西原 理恵子 生い立ち。 西原理恵子の半生が壮絶すぎる( ゚Д゚) : オスカーちゃんの勉強部屋

西原理恵子の半生が壮絶すぎる( ゚Д゚) : オスカーちゃんの勉強部屋

西原 理恵子 生い立ち

西原理恵子と高須の関係とは? 息子が広汎性発達障害というのは! 西原理恵子が送った壮絶な生い立ちとは? 西原理恵子さんは漫画家として活躍をしている 方ですね。 西原理恵子さんは1964年11月1日生まれなので 2016年に52歳になります。 高知県高知市出身の西原理恵子さん。 「私立土佐女子高等学校」を中退していますが 「大学入学資格検定」に合格をして 「武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科」を 卒業しています。 幼い頃から苦労続きの人生だったんです。 母親は父親が入退院を繰り返すほどのアルコール 依存症だったために西原理恵子さんを身ごもって いるときに実家に戻って出産をしています。 実の父親は幼少期に他界していますので 西原さんは全く会うことがなかったそうです。 西原さんが7歳のときに母親は再婚をしたようですが 義父はギャンブル好きで多くの商売に手をつけて 成功と失敗を繰り返す浮き沈みの激しい日々だった ようですね。 しかし、愛情は深い人だったようで西原理恵子さん のことを実の娘のように可愛がってくれたそうです。 その後、大学受験の前日に義父が借金のために 自らの命を絶ってしまったそうです。 大学時代にはホステスなどで学費を稼ぎながら 成人雑誌などに売り込みをし・・・ 1988年に漫画家としてデビューをしています。 「毎日かあさん」では大ヒットをし多くの人に 知られる漫画家となります。 西原理恵子と高須克弥との関係とは? スポンサードリンク 西原理恵子さんと高須クリニックの院長を 務める「高須克弥」さんとは2005年ぐらいに 知り合ったようですね。 西原理恵子さんと高須克弥さんが交際をはじめた のは2013年頃からだそうです。 西原理恵子さんは元夫を2007年になくしていて 高須克弥さんは2010年に最愛の妻をなくしています のでお互いに独身ということになりますね。 メディアに出ることが多い2人ですが、公に お付き合いしていることを公言しています。 相撲観戦や旅行やイベントなどで2人で参加している ところを目撃されていますし写真も撮られていますね。 ま・・・隠していませんからねw お互いに稼いでいるということでどちらかに 頼った生き方をしないでいいというところも 良いのかもしれませんが・・・ 西原理恵子さんは高須克弥さんとの再婚は全く 考えていないようですね。 結婚をするとなるとお互いの家族の問題が出てきます さらには反対などの問題で恋愛を楽しめるどころ ではなくなってしまうということで熟年恋愛という ことを楽しんでいるようですね。 年齢的にも収入的にもそれぞれの存在がかてに なって頑張れるという存在なのでしょうね・・・ 西原理恵子の息子が広汎性発達障害とは? 西原理恵子さんは1996年にフォトジャーナリスト である「鴨志田穣」(かもしだゆたか)さんと 結婚をしています。 一男一女をもうけています。 しかし、鴨志田穣さんのアルコール依存症や 西原理恵子さんの多忙ですれ違い2003年に 離婚をしています・・・・ しかし、その後に絶縁したわけではなくコミュニケーション はとっていたんです。 西原理恵子さんがサポートをして元旦那の鴨志田穣 さんはアルコール依存症を克服しています。 その後は事実婚状態の生活が続きましたが 鴨志田さんが末期の腎癌であることがわかりました。 2007年3月に亡くなられています。 息子さんや娘さんや元旦那さんのことを漫画に していることでリアリティのある話が人気の 1つでもある西原理恵子さんです。 