犬 アトピー 性 皮膚 炎。 犬のアトピー性皮膚炎の症状と予防対策、アトピー治療を獣医が解説

犬のアトピー性皮膚炎について ~症状や原因、治療法から予防法まで~

犬 アトピー 性 皮膚 炎

犬のアトピー性皮膚炎とは 犬のアトピー性皮膚炎とは、アレルギーの原因となる「アレルゲン」というものが、犬の皮膚や呼吸器を通して体内に侵入してしまい、おこる病気(皮膚炎)です。 アレルゲンが犬の粘膜や皮膚から侵入して、 「IgE抗体」という物質の放出をします。 そのIgE抗体は 肥満細胞とよばれている細胞の表面に付着して、次から入ってくるアレルゲンを待っています。 そのアレルゲンが侵入してきた所で、肥満細胞から 生物活性物資を放出していきます。 (これを、「脱顆粒」(だつかりゅう)といいます。 ) 放出された生物活性物質が血管に作用すると、「血圧低下」「血管透過性の亢進」という反応を起こしてしまい、その結果「血流が促進されます」。 血の巡りがよくなるだけならよいのですが、過度に血流が促進されてしまうため、体内に異常がおき、結果として、皮膚のかゆみ、呼吸器官の異常(咳、呼吸異常)など、様々な異常が起こります。 これを、「アレルギー反応」といいます。 生活環境を清潔にすること これが、一番大切な予防方法になります。 アトピー性皮膚炎を完全に予防することは、難しいので、毎日の生活環境の掃除をし、清潔を心がけていきます。 しかし残念ながらアトピーの場合には環境を清潔に保つだけでは痒みをコントロールできない場合もたくさんあります。 「アレルギーのコップ」という考え方があり、このコップの中に「ノミ」「食事」「花粉」などの痒みの原因になるものを入れていってあふれなければ痒みが出ないが、あふれてしまうと痒みが出るという考え方です。 アトピーの原因の中には頑張ってもコントロールできないものもありますが、「ノミ」「ハウスダスト」「食事」などある程度コントロール可能なものもあります。 コントロールできるものはできるだけ頑張って取り組み、コップの中に入る痒みの原因を減らしていきましょう。 そうすることで痒みが少しでも減っていくかもしれません。 アレルギー検査を行う アレルギーの検査をすることによって、「何に対して、アレルギー反応を起こしているのか」が分かります。 動物病院で、詳しく検査するとよいでしょう。 また、アレルギー症状が「いつ」「どこで」おきるのかが、ポイントになります。 外に行った後に症状がでる• 季節によって症状がでる• 自宅内にいる時に症状がでる などの項目を日ごろからチェックしておきましょう。 アレルギーの検査方法• 【抜毛検査】カビやカイセンダニなど、毛根の状態を検査。 【血液検査】アレルゲンを一つ一つ調べることができる検査。 (例:ヨモギ・ニホンスギ・ヤケヒョウダニ・コナヒョウダニなど)• 【試験的イベルメクチン検査】カイセンダニの除外診断をするための検査。 【スタンプスメア検査】病変した部分をガラスに擦り付けて、染色液で染めてマラセチアや細菌を顕微鏡で調べる検査。 おすすめの犬のアトピー予防グッズ さて、アトピーの予防方法で一番重要なことは、生活環境を清潔にすることですが、わんちゃんの皮膚を清潔に保つために具体的にどのような方法があるのでしょうか? もちろん、お風呂に入れてシャンプーをしてあげることが重要ですが、あまり頻繁にシャンプーを行うと、かえってわんちゃんの皮膚を傷つけてしまい逆効果になってしまうこともあります。 そこでオススメしたいのが、ペット専用化粧水『AVANCE』です。 このAVANCEは、人間の化粧品を開発するメーカーが「わんちゃんにも安全なスキンケアを!」という愛犬家の声に応えて開発した、 ペット専用の化粧水です。 アトピーになってしまうと、強烈な痒みが発生し、大切な愛犬がとてもつらい状況になってしまいます。 (それを見ている飼い主さんもとてもつらいです…) そうなってしまう前に、ぜひわんちゃんにも肌ケア用品を活用して、日頃から清潔な肌を保ってあげましょう! 体質的に合う合わないがありますので、初めて使用するときには小さな範囲で試し、問題がなければ全体的に使うようにしましょう。 