ウィリアム ジェイムズ サイディズ。 ウィリアム・ジェイムズ・サイディズとは

ウイリアム・ジェイムズ・サイディズ 数学史上最高の神童

ウィリアム ジェイムズ サイディズ

家庭と教育 [ ] 生まれ。 父は、母はの移民である。 父はで、農民に読み書きを教えることを禁ずる法を破ったために政治犯として迫害を受け、、から米国に移住し、で心理学を教えると共に、精神分析家として患者の治療に従事して多数の著作を残した。 母サラは旧姓マンデルバウム、にを逃れ、やはりロシアから米国に移住した。 彼女は学校教育を受けたことがなかったにも拘らず夫ボリスの個人教授を受けてに学び、医師となった。 ウィリアムが誕生すると、息子の教育に専念するために医師を辞め、専業主婦となった。 ウィリアムの名前は、ボリスの友人で同僚のに由来している。 ボリスとサラは、息子を育てるにあたって一切の罰を与えることなく、早期英才教育によって知識欲を植えつけようと考えていた。 これは、当時としては非常に珍しい考えだったので多くの批判を受けた。 にも拘らず、両親の教育のおかげでウィリアムは生後18ヶ月にして『』を読むことができ()、2歳でを、3歳でを独習した。 4歳でに関する学術論文を執筆した。 8歳までには、8つの言語(、、、、、、、そして彼自身が発明した言語である)で複数の本を執筆していた。 このほか彼の幼年期については次のエピソードが記録されている。 生後6ヶ月にして、を使用して自ら食事を摂ろうとしはじめた。 そして2ヵ月後には成功した。 ボリスにおだてられると、自分が入っている揺りかごに書いてあったの音節を発音できるようになった。 生後6ヶ月で「ドア」と言った。 2ヵ月後、サラに向かって、ドアと人々、動くものが好きだと言った。 生後7ヶ月で、を指さして「月」と言った。 そして自分だけの月を欲しがった。 1歳で綴り方を覚えた。 3歳でを憶えた。 に手が届くよう高い椅子を使った。 初めてタイプしたのは、にの注文を出す手紙だった。 4歳の時には、誕生日の贈り物として、ボリスから版のを贈ってもらい、読みこなした。 4歳の時にはを原書で読んだ。 6歳の時には、のを修得した。 6歳の時、ロシア語、フランス語、ドイツ語、ヘブライ語を修得。 さらにとも修得した。 6歳の時には、歴史上のいかなる日付でも曜日を計算し、当てることができた。 6歳でグレイの解剖学を修めた。 大学レベルの数学の試験で合格点を取った。 6歳でグラマースクールに通い始めた。 あまりに上達が速いので、3日で3年生に進級。 7ヶ月で卒業した。 8歳の時、数学の力でボリスを追い越した。 8歳の時、が書いた数学の教科書のゲラを校正した。 4歳から8歳までの間に、4冊の本を執筆した。 解剖学との本も書いたが、紛失し、現存していない。 7歳の時、の解剖学の試験に合格した。 8歳の時、の入試に合格した。 全米最高の中等学校の教師たちよりも勉強がよくできた。 10歳の時、ハーバード大学の論理学教授の原稿を「段落がおかしい」と言って訂正した。 