西原理恵子さんの漫画には家族の話が 多くでてきます。 以前雑誌で、「広汎性発達障害」の子育てで悩む 印南さんとの対談が話題になりました。 広汎性発達障害とは? 社会性に関する領域にみられる発達障害の一つ ・コミュニケーションの障害 ・対人的相互反応における質的障害 ・行動・興味・活動が限定していて反復・常同的 印南さんが息子さんの広汎性発達障害で悩み 行動を話しても西原理恵子さんは驚くことはせず 自身の息子のやらかした話などをして盛り上げました。 そんな話を聞いた人が西原理恵子さんの息子 さんも広汎性発達障害なのか?と思ったひとが いたようですが、そうではないようですね。 多くの苦労を抱えて幼少期の頃から過ごしてきた 西原理恵子さんは現在が楽しいと語るようです。 子供も無事育ちお金も自由になるくらいにはあり 仕事もあり、恋愛も家庭に持ち込まずにしている という状態・・・・ 人生に正負の法則というのはあるのかなぁと 思ったりもしますね。

次の

高須克弥 西原理恵子と熱愛関係!タニマチから結婚へ!腹筋も整形の凄腕院長

西原 理恵子 生い立ち

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2014年2月) 西原 理恵子 生誕 1964-11-01 (55歳) 国籍 職業 活動期間 - ジャンル 、家庭漫画、 代表作 『』 『』 共著 『』 『』シリーズ 『』シリーズ 『』 『』 『』 『』 『』 受賞 第43回() 第8回優秀賞() 第9回短編賞(2005年) 第40回参議院議長賞 2011年 西原 理恵子(さいばら りえこ、 - )は、の。 『』でデビュー。 前夫はの、パートナーは高須クリニック創業者で東京院院長の(但し)。 代表作は『』、『』 など多数。 高須克弥記念財団。 経歴 [ ] 出身。 中退、合格、視覚伝達デザイン学科卒業。 7歳の時に母が再婚。 私立在学中に飲酒によって退学処分を受けるが、納得のいかない一方的な言い分に不服を申し立て、学校側を訴える。 その事件を取材に来たの(のち衆院議員を経て2011年より世田谷区長)と知り合う。 中退後は美大受験を志すが、美大受験の前日にギャンブルで莫大な借金を作った継父がを遂げる。 その後に合格し、美大受験のためのであるに通う。 1年後、武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科に入学する。 在学中から、飲食店での皿洗いやミニスカパブでのをしながら描き続けていた成人雑誌のカットがの編集者の目に留まり、『』(『』)でデビュー。 3月大学卒業。 その後、雑誌、漫画誌、漫画週刊誌などに連載を持つ。 数年間パチンコや高レートの麻雀に熱中する日々が続く。 結果、損失金額は10年間で約5000万円となる。 には『』誌上にとタッグを組み連載したグルメレポ漫画『』を発表。 に企画された旅行体験ルポ漫画『』のアマゾン取材旅行で、カメラマンとして同行して知り合ったフォトジャーナリストと結婚。 やがて一男一女をもうけるも、鴨志田のアルコール依存症や、西原の多忙によるすれ違いなどが原因でに離婚。 『』(紙上の連載)8月掲載分にて復縁を匂わせ、婚姻届を出さない事実婚の形で同居を再開したが、その時点で鴨志田は末期のであり、半年後のに死去。 葬儀では西原は元妻として喪主を務めた。 その後、3か月間活動を休止していたが、親友である原作の映画『』の宣伝用イラスト制作を機に、『毎日かあさん』などの連載を再開。 ににて初の展示会『西原理恵子 大ブレークへの道』を開催。 には同場所にて第二回展示会『バラハク』を開催。 2009年より、交際中のが院長を務める高須クリニックのCMに出演している。 