ペントハウス 映画。 映画ペントハウスのあらすじと感想をレビュー

ペントハウス : 作品情報

ペントハウス 映画

【ストーリー】 世界的な人気を誇るコメディ俳優、ベン・スティラーとエディ・マーフィが初めて共演を果たした、大富豪にすべてを奪われたビルの使用人たちがチームを組んで復讐する姿を描くクライムアクションコメディ。 高層ビルがずらりと建ち並ぶニューヨークのマンハッタンでひときわ威容を誇り、天に届かんばかりにそびえ立つ「ザ・タワー」。 この一戸あたりの平均物件価格5億円という65階立てのゴージャスな建物は、ほんのひと握りの超富裕層だけが入居を許される北米一の最高級マンションだ。 そんな「ザ・タワー」居住者のスーパーリッチな日常を陰で支えるのは、管理マネージャーのジョシュをリーダーとする使用人たち。 居住者のいかなる要望にも応えようと日々奮闘する彼らは、ささやかな給料で慎ましい生活を営む平凡な庶民である。 ところがある日、使用人たちの夢も希望も打ち砕く大問題が発生。 ウォール街の帝王たるペントハウスの住人、アーサー・ショウが、全米を揺るがす金融詐欺事件を引き起こし、使用人たちの年金までも着服していた事実が発覚したのだ。 もう黙っていられない。 相手がセレブだろうと大富豪だろうと、この世にはやってはいけないことがある。 自らの大切なお金を取り戻すことを決意したジョシュと使用人たちは、泥棒のスライドを助っ人として仲間に引き入れ、ショウの隠し金20億円が眠るペントハウス攻略作戦を実行するのだった。 【スタッフ】• 監督:ブレット・ラトナー• 脚本:テッド・グリフィン、ジェフ・ナサンソン• 撮影:ダンテ・スピノッティ 【キャスト】• ベン・スティラー• エディ・マーフィ• ケイシー・アフレック• アラン・アルダ• マシュー・ブロデリック• ジャド・ハーシュ• ティア・レオーニ• マイケル・ペーニャ• ガボリー・シディベ 【情報】• 原題:TOWER HEIST• 制作:アメリカ• 上映時間:104分• 公開:2012年2月3日.

次の

ペントハウス (映画)