愛犬のシーズーもアトピー性皮膚炎で幼少期からずっと病院でお世話になっています。 この記事でも書かれているように、アトピーはハウスダストなど日常生活で完全に排除することが出来ないものに対してアレルギー反応を起こしています。 私自身も子供の頃からずっとアトピーで悩まされてきたので愛犬の気持ちがすごくわかります。 アトピーは完治することがほぼない皮膚病なので、どのようにアトピーとうまく付き合っていくかが大切だと思います。 ステロイドは投与してすぐは痒みが治まりますが、完治したわけではないので一時のことです。 私の愛犬はステロイドはほぼ使わず、家を清潔に保ち、寝床は定期的に洗濯、1週間に2度動物病院で買っている保湿成分の高いシャンプーで洗い皮膚を清潔に保つことでかなり落ち着きました。 日々のケアが大切な病気だと思います。 アトピー性皮膚炎では、シャンプーによるスキンケアはとても重要です。 アレルゲンや皮脂を取り除いたり、マラセチアをコントロールしたり、保湿をしたり。 アトピー性皮膚炎は、マラセチアなど二次感染を伴っていたり、アレルゲンとなるハウスダストが増える梅雨から夏にかけて症状が悪化します。 ですから、病院などで処方される専用の薬用シャンプーを使い、通常の健康的な皮膚をしているワンちゃんより短いペースでシャンプーをしていくことになります。 アトピーは完治することが難しい皮膚病なので、日頃から衛生面に注意しておかなくてはなりません。 我が家の愛犬シーズーはアトピーではないのですが、高齢になって皮膚のバリア機能が低下しているので、いつ何がきっかけで皮膚炎を起こしてしまうかわからないです。 心臓病の薬の影響で水をよく摂るようになったのですが、皮膚は乾燥してフケが見られます。 たまに痒がることもあるので、ひば油スプレーで対処しています。 適度に油分を与えると乾燥も緩和されるのでいくらか楽になるようです。 冬の特に乾燥が酷くなる季節はワセリンがとても効果的です。 夏でもエアコンで乾燥が酷くなることがあるので特に乾燥の酷い部分には、水で少しさらっとさせたワセリンを愛犬の皮膚にプレスしています。 たまにくしゃみをすることがあります。 花粉がやや苦手になってきたようなので、部屋の空気の入れ替えや愛犬の寝床の掃除洗濯を徹底して行うようにしています。 うちの息子がそんなに重くはないのですが、アトピー性皮膚炎です。 アトピーは人間だけのものだと思っていたので、犬にもアトピーがあるなんて知りませんでした。 我が家の愛犬はトイプードルですが、今の所皮膚には問題が無いようです。 しかし、友人の飼っている犬はフレンチブルドッグなのですが皮膚がとても弱いと聞きました。 アトピーなのか分かりませんが、とにかく毎日あちこち掻きむしるというなので、いつもTシャツを着せているとのことです。 人間でもそうだと思うのですが、「痒い」というのは一番苦しいことですよね・・・。 痛みは動かなかったり、じっとしていれば耐えられるものだと思いますが、痒みはどうにかしない限りずっと続くので精神的にもイヤになってきますよね。 ワンちゃんの環境をきちんと整えてあげて、痒みからも逃してあげたいものですね。 我が家の愛犬はアトピーではないのですが、年齢や病気による抵抗力などの低下や普段マナーベルトをつけていますので、お腹周りや背中など定期的に湿疹や炎症が起きてしまっています。 なので皮膚の炎症や痒みをどうにかしてあげたいと思い、こちらの記事を読みました。 今現在問題なくともアトピーになってしまう事もあるんですね・・外耳炎なんかは、なりやすい犬種なら特に気をつけてあげないと一度なると繰り返したり治療に時間もかかり根気がいると聞いたことがあります。 ペット用化粧水があるんですね。 知らなかったので使ってみたいなぁと思いました。 普段は蒸しタオルで身体をまめに拭いたり、無添加の竹酢液を薄めたものでお手入れしたり、シャンプーも低刺激の物でリンスも使うなどしています。 人でも痒みや炎症が起きると辛いですよね・・ワンちゃんは喋ることが出来ないので早めに気づいてあげることが大切ですね。 ブラッシングの時に皮膚の感じをチェックしたり、いつもと様子が違うところはないかなど見てあげることで異変に早めに気付くことができます。