には主演、監督で『』が映画化された他、『』を原作として『崖っぷちのエリー〜この世でいちばん大事な「カネ」の話』が主演でテレビドラマ化された。 「毎日かあさん」の実写映画化決定の旨を自身のブログで発表。 「かあさん」は。 「鴨ちゃん」は。 に全国系にて実写映画版が公開された。 2016年、高須克弥との共著『ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲』()が、「編集上の不備があった」として回収の対象となる。 2017年、高須克弥が代表(当時)のと民進党議員(当時)のを名誉毀損で訴えた裁判では法廷画家を務めている。 受賞歴 [ ] :『』で。 :『毎日かあさん(カニ母編)』で漫画部門優秀賞、『毎日かあさん』『上京ものがたり』で短編賞を受賞。 :第29回 受賞。 :『毎日かあさん』で第40回参議院議長賞を受賞。 :第6回(文芸部門)受賞。 作風 [ ] に贈られたデザインの化粧まわし デビュー当時はのエロギャグを写し書きしていたが、誰からも気付いてもらえなかったことに寂しさを感じたと語っている。 絵柄は基本的に非常にラフで、特にギャグ作品では描き殴ったような印象を受ける。 自ら「上達ではなく下達するタイプ」と評している。 『』『』『』などの、型破りな「エッセイ漫画」が前人未到の「」と評される一方、『』『』『』『』などでは「」が特徴とされる。 ちなみに『まあじゃんほうろうき』のコラムでは「彼女がその気になれば、すぐにでも童話作家になれる」と評している。 元夫のや友人の金角(後に、に改名)・銀角らがライターとしてデビューしたのも西原がきっかけであると言われている。 『いけちゃんとぼく』『』『』など映画化が相次いでいる理由を問われ、「不況に強かったかな、と。 景気が良かったら、もっとお金のかかる大作を映画化するんだろうけど。 私の作品は、現実はキッチリ描くけど、最後はちょっとだけ笑っていただけるところがある。 それが理由かな。 みなさん精神的にキツい局面なので、夢みたいなセレブ生活なんて見たくないのかもしれませんね。 」と語った。 『』の題名はの漫画『』をもじったものであると言われていたが作者本人はこれについて「よりぬき毎日かあさん」内のインタビューにて否定している。 文章担当者(、、、、ら)と共著扱いになっている書が多数存在する。 『』では男女差別と思われる表現もあった。 また、「私は悪くない」という言葉を「」と表現した。 自画像 [ ] 作品内の自画像は度々変化している。 初期の頃はおかっぱ頭に黄色のシャツと赤いスカート姿だったが、『まあじゃんほうろうき』では麻雀に負けると羽をむしられた鳥の姿に変身し、『鳥頭紀行ジャングル編』辺りからを穿きを首に巻いた土木作業員のような格好になった。 『鳥頭紀行 くりくり編』にてで出家して以降は坊主頭(髪は前髪の一房のみ)と修行衣姿になる(この姿は、本人によれば読者から「腐った」と投書が来るほど不評だったらしい )。 そして2児の母となった現在は、お団子頭を玉かんざしでまとめにサンダル履きという「古き良き時代の庶民的おかん」というべき格好をしている(扮する『』のと、扮するお米ばあさんを、モデルにしているという)。 ただし毎日新聞で『毎日かあさん』を連載開始してからは、著作権の関係から新たな作品ではこの割烹着スタイルは使用されておらず、2007年〜2009年連載の『西原理恵子の太腕繁盛記』以降では「おかっぱ頭で首に手ぬぐい、黄色のシャツと青スカート」という自画像になっている。 人物 [ ] 同年齢の親友であるの、のとともに「熟女」を名乗り、トークショーなどの活動を行っている。 また、「熟女キャッツアイ」はともに院長のとの親交が深く、高須の支払いで食事や旅行などしている。 