女装 いらすとや。 素材サイト「いらすとや」に新イラスト「TRPGをしている人たち」「クトゥルフ」「ダークエルフ」などが登場

素材サイト「いらすとや」に新イラスト「TRPGをしている人たち」「クトゥルフ」「ダークエルフ」などが登場

女装 いらすとや

今回紹介するのは、が投稿した『』という動画。 再生数は5. 9万回を超え、「作ってみた」カテゴリランキングで最高で1位を記録しました。 投稿者メッセージ(動画説明文より) ビート板! ビート板! Twitterで話題になっていたので、作ってみました。 「火星で発見されたパンドラボックスが引き起こしたスカイウォールの惨劇から十年。 我が国は、東都、西都、北都の三つに分かれ、混沌を極めていた!」 パンドラボックスと宇宙服のイラストがガッチリとハマっています。 下から迫り上がるスカイウォール。 イメージそのままですね。 ゴリラモンドのフォームチェンジです。 背景のイラストのチョイスが絶妙です。 様々なカラーを演出して、ペットボトルがまるでフルボトルのように見えます。 イラストの動かし方がさらに再現度を高くしています。 「勝利の法則は決まった!」 たしかに仮面ライダービルドの決めポーズに見えます。

次の

ムロツヨシ Instagramで女装姿

女装 いらすとや

他の方のコメントにある通りたまに口調や呼び方などが原作通りでなかったり作風の影響(勢いのあるギャグテイストだったり、ちょっと皮肉な応酬を楽しむ作風だったり)でキャラクターが原作とは少し違う性格であったりというのはありましたが、漫画家さんが一度はヘタリアを読んでいるというのは分かりましたし、アンソロジーですので個人的には気にならない範疇でした。 また、プロの漫画家さん全員がヘタリアのファンであるという訳ではないので、細かいキャラ設定の把握を求めるのは酷であると感じました。 作風の影響を除いてもキャラや口調が迷走しがちだったのは日本とフランスかな? 完璧に原作通りを求めるならばアンソロジーの購入はやめておいた方がいいかもしれません。 次に、腐要素ですが、他のコメントの方はあると言っているようですが原作以上の特にそういった表現は感じられませんでした。 読んで数ページとおっしゃっているので鳥屋さんのドイツとイタリアの仲直りのエピソード(仲直りするときにイタリアがドイツに「大好きだよ!」と言っている)かな?と思うのですが…。 ドイツとイタリアは主人公と準主人公(?)なだけあってエピソードも多く仲が良い描写はありますが、原作とそれほど変わらないと思います。 どんなに深読みしても腐かな?と思えるシーンはそこしかなかったので、上述のエピソードがダメそうな方はやめておいた方がいいかもしれません。 また、他の方が日本の女装があると書かかれていますが正確には女装ではないですし、その作家さんは男性なので腐のような意図はないと思います。 このアンソロジーは腐要素についてはないと言っていいと思うので、私は安心して見ていられました。 連合の中の内訳はイギリス>フランス=アメリカ>ロシア>中国ぐらいです。 北欧やルーマニア、ギリシャなどは出ていましたが中国含めアジアキャラ(香港など)は一回も出ていなかったような気がします…。 まとめると、プロの漫画家さんが原作のような軽いコメディタッチで二次創作してくれた枢軸中心アンソロジー、というような感じです。 