ポーランド バレーボール。 男子バレーポーランドの世界ランクは?クウォスやクビアクの年齢は?

ポーランド男子バレーボールリーグ

ポーランド バレーボール

Birthdate Age Height Weight Spike Block Club 2 Maciej Muzaj マチェイ・ムザイ Muzaj OP 1994. 21 25 208 86 360 320 ONICO Warszawa 4 Marcin Komenda マルチン・コメンダ Komenda S 1996. 24 23 198 90 335 315 GKS Katowice 5 Lukasz Kaczmarek ウーカシュ・カチュマレク Kaczmarek OP 1994. 29 31 205 87 352 326 ONICO Warszawa 7 Artur Szalpuk アルトゥル・シャルプク Szalpuk WS 1995. 20 24 201 93 350 335 PGE Skra Belchatow 9 Wilfredo Leon ウィルフレド・レオン Leon WS 1993. 31 26 202 96 350 346 Sir Safety Perugia 10 Damian Wojtaszek ダミアン・ボイタシェク Wojtaszek L 1988. 7 31 180 76 330 301 ONICO Warszawa 11 Fabian Drzyzga ファビアン・ジズガ Drzyzga S 1990. 1 32 187 80 335 315 PGE Skra Belchatow C13 Michal Kubiak ミハウ・クビアク Kubiak WS 1988. 23 31 191 80 328 312 Panasonic Panthers 14 Aleksander Sliwka アレクサンデル・シリフカ Sliwka WS 1995. 17 22 199 89 353 323 PGE Skra Belchatow 16 Bartlomiej Boladz バルトウォミエイ・ボウォンジュ Boladz OP 1994. 28 25 203 97 360 335 VfB Friedrichshafen 17 Pawel Zatorski パベウ・ザトルスキ Zatorski L 1990. 17 22 192 91 343 310 ONICO Warszawa 19 Marcin Janusz マルチン・ヤヌシュ Janusz S 1994. 31 22 198 92 340 315 Cerrad Czarni Radom 23 Jakub Popiwczak ヤクプ・ポピフチャク Popiwczak L 1996. 11 25 208 112 350 330 ONICO Warszawa 33 Bartlomiej Lemanski バルトウォミエイ・レマンスキ Lemanski MB 1996. 8 30 201 87 357 326 PGE Skra Belchatow 95 Rafal Szymura ラファウ・シムラ Szymura WS 1995. 14 21 204 80 351 316 Cerrad Czarni Radom.

次の

トマシュ・ボイトビッチ

ポーランド バレーボール

)によって大会運営がされている。 現在参加チーム数は14で、10月から翌年4月にかけて試合が行われる。 リーグはかつて Klasa wydzielona, Ekstraklasa, 1 liga Seria Aと呼ばれていたが、にプロバレーボールリーグとして新たにスタートした。 歴代優勝クラブ [ ]• 2001年• 2002年• 2003年• 2004年• 2005年• 2006年• 2007年• 2008年• 2009年• 2010年 クラブ別優勝回数 [ ] 順位 クラブ 優勝 準優勝 3位 合計 1 9 2 2 13 2 5 3 1 9 3 3 2 2 7 4 1 3 6 10 5 0 4 2 5 6 0 1 1 2 7 0 2 3 5 外部リンク [ ]•

次の

ポーランド男子バレーのクレクとは?背番号やスパイクやブロックも!

ポーランド バレーボール

スポンサーリンク 今日本と戦っているポーランドですが、どうやら強敵どころではないようです。 その強敵どころではない強さを誇るポーランド選手の中で、 31日の試合中継にて実況者から何かとその名前を口にされて、更に日本チームの壁となって戦っている人がいるようで、しかも結構聞き 取りやすい名前をしているようです。 今回はそんな強敵男子バレーポーランドチームの一人についてまとめます。 何かと名前が出てきたバルトシュ・クレク 既に知っている人も沢山いたかと思いますが、ポーランドは男子バレー選手権の中でとんでもない強さを誇っている事で有名であり、世界ランキングでは2位をとっています。 気になる1位はブラジルであり、3位はロシア。 我が国日本は14位。 5月31日のポーランド戦は、2位vs14位というかなり不利な戦いという事ですね。 しかし世界ランキングは世界ランキングなので、実際の試合はどうなるかなんてわかったものではありません。 が、その日本とポーランドの戦いで何かと名前が出てきたのが、 バルトシュ・クレク選手。 クレクが防御だとか、 誰誰の前にクレクが立ち塞がるなんて実況者に言われていたクレク選手。 そのあまりの戦いぶりの為なのか、実況者から何かとその名前を口にされる事も多く、後半では強敵の一人として、 クレクのサーブや クレクのブロック、石川の前にクレクなどと言われていました。 これだけの事をして見せるんだから、何かしらの賞とかをとってるんじゃ無いかなと筆者は思ったのですけれど、どうやらそういうわけはなくて、何かの賞に選ばれたりしたことは 無かったようです。 それでもあまりに見事な戦いっぷりを見せる事から、日本実況者から名前を呼ばれているようですね。 ポーランド戦後半ではサーブを繰り出しまくり、日本チームのエースである石川選手の攻撃を防ぎ続けていました。 確かにクウォス選手のように称賛された事はないですけれど、それでも彼はポーランド代表に選ばれるくらいのプレイヤーです。 そしてポーランド代表に選ばれると言う事は、エースである事に変わりはない。 そんな彼は中々のイケメンさんですから、背は低いんじゃないかと 思われがちですけれど、彼は他の人の例に漏れず 身長205cmの巨人であり、ジャンプしたら普通に3mの壁を築き上げて相手チームの攻撃を弾き飛ばし、 クウォス選手のそれと同じくらいの 3. 5mの高さからスパイクを繰り出します。 ポーランド大統領に称賛されたわけでもないけれど、十分に強敵の称号を獲得してもよい人ですね、この人は。 そしてそんな人ばかりを 集めているポーランド代表。 その中に所属している人がこんな人たちばかりならば、世界ランキング2位は必然的と言ってもいいかもしれませんね。 まとめ 出来れば中国に勝って、得点を上げておいてほしかったところですけれど、そうもいかないのがこの男子バレー。 そして今、日本チームは世界ランキング2位の ポーランドと戦っております。 クウォス選手やクレク選手の他にもエースプレイヤーを抱えているチームですけれど、もしも勝つ事が出来れば、 五輪への道が近付きます。 何度も言いますが、どうか勝ってもらいたいところですね。

次の