高須の私財を基に設立された高須克弥記念財団においては、西原が理事長に就任している。 2012年10月11日発売の『女性セブン』では高須克弥との対談において、高須の妻の死去後、2年間にわたって「交際」していることを明らかにした(知り合ったのは10年前という) [ ]。 2018年8月より、高須とは事実婚の関係にある。 敢えて入籍せず事実婚を選んだ理由として高須は「籍を入れると何かあった時に全部不倫と言われる」と述べており、西原もこの考え方に賛成している。 2012年2月まで、の夕方帯番組『』に、同番組のスポンサーである高須克弥とともに出演していた。 同番組では高須、西原、ののそれぞれの頭文字より「TSJお稽古クラブ」と題したレギュラーコーナーを持ち、毎週出演をしていた。 しかし、に出した際、の清掃業者に関する本を酷評し、さらにには、ど真ん中にの花が描かれている本の表紙を見て「牡丹ど真ん中、ど真ん中」と失言。 その結果、5時に夢中! を降板させられた。 この降板の件で、本人が「大ファン」というの一面記事に載り「人生最良の日を迎えられました」とでコメントしている [ ]。 幼少より映画鑑賞を好み、自身の作品が映画化される際はほぼをしている。 同郷であるの訃報に際し、毎日新聞2013年10月20日号の「毎日かあさん」で追悼の意思を表しており、その中で「自身のサイン会にて、不機嫌だった子供に対しのイラストとやなせたかしのサインを勝手に書いてプレゼントしたことがあり、そのことをやなせに対して話すと「いいよ、ぼくも売れないころのサイン描いてたから」と承諾された」というエピソードを紹介した。 子供は前夫の鴨志田との間に一男一女がいる(二人は西原の漫画にもしばしば登場する)。 西原と高須が共に朝帰りする様子を『フライデー』に掲載された際は「息子たち公認」と書かれたが、息子曰く「んなもん誰も認めてねーよ」とのこと。 ただし「何としてでも漫画家になるんだという不屈の精神は尊敬している」とのことで、家族仲は悪くない。 但し長女とは疎遠になりつつあり、約2年間会話をしていない、と自著に描いている。 作品リスト [ ] 叙情派 [ ]• きみのかみさま 無頼派(ギャンブル関係) [ ]• 定本何を切る!? (ととの共著)• (との共著)• (同)• (同)• (同)• (1)-(3)(同)• たぬきランド・ネオ(同)• たぬきランド・ひふみ(同)• パチンコの王道(同)• 麻雀で食え-山ちゃん麻雀カッパギ指南(同)• 麻雀で食え!! おかわり(同)• たぬきの皮算用(同)• たぬきの皮算用2(同)• たぬきの明細票(同)• 高田馬場の三馬鹿物語(同)• 迷って選んだ答えは必ず間違い(同)• ジャングル編• 鳥頭紀行 くりくり編• 鳥頭紀行 ぜんぶ• 鳥頭対談(との共著)• 怒濤の虫• できるかなリターンズ• できるかなV3• できるかなクアトロ• できるかなゴーゴー! できるかなロワイヤル• 営業ものがたり• 共著 [ ]• 鳥頭対談(との共著)• 『静と理恵子の血みどろ絵日誌』シリーズ(との共著 単行本版: 文庫版:)• アホー鳥が行く• それがどうした 2002年双葉社刊後 2005年角川文庫• ぜんぜん大丈夫• たまりませんな• どうにかなるか• なんでもありか• 1-3(との共著)• はじめてわかる国語(との共著)• いやでも楽しめる算数(清水義範との共著)• おもしろくても理科(清水義範との共著)• もっとおもしろくても理科(清水義範との共著)• どうころんでも社会科(清水義範との共著)• もっとどうころんでも社会科(清水義範との共著)• 飛びすぎる教室(清水義範との共著)• (との共著)• アジアパー伝シリーズ(との共著)• (、西原はイラスト担当)• 独断流「読書」必勝法(清水義範との共著)• の明るい悩み相談室シリーズ(イラスト担当の一人として参加)• 定本何を切る!? (片山まさゆきと馬場裕一との共著)• ご存知! 