ペントハウス 映画

概要 [ ] 本作はが出演した米国映画で初めて米国国内での興行収入が1億ドルを突破した作品で 、ジャッキーとが共演した刑事コンビ映画であり、コメディとアクションを交えた構成となっている。 コメディのセリフの滑稽さを表現するために日本語字幕監修にが起用されている。 『ラッシュアワー』シリーズを通して劇中にの"カルフォルニア・ガールズ"が使われている。 また、の「War」が一種のテーマソングとして使用されており、1、3ではエンディングシーンなど、2では劇中予告で使われている。 ジャッキー自身は『ラッシュアワー』シリーズが好きではないことを自身のブログで公言している。 「第一作に出演を決めた理由は米国の映画マーケットを試すためであり、作品自体に期待はしていなかった。 撮影終了時には作品内容にもアクションシーンにもがっかりした。 アクションのスタイルがアメリカ的すぎて気にいらなかった。 アメリカ的なユーモアも良く分からなかった」と語っている。 2014年10月1日、がテレビドラマ化の企画を発表した。 2016年3月31日よりアメリカにてブレット・ラトナーが製作総指揮を務めるリメイク版『 ()』の放送が開始するが、5月17日にシーズン1での放送打ち切りが決まったことが判明した。 ストーリー [ ] のリー警部は、のハンと協力して、のジュン・タオから美術品の奪還に成功する。 2か月後、在中国となっていたハンは、ジュン・タオに誘拐された娘スー・ヤンを取り返すため香港からリーを呼び出す。 しかし、捜査を担当するのラス捜査官は余所者のリーの参加に難色を示し、リーを捜査に介入させないためにに彼の監視を依頼する。 市警のディール警部は、独断で爆弾の密売人を検挙するために騒動を起こして停職処分を受けていたカーターにリーの監視を押し付ける。 自分が馬鹿にされていると感じたカーターは、FBIや市警の同僚を見返すため独断で捜査を始め、中国人グループが銃や爆弾を買い漁っていることを突き止める。 一方、カーターの監視を振り切ったリーは総領事館に向かいハンと面会し、遅れて到着したカーターと共に捜査に加わる。 その直後に、ジュン・タオの部下サンから身代金の要求の電話がかかり、逆探知して居場所を突き止めたラスは捜査官を率いて街中のビルに急行する。 しかし、ビルの中には誰もおらず、捜査官たちはサンが仕掛けた爆弾によって全滅する。 リーとカーターはサンを発見して追跡するが、コンビネーションの乱れから取り逃がしてしまう。 カーターはサンが現場に落とした機械が爆弾のリモコンであると知り、市警のに向かい自分が検挙した爆弾密売人のクライブから爆弾の買い手の情報を聞き出す。 二人はクライブからの情報を頼りに中華街の中華料理店に潜入するが、ジュン・タオに見付かってしまい店内で乱闘になった挙句、ジュン・タオに逃げられてしまう。 乱闘騒ぎのせいで身代金の受け渡しに失敗したため、二人は捜査から外されリーは香港に帰国を命じられてしまう。 しかし、カーターはリーを説得して捜査を続行し、身代金の受け渡し場所である中国博覧会の会場に潜入する。 会場に潜入したカーターは、会場に居合わせた香港警察のトーマス・グリフィンが、中国料理店で見かけた男と同一人物であり、彼がジュン・タオであると確信して騒ぎを起こす。 正体が露見したグリフィンはスー・ヤンを人質にするが、カーターに奪還されFBIと彼の部下が銃撃戦を始める。 グリフィンはラスから身代金を奪い逃亡用のヘリがある屋上に向かうが、追ってきたリーと揉み合いになり転落死する。 事件の解決後、カーターはラスからFBIに勧誘されるが断り、休暇を過ごすためにリーと共に香港行きの飛行機に乗り込む。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 機内版 リー警部 ジェームズ・カーター刑事 トーマス・グリフィン警視長 (ジュンタオ) サン ハン総領事 ジョンソン ディール警部 ラス捜査官 スタッキー ルーク スー・ヤン ジュリア・スー 米丘ゆり ホイットニー クライブ ボビー タクシー運転手 警察官 ウエイトレス スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:、• 製作:、、• 製作総指揮:• 音楽:• 撮影:• 編集:• 製作会社: 評価 [ ] 本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。 最終的にアメリカでは1億4,000万ドル、世界では2億4,400万ドルの収益を上げた. はスタントマンを用いずにアクションシーンに挑んだジャッキー・チェンの演技を称賛し、同時にクリス・タッカーのコミカルな演技と合わさり効果的な作品になったと評価している。 脚注 [ ] []• 2010年3月26日閲覧。 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)586頁• Fox News 2007年9月30日. 2018年2月17日閲覧。 この縁で、本作の主演2人(ジャッキー・チェンとクリス・タッカー)がナインティナインの冠番組『』の1コーナー「」(パート1第6戦)にゲスト(VIPチャレンジャー)として出演している。 boxofficemojo. com 1998年9月18日. 2006年6月25日閲覧。 Wolk, Josh 1998年9月28日. Entertainment Weekly. 2010年10月24日閲覧。 2015年6月22日閲覧。 2011年9月1日閲覧。 Ebert, Roger 1998年9月18日. rogerebert. com. 2006年6月25日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の

ペントハウス (映画)