私は楽しめました。 何より腐要素がなくプロの漫画家さんがヘタリアを描いてくださったということがとても嬉しかったです。 表紙と中表紙 表紙とは別絵・キャラはイタリア一人 が原作者の日丸屋秀和先生の描きおろしでAmazon. 執筆者は普段、ヘタリアで二次創作されている方ではなく現役の漫画家さんだそうなのでやはり多少キャラの違和感はあるかと思います。 どこからが腐というのは個人の感覚なので言及しませんが元々男性キャラが多い作品ですのでやはり男性だけのエピソードが多いです。 ただ二人の世界なってるとか告白があるとかそういう事ではなく、ハグがあるくらいなので逆に別作品アンソロのような腐目当てで買うとガッカリしてしまうかも…?? また全体的に枢軸メインとはいえ、女子・北欧・連合中心の話もあり、なるべく色んなキャラを出そうという努力を感じました。 一つだけ、日本さんの女装っぽい物があるので注意と思いましたが…原作でも女装してたので別段問題ないのかな…?? 最後の方に日丸屋先生のコメントもあり、アンソロを好意的に感じてらっしゃるようでしたので二次創作に抵抗がなければ読んでみてもいいのではないのでしょうか? 私個人としては もちろん全ての作品楽しませて頂きましたが いらすとやさんのヘタリアを見る機会を頂けたのが…とても嬉しかったです^^ 小さい事ですが、口調、二人称、イタリアのくるんの位置などの間違いが多く、ファン歴長い自分にとっては目も当てられない…とまではいかないですが、やっぱり「いやそこは違うだろ」と突っ込みたくなる部分が多々。 「ヘタリア」「公式」の肩書があればとりあえず売れるだろうという魂胆なのかな。 腐要素は気になりません。 「大好き」発言程度は原作にもありますし、そもそも原作はそれ以上に腐っぽい描写もあるので今更騒いでる人はよほど神経質で繊細な人か、ヘタリアをよく見ていない人くらいでしょう。 とはいってもやっぱり現役の漫画家さんが描いてらっしゃるだけあって、全体的に作風にムラやレベルの差はありますがまあまあ面白いです。 ヘタリアを最近知って、とりあえず見てみたいという方にはおススメします。 …が、ファン歴の長い方、キャラに対する思い入れやこだわりの強い方、クオリティ高い二次創作を見続けた方、などなど目の肥えたファンにはおススメしません。 久々のヘタリア本、好きではないアンソロということで迷いました。 ファンとして買い逃すことも出来ませんので購入。 おそらく描いてらっしゃる方々は豪華なのだとは思います。 ただ、口調やキャラに公式と言ってるだけあって大変違和感を感じてしまいました。 本家を知ってる人たちなのか?と。 もちろん全てではありませんが。 そして、根本に根付く腐。 元々そう取れる部分も多い作品ではありますが、すべてのファンが腐ではありませんので考慮していただきたかったです。 数ページ読んでもう嫌になりました。 最新作がこんな本でとても残念に感じてしまいました。 とても買わなければよかったと思っています。 ヘタリアを10年近く愛してる身としては今回は受け入れられず悲しい思いです。 アンソロ、もう少し度胸をつけてから買うべきでした。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b. t-s[c-1]. pop ;B.