銀玉親方・山ちゃんのパチンコかっぱぎ講座(との共著)• 銀玉親方のパチンコ絶対必勝法!! (同)• 銀玉親方のパチンコカッパギ道場!! (同)• 銀玉親方のパチンコが3日で勝てる本!! (同)• 続・銀玉親方のパチンコが3日で勝てる本(同)• 最新版・銀玉親方のパチンコが3日で勝てる本(同)• 銀玉親方のCR機パチンコが3日で勝てる本(同)• 銀玉親方の新・CR機パチンコが3日で勝てる本(同)• サイバラ式(同)• デカピンでポン!! (同)• どばくちさいゆうき(同)• サクサクさーくる(同)• カモネギ白書(同)• たぬきランド(1)-(3)(同)• たぬきランド・ネオ(同)• たぬきランド・ひふみ(同)• パチンコの王道(同)• 麻雀で食え-山ちゃん麻雀カッパギ指南(同)• 麻雀で食え!! おかわり(同)• たぬきの皮算用(同)• たぬきの皮算用2(同)• たぬきの明細票(同)• 高田馬場の三馬鹿物語(同)• 迷って選んだ答えは必ず間違い(同)• タイ怪人紀行(、との共著、西原はイラストを担当)• ベトナム怪人紀行(同)• インド怪人紀行(同)• ベトナム乱暴紀行リバイバル(同)• ばらっちからカモメール(同)• カモちゃんの今日も煮え煮え(鴨志田穣との共著)• わらしべ偉人伝!(ゲッツ板谷との共著)• バカの瞬発力(同)• 許してガリレオ!(同)• 情熱チャンジャリータ (同)• 板谷バカ三代(同)• やっぱし板谷バカ三代(同)• 板谷遠足!(同)• 妄想シャーマンタンク(同)• 西原理恵子X月乃光司のおサケについてのまじめな話 アルコール依存症という病気(との共著)• あるこーる白書(との対談。 協力、)• 週刊とりあたまニュース 最強コンビ結成! 編(との共著)• とりあたまJAPAN 日はまた昇る! 編(同)• とりあたま帝国 右も左も大集合! 編(同)• とりあたま大学 世界一ブラックな授業! 編(同)• とりあたまGO モンスター襲来! 編(同)• とりあたま炎上 忖度無用のチキンレース! 編(同)• とりあたま元年 最凶コンビよ永遠に! 編(同) その他書籍 [ ]• 西原理恵子の太腕繁盛記 FX編 青山浩とのFX体験記• 西原理恵子のおくられてうれしくないポストカード(カラーポストカード集)• 西原理恵子のやっぱりおくられてうれしくないポストカード(カラーポストカード集)• サイバラ貼り倒しシールブック• サイバラ茸1-8(共著等より西原の作品部分のみを抜粋し編集)• 西原理恵子の人生一年生1-2(単行本版と、『できるかなクアトロ』に収録された連載版がある)• いけちゃんとぼく(絵本。 で「絶対に泣ける本第1位」に選ばれた)• 毎週かあさん(ので毎週配信されたカットを編集)• (自叙伝的エッセイ)• 1-8()• おとうさんとおかあさんのけんか 絵本)• それはちょっといやだ(に連載された4コマ漫画。 「できるかな」他、収録)• サイバラ絵日記(『静と理恵子の血みどろ絵日誌』シリーズ〈週刊大衆連載コラム「それでもアホー鳥が行く 」編集本〉の続編で、コラムから西原のカット部分のみを編集して収録) 2012年 双葉社• 生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント、文春新書• いいとこ取り!熟年交際のススメ(新潮社)• (ビッグコミックスペリオール)• と西原理恵子の「ネコノミクス宣言」 週刊SPA! コンピュータゲーム [ ]• さいばらりえこのまあじゃんほうろうき(より発売された用ソフト。 