11歳の時、高等数学と天体の運動を修得。 ハーバードと大学生活 [ ] 8歳でハーバード大学に願書を出した時、学力は充分だったにも拘らず入学を拒否されたが、やがて早熟児のためのプログラムが始まったため、11歳で再度ハーバードに志願して入学を許された。 数学教授たちの前で四次元体に関する講義をおこない、高く評価された。 彼は当時、ハーバード入学者の中では史上最年少だった。 この講義の後、MIT教授のは、ウィリアムこそ20世紀最高の数学者になるに違いないと予言した。 計量心理学者は、ウィリアムのを250から300と測定した。 ハーバードには当時、、といった複数の神童が在籍していたが、いずれもウィリアムには及ばなかった。 、ウィリアムはハーバードをcum laude(3段階の優等中、第3段階。 大学卒業生の大半はこの成績)の成績で卒業したが、この時まだ16歳に過ぎなかった。 教授生活、そしてロースクール [ ] 、ので数学教授に就任。 しかし1年もしないうちに大学や学生たち(ウィリアムよりも遥かに年長だった)への不満が募り、辞職してボストンに帰郷した。 9月、彼はハーバード大学に入学したが、3月、成績優秀だったにも関わらず中退している。 政治活動と逮捕 [ ] 、者、者、政治の支持者だった彼はの反パレードに参加したためにされた。 の治安妨害法が適用され、として懲役18ヶ月の実刑を言い渡されたが、両親の奔走で収監は免れた。 しかしその代わり、両親がに所有する夏の別荘に1年間幽閉された。 、東海岸に戻ると、彼は殻の中に閉じこもり、計算機の運用といった半端な仕事に従事するようになった。 そして、路面電車の切符や鉄道雑誌を蒐集する趣味に没頭した。 少数の友人と共にサークルを結成し、独自の視点による米国史を内輪で講義することもあった。 晩年 [ ] このことを「かつての神童の没落」として面白おかしく書き立てたのが「」誌だった。 彼は侵害で同誌を提訴し、7年間争った末、に連邦最高裁で敗訴した。 地裁と高裁では、彼は公人と判断され、プライバシー権を認められなかったのである。 その後まもなく、に彼はでにより46歳で死去し、父の眠るのサウス墓地に埋葬された。 彼はしばしば、大人になってから成功しなかった神童の見本として引き合いに出され、早期英才教育の無意味さを裏付ける材料として論じられることがある。 彼と同様に東欧系ユダヤ人の二世として生まれ、ハーバード教授の父から早期英才教育を授けられてハーバードに学んだは、一歩間違えれば自分もサイディズと同じようになっていたかもしれないという恐怖感を持っていたといわれる。 しかし彼の能力が成人した後もなお天才的であったことは事実である。 早期英才教育の有害さについて精神的な面が指摘されている。 外部リンク [ ]• , Quantonics• of The Memory Palace podcast titled "Six Scenes from the Life of William James Sidis, Wonderful Boy"•

