バナナ 豆腐 ケーキ。 ヨーグルトポムポム風☆りんごとバナナの豆腐ケーキのレシピ♪

簡単!美味しい!バナナケーキのレシピ

バナナ 豆腐 ケーキ

を 大きめパイ皿で、バナナを足して作ってみました。 フルーツいっぱいで美味しいです。 レモン汁をたくさん入れているので 豆腐の香りや味はほとんど気になりません。 膨らませなくてもいい、焼きっぱなしの簡単ケーキです。 材料の木綿豆腐も水切りせずパックを開けたらそのまま使います。 大きいサイズなら1個、 中くらいサイズならりんごの分量を1個半くらいご用意ください。 ご参考になさってください。 絹ごし豆腐だと水分量が若干違うようです。 このサイズで焼きますとケーキの高さは2センチくらいです。 パイ皿に油をうすく塗ります。 2.ボウルに薄力粉、ベーキングパウダーを入れて 乾いた泡だて器でよく混ぜます。 もしベーキングパウダーにつきまして、部分的に固形化していたら、 茶こし器などでふるい入れてから混ぜてください。 3.別の大きめのボウルに木綿豆腐、砂糖、塩を入れて 泡立て器で豆腐を押しつぶしながら、ぐるぐるとよく混ぜて クリーム状にします。 レモン汁を加えてよく混ぜます。 4.バナナは3~4ミリの輪切りにします。 りんごは皮をむいて、くし切りして3~4ミリにスライスします。 5.3に2を加えて、ヘラで手早く混ぜあわせます。 粉類が水分になじんだら混ぜは終了です。 どんな混ぜ方でも大丈夫です。 混ぜ過ぎないようにします。 6.パイ皿に5の生地の2/3くらいを移し入れて、ヘラで表面をならし、 スライスしたりんごを皿の外側に、バナナを内側に 放射状に並べていきます。 フルーツとフルーツのあいだに 豆腐のクリーム生地が挟まっていなくても大丈夫です。 7.5の残りの生地を移し入れて、 ヘラで表面をなめらかになるようにならします。 ところどころにフルーツが出ていて、焼き色が付いたり、 食感が違ったりするとまた楽しいと思います。 表面に焼き色が付いていたら焼きあがりです。 レシピの焼き時間や設定温度は目安としてお使いください。 9.オーブンのスイッチを切り、ホイルをかぶせている場合はかぶせたまま、 再びオーブンの中に入れて、オーブンのドアを閉めて 10分ほど置いてから取り出します。 10.パイ皿に入れたまま冷まし、完全に冷めたらラップをして 冷蔵庫で保存します。 ナイフなどで切り分けて頂きます。 焼いている時は生地はぶわっと膨らみますが、 焼きあがって冷ましているうちに ペコンペコンにへこんで元に戻ります。 りんごの種類によって水分量や、酸味がちがってきますが、 膨らませなくてもよい生地ですし、 お砂糖で甘みも付けているので、 どんなりんごを使っても美味しく頂けることと思います。 りんごの分量は1~1と1/2個としましたが、 型に入るだけ並べてもらって大丈夫です。 りんごもバナナもたくさん入るほど ジューシーで自然な甘みが増えて 美味しいと思います。 りんごはフジりんご使いました。 豆腐はスーパーで(こちらもフジスーパーっていう名前です笑) 100円くらいで売っている木綿豆腐、 お砂糖はてんさい糖を使いました。 昔よく作っていた『non・noお菓子基本大百科』の 「ヨーグルトポムポム」というケーキに さらにそっくりになりました。 (笑) 使っている材料は全然違うのですが、味も食感もよく似ています。