麻雀ゲーム)• 雀牌遊戯'99たぬきの皮算用(より発売された用・パソコン用ソフト。 麻雀ゲーム。 カマ友サトちゃんサイバラ作品第1弾。 ファミ通初の麻雀ゲーム殿堂入り作品。 売上10万本以上。 後にNECインターチャネルよりPC版も発売。 麻雀鳥頭紀行(より発売された用ソフト。 麻雀ゲーム。 カマ友サトちゃんサイバラ作品第2弾。 ゲームなのにカラー原画100点超…西原曰くダマサレタ…。 麻雀鳥頭紀行読本(より発売された用ソフトの攻略本。 カマ友サトちゃん企画。 攻略本と言うよりは原画集。 ゲッツと鴨ちゃんの対談付き)• 西原理恵子の殿堂麻雀(より発売された用ソフト。 麻雀ゲーム。 カマ友サトちゃんサイバラ作品第3弾) テレビアニメ [ ]• (キャラクターデザイン 絵コンテ・演出:)• 第79回「小さな栃の実」(2013年)• 第120回「一休さんの虎退治」(2014年) 出演 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年2月) テレビ [ ]• (、木曜日)2012年3月で急遽降板 CM [ ]• 映画 [ ]• (2007年、) - 保育園の保母さん 役• いけちゃんとぼく(2009年、) - 親戚のおばさん2 役• 女の子ものがたり(2009年、IMJエンタテインメント、) - みさの近所のおばさん 役• パーマネント野ばら(2010年、) - 美容院専用ヘアカタログ「美人・ヘアカタログ」のモデル 役• 上京ものがたり(2013年、) - ビル清掃のおばさん 役 演じた俳優 [ ]• (声) - 『』((平成21年) - (平成24年)、テレビアニメ) 役名:鴨原理恵子• - 『』((平成22年)、ドラマ)役名:相原絵里子• - 『』(2010年、映画)役名:園田由紀• - 『』((平成23年)、映画)役名:サイバラリエコ• (高校生以降)、 (子役)-『人生は「サイテーおやじ」から教わった』(、ドラマ) 役名:西原理恵子• (声) - 『』(2017年、) 関連項目 [ ]• - 題字とタイトルバックのイラストを担当し、最終回に路上イラスト描きの役で出演• - 番組サポーターとしてコメンテーター出演• 参考文献 [ ]• 『 詩と批評 特集 西原理恵子』 青土社、2006年7月号• ライブドアニュース 2016年9月25日. 2016年9月26日閲覧。 『この世でいちばん大事な「カネ」の話』西原理恵子(ユーメイド 2011年5月)• 2013年4月16日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2016年6月1日. 2016年6月1日閲覧。 産経新聞社. 2017年7月24日. 2017年11月18日閲覧。 西原理恵子の人生画力対決• MOVIE collection• 『いやでも楽しめる算数』(引用元『サイバラ茸2』P212)より。 このカットの次の回から「母さん姿」に自画像が切り替わっている。 『できるかなゴーゴー! 』の「芸術編」(2010年掲載)以降や『週刊とりあたまニュース』、『西原理恵子の人生画力対決』でも途中から似顔絵が「割烹着」から「青スカート」に切り替わっている。 「社会貢献活動」『』高須克弥記念財団。 ORICON STYLE 2013年7月12日. 2016年3月20日閲覧。 ・2014年9月19日• 2014年7月現在、週刊大衆での連載名は『作家の遊び方』(コラムから伊集院の文のみを抜粋して編集した本の題名)となっている• 外部リンク [ ]• - 公式サイト• - ブログ• - 第1・3日曜掲載分を転載• () - メールマガジン.

次の

西原理恵子、元夫・鴨志田穣の壮絶アルコール依存症との戦い!