次の

ウィリアム・ジェイムズ・サイディズ|リーダーとなるゾウ

ウィリアム ジェイムズ サイディズ

家庭と教育 [ ] 生まれ。 父は、母はの移民である。 父はで、農民に読み書きを教えることを禁ずる法を破ったために政治犯として迫害を受け、、から米国に移住し、で心理学を教えると共に、精神分析家として患者の治療に従事して多数の著作を残した。 母サラは旧姓マンデルバウム、にを逃れ、やはりロシアから米国に移住した。 彼女は学校教育を受けたことがなかったにも拘らず夫ボリスの個人教授を受けてに学び、医師となった。 ウィリアムが誕生すると、息子の教育に専念するために医師を辞め、専業主婦となった。 ウィリアムの名前は、ボリスの友人で同僚のに由来している。 ボリスとサラは、息子を育てるにあたって一切の罰を与えることなく、早期英才教育によって知識欲を植えつけようと考えていた。 これは、当時としては非常に珍しい考えだったので多くの批判を受けた。 にも拘らず、両親の教育のおかげでウィリアムは生後18ヶ月にして『』を読むことができ()、2歳でを、3歳でを独習した。 4歳でに関する学術論文を執筆した。 8歳までには、8つの言語(、、、、、、、そして彼自身が発明した言語である)で複数の本を執筆していた。 このほか彼の幼年期については次のエピソードが記録されている。 生後6ヶ月にして、を使用して自ら食事を摂ろうとしはじめた。 そして2ヵ月後には成功した。 ボリスにおだてられると、自分が入っている揺りかごに書いてあったの音節を発音できるようになった。 生後6ヶ月で「ドア」と言った。 2ヵ月後、サラに向かって、ドアと人々、動くものが好きだと言った。 生後7ヶ月で、を指さして「月」と言った。 そして自分だけの月を欲しがった。 1歳で綴り方を覚えた。 3歳でを憶えた。 に手が届くよう高い椅子を使った。 初めてタイプしたのは、にの注文を出す手紙だった。 4歳の時には、誕生日の贈り物として、ボリスから版のを贈ってもらい、読みこなした。 4歳の時にはを原書で読んだ。 6歳の時には、のを修得した。 6歳の時、ロシア語、フランス語、ドイツ語、ヘブライ語を修得。 さらにとも修得した。 6歳の時には、歴史上のいかなる日付でも曜日を計算し、当てることができた。 6歳でグレイの解剖学を修めた。 大学レベルの数学の試験で合格点を取った。 6歳でグラマースクールに通い始めた。 あまりに上達が速いので、3日で3年生に進級。 7ヶ月で卒業した。 8歳の時、数学の力でボリスを追い越した。 8歳の時、が書いた数学の教科書のゲラを校正した。 4歳から8歳までの間に、4冊の本を執筆した。 解剖学との本も書いたが、紛失し、現存していない。 7歳の時、の解剖学の試験に合格した。 8歳の時、の入試に合格した。 全米最高の中等学校の教師たちよりも勉強がよくできた。 10歳の時、ハーバード大学の論理学教授の原稿を「段落がおかしい」と言って訂正した。 11歳の時、高等数学と天体の運動を修得。 ハーバードと大学生活 [ ] 8歳でハーバード大学に願書を出した時、学力は充分だったにも拘らず入学を拒否されたが、やがて早熟児のためのプログラムが始まったため、11歳で再度ハーバードに志願して入学を許された。 数学教授たちの前で四次元体に関する講義をおこない、高く評価された。 彼は当時、ハーバード入学者の中では史上最年少だった。 この講義の後、MIT教授のは、ウィリアムこそ20世紀最高の数学者になるに違いないと予言した。 計量心理学者は、ウィリアムのを250から300と測定した。 ハーバードには当時、、といった複数の神童が在籍していたが、いずれもウィリアムには及ばなかった。 、ウィリアムはハーバードをcum laude(3段階の優等中、第3段階。 大学卒業生の大半はこの成績)の成績で卒業したが、この時まだ16歳に過ぎなかった。 教授生活、そしてロースクール [ ] 、ので数学教授に就任。 しかし1年もしないうちに大学や学生たち(ウィリアムよりも遥かに年長だった)への不満が募り、辞職してボストンに帰郷した。 9月、彼はハーバード大学に入学したが、3月、成績優秀だったにも関わらず中退している。 政治活動と逮捕 [ ] 、者、者、政治の支持者だった彼はの反パレードに参加したためにされた。 の治安妨害法が適用され、として懲役18ヶ月の実刑を言い渡されたが、両親の奔走で収監は免れた。 しかしその代わり、両親がに所有する夏の別荘に1年間幽閉された。 、東海岸に戻ると、彼は殻の中に閉じこもり、計算機の運用といった半端な仕事に従事するようになった。 そして、路面電車の切符や鉄道雑誌を蒐集する趣味に没頭した。 少数の友人と共にサークルを結成し、独自の視点による米国史を内輪で講義することもあった。 晩年 [ ] このことを「かつての神童の没落」として面白おかしく書き立てたのが「」誌だった。 彼は侵害で同誌を提訴し、7年間争った末、に連邦最高裁で敗訴した。 地裁と高裁では、彼は公人と判断され、プライバシー権を認められなかったのである。 その後まもなく、に彼はでにより46歳で死去し、父の眠るのサウス墓地に埋葬された。 彼はしばしば、大人になってから成功しなかった神童の見本として引き合いに出され、早期英才教育の無意味さを裏付ける材料として論じられることがある。 彼と同様に東欧系ユダヤ人の二世として生まれ、ハーバード教授の父から早期英才教育を授けられてハーバードに学んだは、一歩間違えれば自分もサイディズと同じようになっていたかもしれないという恐怖感を持っていたといわれる。 しかし彼の能力が成人した後もなお天才的であったことは事実である。 早期英才教育の有害さについて精神的な面が指摘されている。 外部リンク [ ]• , Quantonics• of The Memory Palace podcast titled "Six Scenes from the Life of William James Sidis, Wonderful Boy"•

