沖縄 観光。 2020年 沖縄本島で絶対外さないおすすめ観光スポットトップ10【定番から穴場まで!】 トリップアドバイザー

2020年 沖縄本島で絶対外さないおすすめ観光スポットトップ10【定番から穴場まで!】 トリップアドバイザー

沖縄 観光

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために県が求めていた県外と沖縄間の渡航自粛要請が、一部を除いて1日に解除された。 本格的な観光客の受け入れ再開に向けて、本部町の沖縄美ら海水族館や那覇市の首里城公園など営業を休止していた観光施設が各地で営業を再開した。 5月21日から分散登校を実施していた県立学校は1日から通常授業に戻り、部活動も再開した。 緊急事態宣言の下で自粛が続いた社会経済活動に活気が戻りつつある。 県は北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、福岡県の6都道県については18日まで沖縄との行き来の自粛を求めており、渡航自粛要請が全面解除となるのは19日以降となる。 県をまたいだ移動が解除された1日は月曜日ということもあり、那覇空港では観光客の姿はまばらだったが、出張などのビジネス客の姿が見られた。 南城市の会社員の男性(25)は、当初は4月の予定だったが新型コロナウイルスの影響で延期になっていた県外での研修に参加するため、那覇空港を出発した。 「少し不安はある。 手洗いやうがいでしっかり予防したい」と話した。 ターミナルビル内の土産店も多くが営業を再開し、142店舗中110店舗が営業している。 土産品を販売することぶきの寿福清貴店長は「20日ごろから徐々に回復すると思う。 夏休みは短いが、海のきれいな沖縄に来る人たちも増えるのではないか」と今後の回復に期待した。 (琉球新報).

