おっさん ず ラブ インザ スカイ 評判。 「おっさんずラブ

「おっさんずラブ

おっさん ず ラブ インザ スカイ 評判

気まずい日々を過ごしている四宮と成瀬 がくつろいでいる後ろで は料理をせっせと作りながら、この一年を振り返っていた。 中でも記憶に新しいのが、先日のクリスマスイブの出来事。 この日、四宮と成瀬はキスをしたのだ。 それから一週間が過ぎたのだが、成瀬と は気まずい日々を過ごしている…。 翌日、成瀬は会社で一人「なんなんだよ」と呟いていた。 するとそこに烏丸が突然現れ、古墳好きな成瀬に「今年はこういうのがあるらしいよ」と言いながら柴虎古墳のカウントダウンイベントのチラシを渡す。 キラキラと目を輝かせる成瀬に は「誰か誘ってみたら?」と告げるのだが、成瀬は「いや、誘う人いないんで。 」と言う。 しかし烏丸は成瀬の心はお見通しとばかりに「誘う人はいるんでしょ?でもなかなか進展しなくて不貞腐れてるんでしょ」と的中させるのだった。 寛太の驚きのズレっぷり… その頃、 は根古に とのクリスマスイブのデートが上手くいかなかったことを話ていた。 寛太はなんと緋夏とのデートの初っ端に、軍資金を稼ぐためにパチンコに行ってしまったのだという。 しかも二万も負けたのこと。 その後も寛太は場違いな言動を繰り返してしまい、何の進展もなくデートはお開きになってしまったのだそうだ。 そんな寛太に根古は「あんた最初から間違ってるわよ」と指摘するのだが、寛太にはあまりピンと来ていないようだ。 寛太は四宮によく恋の相談をしているらしく、リベンジで今夜忘年会を開いてもらうらしい。 成瀬は烏丸から「相手にこうして欲しいああして欲しいということばかり求めていてもそれはただの一方通行。 ここでクエスチョンです。 成瀬くんの想い人が望んでいることとは、一体何でしょうか?」と問いかけられていた。 成瀬が春田のように少年になる!? その後、成瀬は一人で四宮が何を望んでいるのか考えていたのだが、ふっと思い浮かんだのは『 さん』だった。 ちょうどそこに緋夏が通りかかったので、成瀬は意を決して緋夏に春田のどこが良かったのか尋ねる。 緋夏は「優しかったり真っすぐだったり少年ぽいところかな」と答えるのだが、成瀬は「俺優しくないし曲がってるし大人です。 」と言いながら机に突っ伏してしまう。 必死に緋夏は「タイプが違うから!」と励ますのだが、成瀬は思い立ったように顔を上げ、「今日忘年会来ますよね?協力してもらえませんか?」と頼むのだった。 そして始まった忘年会。 メンバーは四宮、成瀬、緋夏、根古、寛太だ。 皆でワイワイ楽しんでいるところに、成瀬は嫌いな春菊を食べられるようになったことをアピールし、緋夏も大げさに褒める。 そして成瀬は「うめ~!お代わり~!」などと、いつもは絶対言わないような発言を繰り返す…。 実は成瀬は緋夏に「春田さんみたいになりたいんです。 」と相談し、緋夏に『春田さんっぽい演技』を指導してもらっていたのだ。 いつもと180度違う成瀬の態度に四宮は「俺料理に何か変なもの入れたっけ?」と戸惑う。 黒澤、春田が登場! その後、緋夏が四宮に年末の予定を聞くと、四宮は実家に帰らず寮にいるのだという。 成瀬も「寮にいます。 」と告げると、緋夏は「じゃあ二人でカウントダウン行けば良いじゃん!」と二人を盛り上げる。 すると寛太が「5人で行きませんか?」と発言し、根古に「空気読め!」と叱られてしまう。 その時四宮が「あ、すき焼きなのに卵出すの忘れた」と言い、キッチンへ卵を取りにいく。 四宮が戻ってきたかと思うと不思議そうに「ちゃんとすき焼き用に卵を人数分用意したのに一つ足りないんだ。 」と皆に言う。 すると成瀬が「食べた。 昨日グラタンの上に乗っけて食べた。 いっぱいあるから良いかなって思って。 」と告げる。 四宮は「そんな勝手に食べられたら計算が狂うだろ。 」と怒るのだが、「卵一つでそんなに?」と成瀬は不貞腐れる。 そんな成瀬に四宮は「俺は卵使うなとは言ってないんだよ。 使ったら言えって言ってんの。 すき焼きに卵なかったら何焼きだよ。 」と言うのだが、成瀬は「知らねえよ!うるせえな!買ってくればいいんでしょ!」とキレて席を立ってしまう。 四宮は「ちょ、待てよ!うるせえとは何だよ!」と言い、成瀬は「うるせえからうるせえって言ったんだよ!」と言い返し、そこからクッションの投げ合いという大乱闘に発展…。 しかし根古が「いい加減にしろお前ら!年末におっさん同士が卵一つで揉めてんじゃねえ!」と怒鳴り、その場を収めるものの、四宮は出ていってしまうのだった。 緋夏は成瀬に「ごめんね。 役に立てなくて…。 」と謝っていると、二人の仲を勘違いした寛太が「僕、お邪魔ですか?お邪魔ですよね。 」と言い出し、帰ってしまうのだった。 根古は緋夏に「行ってあげな。 」と声をかけ、緋夏は寛太を追いかけることに。 その頃、四宮は外を歩きながら「卵一個で何をあんなに怒ってるんだ。 小さすぎるぞ、残念過ぎるぞ俺!」と自己嫌悪に陥っていた。 すると四宮の横をランニングしている黒澤が通り過ぎ、四宮は「師匠~~!!」と抱き着く。 成瀬は根古と後片付けをしていると、根古に「私からしたら痴話げんかに見えたわよ。 言いたいこと言い合えるのも仲良い証拠でしょ?卵買いに行ったら?」と言われ、成瀬は卵を買いに外へ。 すると成瀬の前に春田が現れ、「ハッピーニューイヤー!」と微笑むのだった。 「 おっさんずラブin the sky」ゆく年くる年SPは で配信中です! 無料期間1ヶ月中に解約すれば料金はかかりません。 詳しい解説は。 とかあったらいいな。 今日の月を見て思った。