次の

犬のアトピー性皮膚炎の原因・症状、治療、日常ケアのポイント

犬 アトピー 性 皮膚 炎

Contents• アトピー性皮膚炎の概要 アトピー性皮膚炎とはアレルギー性皮膚疾患の一つで、環境中の物質(アレルゲン)に対し主にI型(即時型)アレルギー反応を起こす疾患です。 症状の発現には遺伝的・環境的素因が関係していると考えられています。 この環境アレルゲンとして室内犬で最も多いのは、フケやダニ(コナヒョウダニなど)からなるハウスダストマイトです。 アトピー性皮膚炎の好発犬種 アトピー性皮膚炎の好発年齢は3歳以下の若齢犬で、フレンチブルドッグ、柴犬、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ミニチュアシュナウザーなどが好発犬種として挙げられます。 アトピー性皮膚炎の症状 アトピー性皮膚炎の皮膚症状は食物アレルギー性皮膚炎と非常に類似します。 皮膚症状の好発部位は指の間、脇、鼠径部、肛門、口唇周囲、外耳であり、発赤と強い痒みを特徴的としています。 2次的な脱毛、細菌や真菌感染を伴う場合も多く、その場合は皮膚にかさぶたや出血も見られます。 アトピー性皮膚炎の診断 アトピー性皮膚炎の診断をするためには、まず外部寄生虫(ノミ、疥癬、アカラス、ダニ)、細菌、真菌感染を除外します。 これらの病気が認められない、または細菌感染などがあっても再発する場合は基礎疾患としてアレルギー性皮膚疾患を疑うことになります。 さらにアレルギー性皮膚疾患のうち、接触性皮膚炎、ノミアレルギー性皮膚炎、食物アレルギー性皮膚炎を除外した場合にアトピー性皮膚炎を強く疑うことになります(食物アレルギー性皮膚疾患の除外方法に関してはこちらを参照にしてください)。 アトピー性皮膚炎のみを特異的に診断することは難しいですが、以下の方法により診断率を高めることができます。 検査精度の問題により、食物アレルギー性皮膚炎とアトピー性皮膚炎を区別することが困難な場合も多いです。 血液検査によりアレルゲンを測定する方法 アレルゲン特異的IgE検査:アトピー性皮膚炎の主な原因となっている、IgE抗体反応(I型アレルギー)を調べることにより、原因物質を特定する方法です。 アトピー性皮膚炎の診断基準を適用する方法 アトピー性皮膚炎には2009年に提唱された診断基準があります。 初発年齢が3歳未満 2. 室内飼育犬 3. ステロイド製剤に反応する痒み(ステロイド投薬により治る痒み) 4. 初発時は皮膚病がなく、痒みのみが認められる 5. 前肢の病変 6. 耳介の病変 7. 耳介辺縁に病変が認められない 8. 腰背部の病変が認められない アトピー性皮膚炎の治療・予防法 アトピー性皮膚炎は環境中アレルゲンを完全除去することが出来ないため完治は困難な病気であり、コントロールも単一の方法では難しいことが多い病気です。 