次の

渡航自粛解除、沖縄県内の観光施設再開 観光客はまばらも回復に期待の声 /沖縄

沖縄 観光

教会の敷地内にあるミッションビーチは、澄んだ海の天然の美しさがそのまま残る貴重な場所。 ダイビングや海水浴で数々の熱帯魚に出会ったり、ジェットスキーやバナナボート、水上スキーなど、楽しみ方が色々ある。 青い空と天然ビーチで知らなかった沖縄体験 \口コミ ピックアップ/ ミッションビーチは、恩納村のリゾートエリアに、緑の芝生と天然の白砂が広がるプライベート感覚のビーチです。 青い空と天然ビーチで、リラックスして沖縄の海が楽しめますよ! 行った時期:2017年9月 毎年行ってます。 入口が分かりにくいのが難点ですが、周りに住宅がなく木々に囲まれた静けさ、広い水平線、北向きなので目にも優しい、水が透き通るように透明、適度な木陰も多い、沖縄では干潮前後には干上がるビーチが多いですがここは深さがあっていつ行っても安心です。 浮き輪があるといいですね。 熱帯魚は例にもれずほとんど見られませんが。 ここで2度ほど波打ち際で指輪を見つけました。 指輪は外して泳ごうね。 木々に隠れているので、沖縄の人間でも知らない人が多い。 ホテルのビーチのようにシャワーやトイレなどの施設はないが、誰にも邪魔されずゆっくりしたいという人にはおすすめ。 白い砂浜と青い海を一人占めできる穴場 \口コミ ピックアップ/ さほど広くはないのですが、人も少なくてゆっくりと過ごせるのでおすすめですよ。 サンセットがとても綺麗でロマンチックでした。 行った時期:2017年7月 白い砂浜と青い海がずーっと続いているこの感じがたまりません。 村民に愛され続けるウッパマビーチは、海水浴はもちろん、マリンスポーツやキャンプができる多目的ビーチ。 白い砂浜が南北1kmに及ぶ、美しい光景は幻想的。 ここに辿り着くまでにウージ畑 さとうきび が見えたりと、ローカル色が濃い場所だ。 水平線が眺められる東村唯一のビーチ \口コミ ピックアップ/ 穏やかで白い砂浜が広がる、美しいビーチです。 近くに古宇利島や古宇利大橋も見えます。 特に感動したのは、地理的にビーチから夕陽と朝日の両方が見られること。 ビーチに面して建つホテル・ベルパライソに宿泊したのですが、 夕暮れ時も明け方も、刻々と色を変える空と海を眺められたのは本当に良かったです。 行った時期:2017年7月 どこかゆったりとした雰囲気のビーチ。 数あるビーチのなかでも、海のグラデーションが とてもきれいです。 与勝半島のなかでも奥に位置しており、周りはとても静か。 ちょっとした穴場的スポットです。 \口コミ ピックアップ/ 海中道路と分岐する交差点よりさらに先にあるため、訪れる観光客は非常に少ないです。 ただここから見る海はエメラルドグリーンでとてもきれいでした。 行った時期:2019年1月13日 勝連半島の中でも先端に近い方にあるため、なかなかここまで行く方はいないかもしれません。 ですが、薮地島と勝連半島の間の海峡は、他では見られないきれいな海の色をしています。 駐車場がないので注意が必要です。 このすぐそばから薮地島に渡る橋もあります。 観光客はあまりいないので穴場だと思います。 冬なので少し安心でしたが、ハブに注意の看板は夏は怖いような気がします。 ヤンバルクイナの中に階段があり上って行けますが、展望するには鉄格子などが入っているので、前にある木製の展望所の方が開放感があり、気分が良いと思います。 行った時期:2019年1月25日 ヤンバルクイナの形をした展望台で、中に入って階段を上り、景色を眺められます。 眺めは最高。 結構リアルな造形です 笑 道は車一台がやっと通れる様な、細い道です。 首里城の入口を起点とし、金城坂、金城橋、識名坂を経て真王橋に達し、延長340m。 琉球石灰岩の平石を敷きつめ、何代もの人々の往来で、なめらかな光沢をたたえている。 首里城内外の美化政策と、貿易港那覇に至る基幹道路として舗装され、和寇撃退の為にも利用されたという。 現在残っている石畳は238mにわたり、約30m下った所には東西約50m、南北約15mの地域に大赤木6本、琉球榎1本の巨木が見事に繁茂し、苔むす石畳や赤瓦屋根の民家とともに、古都首里の城下町を思い起こさせる。 大アカギのうち最も大きいのになると、樹齢が300年、胸高周囲5.2m、樹高13m、枝ばり17mにも達し、1972年、国の天然記念物に指定されている。 \口コミ ピックアップ/ 首里城公園から道一つ・・・そんなに長い石畳ではありませんが、目立った観光客の方々も少なくゆったりと風情を楽しめました。 こういうところは、行って良かった感がありますねぇ! 行った時期:2018年11月28日 首里城公園の南側にある石畳の道。 道沿いには、第二次世界大戦の戦火を奇跡的に逃れた石垣や赤瓦屋根の家が建ち並ぶ趣のある空間です。 ただ、結構アップダウンが激しく、首里城からは歩くと地味に距離あるので、夏場あるくときは水分補給等ご注意下さい。 疲れたら、途中の金城村屋で休憩できます。 歴史と伝統を引き継ぎながら、現在は店舗40店が販売し、20軒余りの工房が「壺屋焼」を作り続けている。 古いのぼり窯の見学や工房での焼物作り体験 要問合せ もできる。 博物館も併設されていて石畳も風情がある。 新垣家の窯が国指定文化財に指定された。 陶芸工房や直営店が数多く並ぶエリア \口コミ ピックアップ/ 普段使いできる素朴な美しさの焼物を探しに行ったが、個人的な感想としては、お土産屋っぽい店が多かった印象。 だが、古典的な店構えのものがあったり可愛らしい雑貨屋店があったりと、あれこれ見て回るのはとても楽しい。 思いがけぬお気に入りが見つかるかも。 予想外に良かったのが景観。 道に陶片が埋め込まれており、散策が面白かった。 短時間でも楽しめるし、年代性別問わずオススメ。 行った時期:2019年4月 8月の観光客の多い時期でしたが、人も少なく、ゆっくりと焼き物を見て回れます。 特に外国の観光客が少なく、静かです。 通り、エリアの建物なども昔ながらの雰囲気を残していて、ゆったりとした時間を過ごせます。 通り自体も500mほどですので、疲れずに散策できることも良いですね。 1972年の日本復帰と同時に国の天然記念物に指定された。 いちばん大きいアカギの樹齢は約200年と推定。 かつては首里城内や城外周辺にも大木が生育していたが、第二次大戦でほとんど焼失した。 大木群が市街地内に見られるのは県内でもここしかない。 戦火を耐え抜いた首里金城町の神の木 \口コミ ピックアップ/ その昔、通りかかった村人が、ただならぬ雰囲気を感じて拝所を作ったということですが、確かに神聖な雰囲気のある場所です。 樹齢300年の大アカギは、以前は根元まで行けたのですが、現在は手前で立ち入り禁止となっていました。 でも他にも200年クラスの木が何本もあるので、真下から見上げた枝の広がりと木漏れ日の神がかった雰囲気を堪能出来ます。 石畳道からちょっと横に入るだけですので、是非行ってみて下さい。 行った時期:2017年10月6日 年に一度神様が降りて願い事を聞いてくれる大きなアカギの木。 地域の人々にとって大事な聖域とされて来た場所だそうです。 一見は単なる森、林といった感じですが近づくにつれ厳かな雰囲気が漂います。 雨上がりのせいかよりピリチュアルな感じがしました。 ただ、マムシが出ることもあるみたいなので足元にはご注意ください。 透明度が高くシュノーケリングなら、海中世界を満喫できる。 日が沈む頃には、太陽が海に溶け出し、青い空と大海原を真っ赤な色に染め上げる。 白い砂浜に混じる無数のサンゴに悠久の時間の流れを感じつつ、大自然からの贈り物に感謝しよう。 真っ白な砂に混じるサンゴが印象的な浜 \口コミ ピックアップ/ ここは景色が本当に素晴らしいところなのですが人が少なく静かなところです。 プライベートビーチのような感じでした。 行った時期:2019年5月 ひっそりとした穴場のような場所なので面白かったです。 自然でできたアーチをくぐると絶景の長間浜がみえます。 行った時期:2019年5月.

