日本 女子 ソフト ボール 機構。 日本ソフトボールリーグ

ビックカメラ女子ソフトボール高崎 BEE QUEEN&陸上部(競歩)

日本 女子 ソフト ボール 機構

北口 美海(きたぐち・みう) 出典: 所属:ビックカメラ高崎 BEE QUEEN ポジション:外野手 生年月日:1997年11月27日 身長:170cm 投打:右投左打 出身校:神戸野田高 兵庫 前年度成績:打率0. 353:打点7 ヴェロニカ・ペツコヴァ 出典: 所属:トヨタ自動車 レッドテリアーズ ポジション:投手 生年月日:1996年9月19日 身長:187cm 投打:右投右打 出身校:チャールズ大(チェコ) 2020年からトヨタ自動車 レッドテリアーズに新加入したチェコ代表の投手です。 2019ジャパンカップの日本戦でもチェコ代表として登板経験があります。 長崎 望未(ながさき・のぞみ) 出典: 所属:トヨタ自動車 レッドテリアーズ ポジション:外野手 生年月日:1992年6月19日 身長:160cm 投打:左投左打 出身校:京都西山高 京都 前年度成績:打率0. 204:本塁打1:打点4 今やソフトボール界のアイドル的選手です。 可愛さだけはなく、日本代表にも選出される実力も兼ね備えている選手です。 2018年のベストナインを受賞しました。 2017年から新たに設けられた「ベストドレッサー賞」も受賞し、その美ぼうと実力で女子ソフトボール界を盛り上げている選手の1人です。 秋元 菜穂(あきもと・なお) 出典: 所属:豊田自動織機 シャイニングベガ ポジション:投手 生年月日:1994年6月16日 身長:172cm 投打:右投左打 出身校:東京女子体育大(東京) 前年度成績:2勝0負:防御率:2.39 河澄 星菜(かわすみ・せいな) 出典: 所属:豊田自動織機 シャイニングベガ ポジション:投手 生年月日:1997年12月24日 身長:163cm 投打:右投右打 出身校:東海学園高 愛知 前年度成績:0勝0負:防御率:- 須藤 志歩(すとう しほ) 出典: 所属:豊田自動織機 シャイニングベガ ポジション:内野手 生年月日:199年9月1日 身長:164cm 投打:右投左打 出身校:弘前学院聖愛高 青森 前年度成績:打率0. 200:打点1 スポンサーリンク メーガン・グッド 出典: 所属:デンソーブライトペガサス ポジション:投手 生年月日:1995年10月13日 身長:183cm 投打:右投右打 出身校:ジェームス・マディソン大 アメリカ 2020年からデンソーブライトペガサスに新加入したアメリカ出身の投手です。 門馬 沙也加(もんま さやか) 出典: 所属:戸田中央総合病院 メディックス ポジション:内野手 生年月日:1996年12月11日 身長:163cm 投打:右投右打 出身校:富士大(東京) 前年度成績:打率:0. 000 白石 穂花(しらいし ほのか) 出典: 所属:シオノギ製薬 ポポンギャルズ ポジション:内野手 生年月日:1999年6月9日 身長:166cm 投打:右投右打 出身校:神戸野田高 兵庫 前年度成績:打率0. 500 西岡 彩乃(にしおか・あやの 出典: 所属:日本精工 Brave Bearies 生年月日:1997年11月1日 身長:161cm 投打:右投左打 出身校:池田高辻校 徳島 前年度成績:打率0. 269:打点5 2部 矢作 実緒(やはぎ みお) 出典: 所属:厚木SC ポジション:投手 生年月日:1997年2月26日 身長:166cm 投打:右投右打 出身校:東海大学 神奈川 前年度成績:2勝3敗:防1. 78(2部).

次の

ビックカメラ女子ソフトボール高崎 BEE QUEEN&陸上部(競歩)

