生理中 太りやすい。 生理と女性ホルモンと太りやすい時期

生理後は痩せやすい!その理由とダイエットが成功する食事&運動方法を紹介

生理中 太りやすい

生理中のダイエットは意味がない?生理前に体重が増える理由があります 生理前になると、イライラして甘いものが食べたくなったり、食欲が止まらなくなったりして「これまでのダイエットの成果が水の泡に」ということも多いようです。 生理前の食べ過ぎで脂肪がついて太ってしまった……と思いがちですが、生理前はホルモンの関係で体内の「水分量」が増えることで一時的に体重が増加します。 この時期に増える体内の水分量は2000mlにもなるといわれているので、2kg前後体重が増えるのは当然といえるでしょう。 もし、生理前後の体重が3~4kg以上増えてしまった、生理が終わっても増えた体重が戻らない場合は、生理前の食欲増加による食べ過ぎ、生理中の気分の落ち込みによる運動不足やストレス、生理前の便秘が解消されない等が原因の可能性があります。 また、生理前に体重が増えたり、体がむくんで重く感じるのは、月経前症候群(PMS)の一部でもあります。 生理周期を利用することで、ダイエットに差をつけましょう。 生理中(1日目~7日目) 生理中の約7日間は、体重が落ちにくい期間なので無理なダイエットはNG。 無理な食事制限や激しい運動はストレスをためることになり逆効果です。 この時期は体重を減らすよりも現在の体重をキープすることを意識してダイエットをしていきましょう。 生理後~排卵期(8日目~14日目) 生理後から排卵日までの約7日間は、代謝もよく一番痩せやすい期間なので、この生理後の1週間に集中してダイエットに取り組めば結果もついてきます。 排卵後(15日目~21日目) 排卵後の約7日間は、ダイエット期で落とした体重がリバウンドしないように定着させていく時期。 ダイエット期のバランスのよい食事を引き続き心がけ、ストレッチなどの軽い運動もプラスしていきましょう。 生理前(22日目~28日目) 生理前の約7日間は、便秘やむくみなどが起こりやすく、余分なものをため込みやすい時期です。 ダイエットの効果が出にくい生理前は、排出に役立つ食材を取り入れて体を排出モードにしていきましょう。 体が必要としているものを拒んで無理に「食べない」ことを続けていると、体は飢餓状態を感じて食べたものを体の中に蓄積し、極力エネルギーを消費しないように代謝の力を落としてしまいます。 普段はご飯などの主食の量をセーブしている人も、生理前は食欲に従って主食をきちんと食べましょう。 血糖値が下がりやすい生理前は、食事回数を増やすことでなるべく血糖値を一定に保つようにすると、空腹感が強くならないので無駄な間食や過食を防げます。 一気にたくさんの量を食べることを防ぐため、朝食と昼食の間に1食、昼食と夕食の間に1食を入れて、1日計5回の食事がベストです。 四六時中食べないように食欲をコントロールするのではなく、体の欲する時に欲するものを与えてあげ、心身のリラックスをはかりつつ、ダイエットを頑張る時と休憩する時のメリハリをつけることが、女性のダイエットを成功させる秘訣です。 すると代謝を低下させて、水分や塩分、脂肪を溜め込みやすくします。 女性ホルモンは2つのバランスが大切。 大豆に含まれるイソフラボンは、特にそのエストロゲンと似た働きをします。 豆乳には、小腸での脂肪吸収を抑えてくれる「大豆サポニン」、基礎代謝を活発にする「大豆たんぱく質」、むくみの原因となるナトリウムを排出する「カリウム」、腸内環境を整え老廃物の排出をサポートする「オリゴ糖」が豊富なので、必要以上に体に水分を溜め込まなくなります。 生理前の体重増加を防いで、異常な食欲や体のだるさを抑えることもでき、ダイエットはもちろん、PMSの抑制にもつながります。 生理前豆乳ダイエットの期間は、生理が始まる7日~10日前から生理が来るまで。 なるべく無調整の豆乳を1日200ml、食前や間食時に飲みます。 摂り過ぎは逆に生理不順等を起こすので注意しましょう。 生理前の運動におすすめ ダイエットの効果を出すには、生理前であっても運動、エクササイズ、筋トレは積極的に行いましょう。 ただし、生理前に体調がよくない人は、過度な運動はストレスになることもあります。 気分転換を兼ねた、軽いウォーキングなどから最適な運動量を探りましょう。 生理前2週間にやると効果的な運動は、ゆったりとしたペースの20分以上のジョギング。 自転車で30分走ったり、短時間でも高い運動効果を得られる水泳や水中ウォーキングは、血流が良くなってマッサージ効果も得られるため、生理前のむくみ解消にもおすすめです。 個人差もありますが、一般的に生理中は血行が滞りやすく、むくんだり、冷えやすくなります。 血行が良くなるだけでなく、運動がストレス解消になることも。 ただ、生理中はどうしても貧血になりやすいので、慣れない激しい運動、極端にキツイ運動は避けたほうがよいでしょう。 生理後から排卵前の徐々に骨盤が閉じていく時期は、骨盤が締まっていくことで体がよく動き、運動の効果が出やすいチャンス期。 逆にこの時期に骨盤が閉じていかない人は、なかなかダイエットが成功しません。 排卵後から生理前の徐々に骨盤が開いていくこの時期は、骨盤が開くと眠気や食欲が強くなるため、ついつい食べ過ぎになりがちです。 この時期に骨盤が開かないと、生理不順や肌荒れになる可能性もあります。 骨盤の状態と生理による体調の変化に適したエクササイズはダイエット効果だけでなく、生理痛や生理不順、ひどい冷え症、低体温に悩んでいる方には特におすすめです。