次の

IQ300!史上最高の天才と言われるウィリアム・J・サイディズ

ウィリアム ジェイムズ サイディズ

はじめに 史上最高の天才と謳われた神童 1898年、アメリカで生まれたサイディズは、親からの英才教育を受け、当時から整備されていたはずの学校教育を完全に逸脱した成長を見せます。 当時から史上最高の天才と言われ、当然かのようにハーバード大学へ進学。 その年齢は実に8歳。 後に数学者となる数々の天才たちに頭脳で打ち勝ち、誰もが20世紀の数学界を支える天才だと期待しました。 しかし、成人してからは特に成果を挙げることはなく、長い隠遁生活を送ることとなってしまいます。 「神童の没落」とも謳われ、記事を書いたザ・ニューヨーカーを訴え勝訴するものの、それを置き土産にするかのごとく、1944年に46年の生涯を閉じました。 父親で心理学者のボリス・サイディズから英才教育 心理学者という職業柄、自らの科学的好奇心に趣くところもあったのでしょう。 家庭環境という運命に翻弄され、その卓越した頭脳を社会に還元できなかった、非業の天才だといえます。 「IQ」でインターネット検索をしていた際、「史上最高の神童は誰か」という記事に辿り着き、ジョン・フォン・ノイマンなどと共に出てきたのが今回紹介するサイディズです。 科学という世界においてはノイマンほど著名な実績は残していませんが、英才教育の在り方について考えさせる好例であると思います。 8歳でハーバード大学に入学 既に7カ国語を習得 1898年、アメリカ・ニューヨークに生まれたサイディズは、心理学者であった父・ボリスの英才教育を早期から受けます。 サイディズは、1歳になる前からその類い稀なる頭脳の片鱗を見せていました。 しかし、サイディズはここから加速度的に更なる成長を見せます。 3歳でタイピングを覚えたサイディズは、4歳になると何とホメロスの原書を読み始めます。 この1年間の成長は凄まじく、ここから青年期に入るまでにサイディズは卓越した成長を見せることになります。 ホメロスの原書を読んでから4年後、8歳にして彼はハーバード大学へ合格します。 こうなるまでの4年間で、サイディズはアリストテレスの論理学を習得し、心理学者であったボリスを数学の学力という面で追い越します。 数学といった理科系のみならず、この時点で彼は母国語の英語をはじめ、ロシア語、フランス語、ドイツ語、アルメニア語など7か国語を習得する恐るべき語学マスターにもなっていました。 更に、サイディズ自身が開発した言語「ヴェンダーグッド語」を開発し、人工言語として世へ広めようとしています。 これらを全て、一般の人が小学2年生であったはずの年齢でこなすほどの天才だったのです。 当初、ハーバード大学は、サイディズの学力を「合格」と認めていながらも「年齢」を理由に入学は拒否されます。 最終的にサイディズがハーバード大学で数学を学ぶことが出来たのは、11歳のときでした。 そんな驚異のエピソードを持つサイディズは、ハーバード大学入学後も、数学教授の前で講義を行う、ロジャー・セッションズなどの当時在籍していた後の数学者に頭脳面で勝利する、などその才能は高く評価されていました。 そんなサイディズに転機が訪れたのは16歳のとき。 当時、大学を卒業していたサイディズは、大学で授業を受け持つことになりました。 しかし、この講義に不満が続出。 辞職をしてしまいます。 サイディズは後に、再び1人の学生としてハーバード大学のロースクールに入学しますが、これも途中で中退してしまいます。 人生に迷走したサイディズは、科学への知的好奇心を失ってしまったのでしょう。 この後、彼が再び表舞台に帰ってくることはありませんでした。 青年期に数々の伝説を残し、20世紀最高の数学者としてプロスペクトであったはずのサイディズは、数学を含めた科学界で何の業績も残すことなく、第二次世界大戦で世界がヒートアップしていた1944年に、その生涯を終えることとなりました。 英才教育の在り方を投げかける材料としてのサイディズ サイディズの死は、決して温かみを持って迎えられることはなかったでしょう。 サイディズは、「大人になってから成功しなかった人物」の代表格として挙げられ、英才教育の在り方を投げかける材料となりました。 現在では我が子に高い頭脳を獲得して欲しいと幼児教育が盛んとなっていますが、こういった世間の風潮に対する反例として残ったことは、サイディズの一番の功績なのかもしれません。 皮肉なことに、彼は数学の世界、科学の世界で影響を与えたというよりも、教育の世界で影響を与えたのではないでしょうか。 早期からの英才教育の意味、そしてそれによる精神的な弊害、社会適応の重要性、このような点をサイディズは世間に投げかけてくれたのではないでしょうか。 そしてそれが、現在の教育に少しでも反映されているとするならば、彼は教育という世界において全世界中の人々に影響を与えているのかもしれません。 サイディズは確かに科学の世界では業績を残せなかったかもしれませんが、大人になってもその頭脳が卓越していたことは事実であり、この点は素直に評価すべき点だと思います。 もしサイディズに人並みの、いや必要最低限の社会性があれば、20世紀の科学の世界に偉大なる爪痕を残し、最も人類が発展したこの100年間において、更なる進歩を導いてくれたかもしれません。

次の