次の

おっさんずラブ in the skyがつまらない理由と視聴率は?千葉雄大熱演!

おっさん ず ラブ インザ スカイ 評判

2018年4月期に同枠で放送された『おっさんずラブ』は社会現象を巻き起こすほど大ヒットしたが、第2弾となる本作の最終回には「がっかり」「混乱してる」「見なければよかった」など、一部から不満の声が続出している。 舞台も不動産会社から航空会社に変更となっていた。 そして最終回で、春田は成瀬に振られ、その直後、引退する黒澤に『離れたくない』と告白して、両想いになったのですが、これに一部視聴者があ然。 『成瀬への思いはどうなったの?』『こんな簡単に心変わりする?』『いやいや、どこに黒澤キャプテンを好きになったの?』『雑な展開すぎて、もはやついていけない』など、ネット上には困惑の声が広がっていました」(芸能ライター) 特に、恋愛ドラマにおいては肝となる「恋人になるまでの過程がすっぽり抜け落ちている」と、激しく非難されている。 「最終回を迎えるまでに、春田が四宮に振られた成瀬を抱き寄せて慰めるなど、これから2人が恋愛に発展しそうな描写がたくさんありました。 対して、春田と黒澤は、部下と上司の関係以外の描写がそれほど多くなかったんです。 そのため、『春田と黒澤がなぜカップルに?』『好きになる過程を描いてよ!』『何これ、脚本がお粗末すぎてひどい。 そもそも春田が告白すること自体無理やりすぎる』など、不満の声が後を絶ちません。 なお、成瀬に関しては、一度振られた四宮と恋仲になりそうな展開が描かれていました」(同) もちろん、今回の結末に対しては「黒澤が報われてよかった」「成瀬の片思いが実りそうでうれしい」との声もあるが、春田の恋が成就し、成瀬と結ばれることを願っていた視聴者からは「これなら、誰ともくっつかない方がよかった」といった苦言が多く聞こえてくる。 すでに「AbemaTV」「ビデオパス」では、成瀬&四宮のその後を描いたネット配信オリジナルドラマが配信されることが決定しているが、制作側はファンが何を求めているのか、一度考え直した方がいいのかもしれない。