そのため、いくつかの治療・予防方法を組み合わせることにより皮膚症状をコントロールしていくことを目標とします。 主な治療は以下の3点を考慮し、いくつかを組み合わせて行います。 また、唯一の根本的治療方法として減感作療法というものがあります(後述)。 環境アレルゲンの回避 2. スキンケア 3. 痒みを抑える投薬 環境アレルゲンの回避 血液検査でアレルゲンが特定されている場合は、可能な限りアレルゲンを除去するように努めます(例:ハウスダストマイトがアレルゲンの場合、空気清浄機を使用するなど)。 定期的なシャンプーも、皮膚についた環境中アレルゲンを除去することができるため推奨されています。 スキンケア 低刺激シャンプーによる洗浄や、スキンケアに効果があるとされている必須脂肪酸サプリメントなどを服用します。 アトピー性皮膚炎だけでなく皮膚疾患の犬にシャンプーを使用する場合は、皮膚を傷つけないためにも必ず以下のことに注意してください。 お湯の温度は30-32度とし、熱くしすぎない。 薬用シャンプーは患部から塗布し、体全体に馴染ませた状態で指示通りの時間浸透させる。 毛を乾かす際にはドライヤーの温風は使用しない。 冷風またはタオルドライを心がける。 投薬 代表的な経口薬には、免疫抑制剤(ステロイド、シクロスポリン)やオクラシチニブなどがあり、副作用と症状を考慮して調節しながら使用します。 また、注射薬のインターフェロンなどが使用される場合があります。 減感作療法 減感作療法は上述の3つの治療方法と異なり、アトピー性皮膚疾患の作用機序に働きかける治療方法です。 成功した場合根治も可能になりますが、獣医学領域では未だに開発途上であり、対象となる環境中アレルゲンも限られています。 具体的には、環境中アレルゲンの暴露による症状を緩和するため、アレルゲンを少量から徐々に量を増やして投与することで、体をアレルゲンに慣れさせる治療法です。 獣医経験談 症例は、初発1歳半の耳介と鼠径部の痒みを主訴としていた柴犬の雄で、初診時には掻痒により両鼠径部の毛がほぼ存在しませんでした。 一般的な皮膚検査によって感染は認められず、アトピー性皮膚炎と食物アレルギー性皮膚炎の鑑別のために血液検査を行なったところ、アレルゲン特異的IgE検査によりコナヒョウダニに反応するIgE抗体を持っていることがわかりました。 その後飼い主様が減感作療法を希望されたため、最初は週に1回、次は2週間に1回と間隔をあけてコナヒョウダニ抗原が含まれている皮下注射をすることにより、半年後には他の治療なしに掻痒を完治させることができました。 この症例では減感作療法が非常に効果的でしたが、減感作療法を行なっても効果が十分に得られない症例も多くいるため、基本的には様々な治療法の組み合わせを獣医師との話し合いのもと行なっていくことが大切になります。