次の

生理中にデトックス効果が得れる理由とよりデトックス効果を高める方法を解説

生理中 太りやすい

生理前の「黄体期」という期間は、水分を吸収しやすくする「黄体ホルモン」が分泌されるため、体がむくみやすくなっています。 黄体ホルモンには、栄養を蓄えようとする働きがあるうえ、水分も排出されにくい状態に。 体重が増加したと感じるのは、栄養や水分が排出されずにためこまれているからなのです。 そのため、生理前は太りやすい時期というより、正確には 「栄養や水分がたまりやすい時期」と言えます。 実は、むくむのは体だけでなく脳も同じこと。 脳がむくむことで、イライラしやすくなったり、ストレスを感じやすくなったりするんです。 イライラを解消するために甘いものをたくさん食べてしまうと、結果的に太ってしまう場合はあるかもしれませんね。 いよいよ12月に入り、今年も残すところあとわずか……。 寒さと気ぜわしさで、心も体もガチガチになっていませんか? 第23回の今日は、体をのびのびと広げることで、足のむくみや冷えまで緩和する「ピラミッドのポーズ」を紹介します。 その名の通り、開脚しながら前屈を行い、ピラミッドのような三角形をつくることで、日ごろあまり使わない、足の裏側の筋肉を伸ばします。 このストレッチ効果によって、滞りやすい血液やリンパの流れを促進し、足のむくみや冷えの緩和にも効果を発揮! また、ポーズの仕上げに両手を組み、頭上に引き上げることで肩甲骨まわりがほぐれ、肩こりのケアにも役立ちます。 心地よい刺激を楽しみながら、深い呼吸と一緒に、寒さと疲れで縮こまった体を大きく広げるようなイメージでポーズを行いましょう。 両手を腰に置き、背筋を伸ばしつつ、両足の裏をしっかりと床に根付かせる。 (2)背筋をまっすぐに保ったまま、息を吐きながら、腰の辺りから上半身を前に倒す。 (3)足裏で床を踏みしめ、座骨を天井に持ち上げながら頭頂は床の方向に。 頭の重さを感じながら、首の力を抜く。 (4)両手を背中で組み、肩甲骨を寄せながら天井方向に引き上げる。 このままの姿勢で3~5呼吸キープ。 ポーズを解くときは、両手を腰に戻し、頭が最後に持ち上がるようにゆっくりと上体を戻して、ひと息リラックス。 かかとから親指の付け根まで均等に、足の裏全体で床を踏みしめましょう。 年の瀬の慌ただしい時期だからこそ、ヨガでメンテナンスを行いながら、心機一転、新しい年を向かえる準備をはじめましょう! (監修・文:村上華子、撮影:masaco).