次の

糖質90%オフも可能?【粉豆腐】で作る厳選おやつレシピ6選。

バナナ 豆腐 ケーキ

ケーキはダイエット中に、我慢しないといけない食べ物だと思っている方が多いのではないでしょうか。 市販のケーキには糖分がたくさん含まれているので、ダイエットには向いていません。 豆腐やヨーグルトでカロリーを抑えたケーキなら、ダイエット中でも適量を食べるのには問題ありません。 ヘルシーな材料の低カロリーのケーキを食べることで、甘いものを食べた満足感を得られてイライラせずにダイエットを続けることができます。 この記事では、甘酒のダイエット効果や栄養に加え、ケーキの種類、ケーキのダイエット方法、ヨーグルトやお豆腐を使ったヘルシーケーキのレシピと作り方にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。 無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください! ケーキの種類について ケーキと一言で言っても、形や使用している素材が違い様々な種類があります。 「スポンジケーキ」は、日本では卵、小麦粉、砂糖で作るスタンダードなケーキです。 シュークリームやエクレアは「シュ-菓子」と呼ばれ、「シュー」とはキャベツという意味でキャベツのように丸くなることからこう呼ばれています。 「バターケーキ」はパウンドケーキやフルーツケーキのことを言い、スポンジケーキよりも油分が多くなっています。 「カステラ」はポルトガル人によって日本に伝わりましたが、元々はスペイン発祥のお菓子だと言われています。 作り方が簡単で当時日本では流通していなかった牛乳を使わないため、日本でも作られるようになり日本人向けに改良されたのが現在のカステラです。 「パンケーキ」はパンみたいなケーキという意味ではなく、フライパンで焼いたケーキが由来でパンケーキと呼ばれています。 ケーキのダイエット方法について ダイエット中にケーキを食べるなんてご法度、と思っている方も多いのではないでしょうか。 でもダイエット中に大好きなケーキや甘いものを食べられないのは、ストレスが溜まってしまいますよね。 ダイエットは続かないと効果が表れません。 甘いものを全て我慢してストレスが溜まって、結局ダイエットが続かなかったり反動で甘いものをドカ食いしてしまっては本末転倒です。 好きなケーキを食べながらするダイエットも存在します。 ケーキは生クリームを使用しないものや、バターを使っているパイ系を避けて選びます。 ナッツ類などの食物繊維が入っているものは、よく噛むことで唾液の分泌を促し満腹感を得られる効果があります。 シフォンケーキは卵を多く使っており、大きい割にカロリーが控えめでおすすめ。 スフレチーズケーキは軽くカロリーも控えめになっています。 一度に食べるケーキのカロリーは200kcal以下に抑えて、朝ごはんに食べるのがおすすめですよ。 作り方はレンジでチンして潰したかぼちゃに卵を入れて混ぜ、ホットケーキミックスを入れてオーブンで焼いたらできあがり。 豆腐をしっかりと水切りすることで滑らかな仕上がりになります。 ホットケーキミックスを使用した、簡単でヘルシーなレシピです。 しっとり濃厚 かぼちゃの豆腐ケーキ レシピ・作り方 材料 1台分 16. 作り方はヨーグルトをしっかり水切りし、砂糖を入れて混ぜます。 カステラにヨーグルトとパイナップルをサンドして、周りにヨーグルトを塗ってパイナップルをトッピングしたら完成。 生クリームの代わりに水切りヨーグルトを使用しているのでヘルシーで、しっかり水切りしているのでとっても濃厚。 パイナップルとの相性も抜群ですよ。 ひとことでクッキーといってもその作り方や材料によって、食感も味わいも様々です。 コンビニで気軽に買えるお手頃なものから、こだわりの専門店のものまでバリエーションも豊富です。 そんな誰もが大好きなクッキーは自宅でも簡単に作ることができます。 今回は意外と知られていないクッキーの歴史や特徴をはじめ、アレンジも自在にできる簡単でおいしいクッキーのレシピをまとめました。 型抜きクッキー・アイスボックスクッキー・絞り出しクッキー・サンドイッチクッキー・変わり種クッキーといったカテゴリに分けて紹介します。 コツやポイントがわかりやすく、手軽に楽しく作ることができますよ。 ぜひ子供や友達と一緒にチャレンジしてみてください。 ロールケーキは卵・砂糖・小麦粉を基本材料としたスポンジ生地に、生クリームなどのクリームを巻いたケーキです。 材料がシンプルなぶん、アレンジやデコレーションの応用の幅が広く楽しめます。 ケーキの中ではレシピの工程も少ないものが多く作りやすいので製菓初心者にも挑戦しやすいケーキです。 この記事ではロールケーキの歴史と由来に加え、ロールケーキの巻き方について、王道シンプルロールケーキからアレンジロールケーキまで、今大人気のHM(ホットケーキミックス)で作るロールケーキ、オーブンなくてもチャレンジできるロールケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 フワッと口どけの良いシフォンケーキは、中央に穴が空いた形に焼き上げるのが特徴的。 絹織物のように軽い食感であることからその名がつけられました。 スポンジケーキの一種でもあるシフォンケーキは、普段、お家にあるシンプルな材料で思い立った時に作れるのも魅力の1つですよね。 この記事では、シフォンケーキの基礎知識に加え、基本のシフォンケーキレシピ、フレーバーシフォン、今流行りのSNS映えするシフォンサンド、型なくても作れちゃう お手軽シフォンケーキ、 炊飯器で作るシフォンケーキ、HMで作るシフォンケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてください。 チョコレートケーキの定番、「ガトーショコラ」はフランスの伝統菓子。 バレンタインのプレゼントにはもちろん、ディナーのデザートから子供のおやつまで幅広いシーンぴったりな焼き菓子。 しっとりとした生地と、口の中に広がるチョコレートの香りがたまらないですよね。 この記事では、ガトーショコラの基礎知識に加え、基本のガトーショコラ、ホットケーキミックスを使ったレシピ、抹茶のガトーショコラ、豆腐のガトーショコラ、炊飯器を使ったガトーショコラ、アレンジガトーショコラレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