西原 理恵子 生い立ち

「ぼくんち」~サイバラ漫画の魅力炸裂!二太の黒目に宿る"狂気" このマンガが目に入らぬかっ!- 漫画のネタバレ・レビューサイト 【西原理恵子さんの代表作「ぼくんち」はサラリとド底辺】 西原理恵子マンガ、 「ぼくんち」。 この漫画は、 壮絶な生い立ちと過去を持つ知人に勧められて読んだものです。 この知人が勧めてくれなかったら、私はこのマンガを読むことはなかったかもしれない。 苦労人であるその知人いわく、 「生きるのが辛かった自分には、 この漫画はとてもリアル」 だそう。 育った環境が、 自身のそれと重なるんだそうです。 作者である西原理恵子さんも、自身の幼少期の育った環境をもとに この「ぼくんち」を描かれたそうです。 ただ私には、この漫画の設定を、 とても身近に感じることは出来なかった。 私は生まれ育ちにそれほどまで不自由がなく、 幼少時にものすごく苦労した覚えがないんですね 後天的な苦労は人並みに・・・?。 私はこの知人から、おそらく ひどく憎まれていました。 理由は、 「恵まれた家庭に育った人間特有の甘さを持っているから」。 確かに私は、甘い人間だという自覚があります。 なので、苦労人であるその知人から、 そんなふうに言われてしまう気持ちも分からなくもない。 だけど、生まれ育ちなんて自分では選べないし、どうしようもないこと。 申し訳ないけど、その知人から向けられた憎しみに対して、 私には、何も言えることはありません・・・。 (冷たい人間ですね、私) 【底辺の汚い町の中にある、ヒトの普遍的要素】 さて、世の中を 斜めに見ている人にとって、 この「ぼくんち」という漫画は、 ひどく心地よいもののようです。 暮らしとしては正直言って ド底辺(言い方が悪いですね、すみません)、 だけど 残酷なほどに明るく素直な性格の二太が、この漫画の主人公です。 「ぼくんち」は、鬼ババのような母ちゃんと、 水商売の「かの子」姉ちゃんと、優しい「一太」兄ちゃん、 そしてボク 二太 、という家族構成です。 父ちゃんは 冒頭から不在です。 しかもこの兄弟3人、 全員父親が違う。 3人の父親は蒸発したのか、どこかで野垂れ死んでいるのか、見当もつかない。 でも、それが 当たり前の暮らしなんです。 だから、 みんな明るい。 男たちは犯罪に巻き込まれて行方をくらますのが当たり前。 女は男に捨てられ、水商売にいくのが当たり前。 そんな田舎町のお話です。 不衛生で食べるものも少ないけど、 二太は淡々と自分の人生の状況を把握し、それを 楽しんで生きています。 いつも笑ってる二太。 私は、この二太の笑顔に 狂気を感じる。 なぜか、ものすごく怖い。 人生の虚無をすべて見透かしているようなところが・・・。 かつて 蒸発していた、体を売る「かの子」姉ちゃんは、 いいにおいでキレイで優しい。 でも、 ものすごく強い。 雑草のようなしぶとさがあります。 西原理恵子さんて、こういう 掃き溜めの中の無邪気さ こう表現してよいかどうか を描くのが 天才的に上手です。 最初読んだときは、かなりショッキングでした。 絵はかなり 書きなぐり系(?)、 だけど 妙に味があって、続きを読まずにはいられませんでした。 自分には遠い設定の物語。 なのに、この泥に埋もれたような暮らしの中に、 誰にでも共通する人の本質みたいなものを垣間見ることができる。 機会があれば、ぜひいろんな人に読んでみて欲しいです。 主人公・二太の フシアナのような黒目が、どこか恐怖です。 「じつは感情を持ってないのかも・・・?」と思いたくなる表情。 でも、 たくましい。 そして 明るく強いんです。 小さなことに悩んでいる人にこそ読んで欲しい サイバラ漫画です。 598• 155• 117• 113• 132• 108• 106• 162• 115• 218• 100• 345• 190• 121• 111•

次の