日本 女子 ソフト ボール 機構

男子 [ ] 沿革 [ ]• 、リーグ開始。 、それまでの2部制から、参加チームを東西に分けて予選を行い、その成績に基づいて決勝トーナメントを行う方式に変更。 リーグ戦方式 [ ]• 2003年までは2部制(最終年は1部7チーム、2部7チーム)でリーグ戦を行い、1部の最下位チームと2部の優勝チームが入れ替え戦を行っていた。 2004年より方式を変更した。 変更点はそれまでの1部、2部制を廃止し、参加チームを東日本、西日本に分けてリーグ戦を行う(2回総当り)。 その成績に基づいて決勝トーナメントを行い、決勝トーナメントの優勝チームその年のリーグの優勝チームになる。 決勝トーナメント出場チームは2004年は全チーム参加だったが、2005年からは各リーグの上位4チームに変更。 決勝トーナメントは2011年までは、2012年から2014年までは豊田市運動公園ソフトボール場、2015年はで開催される。 参加チーム(2016年) [ ] 東日本リーグ [ ] チーム名 地域(県) 昨年度成績 備考 栃木県 1位 愛知県 2位 愛知県 3位 愛知県 4位 埼玉県庁クラブ 埼玉県 5位 日本エコシステム 岐阜県 6位 2009年までは岐阜松久ファイターズ 2010年-2016年までは岐阜エコデンSC 大阪グローバル 大阪府 7位 2009年までは西日本リーグに在籍 2002年まではツヅキグローバル 2006年-2009年までは大阪ツヅキグローバル 富山県 8位 西日本リーグ [ ] チーム名 地域(県) 昨年度成績 備考 平林金属 岡山県 1位 大阪桃次郎 大阪府 2位 ダイワアクト 佐賀県 3位 リーグ優勝 愛媛ウエスト 愛媛県 4位 2013年まではウエストSBC 高知パシフィックウェーブ 高知県 5位 徳島県 6位 Neo長崎 長崎県 7位 2004年までは長崎SC 宮崎県 8位 2005年までは旭化成延岡 オール福岡 福岡県 9位 2008年まではオール北九州 過去の参加チーム [ ]• サガミE. 徳島市役所• 西日本シロアリ• かつての全国的な強豪の男子ソフトボール部であった。 今まで獲得した全国タイトルは、 全国男子チーム最多の計36回(日本リーグ 14回・6回・全日本実業団6回・10回)である。 山形県庁クラブ(山形県庁)• 和歌山• サンセールS. レッツフジト• 四国生コンSBC• 青森ソフトボールクラブ 歴代優勝チーム [ ] 1部・2部時代 [ ] 回 年度 1部優勝 2部優勝 1 1972 2 1973 3 1974 4 1975 5 1976 6 1977 7 1978 8 1979 9 1980 10 1981 11 1982 12 1983 13 1984 14 1985 闘犬センター 15 1986 闘犬センター 16 1987 トヨタ自動車 17 1988 闘犬センター 18 1989 19 1990 闘犬センター 20 1991 闘犬センター 21 1992 闘犬センター 22 1993 闘犬センター 23 1994 闘犬センター 24 1995 闘犬センター 25 1996 闘犬センター 26 1997 日新製鋼 27 1998 日新製鋼 28 1999 闘犬センター 埼玉県庁 29 2000 闘犬センター トヨタ自動車 30 2001 ホンダエンジニアリング 埼玉県庁 31 2002 オール高知 豊田自動織機 32 2003 大阪グローバル 埼玉県庁クラブ 東日本・西日本時代 [ ] 回 年度 優勝 東日本1位 西日本1位 33 2004 高知パシフィックウェーブ(西日本4位) ホンダエンジニアリング 大阪グローバル 34 2005 大阪グローバル(西日本3位) デンソー 高知パシフィックウェーブ 35 2006 西日本シロアリ(西日本2位) ホンダエンジニアリング 大阪ツヅキグローバル 36 2007 デンソー(東日本3位) ホンダエンジニアリング 大阪ツヅキグローバル 37 2008 平林金属(西日本4位) デンソー 大阪ツヅキグローバル 38 2009 大阪桃次郎(西日本3位) デンソー 