簡単!美味しい!バナナケーキのレシピ

バナナ 豆腐 ケーキ

日頃、甘いものはあまり食べないので、お菓子作りも滅多にしないのですが、リクエストがあり、久しぶりに焼いてみました。 バナナケーキです。 バナナケーキ これは、 パウンドケーキの中でも一番作ったであろうケーキです。 泡立てなど不要で、 ひたすら混ぜるだけ、そう、簡単なのです。 でも、お土産に持って行ったりすると結構、喜ばれる美味しさなのです。 今日は、そんな 簡単で美味しいバナナケーキの作り方をご紹介します。 簡単!美味しい!バナナケーキのレシピ 材料 材料 薄力粉 140g ベーキングパウダー 小さじ2 バター 80g 砂糖 80g 卵 2個 バナナ 2本 レモン汁 少々 その他、 くるみやブランデーやレーズンなどお好みで。 作り方 1.小麦粉とベーキングパウダーは合わせて、 ふるっておく。 ふるう 2.バナナは皮を剥いて、筋をとり、 フォークでつぶして、レモン汁をかけておく。 ( 黒くならないようにです。 ) バナナつぶす 3. バターを柔らかく練り(私はレンジでちょっとだけチンしちゃいます)、そこへ砂糖を加え、混ぜる。 バターと砂糖 4.卵を1個ずつ 割りほぐして、そこへ混ぜる。 混ぜる 8.最後の粉は、 さっくり混ぜる。 さっくり 9.オーブンシートを敷いたパウンド型に、流し込んで、 軽く空気抜きをする。 真ん中あたりの一番膨らんでいるところに、竹串を指して、生地がついてこなかったら、焼き上がりです。 焼き上がり 最後に 焼き上がりのアツアツの時、 端っこの部分(へた)を食べると、カリカリして美味しいです。 アツアツは、勿論、 冷蔵庫で冷やしても、しっとり美味しいですし、甘いのがお好きな方や 、生クリームやバニラアイスと一緒に召し上がっても美味しいです。 お酒が強い人なら、 ブランデーを混ぜても良い香りがして美味しいですし、他に、 レーズンやくるみを一緒に入れても、よく合います。 このケーキの甘さ、仕上がり具合ですが、 バナナにかなりかかっているので、バナナは、買ってきてすぐ使わないで、熟成してから使ってください。 甘みが全然違ってきます。 柔らかくなったバナナを使うと、自然な甘みで美味しいです。 早速、お客様にプレゼントしました。 madameokami.

次の