次の

アトピーでもペットは飼える?アトピーの原因と注意点 [アトピー性皮膚炎] All About

犬 アトピー 性 皮膚 炎

犬のアレルギー性皮膚炎とは アレルギーとは、体を守る免疫が特定の物質に過剰に反応している状態のことです。 アレルギーによって、皮膚に炎症やかゆみが引き起こされた状態を、アレルギー性皮膚炎といいます。 アレルギー性皮膚炎は生涯付き合っていかなければならない病気です。 遺伝的要因が疑われていますが、明確な因果関係は示されていません。 アレルギーを起こす特定の物質(抗原)をアレルゲンと呼びます。 アレルギー性皮膚炎の原因となるアレルゲンは、「食物に含まれるもの」と「環境中にあるもの」があります。 それぞれのアレルゲンにより、以下のように分けられます。 そのどちらか、または両方の反応により皮膚炎やかゆみが起こる場合が食物アレルギーです。 その場合は、より治療が複雑になるため、飼い主様の理解と協力が必要不可欠です。 犬のアレルギー性皮膚炎の症状 犬がアレルギー性皮膚炎になると、皮膚に炎症が起こり、かゆみを感じるようになります。 次のようなしぐさや症状が頻繁にみられた場合は動物病院へ行くようにしましょう。 <かゆみを感じている犬のしぐさ> ・体を舐める、かむ ・肢で体や頭をひっかく ・体を振る ・家具や床に体や頭をこすりつける など <犬のアレルギー性皮膚炎の可能性のある症状> ・皮膚の赤みや発疹 ・かゆみ ・脱毛 ・フケやかさぶた ・皮膚が脂っぽくべたべたする ・繰り返す外耳炎 など アレルギー性皮膚炎では、発疹や脱毛など皮膚状態の明確な変化より、かゆみが先行してみられることも多いです。 また、環境アレルゲンに反応する犬アトピー性皮膚炎になりやすい犬種があります。 <犬アトピー性皮膚炎の好発犬種> ・ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア ・柴犬 ・フレンチブル ・ブルドッグ ・シーズー ・ヨークシャー・テリア ・ゴールデン・レトリーバー ・ラブラドール・レトリーバー ・ボストン・テリア ・ミニチュア・シュナウザー ・ダルメシアン など 犬のアレルギー性皮膚炎の原因 アレルギーの原因には、「食物」「花粉や草木」「ハウスダストマイトの糞や死骸」「カビ」などがあります。 食物アレルギーと犬アトピー性皮膚炎を区別するために、どのアレルゲンに過剰に反応しているかを知ることは、非常に大切です。 アレルギー検査には、皮内反応検査、アレルゲン特異的IgE検査(血液検査)、リンパ球反応検査(血液検査)、アレルギー強度検査(血液検査)があります。 症状や治療反応、また検査費用などを相談して、どの検査を行うか決めていきます。 検査 検査内容 皮内反応検査 皮膚層の中に少量のアレルゲンを注射し、一定時間内に赤みや膨らみの程度によりそのアレルゲンに対するアレルギー反応を判定します。 アレルゲン特異的IgE検査 環境中や食物中にある40種類のアレルゲンに対する血清中のIgE抗体の濃度、または量を測定し、アレルゲンを特定します。 リンパ球反応試験 食物アレルギーのみに対応する検査で、リンパ球が過剰反応している食物中のアレルゲンを特定します。 アレルギー強度試験 皮膚炎を起こすリンパ球を血中から検出します。 アレルギーの有無や抗炎症剤(ステロイドなど)の使用を判断する指標になります。 これらアレルギー検査の血液検査は外部検査機関に依頼して行います。 採血から約1~2週間程度で結果を知ることができます。 また、皮内反応検査は動物病院が抗原を持っていなければ実施できないので、すべての動物病院で行う検査ではありません。 犬のアレルギー性皮膚炎の予防方法 アレルギー性皮膚炎は体質的なことが大きく関係するので、まだ発症していない犬に対する明確な予防方法はありませんが、どの犬も同じく予防等をしっかり行い、皮膚に異常が出れば受診することが大切です。 <いつもの生活で気を付けること> ・ノミ・ダニを含め、できる予防はしっかり定期的に行う ・皮膚や耳の状態を含め、全身をこまめにチェックする ・動物の仕草や行動を観察する ・皮膚を清潔に保つ ・生活環境を清潔に保つ ・良質のドッグフードを与える ・おやつを与えすぎない (おやつをあげた後の皮膚状態に注意) ・過度のストレスを避ける など 皮膚を考慮したフードは動物病院でも販売しており、サンプルをもらえる場合もあります。 また、単一のタンパク源を長期間食べているとそれに対し食物アレルギーになることもあるので、異なるタンパク源のフードをローテーションで与えるという方法もあります。 これについても、予防時などに獣医師に相談してみてください。 