良性 発作 性 頭 位 めまい 症 仕事 休む。 良性発作性頭位めまい症の8大原因!

めまいの話(障害がある部位によって、3グループに分けられます)

良性 発作 性 頭 位 めまい 症 仕事 休む

良性発作性頭位めまい症を治す「寝返り体操」 耳の奥にあるバランスを感知する感覚器「前庭」に異常が生じることで発症する。 前庭には回転運動を感知する「三半規管」と、直線運動や傾きを感知する「耳石器」がある。 耳石器には「耳石」という小さなカルシウムの粒が数百個付着しているが、これが何らかの理由で剥がれ落ち、三半規管に入り込む。 すると、三半規管内を満たしているリンパ液の流れが乱れ、目の動きを調節する神経が刺激されて、めまいが起こる。 リンパ液の流れが落ち着けば、症状はすぐに治まる。 耳石が剥がれる理由は不明だが、睡眠時に頭の位置が低いと下側の耳の三半規管に耳石が入りやすくなる。 そのため「いつも同じ向きで頭を横にして眠る人や、横向きに寝た姿勢でテレビを見る習慣のある人は、発症しやすくなります。 また、中高年の女性に好発するため、加齢に伴うホルモンバランスの変化や骨粗しょう症との関連性も指摘されています」と小川教授は説明する。 耳石の位置は特殊な機器で眼球の動きを観察すれば把握でき、三半規管から耳石を追い出すことができれば、めまいは大抵起こらなくなる。 頭位治療をしなくても、耳石の塊が崩れて細かくなるか、リンパ液の乱れが生じなくなるか、自然に耳石器に戻るため、4週間ほどで自然に軽快することも多いという。 また、自分で頭を動かす「寝返り体操」を行う方法もある。 ただし、耳石が再び三半規管に入り、再発することがしばしばある。 小川教授は「再発予防には、睡眠時にいつも同じ向きで寝ないよう注意する、枕を高くしたり、上半身に傾斜をつけたりして頭を高くして寝るなどの工夫をするとよいでしょう。 頭を動かすと耳石が1カ所にたまりにくくなるため、寝返り体操も有用です」とアドバイスする。

次の

良性発作性頭位めまい症!症状と治療から予防はこうなります

良性 発作 性 頭 位 めまい 症 仕事 休む

どのような人に向けての記事か ・実際に「良性発作性頭位めまい症」に悩まれている方へ ・「めまい」で仕事を休んでもいいのか、心配な方へ ・どういう病気なの?という方へ まずは、僕の経験談を話します。 朝、4時ごろ目が覚め、トイレへ行こうと起き上がろうとしたら、頭がフラフラ、クラクラするんです。 それでも、なんとかトイレを済ませ、あと数時間後の勤務に向けて、またベッドでひと眠りしようとしました。 このフラフラする感覚は、初めての経験だったけど、横になれば治るだろうぐらいに思っていたのです。 その後、ベッドに横になり、天井を見上げると、なんと天井がクルクル、クルクル回り始めたのです!そのうち、気持ちが悪くなり始め、吐き気が襲ってきました。 それでも、時間が経てば治るだろうと思っていたのですが、一向に改善せず。 その日、朝になってから、職場に休みの電話を入れました。 今まで、「めまい」なんか起こしたことがなく、こんなことで仕事を休んではいけないだろう!という思いが自分の中にあったため、ショックや驚きが混じった複雑な気持ちが襲ってきたのを覚えています。 そんな中、職場の人からのアドバイスを受け、耳鼻咽喉科を受診。 いろいろな検査を行い「良性発作性頭位めまい症」という診断を受けました。 メリスロンというお薬を出されましたが、正直、あまり効いた感覚はなかったかな? 今でも、「めまい」を起こしたときには内服していますが。 ちなみに、一番症状が強かったときには、歩くことができなかったので、症状が落ち着いてきたときに病院を受診しました。 また、天井が回るほどではありませんでしたが、1週間以上は、なんと表現してよいかわかりませんが、飛んでいる飛行機の中を歩く感じといいましょうか?ちょっと重力が変な感じでフワフワするような感覚ありますよね?あの感じが、しばらく続いていたように思います。

