梅干し 作り方。 手作り梅干しのレシピ・作り方。初めてでも失敗しにくい!

【保存版】梅干しの作り方♪赤紫蘇漬けまでバッチリ伝授!

梅干し 作り方

作り方• 水気を切って竹串で梅のへたを除く。 黒い斑点の出た梅は捨てる。 清潔なふきんでよく水気をふく。 水気が残っていると、かびの原因になる。 梅、塩、梅、塩の順に重ねて詰める。 最後にやや多めに塩をふってシール ふた をする。 1日1~2回、容器をゆっくり回して塩を全体にゆきわたらせる。 こうすると梅酢の上がりがよくなる。 4~5日で白梅酢が上がる。 (6)• 赤じそが手に入るまで冷暗所で保存する。 赤じそは葉を摘んでよく洗い、水気を切る。 塩の半量をふって軽く混ぜ、しんなりしたらよくもんでアクを出す。 アクの出た汁を絞って捨て、残りの塩をふってもう一度よくもんでしっかり絞り、汁は捨てる。 鮮やかな色が出たらほぐす。 6 に 9 の赤じそを全体にかぶせるようにのせ、 9 の汁も加える。 全体に赤紫色の梅酢がまわるように時々ななめにし、シールをして冷暗所で保存する。 梅雨明けの晴天のときに梅を干す。 1日1回天地を返し、3~4日干したら梅酢に戻して保存する。

次の

梅干しの作り方は簡単です!減塩や砂糖入りの梅の漬け方も伝授します

梅干し 作り方

対象の方 今回のレシピは こんな方が対象です。 カリカリでは無く、ブニュと柔らかい、香りの良い梅干を作りたい方• 少々塩っぱくても良いので、カビのリスクは避けたい方• 一粒一粒愛着の持てる梅干しを作りたい方• 常温で長期保存したい方• 昔ながらのすっぱい、塩っぱい梅干しを食べたい方• 梅干し作り の材料 材料• 梅(黄色くて良い匂いのしだしたもの。 緑のものであれば追熟を。 大粒のものがオススメです) 今回は2. 5kg• 凄く良い匂いなのに、このままでは全く食べられない。 不思議な果実。 前準備 梅を漬ける容器を消毒します。 沸騰した水をぐるりと回し入れ滅菌するか(熱い)、エタノールをキッチンペーパーに付け、中を拭いておきましょう。 また、塩を計っておきます。 梅を洗う 買ってきたものであれば、水に入れ、軽く ぐるぐるします。 梅干用の黄色い梅は、あんまり一所懸命洗うと傷がついて茶色くなってしまいますので注意してください。 家で採ったものであれば汚れが落ちる程度に指でキュッキュと軽くこすり洗います。 柔らかいので、なるべくやさしく洗ってください。 どこから見ても、梅干し。 柔らかく、ホワホワの手触りで気持ちが良いです。 綺麗に洗った消毒した保存瓶に梅酢を入れ、一粒づつ詰めていきます。 梅酢に入れると塩っけがきつくなるため、梅酢には入れずそのまま保存される方もいらっしゃいますが、入れたほうが柔らかくなります。 しばらく放置する 上記の直後から食べることはできるのですが、正直「酸っぱい」と言うよりは「塩っぱい」です。 個人的には、たまーーに食べつつ1年位放置すると塩の角が取れ、風味豊かな、昔ながらの酸っぱい梅干しになる気がします。 塩分濃度も高いため、かなりの長期保存ができ、我が家では3年ほど放置したものも食べています。 長期間放置すると梅酢がペクチンの働きでゼリー状になったりもしますが、問題ありません。 ゼリーをご飯と一緒に食べても美味しいです。 最後に 最初は市販の梅干しに比べると塩っけがきつく、まろやかさや化学調味料独特の旨味も無く、少し違和感を感じたのですが、慣れてくると、「この梅干し」じゃないと物足りなくなります。 ぜひ作ってみてください。

次の

梅干しは青梅で作れるか?柔らかくする作り方と梅の実の使い道についてご案内

梅干し 作り方

「赤紫蘇」は絶対必要!? 梅干しの作り方の流れをおさらいしてみましょう。 次は赤紫蘇漬けといい、赤紫蘇を加えます。 赤紫蘇入れずにつくる梅干しは「白梅干し」と呼ばれ、これもまた上品な仕上がりです。 白梅干しは<赤紫蘇漬け>の工程を省き、そのまま<土用干し>を待ちます。 ——point 赤紫蘇は梅仕事の時期になると八百屋さんやスーパーの店頭に並びます。 1束(1袋)で梅1〜2kgの色付けにほどよい分量です。 <2>ボウルに塩の半量を入れてもみます。 出てきたアクと水分を捨てます。 (A・B) 残りの塩を加えてさらにもみ、きつく絞ってアクと水分を捨てます。 (C・D) <3>塩漬け後、たっぷりと白梅酢があがりました。 (A) 白梅酢を空き瓶に取り分けます。 (B) 塩もみした赤紫蘇に白梅酢の半量をまわしかけてほぐします。 (C) 白梅酢がきれいな紅色に染まり「赤梅酢」になります。 (D) <4>梅の袋に赤紫蘇と赤梅酢を戻し入れます。 2〜3日でしっかりと色付きます。 そのまままたは瓶などに移して、土用干しを待ちます。 (常温) ——point 赤紫蘇のアントシアニン系の色素が梅のクエン酸と反応して赤く色付きます。 市販の「もみしそ」!? 赤紫蘇の葉をちぎって、塩もみして……この工程は、作業に少し手間がかかることと、指先に紫色の色素が入り込むので、数日指先が黒っぽくなってしまうのが困りもの。 そんなときには……市販の「もみしそ」です。 やはり自家製の風味にはおとりますが、手順の<1><2>を省くことができます。

次の