋肉を鍛える 筋肉を鍛えるために一番いいのは歩くこと。 1日8000歩が理想ですが、70-80代になっていきなりそれは無理な場合も多く、転倒のリスクが増えるのも事実。 自分のコンディションやペースに合わせて、たとえば1日1000歩くらい歩いていたなら1200歩と、200歩ずつを目安に少しずつ増やしていきましょう。

次の

自宅の階段で転倒し、第二腰椎圧迫骨折。今も仕事を休む建設業40代の体験談。

第 三 腰椎 骨折

市村 正一(いちむら しょういち)先生 1955年新潟市生まれ。 1980年慶應義塾大学医学部卒業、1982年慶應義塾大学医学部整形外科助手。 1994年米国ワシントン大学へsenior fellowとして留学、1997年 慶應義塾大学医学部整形外科医長、2009年杏林大学医学部整形外科教授、2015年杏林大学医学部付属病院副院長。 腰椎(ようつい)・頚椎(けいつい)・胸椎椎間板(きょうついついかんばん)ヘルニアや、骨粗しょう症をはじめとする脊椎・脊髄(せきつい・せきずい)疾患を専門とする。 脊椎・脊髄疾患に関する一般向けのガイドブックや医療者向けのガイドラインの策定にも携わる当分野のエキスパート。 日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医。 骨粗しょう症が原因で起こることが多く、高齢者に多い骨折です。 特にせぼねは体の重みを支えきれず、つぶれるように骨折することがよくあり、専門的には椎体(ついたい)圧迫骨折といいます。 尻もち、くしゃみ、植木鉢などを持ち上げるなどのちょっとしたきっかけで椎体がつぶれてしまうのです。 24個あるせぼねのなかでも背中にあたる胸椎はたとえ骨折しても肋骨に支えられているため、痛みを感じない場合もあります。 しかし最初の椎体圧迫骨折を放っておくと次の骨折が発生しやすく、後弯(こうわん)変形や慢性腰痛の原因となり、さらには死亡率を高めることがわかってきました。 「高齢だから仕方ない」などとあきらめず、積極的な予防や治療が必要です。 「最初の骨折」を予防することが一番大事! 椎体の圧迫骨折は、最初の1つがつぶれると、連鎖的に次の骨折が起こり、次々と骨折してしまうことが多くあります。 そうなる前に「最初の骨折を予防する」ことが何より大事です。 特に女性は閉経直後に骨密度が急速に低くなるので、閉経したら必ず骨密度などの検査を行い、早めに薬などの治療を始めることが大切です。 転んだりしなくても生活動作で骨折することもあります。 おかしいと思ったら、すぐに専門の医療機関を受診するように心がけましょう。 以下のいずれかの項目が該当したら、圧迫骨折の可能性があります。 圧迫骨折の治療法としては、まずベッドの上で安静にしたり、コルセットやギブスを装着する 保存療法があります。 これで治る場合も多いのですが、長期間ベッドで安静にしていると、高齢者の場合、著しい筋力低下や認知障害につながることがあり、この治療法がふさわしくないこともあり注意が必要です。 保存療法で治らない場合、 骨粗しょう症の治療薬であるテリパラチド注射によって骨形成を促すと、症状が改善することがあります。 こうした保存治療の効果がない場合、手術となります。 せぼねのすぐ後ろにある脊髄(せきずい)を骨折した骨が圧迫している場合、脊髄を傷つけないように金属製のねじや棒で骨を固定する 固定術を行います。 神経症状がない場合、骨折した椎体(ついたい)に骨セメントと呼ばれる物質を充填し、安定化させる BKPという手術が行われる例が増えています。 たとえば足首が動かなかったり、排尿障害になったりすることもあります。 椎体圧迫骨折による麻痺は痛みが少ないため、X線撮影で骨折が見逃されることや、脳梗塞などと診断されてしまうこともあります。 これにより、重症化し寝たきりの原因になることもありますので注意が必要です。 また椎体圧迫骨折は、骨が押しつぶされてぺしゃんこになったり、連鎖して骨折が起こったりすることで、背骨が変形してしまいます。 これにより、猫背や前傾姿勢が慢性化し、内臓が圧迫され逆流性食道炎や心肺機能の低下などにつながることもあります。 こうなると大がかりな手術が必要になりますので、深刻な事態になる前に治療することが求められます。 骨粗しょう症のリスクがある場合や、骨粗しょう症と診断を受けた場合は、すみやかに治療を開始することが大切です。 そのほかにも日頃の運動や食生活で心がけたいことを紹介します。 この時期は必ず骨密度を測定しましょう。 その際かかとではなく、腰椎や大腿骨の骨密度を正確に測定できるDXA(デキサ)検査がおすすめ。 また骨の代謝の状態がわかる骨代謝マーカー検査も同時に行ってください。 骨密度がたとえ正常でも骨の強度が低くなっている場合もあります。 〇薬を飲んで「最初の骨折」を予防 骨粗しょう症と診断された場合はもちろん、その予備軍である骨量減少場合も、薬を飲んで対策をスタートすることをおすすめします。 薬は破骨細胞(はこつさいぼう)の働きを抑制するタイプと、骨形成を促すタイプの大きく2種類があります。 医師と相談し、ふさわしい薬を継続して服用しましょう。 そして定期的に骨密度検査を行い、治療効果を確認してください。 ロコトレで転倒防止 骨、関節、筋肉などの働きが衰え、要介護状態や要介護になるリスクが高まっている状態がロコモティブシンドロームです。 この対策の一つであるロコモーショントレーニング(ロコトレ)は転倒予防に役立ちます。 左右1分間ずつ片足で立つことを1日3回行います。 必ず机やテーブルなど、つかまるものがある場所で行いましょう。 簡単なので負担なく続けることができます。 乳製品を意識してとる 骨形成に役立つのはカルシウム、たんぱく質、リンなどです。 それらを効率よくとれる食品が乳製品。 牛乳、ヨーグルト、チーズ、バニラアイスクリームなどを意識して食事に取り入れるといいでしょう。 毎日歩いて筋肉を鍛える 筋肉を鍛えるために一番いいのは歩くこと。 1日8000歩が理想ですが、70-80代になっていきなりそれは無理な場合も多く、転倒のリスクが増えるのも事実。 自分のコンディションやペースに合わせて、たとえば1日1000歩くらい歩いていたなら1200歩と、200歩ずつを目安に少しずつ増やしていきましょう。

次の