次の

良性発作性頭位めまい症の体験談と対処・予防法

良性 発作 性 頭 位 めまい 症 仕事 休む

良性発作性頭位めまい症の症状や困ったエピソード 良性発作性頭位めまい症になって一番困ったのは、何をしていても、めまいを感じるということでした。 棚の上段の物を取ろうとして上を向く時、何か記入しなければならなかったりした時などの下を向いて作業するといった時、人に呼ばれて振り向くといった動作など、普段の日常生活で、普通に難なくやってきた当たり前の動作をするということが、とても辛いのです。 他にも、人前で寝転ばなければならない場所には、行けなくなりました。 例えば、美容院とか、歯医者とかです。 あと、私は公共交通機関が乏しい田舎に住んでいるので車の運転は必須で、車に乗れなければ、どこにも行けません。 でも、運転はしばらくできませんでした。 運転中は、めまいがする体になってから、一番怖い行為でした。 運転をしていても、めまいがする時と、しない時とありました。 夜、寝るときも大変でした。 寝ていても、右にも左にも寝返りがうてないのです。 寝返りとうつとグルグルと回るという苦痛と恐怖。 ただ、まっすぐ、正面を向いている時だけが、唯一めまいを感じずにいられる時でした。 良性発作性頭位めまい症の治療方法として行ったこと 何軒かの耳鼻科を受診し、早く何とかよくならないものかと、藁をもつかむ思いの日々でした。 医者によって診断が二分していました。 「めまいの診断は非常に難しいので…」と医者たちは口々に言っていましたが。 治療法としては、投薬治療しかないと言われました。 セファドール、メリスロンなど、めまいの薬を処方してもらいましたが、私には、全く効きませんでした。 そこの医者の言動が最悪で、嫌な思いをしただけで、何の治療にもなりませんでした。 こうなったら、自分でなんとかするしかない。 日常生活に支障をきたし、仕事もままならなくなり、結局退職せざるをえない状況でしたから。 本や、ネットでいろいろ熱心に調べました。 ある時、ひとつ興味深いものを見つけました。 ベッドに寝転んで、頭を左に45度に傾け30秒キープ、次に正面を向いて30秒キープ、そして今度は、頭を右に45度傾けて30秒キープする、そして、また正面で30秒キープといった、一連の体操のようなことをします。 これは、めまいがする者としては、非常に厳しい動作です。 でも、少しでもよくなるのなら!と、意を決してやってみました。 結果、完全に治ったわけではありませんが、大分症状は和らいだんです。 かなり、勇気がいりましたが、やってよかったと心から思います。 良性発作性頭位めまい症の治療の効果や費用について 症状はどれくらい改善したか? すぐに、すっきりと治ったというわけではありませんでしたが、徐々に、ゆっくり症状が和らげていったという感じでした。 良性発作性頭位めまい症の治療にかかった日数 約10年間です。 良性発作性頭位めまい症の治療にかかった費用 診察代、薬代などで、計10万円ほどかと思います。 良性発作性頭位めまい症に悩んでる人へのアドバイス! この病気は、なった人にしか、わかりません。 人から見て、目に見えるような症状が出るわけでは、ありませんから。 正直、医者にだって、この辛さはわかりません。 それでも、何とかしようと、もがいていたら、光は見えてくるものです。 この病気は、ストレスも大いに関わっているといいます。 なので、なるべくストレスをためないようにすること。 あと、この病気は、じっと安静にしているより、適度に動いたほうが、早く治るといいます。 無理のない程度の、ウォーキングなど、おすすめです。 それと、めまいには、乗り物酔いの薬が案外効き目があります。 あと、めまいは天気と、特に低気圧と、関わりが深いと言われています。 雨が降る前、梅雨時、台風の時など、そういう時は、めまいがするものだと、割りきって、この病気とうまく付き合っていくということ。 これらが、この病気を経験した私から言えるアドバイスです。

次の