次の

おっさんずラブin the sky|評判や感想は?season1と比較も

おっさん ず ラブ インザ スカイ 評判

12月21日、田中圭主演の『 -in the sky-』(テレビ朝日系、土曜23時15分〜)がラストフライトを終えた。 視聴率は5. 1%で、第1話の5. 8%を超えることはできなかったが、21日のデイリー視聴熱第1位、ツイッターのトレンド第1位と、春田(田中圭)をめぐる恋愛模様がどんなランディングを見せるのか、視聴者の期待度は高かった。 第7話まで誰ひとり報われない一方通行の恋が続いていた。 黒澤(吉田鋼太郎)、四宮(戸次重幸)は春田に強い恋心を抱くも、春田は成瀬(千葉雄大)を、成瀬は四宮を好きになり、最終回はどうなるの? と視聴者をやきもきさせていた。 その最終回。 黒澤がパイロット引退を決めたことで、春田たちはそれぞれ、これからのことを真剣に考える。 四宮はこれまで容認していた春田の甘えをきっぱり拒否し、成瀬は春田に対して素直に感謝の気持ちを伝える。 春田は、黒澤のラストフライトで、グレートキャプテン黒澤との思い出の数々を乗客に語る。 その後、四宮と成瀬はグラタンを食べながら、なぜかキスを交わし、春田は黒澤をヘリポートに呼び出して、「俺はキャプテンが好きです」と突然の告白。 視聴者もびっくり仰天の展開となった。 春田は、尊敬なのか友情なのか、はたまた恋愛感情なのかよくわからないが、キャプテンの隣で一緒に幸せを見つけられたらいいなと、自分の気持ちを説明し、こう叫ぶ。 「キャプテンのこと好きになってもいいですかー?」 黒澤は頭を抱え、迷いに迷った末、両腕で丸を描き、2人はハグしあうというランディングにネットは騒然となった。 《全体的にすごく面白かったのに、どうも結末だけ腑に落ちなかった》 と、結末を受け入れられない視聴者が数多くいる一方で、 《人間関係の色んな愛に心が温かくなったなぁ》 《最終回のどこが良かったって、「自分が好きな人と結ばれる」じゃなくて「自分を好きな人と向き合う」エンドだったとこ!これがホントのハッピーエンドだなあと思ったわ》 と、好意的に受け止める視聴者も。 賛否両論のラストフライトを、ドラマウオッチャーの晴川日月奈氏はどんな思いで見たのか、話を聞いてみた。 「脚本家は最初からあのラストを決めていたのではないかと思います。 最初は黒澤が告白し、春田が丸を描く。 最後は春田が告白し、黒澤が丸を描く。 最初と最後を同じシーンにするというのは舞台でもテレビでもよくある手法です」 「全8話で描くには多少無理があった気はしますが……」として、晴川氏はこう続ける。 「卓球と相撲の『黒澤杯』での4人の会話のやり取りや、4人並んで夕日を眺めるバッグショットを見て、今回はおっさんたちの青春群像劇をやりたかったのかな、と思いました。 それに俳優さんたちが楽しく演じている気がして、それだけで十分楽しめました」 本編は終わったが、12月23日、24日に『おっさんずラブ-in the sky-ゆく年くる年SP〜 前編・後編』が「AbemaTV」と「ビデオパス」にて配信される。 まだまだ恋の行方はわからない。 外部サイト.

次の