次の

生理中ダイエットを成功させる方法!痩せる食事&エクササイズ [女性の健康] All About

生理中 太りやすい

<質問> 生理中は太ってしまうのでしょうか? 生理中でも痩せられないでしょうか? <回答> 生理中に太るというより 生理前にホルモンバランスの影響でむくんで太りやすいので生理が始まって太ったと感じるのかもしれないです。 生理前2週間くらいの時期には、黄体ホルモンという女性ホルモンの分泌が増えるのですが、体の栄養不足を補おうと細胞に水分や塩分を蓄えて 脂肪の代謝を遅らせる作用があります。 それで生理前は体重は増えやすく むくみやすく便秘や肌荒れになりやすく体が重く感じてしまいます。 生理前症候群(PMS の一部です。 つまりホルモンバランスで一時的に体重が増えているので(ほとんどが水分だと言われています) 生理後に少しずつホルモンバランスが正常になれば元に戻りますから心配ないです。 ただ、などでホルモンバランスが乱れていて、 生理後もむくみが改善しないままだったり脂肪の代謝が遅れたままだと元に戻りませんから、そんな時は食事に注意するといいです。 むくみを改善するにはカリウムが多い 果物や野菜を食べるといいです。 そして塩分が多い食べ物を少なめにするといいです。 薄味を心がけるとご飯も食べ過ぎないので太りにくくなります。 他には脂肪の代謝を促進するビタミンB2が多い食品(納豆、卵、レバー、うなぎなど)を摂るようにしたり 糖質の代謝を促進するビタミンB1が多い食品や(豚肉、うなぎ、玄米、きな粉など)脂肪が増えるのを抑制するビタミンAなども必要です。 つまりビタミン、ミネラルが豊富な野菜や良質なタンパク質や脂質、炭水化物など バランスよい食事が基本となります。 具体的にはこちらをどうぞ。 生理が終わってホルモンバランスが落ち着いたら をしてむくみを改善するのもいいです。 しかし生理中は敏感になっているのでしないでください。 生理中は、の ウォーキングやヨガなどくらいならしても大丈夫ですが、痩せようと無理な運動はしないほうがいいです。 例えば体を冷やす水泳や出血が多くなる可能性が高いウェイトトレーニングは、しないようにしましょう。 生理が終わってホルモンバランスも整って 体調がよくなってからダイエット運動をして基礎代謝をアップしておくといいです。 他には 冷え性も改善しておくと 太りにくくなって生理不順も改善しやすいです。 冷え性の場合は、夏でも常温で飲み物を飲んだほうがいいです。 生姜入りのお茶を飲むのもいいですし シナモンとペパーミントのハーブティーを飲むのもいいです。 きめ細やかな肌にするローズヒップなどハーブがメインのノンカフェインのハーブティーです。 生理中も安心して飲めます。 このサイトからだとキャンペーン価格でお得です。 それでも、なかなか痩せなかったり 好き嫌いが多く食事が不規則な場合は優光泉酵素ドリンクを飲むといいです。 冷え性も改善して生理不順改善で美肌になって健康にもいいです。 <回答> 低用量ピルを飲んでいる状態だと疑似妊娠状態のホルモン状態になっていますから生理前後での体重の変化は、普通より起こりにくいと考えられます。 常に普通より太りやすい状況ですから食べ過ぎに注意するといいです。 この記事も参考にどうぞ。

次の