次の

この中で「いらすとや」に“ありそうでない”イラストはどれだ? 思った以上に難易度の高い選択肢に「4つは存在するのか…」「むしろなんであるんだ」の声

女装 いらすとや

他の方のコメントにある通りたまに口調や呼び方などが原作通りでなかったり作風の影響(勢いのあるギャグテイストだったり、ちょっと皮肉な応酬を楽しむ作風だったり)でキャラクターが原作とは少し違う性格であったりというのはありましたが、漫画家さんが一度はヘタリアを読んでいるというのは分かりましたし、アンソロジーですので個人的には気にならない範疇でした。 また、プロの漫画家さん全員がヘタリアのファンであるという訳ではないので、細かいキャラ設定の把握を求めるのは酷であると感じました。 作風の影響を除いてもキャラや口調が迷走しがちだったのは日本とフランスかな? 完璧に原作通りを求めるならばアンソロジーの購入はやめておいた方がいいかもしれません。 次に、腐要素ですが、他のコメントの方はあると言っているようですが原作以上の特にそういった表現は感じられませんでした。 読んで数ページとおっしゃっているので鳥屋さんのドイツとイタリアの仲直りのエピソード(仲直りするときにイタリアがドイツに「大好きだよ!」と言っている)かな?と思うのですが…。 ドイツとイタリアは主人公と準主人公(?)なだけあってエピソードも多く仲が良い描写はありますが、原作とそれほど変わらないと思います。 どんなに深読みしても腐かな?と思えるシーンはそこしかなかったので、上述のエピソードがダメそうな方はやめておいた方がいいかもしれません。 また、他の方が日本の女装があると書かかれていますが正確には女装ではないですし、その作家さんは男性なので腐のような意図はないと思います。 このアンソロジーは腐要素についてはないと言っていいと思うので、私は安心して見ていられました。 連合の中の内訳はイギリス>フランス=アメリカ>ロシア>中国ぐらいです。 北欧やルーマニア、ギリシャなどは出ていましたが中国含めアジアキャラ(香港など)は一回も出ていなかったような気がします…。 まとめると、プロの漫画家さんが原作のような軽いコメディタッチで二次創作してくれた枢軸中心アンソロジー、というような感じです。 私は楽しめました。 何より腐要素がなくプロの漫画家さんがヘタリアを描いてくださったということがとても嬉しかったです。 表紙と中表紙 表紙とは別絵・キャラはイタリア一人 が原作者の日丸屋秀和先生の描きおろしでAmazon. 執筆者は普段、ヘタリアで二次創作されている方ではなく現役の漫画家さんだそうなのでやはり多少キャラの違和感はあるかと思います。 どこからが腐というのは個人の感覚なので言及しませんが元々男性キャラが多い作品ですのでやはり男性だけのエピソードが多いです。 ただ二人の世界なってるとか告白があるとかそういう事ではなく、ハグがあるくらいなので逆に別作品アンソロのような腐目当てで買うとガッカリしてしまうかも…?? また全体的に枢軸メインとはいえ、女子・北欧・連合中心の話もあり、なるべく色んなキャラを出そうという努力を感じました。 一つだけ、日本さんの女装っぽい物があるので注意と思いましたが…原作でも女装してたので別段問題ないのかな…?? 最後の方に日丸屋先生のコメントもあり、アンソロを好意的に感じてらっしゃるようでしたので二次創作に抵抗がなければ読んでみてもいいのではないのでしょうか? 私個人としては もちろん全ての作品楽しませて頂きましたが いらすとやさんのヘタリアを見る機会を頂けたのが…とても嬉しかったです^^ 小さい事ですが、口調、二人称、イタリアのくるんの位置などの間違いが多く、ファン歴長い自分にとっては目も当てられない…とまではいかないですが、やっぱり「いやそこは違うだろ」と突っ込みたくなる部分が多々。 「ヘタリア」「公式」の肩書があればとりあえず売れるだろうという魂胆なのかな。 腐要素は気になりません。 「大好き」発言程度は原作にもありますし、そもそも原作はそれ以上に腐っぽい描写もあるので今更騒いでる人はよほど神経質で繊細な人か、ヘタリアをよく見ていない人くらいでしょう。 とはいってもやっぱり現役の漫画家さんが描いてらっしゃるだけあって、全体的に作風にムラやレベルの差はありますがまあまあ面白いです。 ヘタリアを最近知って、とりあえず見てみたいという方にはおススメします。 …が、ファン歴の長い方、キャラに対する思い入れやこだわりの強い方、クオリティ高い二次創作を見続けた方、などなど目の肥えたファンにはおススメしません。 久々のヘタリア本、好きではないアンソロということで迷いました。 ファンとして買い逃すことも出来ませんので購入。 おそらく描いてらっしゃる方々は豪華なのだとは思います。 ただ、口調やキャラに公式と言ってるだけあって大変違和感を感じてしまいました。 本家を知ってる人たちなのか?と。 もちろん全てではありませんが。 そして、根本に根付く腐。 元々そう取れる部分も多い作品ではありますが、すべてのファンが腐ではありませんので考慮していただきたかったです。 数ページ読んでもう嫌になりました。 最新作がこんな本でとても残念に感じてしまいました。 とても買わなければよかったと思っています。 ヘタリアを10年近く愛してる身としては今回は受け入れられず悲しい思いです。 アンソロ、もう少し度胸をつけてから買うべきでした。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b. t-s[c-1]. pop ;B.

次の