次の

地元ライター選定【沖縄の穴場観光スポット14選】絶景もビーチも、の~んびり満喫♪

沖縄 観光

来県自粛要請が一部解除され、県外向け飛行機の搭乗手続きで並ぶビジネス客ら。 観光客の姿はまばらだった=1日、那覇空港 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために沖縄県が求めていた県外と沖縄間の渡航自粛要請が、一部を除いて1日に解除された。 本格的な観光客の受け入れ再開に向けて、本部町の沖縄美ら海水族館や那覇市の首里城公園など営業を休止していた観光施設が各地で営業を再開した。 5月21日から分散登校を実施していた県立学校は1日から通常授業に戻り、部活動も再開した。 緊急事態宣言の下で自粛が続いた社会経済活動に活気が戻りつつある。 県は北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、福岡県の6都道県については18日まで沖縄との行き来の自粛を求めており、渡航自粛要請が全面解除となるのは19日以降となる。 約1カ月半ぶりに再開した首里城公園内を見学する家族=1日午前、那覇市首里(大城直也撮影) 県をまたいだ移動が解除された1日は月曜日ということもあり、那覇空港では観光客の姿はまばらだったが、出張などのビジネス客の姿が見られた。 南城市の会社員の男性(25)は、当初は4月の予定だったが新型コロナウイルスの影響で延期になっていた県外での研修に参加するため、那覇空港を出発した。 「少し不安はある。 手洗いやうがいでしっかり予防したい」と話した。 ターミナルビル内の土産店も多くが営業を再開し、142店舗中110店舗が営業している。 土産品を販売することぶきの寿福清貴店長は「20日ごろから徐々に回復すると思う。 夏休みは短いが、海のきれいな沖縄に来る人たちも増えるのではないか」と今後の回復に期待した。

次の