大阪ツヅキグローバル 39 2010 ダイワアクト ホンダエンジニアリング ダイワアクト 40 2011 ダイワアクト ホンダエンジニアリング ダイワアクト 41 2012 平林金属 トヨタ自動車 平林金属 42 2013 ダイワアクト(西日本2位) ホンダエンジニアリング 大阪桃次郎 43 2014 ホンダエンジニアリング(東日本2位) デンソー 大阪桃次郎 44 2015 平林金属 ホンダエンジニアリング 平林金属 45 2016 ダイワアクト(西日本3位) ホンダエンジニアリング 平林金属 46 2017 高知パシフィックウェーブ(西日本3位) トヨタ自動車 平林金属 女子 [ ] 日本女子ソフトボールリーグ機構 Japan Softball League 本部が入居しているJAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE 団体種類 設立 所在地 4-2 活動地域 活動内容 リーグの統括 女子リーグは日本協会と協会下部組織の 日本女子ソフトボールリーグ機構の共催で開かれている。 同機構はにも参加している。 沿革 [ ]• 、日本リーグの前身たる「第1回全日本女子実業団ソフトボール大会」が開催。 、2部の前身日本女子Bリーグ開始。 、Bリーグが日本実業団女子リーグに改称。 、日本実業団女子リーグが2部リーグに改称。 、6節制に変更。 、参加チーム数が8から12に拡大し決勝トーナメント方式(ページシステム)採用。 、日本女子ソフトボールリーグ機構発足。 3部制から2部制に変更。 、2部が2カンファレンス制に移行。 対戦方式 [ ] 1部リーグ [ ] リーグ戦 [ ]• 1999年より12チーム2回総当りの予選リーグの後、上位4チームが決勝トーナメントに進出。 決勝トーナメントの勝者がリーグ優勝チームとなる。 1981年までは日本女子リーグ、日本実業団女子リーグともに6から8チーム、1982年は日本女子リーグのみで11チームで開催された。 1983年から1985年までは6チーム、1986年から1993年までは8チームで開催された。 1994年から1998年までは6チームずつのグループに分けて開催。 グループは1994年はAグループ・Bグループ、1995年から1998年まではドリームセクション・フューチャーセクションと呼ばれた。 同セクション内は2回総当たり、別セクションは1試合の合計16試合で全12チームの総合順位を付け、上位4チームが決勝トーナメントに進出する方式だった。 決勝トーナメント [ ] を採用。 Aの敗者とBの勝者により2日目に準決勝C(3位決定戦)を行い、敗者は自動的に3位。 Cの勝者がAの勝者が優勝を争う。 敗者は準決勝Cに回る 2 勝者が準決勝Cに進出。 敗者はこの時点で4位確定 3 勝者が決勝進出。 敗者はこの時点で3位確定 4 この試合の結果により1・2位確定 2部リーグ [ ] リーグ戦 [ ] (AS)と(HS)の2カンファレンス制。 1節3試合制で4節まで各カンファレンスで10試合を行い各カンファレンスごとの順位を決定。 5節で順位決定戦を行い総合順位を決定。 (2015年) 順位確定戦 [ ] の場合各セクションの順位をもとに5節で順位決定戦を行う。 (2015年)• 入れ替え [ ] 1部12位と2部1位が自動入れ替え、1部11位と2部2位が3戦2勝制による入れ替え戦を行い勝者が次年度の上位クラスに参戦できる。 姫路 日本女子リーグ・日本実業団女子リーグ時代 [ ]• (旧:広島紡織)• 福井 日本女子リーグ時代 [ ]• 大阪店• で不定期に放送。 (予選リーグで、特にグループ系列のチームが出場するで行われる大会を加盟のが製作したものを録画放送(同センター加盟局にはこれとは別にコミュニティーチャンネルでの生放送も)する。 その他に2009年で行われた開幕節と、毎年の決勝トーナメントの全試合をGAORA自主制作で放映する)• 決勝トーナメントに限りでも録画中継される。 2015年はでが出場する試合が不定期で録画中継された。