ペントハウス 映画

当時の誌社長が46億円の巨費を投じて製作した。 表向きは皇帝の放蕩や残忍さを描いた重厚な歴史超大作であったが、実態はである。 この映画の撮影は(MPAA)を通さず秘密裏に行われ、では劇場を一館買い取って公開されて大ヒットを記録した。 映画の脚本を基にしたノベライズもあり日本でも翻訳出版された。 概要 [ ] 監督はイタリアのポルノ映画界の巨匠。 主演はカリギュラ役の、皇帝ティベリウスのほか、、当時すでに女優としての地位を築いていた演技派女優のなど豪華キャストの上、脚本家には、製作はフランコ・ロッセリーニという布陣であった。 しかし撮影現場はトラブル続きで不協和音の連続だったという。 後で付け加えられたハードなポルノ・シーンはボブ・グッチョーネがペントハウスのモデル達を使って別撮りしたものであり、主要キャスト陣は関わっていない。 しかも、当初はこの作品がになることは出演者たちには全く知らされていなかったという。 さらに、ゴア・ヴィダルによる台本及びブラスの撮影したカットは大幅に改変・削除され、ヴィダルとブラスが意図していた『』というテーマによる政治的風刺、という色彩は薄れてしまった。 アメリカ以外ではほとんど編集版が上映されたが、経済的にはヒットし、日本でも「」という言葉を生んだ。 ビデオ、DVD及びではポルノシーンを削除した版がリリースされている。 2018年、ペントハウスはブラスの家族の了承のもと、ドイツの ()が本作の復元版を製作中であるとアナウンスした。 作品改変 [ ] によると、は後にグッチョーネとブラスを訴えようとしていた(「当時はだったとはいえ、騙されてポルノに出演させられた、だ。 」と騒ぎ、自分のキャリアに傷が付いたとして裁判を起こそうとした)。 結果的には、当時のオトゥール自身が精神的に正常ではなかったため、うやむやなまま終った。 は雑誌『』誌上でブラスを批判した後、製作途中でスタジオから閉め出されたため、自分の名前がクレジットに載ることを拒み、グッチョーネらを訴えた。 はグッチョーネの名を聞き、「ポルノ映画なんてごめんだ」と言ったが、脚本のヴィダルは「ただの会社の役員さ。 気にしなくていい」と言われ、出演した。 彼は鷹を観ているシーンを撮影したにもかかわらず、監督らによってレズビアンのシーンが挿入され、激怒したと語っている。 あらすじ [ ] この節のが望まれています。 ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの曾孫(ガイウス・シーザー・ゲルマニクス)は、妹であり愛人のドルシラと慎ましく暮らしていた。 ところが成人を迎える頃、カリギュラはカプリ島に隠遁している第2代ローマ皇帝である暴君ティベリウス(カリギュラの大叔父であり法律上の祖父。 なおこの時点でティベリウスの養子であるカリギュラの実父は既に死んでいる)にカプリ島まで呼び出される。 そこで彼が見たものは異常性愛に溺れる皇帝と衰退しきったローマの姿であった。 ティベリウスは自分の実孫ゲメルスを後継者にしたいがため、呼び寄せたカリギュラに毒を盛ろうとする。 この事態に気づいたカリギュラが危機感を抱いた矢先、ティベリウスは病に罹り仮死状態となってしまう。 ティベリウスが死んだものと思い込んだカリギュラは人払いした後、皇帝の指輪をティベリウスの指から外して自らの指にはめて悦に入るが、直後蘇生したティベリウスから指輪を返すよう迫られる。 カリギュラはこれを断り逆にティベリウスの撲殺を図る。 いつの間にかその場に現れたカリギュラの親衛隊長マクロは、カリギュラ自身が手を汚すことを避け、カリギュラに代わってティベリウスを絞殺した。 カリギュラはローマ帝国の皇位継承ルール通り第3代皇帝となった。 しかし、彼の皇帝生活は当初好調であったが、その後は必ずしも順調には進まなかった。 まず初めに実妹かつ愛人のドルシラからの助言もあり、皇帝即位に大功のあった親衛隊長マクロが自分を凌ぐ権勢を得ることを警戒し、第2代皇帝ティベリウス殺害を理由にマクロを処刑してしまう(ここでの巨大芝刈り機を使ったマクロの処刑シーンは残虐性故非常に有名)とともに、彼との結婚を約束していたマクロの妻(愛人としてマクロから提供されていた)を辺境(現在のフランス~オランダあたりの地域)に追放してしまう。 次に、カリギュラは最愛の妹ドルシラと結婚しようとするが、ローマの法律上どうしても兄妹では結婚できない。 苦悩の果てに、ドルシラに説得されて妻には他の女を娶る事にし、ドルシラが聖女の泉に召集した巫女の中から妻を探すことを求められた。 しかしカリギュラは、その巫女の中でもよりによって淫乱で離婚歴のあるカエソニアを気に入ってしまう。 ドルシラは猛反対したがカリギュラは反対を押し切ってカエソニアを妻に迎えた。 その間にもカリギュラは、自分が出席した兵士の結婚式で新郎・新婦を共にレイプするなど、少しずつその異常性を現し始める。 そして先帝ティベリウスの実孫ゲメルスに無実の罪を着せて処刑したため貴族たちからの不信感を買うことになった。 そんな中カリギュラはフィーバー(熱病)という大病を病った。 ドルシラが付きっきりで看病し彼は何とか回復する。 しかし看病の際最愛のドルシラが熱病に罹りあえなく亡くなってしまう。 最愛のドルシラを失ったショックからカリギュラは狂気への歯止めが利かなくなり、その治世はまさに狂乱の様相を呈し始める。 - ()• - テレサ・アン・サヴォイ()• - グイド・マンナリ()• ネルバ - ()• - ()• - ジャンカルロ・バデッシ()• カエソニア - ()• ロンギヌス - ジョン・ステイナー• カエレア - パオロ・ボナセッリ• カリクレス - レオポルド・トリエステ• エンニア - アドリアーナ・アスティ()• リヴィア - ミレッラ・ダンジェロ• プロカラス - ドナート・プラチード• - アネカ・ディ・ロレンツォ• - ロリー・ワーグナー• - ブルーノ・ブリヴ ノベライズ [ ]• 『カリギュラ』 1980年 、ウィリアム・ハワード著、中上守訳 脚注 [ ]• 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)390頁• Tuschinski, Alexander 2018-07-26 , , 2018年7月27日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の