アレルギー性皮膚炎は、 ・季節性 ・皮膚症状の発生時期 ・部位 ・経過 ・食物(おやつなど) ・散歩ルート などに関連しているかの詳細が、診断や治療の上で大変重要になります。 日ごろの観察と把握を心がけましょう。 犬がアレルギー性皮膚炎になってしまったら 病院により異なりますが、アレルギーと診断するまでに多数の検査を行う必要があり、高額になることが多いです。 特にアレルギー検査は、すべて(アレルゲン特異的IgE検査、リンパ球反応検査、アレルギー強度検査)行うと、約4万円~7万円の費用がかかります。 アレルギーの治療はアレルゲンへの対策(除去・回避)が重要です。 アレルギー検査を行うと、検査時に体が反応しているアレルゲンがリストアップされるので、アレルゲン除去を行うための近道になります。 アレルギー検査を行わなかった場合は、一般的なフードでは使わない食物をメインにした療法食や、タンパク質を小さく分解して、アレルゲンと認識されにくくした療法食などを試します。 さまざまな会社からアレルギー対策のフードが発売されているので、獣医師と相談しながら犬にあったフードを選ぶようにしましょう。 また、アレルゲンとなる食材を除いた食事(除去食)に変更して、すぐに効果が出るわけではありません。 最低1カ月は除去食を続け、効果をみるようにしましょう。 アレルギー検査を行っていない場合、療法食に変えて症状が治まった後に、原因と思われるフードを再度食べさせて、皮膚炎が出るかみる除去食試験という方法もあります。 これは、食物アレルギーが原因の皮膚炎だったのか、どの食物が原因となっていたのか判断するために行います。 ただし、症状が治ればここまで行わない場合も多いです。 獣医師から除去食試験をすすめられた場合は、必要性をよく説明してもらい、相談しましょう。 除去食中は皮膚症状が悪化しないかよく観察し、家族全員が他のおやつやごはんを与えないことがとても大切です。 不意に落ちたものを食べてしまったとき、家族の誰かがフード以外のものをあげてしまったときは、 ・「いつ」「どのぐらい」食べてしまったか(ごく少量でも) ・症状の変化はあるか を把握し、次回診察時に必ず獣医師に伝えるようにしましょう。 アレルゲンが環境中のものだった場合は、完全に除去することはできません。 そのため、掃除をこまめに行い、季節性の草木に反応する場合は、季節によって散歩ルートを変える、散歩を控える、草むらに入らないなど、工夫が必要です。 そのため、アレルギー性皮膚炎の投薬における目標はかゆみを抑えることです。 かゆみや炎症を抑え、アレルギー反応の悪循環を止める目的で使用します。 ・内用薬:ステロイド、オクラシチニブ、シクロスポリンなど抗炎症剤 抗ヒスタミン薬 抗生剤、抗真菌(カビ)薬 ・外用薬:ステロイドのスプレー・軟膏など 消毒薬 内用薬でかゆみを抑える薬にはステロイド剤、オクラシチニブ、シクロスポリンなどが挙げられます。 それらの中から、症状の程度や長期使用の際の副作用、費用相談などを考慮し選択されます。 その他には、皮膚のバリア機能が低下し細菌感染を起こしている犬には抗生剤が処方されます。 また、かゆみや炎症を抗炎症剤で一度鎮静化した後に、初期のかゆみや炎症に関わるヒスタミンという物質を抑える抗ヒスタミン薬を使用する場合もあります。 アレルギーが季節性で症状が出る期間がわかっている場合は、事前に抗ヒスタミン剤を内服して症状を軽くするという方法もあります。 外用薬は皮膚症状が局所に出る場合に使用し、内用薬と組み合わせて使うことも多いです。 その他の治療としては徐々にアレルゲンを投与していき(液剤を注射する)体質改善を行う減感作療法(げんかんさりょうほう)やインターフェロンを使った治療もあります。 健康な皮膚と異なり、細菌や真菌(カビ)などに感染しやすくアレルゲンの影響を受けやすくなります。 そのときの皮膚の状態により、シャンプーの種類や頻度が決められ、保湿剤が追加されることもあります。 薬浴(薬用シャンプーで犬の体を洗うこと)を行っている動物病院もあるので、希望される方は相談してみましょう。 症状が軽度な場合やある程度症状が抑えられているときは、これらのスキンケアをしっかり行うことで、症状をコントロールしやすくなり、投薬量を減らせることもあります。 <スキンケアの種類と目的> ・シャンプー:皮膚上のアレルゲンや細菌、真菌の除去 ・保湿液:皮膚のバリア機能を整える ・サプリメント:皮膚のバリア機能を補助するオメガ3脂肪酸など(補助的治療) また、これ以外には、ノミ・ダニの定期的な予防を行うことも重要です。 アレルギー性皮膚炎はその犬の体質などによるもので、完治はしません。 対策できるところは対策し、工夫しながら気長に付き合っていきましょう。

次の