次の

女子日本代表の歩み|公益財団法人日本ソフトボール協会

日本 女子 ソフト ボール 機構

By - 公開: 2019-04-17 更新: 2019-04-17 今回の女子ソフトボール情報は、2019年開幕戦の模様をお送りする。 2019年の女子ソフトボールリーグが開幕! 4月12日(土)13日(日)の2日間、愛知県名古屋市パロマ瑞穂球場に、1部リーグ12チームを集めて、1日3試合、2日合計6試合が行われました。 今年は、2020東京オリンピック・パラリンピックの前年という事で、各選手は日本代表入りの最後のアピール場所として、例年以上に力が入っています。 昨年行われた世界選手権で日本は、アメリカに敗れ、準優勝に終わっています。 試合後、宇津木代表監督は、『これまで日本が得意としていたソフトボールが、いまや外国の物になっている』と、これまで日本が得意としていた細かいソフトボールが海外チームの戦術となり、日本はそんな細かいソフトボールが出来なくなっていたことを嘆きました。 宇津木監督は、各代表選手にもう1つ上のステージに上がるように要求し、その答えが今シーズンの試合で表現されるはずです。 実際、日本投手陣の一角、太陽誘電の藤田投手は球速が上がり、他の日本代表選手も、先制点や決勝点に絡み、活躍しています。 このリーグ戦で、選手たちはどんなアピールをしてくれるのか、楽しみなリーグ戦がスタートしました。 試合も、常に僅差での決着となっています。 そんな2チームが、今年も開幕戦で対戦。 トヨタ自動車は、昨年のチームから首位打者をとった塚本選手が引退、さらに調子が上がらない長崎選手をスタメンから外す新布陣。 先発は、エース・アボット投手。 対するビックカメラ高崎は、先日ので語った通り、若手の濱村投手が先発。 開幕戦の緊張と強い風からか、両先発投手ともに、四球、死球を多くだしますが、試合が進むにつれて安定し、投手戦となります。 均衡を破ったのはトヨタ自動車。 4回裏・6番坂元選手が、レフトへ先制のソロ・ホームラン。 しかし、ビックカメラ高崎もすぐさま反撃。 5回表・3番糟谷選手のタイムリーヒットで同点。 試合を振り出しに戻したビックカメラ高崎は、濱村投手から上野投手へ交代。 上野投手は、「去年よりスピードが出ていた」というストレートを中心に、後続を打ち取り、試合は延長戦、タイブレイカーに突入します。 (*タイブレイカーとは、ノーアウト2塁からスタートする延長戦の方式) タイブレイカーで先手を取ったのは、ビックカメラ高崎。 先頭打者・内藤選手が、2塁ランナーを送ると、6番・大工谷選手のヒットで勝ち越し。 最後は、上野投手が締めて、2対1でビックカメラ高崎が勝ちました。 スピードとパワーのある両外国人投手だけに、試合は息詰まる投手戦に。 そして両チームとも、試合の流れをつかめず迎えた6回表。 SGホールディングス2番・中村選手が、ライト線に痛烈な当たりを放つと、戸田のライト、本間選手がダイビングキャッチ。 しかし間に合わず、打球は外野を転々。 打った中村選手は一気にホームをつき、ランニングホームランでSGホールディングスが先制します。 さらにSGホールディングスは、7回表にも中島選手のタイムリーヒットで追加点をあげ、2対1でSGホールディングスが勝ちました。 ちなみにSGホールディングスは、去年の開幕戦でもランニングホームランを打っていて、2年連続での記録となります。 先発は、日立が岡村投手、ホンダはフォード投手。 ホンダのフォード投手が1回を順調に抑えたのに対し、日立の岡本投手はランナーを出しながらも、ホームだけは踏ませない苦しい立ち上がり。 そんな嫌な流れは的中、2回表日立岡村投手が3連続四死球、押し出しで先制点を献上。 日立は、3回表・岡村投手から近藤投手に交代。 流れを変えようとしますが、4回表・森山選手に犠牲フライを打たれ、2対0とリードを許します。 2点を追う日立は5回裏、それまではベンチで戦況を見ていた斎藤新監督が3塁コーチャーに。 『選手に力を送りたかった』と話した斎藤監督の気持ちを感じたのか、《女イチロー》と呼ばれるバッター・山田選手がレフトへ2ランホームラン。 試合を振り出しに戻します。 7回表・ホンダは、1アウトから田井選手がヒットで出塁、2アウトランナー三塁とすると、日立は、近藤投手から《期待のルーキー》坂本投手に交代。 坂本投手は1ボール2ストライクと追い込みながら、5球目を痛恨のワイルドピッチ、これが決勝点となり、3対2でホンダが勝ちました。 《二刀流》選手が2人所属する太陽誘電は、その2人、藤田投手と尾崎投手がスタメンに名を連ね、先発は藤田投手。 対する豊田自動織機は、期待の新外国人・現役メキシコ代表投手のエスコベド投手が先発。 予想通り投手戦になりますが、試合を動かしたのは《二刀流》でした。 「バッター」太陽誘電・藤田投手が、センターへライナー性の打球を打つと、センターのメリット選手がダイビングキャッチを試みます。 しかし打球は脇を抜け、外野を転々。 藤田投手は三塁まで進塁。 このチャンスを「4番」中溝選手が生かし、欲しかった先制点が太陽誘電に入ります。 あとは、「ピッチャー」藤田投手が、7回表をきっちり締めて、1対0で太陽誘電が勝ちました。 地元のデンソーは、大応援団が駆けつけ、選手を後押しします。 先発は、デンソーが新加入のフーバー投手。 シオノギは、以前はデンソーに所属していた重藤投手。 デンソーは1回裏、重藤投手の立ち上がりを攻め、川畑選手が先制のタイムリーヒット。 その1点を、フーバー投手が力強い投球と落ち着いたマウンドさばきで守り抜き、1対0でデンソーが勝ちました。 フーバー投手は、被安打3、8奪三振の好投で来日初勝利。 先発は、伊予銀行が《投手陣の大黒柱》へ期待がかかる庄司投手、NECは、1部昇格の原動力になった三木投手。 伊予銀行は、硬さが見える三木投手を攻めますが、攻め切ることができないでいると、3回表、NECの望月選手が2ランホームランを打ち、NECが先制します。 伊予銀行も、3回裏、1点を返し、試合は降着状態へ。 リードされている伊予銀行・庄司投手ですが、失点後は打たせてとるピッチングでNECにチャンスを作らせず、逆にNECの三木投手はピンチが増えていき、迎えた7回裏・松成選手にタイムリーヒットを許し、試合は振り出しに。 延長・タイブレイカーに突入します。 そして迎えた8回裏、伊予銀行は申告敬遠などでノーアウト満塁のチャンスを作ると、7番・飯田選手の打席で、NEC・三木投手がまさかのフォアボール。 サヨナラ押し出しフォアボールの3対2で、伊予銀行が勝ちました。 この後は、中断期間に入る6月までほぼ毎週末、日本各地で試合が行われます。

次の